名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

加藤秀俊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤秀俊のプロフィール

加藤秀俊、かとう・ひでとし。日本の社会学者、評論家。東京出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、青蘭女子商業高等学校西洋史教師、京都大学人文科学研究所助手、ハーバード大学留学、シカゴ大学留学。スタンフォード大学コミュニケーション研究所研究員、京都大教育学部助教授、ハワイ大学東西文化センターコミュニケーション研究所高等研究員、学習院大学教授、放送大学教授、中部大学教授・理事・学監・中部高等学術研究所所長・顧問、国際交流基金日本語国際センター所長、日本育英会(のちの日本学生支援機構)会長、日本ユネスコ国内委員会副委員長等を務めた。

加藤秀俊の名言 一覧

いわゆる情報化時代でなにより大切なのは、積極的に情報を求める心を持つことでしょう。求める心こそ出発点です。与えられる情報に安住するものも一つの生き方でしょうが、活力をもたらすのは主体的な求める心です。


加藤秀俊の経歴・略歴

加藤秀俊、かとう・ひでとし。日本の社会学者、評論家。東京出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、青蘭女子商業高等学校西洋史教師、京都大学人文科学研究所助手、ハーバード大学留学、シカゴ大学留学。スタンフォード大学コミュニケーション研究所研究員、京都大教育学部助教授、ハワイ大学東西文化センターコミュニケーション研究所高等研究員、学習院大学教授、放送大学教授、中部大学教授・理事・学監・中部高等学術研究所所長・顧問、国際交流基金日本語国際センター所長、日本育英会(のちの日本学生支援機構)会長、日本ユネスコ国内委員会副委員長等を務めた。

他の記事も読んでみる

杉良太郎

姿勢を正して話を聞かなければ、物事が入っていかない。


楠本修二郎

経営する上では、組織をパズル型ではなく筋子型にしていこうと思っています。筋子は形がバラバラですが、同じDNAを持ったイクラはいます。そしてイクラは一粒一粒がとても美味しい。そういう筋子のよっな組織を目指しています。


刈田範博

「セールスとは、お客様の利益を自分の人柄を通して売る行為である」。従って、売れない理由をお客様や会社に求める営業マンは、成長が期待できません。たとえ断られても、お客様のために自分は何ができるのかを考え続けられる人が、将来、トップ営業マンに育っていく人材。まさに、「フォー・ユー」の精神が求められるのです。


橘フクシマ咲江

その場で求められている服装、言動に倣うのが基本です。それは、周囲に流されることではありません。


天羽稔

必要なのは「人」だと思います。もっと言えば、日本の企業が持つ、個々の力を集めた「組織力」です。これは簡単に真似できるものではないからです。


上田準二

仕事に戦略、戦術、実践のレベルがあるとしたら、20代、30代の仕事は戦術や実践で、失敗してもたいしたダメージはありません。しかし、40代になると戦略的な仕事にシフトしていき、一つの失敗が命取りになることもある。だからむやみにリスクを取りにいくのはダメ。現実にリスクはどの程度なのか、失敗したときはどうやってリカバーするのかを計算したうえでリスクを取りにいくべき。それが40代の責任です。


小松俊明

本当に仕事がデキる人ほど、仕事のやり方にこだわりがあって、些細なことでもいろいろ試行錯誤ができる人だと思います。結果として、こういう人は自分のこだわりを仕事に投影できるようになり、他人から見て、それが思いのほか魅力的に映ることが多いのです。


大川順子

「勘」というと、偶発的なひらめきや、悪く言えば「ヤマ勘」のようなものを連想される方が多いかもしれません。しかし私は、それと「勘」とは、別種の――というより正反対のものだと考えています。勘はヤマ勘と違って、確かな根拠を持つものです。既知のもの、つまり知識と経験に裏打ちされた勇気と自信、そこから生まれる想像と創造。これが勘の正体だと思います。


山極毅

AIは入力されたデータによって学習する内容が変化します。つまりデータを入力する人間の考え方によって結果が大きく変わります。大事なのはツールではなく、何を学ばせるかという思想と信念なのです。


榎本博明

自分もイライラしないためには、感情を沈静化させる作用がある「ポジティブセルフトーク」が有効です。例えば、上司の理不尽な言葉に、「もう我慢できない!」とカッとなったら、「大したことじゃない」「大丈夫、落ち着こう」などと自分に言い聞かせる癖をつけます。暴言を比較的冷静に受け止められ、相手への嫌悪感も軽減します。


木村皓一

働く本人の自覚さえあれば、ノルマやマニュアルは不要でしょう。優秀な人間が集まれば、そのチームは強い。ノルマやマニュアルで管理する必要がないということです。僕はマニュアルを作るよりも、たとえば経理担当者を銀行から採用するなど、そこに適した人材を採用したいと思っています。


大谷翔平

プロの世界で毎年戦っていく中で1年1年の勝負が厳しいことを実感しています。だからまず目の前のひとつひとつを確実に勝ち、前より良くしていく。その中で、自然と先にある目標やビジョンが見えてくるのかなと言う気がします。