名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤義博(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤義博(経営者)のプロフィール

加藤義博、かとう・よしひろ。日本の経営者。オートバイ買い取り専門店「バイク王」などを展開する「バイク王&カンパニー」社長、共同創業者。東京出身。高校卒業後、インテリア卸会社、不動産会社を経て、バイク販売店ナショナルオートに入社。バイク買い取り専門店舗の立ち上げに従事。親会社の倒産を機にバイク買い取り専門店の経営権を買い取り事業を開始。同社を大きく成長させた。

加藤義博(経営者)の名言 一覧

アイデアがビジネスにつなげられるかどうかの分かれ目は、発想を突き詰めて考えられるかどうか。


常に意識していればチャンスが来る。


社会に出た時から、起業したくてずっとアイデアを考え続けていた。


考えすぎてもダメ。思い切って飛ぶときには飛ぶ。どこかで根拠のない自信みたいなものも必要。


原価はいくらでキャッシュフローはどうなるかなども含め、成功するための筋道を綿密に考えていくと、アイデアが理詰めで具現化されていく。


起業家の人たちって、熟考していたと思ったら、急に違う方向に走り出すような変な「スイッチ」みたいなものを持っているのかもしれませんね。彼らを見ていると、どこかしら変わったところがある気がします。


起業家仲間と話していると、常に仕事のことを考えている人が多いですよ。旅行先で子供を気球に乗せていて、「これは儲かるだろうな」と考えてしまったり。こうやって常にアイデア探しを意識しています。人とのつながりも同じ。意識していると、雑談の中でも、面白そうな人の話を聞き逃さなくなる。そうして、「その人、紹介して」ってなるんですよ。常に「考えるスイッチ」を入れておくことです。


僕が心がけているのは、常に意識すること。「こんな人材いないかな」って考え続けていると、巡り合う可能性は高まる。逆に、意識していないと、いい人に会っても気づけないかもしれない。


加藤義博(経営者)の経歴・略歴

加藤義博、かとう・よしひろ。日本の経営者。オートバイ買い取り専門店「バイク王」などを展開する「バイク王&カンパニー」社長、共同創業者。東京出身。高校卒業後、インテリア卸会社、不動産会社を経て、バイク販売店ナショナルオートに入社。バイク買い取り専門店舗の立ち上げに従事。親会社の倒産を機にバイク買い取り専門店の経営権を買い取り事業を開始。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

奥田務

リーダーシップ、決断力、分析力……。もちろんこれらも不可欠です。けれど、これらが正しく発揮されるためには、ある前提が欠かせません。それが、「烏の目」を持つことです。「烏の目」を持てば、思い込みにだまされず、問題の核心が見えてきます。正しい課題を見いだせなければ正しい解決策も生まれません。私の経営者人生を支えたのもこの視点でした。


南谷三世

海外ドラマで英語を学ぶと、英語力がどの程度伸びているのか、把握しにくいところがあります。自分の実力を測る物差しとして、TOEICを受けることにしました。点数が上がると自信になり、勉強のモチベーションも上がりました。海外ドラマで生きた英語を学びながら、社会的に認められたTOEICの勉強をすることで、お互いが補完し合い、相乗効果があったと思います。


佐波正一

日本メーカーの強みは、何といっても生産技術にあります。デフレ圧力は簡単にはなくなりません。海外拠点、中でも中国で生産体制を整備することは不可欠ですが、それだけでは競争力を高めることはできません。企業は将来を見据えた研究開発戦略を構築し、自らの強みを磨いていくべきです。


泉谷直木

社員には「既に起こった未来をつかめ」と言っています。これはドラッカーの言葉です。現実的には「不透明」というのが今の状況ですが、不透明な中でも、見えているものがいくつもある。消費税引き上げや円高、原料や資材の高騰などです。


佐藤達郎

案を練って説明・提案するだけでなく、実施する時にどんなリスクがあるか調べたり、その企画が通った時、相手にどんなメリットがあるか予想することも含めて、提案だと考えてください。


青木功

ドライバーで遠くに飛ばすのもいいけど、パットやアプローチにも醍醐味があるのを感じられたら、名手の一人です。


小池龍之介(小池龍照)

人間も心身のメンテナンスをせずにこき使っていると、ダメになってしまいます。仕事最優先で、家族や友人あるいは自分一人で過ごす時間をないがしろにすれば、結果として、自己の再生産のための力が落ちていってしまうのです。


村田昭治

一人一人の企業人がもつ哲学、理念、使命感を思い切って人間の生きる価値をより豊かに創造するために具体化してゆくことこそビジネス。


柳川範之

これまでの高度成長期には一流大学、一流企業とレールに乗っていれば安泰だったので、要所要所で立ち止まって情報収集し、ベストな道を探しながら進むという発想が大きく欠けているのです。これまでと同様に受験戦争や出世競争に追われていると、ほかの選択肢が見えてきません。「自分には全く見えていない選択肢があるはずだ」と思考を広げることが大切です。


岡田唯男

大事なのは睡眠時間の「長さ」より、睡眠の「質」の部分です。「朝スッキリ目覚められない」「熟睡感が乏しい」「昼間強い眠気を感じる」といった場合には、睡眠に何らかの問題を抱えている可能性が高いといえます。


ジョン・カビラ

コミュニケーションの基本は、真摯であること、誠実であること。それは、知ったかぶりをしないことにも通じます。特に放送では、知ったかぶりは最大のタブーです。知らない自分よりも、知ったかぶりをする自分のほうが恥ずかしい。だって、リスナーのなかには、そのテーマについて、自分よりも詳しい人が必ずいますから。


松井道夫

松井証券には過去、オンライン証券事業を始めた直後にシステムダウンを起こした苦い経験があります。数十分間でしたが、その間の数万件の取引を修復するために、社員が交代で徹夜状態になりながらひとつずつ帳簿をチェックしたのです。それでも全部解決するのに半年間かかりましたよ。トラブルを起こした年は、ちょうど創業80周年。自分が受け継いだ「老舗の松井」はここで潰れるかもと、本気で思いました。システムトラブルは会社の生死に関わる問題だと、身をもって感じたのです。その時の教訓が今につながっています。