名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤秀俊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤秀俊のプロフィール

加藤秀俊、かとう・ひでとし。日本の社会学者、評論家。東京出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、青蘭女子商業高等学校西洋史教師、京都大学人文科学研究所助手、ハーバード大学留学、シカゴ大学留学。スタンフォード大学コミュニケーション研究所研究員、京都大教育学部助教授、ハワイ大学東西文化センターコミュニケーション研究所高等研究員、学習院大学教授、放送大学教授、中部大学教授・理事・学監・中部高等学術研究所所長・顧問、国際交流基金日本語国際センター所長、日本育英会(のちの日本学生支援機構)会長、日本ユネスコ国内委員会副委員長等を務めた。

加藤秀俊の名言 一覧

いわゆる情報化時代でなにより大切なのは、積極的に情報を求める心を持つことでしょう。求める心こそ出発点です。与えられる情報に安住するものも一つの生き方でしょうが、活力をもたらすのは主体的な求める心です。


加藤秀俊の経歴・略歴

加藤秀俊、かとう・ひでとし。日本の社会学者、評論家。東京出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、青蘭女子商業高等学校西洋史教師、京都大学人文科学研究所助手、ハーバード大学留学、シカゴ大学留学。スタンフォード大学コミュニケーション研究所研究員、京都大教育学部助教授、ハワイ大学東西文化センターコミュニケーション研究所高等研究員、学習院大学教授、放送大学教授、中部大学教授・理事・学監・中部高等学術研究所所長・顧問、国際交流基金日本語国際センター所長、日本育英会(のちの日本学生支援機構)会長、日本ユネスコ国内委員会副委員長等を務めた。

他の記事も読んでみる

佐々木大輔(経営者)

不満を直接解決する機能を開発するのではなく、要望の裏側にある「真の課題」を解決することに挑戦し続けているからこそ、多くのお客さんにfreeeを使ってもらえるようになりました。


高倉豊

企画書を書く時間ももったいない。企画書は、議論のためのたたき台でしかない。「あのデータがほしい」「もっときれいに見せたい」と努力する余裕があるなら、不完全でもいいから外に出すべきだ。


高原豪久

日本で成功した商品を現地の発展段階に合わせてスライドさせればうまくいくという考え方は、完全に誤りだと思います。


藤巻健史

私はモルガン銀行で巨額のお金を動かすディーラーをしていたが、ときには自殺してもおかしくないほどのプレッシャーを受けていた。それでも長続きし、成功できたのは、私が忘れっぽいから。大失敗してもコロッと忘れてしまうから、メンタルをやられずに済んだのだ。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

単なる報告だけの報告書は書かせません。報告が必要なのは、当初の提案や前提に変更が生じた場合のみです。進捗の気になる案件は、電話や携帯のメールで「あれ、どうなってる?」と直接問い合わせます。報告書では取り繕えても、不意打ちだと都合の悪いことを隠し通すのは難しいのです。部下の嘘を見破るのは上司の義務です。私自身、一切ごまかしが通じない厳しい上司に恵まれたから、いまの自分があると感謝しています。


川村隆

日立の社内が、ちょっと緩んでいる気はする。もう少しピシッとやらないと。マスコミなどから過去最高益更新と騒がれていい気になっていてはダメだ。


石村和彦

経営者の仕事とは、自分の権限をフルに使い、時には権限以上のことも行って、働いている人の力を能力以上に引き出すこと。リーダーに与えられている力は、そのためにある。


間塚道義

蓮舫さんの「2位じゃダメなんでしょうか」発言で話題になったスーパーコンピューター「京」は、単体で見ると、実は数百億円の赤字だったんですよ。事業仕分けの対象になったことで、逆に燃えましたね。やるからには「何が何でも世界一になれ」と言い続けました。このプロジェクトで若い人が育ちました。それが一番の財産です。スパコンは競争力のある商品・製品を出すための基盤になる存在です。だから、世界一にこだわったのです。


糸井重里

ゼロの状態から、自らの手で新たな価値を生み出せれば、めちゃくちゃうれしいですよね。自分も周りもうれしいという状況に、成長のきっかけがあります。


厳浩(経営者)

大規模なプロジェクトであればあるほど、個人プレーではどうにもならない。ある先生が言っていたのですが「大規模プロジェクトとは大河小説だ」と。大河小説は構成力が問われます。つまり、規模か大きく、期間も長いので、体系化するには、どれだけレベルが高くても、小さな仕事をやっているだけでは対応できない。EPSも組織としてのマネジメントの重要性を実感し、実践するようになりました。


南壮一郎

人生の時間の大半を費やす仕事を楽しめれば、人生はとっても楽しい。


佐藤昌弘(コンサルタント)

営業の目的は、売上を最大化することです。だからといって、やたらとお客の数を増やせばいいというものではありません。たとえ、年間の営業活動を通じて新たに一社しか契約できなくても、相手がトヨタ自動車のような大口の取引先をできたならどうでしょう。細かな取引先を回るよりそちらに全力を注ごうと考える営業マンがいても、別に不思議ではありません。