名言DB

9419 人 / 110788 名言

加藤義博(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

加藤義博(経営者)のプロフィール

加藤義博、かとう・よしひろ。日本の経営者。オートバイ買い取り専門店「バイク王」などを展開する「バイク王&カンパニー」社長、共同創業者。東京出身。高校卒業後、インテリア卸会社、不動産会社を経て、バイク販売店ナショナルオートに入社。バイク買い取り専門店舗の立ち上げに従事。親会社の倒産を機にバイク買い取り専門店の経営権を買い取り事業を開始。同社を大きく成長させた。

加藤義博(経営者)の名言 一覧

アイデアがビジネスにつなげられるかどうかの分かれ目は、発想を突き詰めて考えられるかどうか。


常に意識していればチャンスが来る。


社会に出た時から、起業したくてずっとアイデアを考え続けていた。


考えすぎてもダメ。思い切って飛ぶときには飛ぶ。どこかで根拠のない自信みたいなものも必要。


原価はいくらでキャッシュフローはどうなるかなども含め、成功するための筋道を綿密に考えていくと、アイデアが理詰めで具現化されていく。


起業家の人たちって、熟考していたと思ったら、急に違う方向に走り出すような変な「スイッチ」みたいなものを持っているのかもしれませんね。彼らを見ていると、どこかしら変わったところがある気がします。


起業家仲間と話していると、常に仕事のことを考えている人が多いですよ。旅行先で子供を気球に乗せていて、「これは儲かるだろうな」と考えてしまったり。こうやって常にアイデア探しを意識しています。人とのつながりも同じ。意識していると、雑談の中でも、面白そうな人の話を聞き逃さなくなる。そうして、「その人、紹介して」ってなるんですよ。常に「考えるスイッチ」を入れておくことです。


僕が心がけているのは、常に意識すること。「こんな人材いないかな」って考え続けていると、巡り合う可能性は高まる。逆に、意識していないと、いい人に会っても気づけないかもしれない。


加藤義博(経営者)の経歴・略歴

加藤義博、かとう・よしひろ。日本の経営者。オートバイ買い取り専門店「バイク王」などを展開する「バイク王&カンパニー」社長、共同創業者。東京出身。高校卒業後、インテリア卸会社、不動産会社を経て、バイク販売店ナショナルオートに入社。バイク買い取り専門店舗の立ち上げに従事。親会社の倒産を機にバイク買い取り専門店の経営権を買い取り事業を開始。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

稲盛和夫

今、この瞬間が未来につながり、未来の結果を左右する。


近藤良平

大学を1年休学して、ヨーロッパを放浪した時の経験も影響してるでしょうね。途中まで僕は「孤高の旅人」を気取ってたんだけど、旅先で出会った現地の人とちゃんと関わるようになった途端に、旅の概念そのものが変わったんです。自分がちょっと変わったり、視点を変えただけで、同じ旅の時間がこんなにも楽しくなるんだなって実感した。その経験は、やっぱり大きいと思います。


金井政明

それぞれの会社がどんな思想を持っていて、どんなことに役に立っていくかということを社員が共有していることがすごく大事。だから私はずっと「中小企業」でいたいと言っています。風通しが良くて、社員が「無印って何だろうね」と言いながら一生懸命働くような中小企業の精神を維持したい。


大谷將夫

経営再建は何も難しいことをやる必要はありません。たったこれだけのこと(「明るく」「元気に」「前向きに」「いまやる」「頭を使ってやる」「必ずやる」の徹底)を毎日の仕事の中で全社員が心がければ、会社は変わります。それまで70%の力しか発揮してこなかった300人の従業員がそれぞれ120%の力を発揮すれば、その分だけ従業員が増えたのと同じで収益力も向上するからです。


但木敬一

法律で規制しても、ガバナンスコードをつくっても、それを破ろうとする人が居る限りダメです。そこで必要なのは、破ろうとする人を出さないこと、破ろうとする人が出てきたときに、それを即座に発見するにはどういう仕組みが必要か、即座に対応するには何が必要か考えること。


田島敏弘

私の座右の銘「おのれを空しうして他人に尽くす」とは、自分勝手なことをやらず、社会全体のために尽くすということ。これは有史以来、日本の経済社会に連綿として流れてきた精神だと思います。今日では「おのれを空しうして他人に尽くす」という精神が空洞化しかねない動きが、日本の経済社会の一部にもみられるので、改めてこの日本古来の道徳律の尊さを強調し、守っていきたいと考えています。


向谷匡史

自慢ばかりする人は、実は扱いやすい人。頼み事をすればいいんです。たとえば顔の広さを自慢する人には「今度、その人を紹介してもらえない?」と頼む。そうするとそこまで親しくない相手はプレッシャーを感じるようになって、自然とこちらを敬遠するようになります。徹底的におだてるのも有効です。


川路耕一

私の判断力の源泉は先物相場で鍛えられた「先物感覚」だと思っています。上がったものはずっと上がりっぱなしではなく、必ず下がる。逆に下がりっぱなしではなく必ず戻ります。その先物感覚、日本人はなかなかわかっていないんです。ですから、上がっている時には、みんなして儲かっていると錯覚していますし、下がっているときはみんなが損しているから仕方ないと諦めているんです。そしてそれにマスコミが一斉に拍車をかけます。ですから、外国人投資家に利益を持っていかれてしまうのです。


佐々木正悟

「淡々と物事に取り組む」には、「やるべきことをできるだけ小さく分解すること」がひとつの解決策になると思っています。たとえば数週間後に、重役も出席する会議でプレゼンをしなくてはならなくなったとします。「プレゼン」という言葉を聞くだけで、憂鬱になる人もいることでしょう。準備しなくてはならないことがたくさんありますし、準備を済ませたとしても、本番で相手を説得できるかどうかわからないからです。よほど意志や意欲を高くもたないと、憂鬱さに負けてしまい、つい先送りしてしまう事態になります。それを防ぐために、プレゼンに向けてやるべきことをできるだけ小さく分解してみます。たとえば「資料作成のための情報収集」が必要なら、ただ「情報収集」で終わらせずに、「ネットのニュース検索で、この一ヵ月の業界の動向をチェックする」という具体的なレベルにまで落とし込みます。すると、プレゼンの準備といっても、ひとつひとつの作業自体は、簡単にできるものが多いことに気づくはずです。「ネットでニュースを検索する」のであれば、それほどやる気が起きない日でも取り組むことができるはず。こう考えていけば、意志や意欲に頼らなくても淡々とものごとに取り組むことが可能になるのです。


津谷正明

我々は今、世界トップで、規模にはこだわります。一定の規模がないと、グローバル展開する自動車メーカーに選んでもらえず、研究開発などへの投資も支えられなくなりますから。