名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤秀俊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤秀俊のプロフィール

加藤秀俊、かとう・ひでとし。日本の社会学者、評論家。東京出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、青蘭女子商業高等学校西洋史教師、京都大学人文科学研究所助手、ハーバード大学留学、シカゴ大学留学。スタンフォード大学コミュニケーション研究所研究員、京都大教育学部助教授、ハワイ大学東西文化センターコミュニケーション研究所高等研究員、学習院大学教授、放送大学教授、中部大学教授・理事・学監・中部高等学術研究所所長・顧問、国際交流基金日本語国際センター所長、日本育英会(のちの日本学生支援機構)会長、日本ユネスコ国内委員会副委員長等を務めた。

加藤秀俊の名言 一覧

いわゆる情報化時代でなにより大切なのは、積極的に情報を求める心を持つことでしょう。求める心こそ出発点です。与えられる情報に安住するものも一つの生き方でしょうが、活力をもたらすのは主体的な求める心です。


加藤秀俊の経歴・略歴

加藤秀俊、かとう・ひでとし。日本の社会学者、評論家。東京出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、青蘭女子商業高等学校西洋史教師、京都大学人文科学研究所助手、ハーバード大学留学、シカゴ大学留学。スタンフォード大学コミュニケーション研究所研究員、京都大教育学部助教授、ハワイ大学東西文化センターコミュニケーション研究所高等研究員、学習院大学教授、放送大学教授、中部大学教授・理事・学監・中部高等学術研究所所長・顧問、国際交流基金日本語国際センター所長、日本育英会(のちの日本学生支援機構)会長、日本ユネスコ国内委員会副委員長等を務めた。

他の記事も読んでみる

高井英幸

作り手の意気込みと、観客の期待は違う。


小野裕子(ファイリング・コンサルタント)

書類の片づけは、チームや部署単位で取り組むといいでしょう。キャビネットで書類を共有すると、「紙の節約」「省スペース化」に貢献する。書類の私物化がなくなり、担当者不在の時に、別の担当者が対応しやすいというメリットもあります。


前野ウルド浩太郎

昆虫学者というと、好きなことを仕事にしていいなと思いますか? でも私はこの世界で生き残るため、時間をいとわず研究に没頭しました。いわば、「一人ブラック企業」状態(笑)。その原動力は「自分のため」。バッタを研究するのは、突き詰めれば「昆虫の研究で飯を食いたい」という自分の欲のため。アフリカの食糧問題はその次。不届きと思われるかもしれませんが、それが高いモチベーションです。


理央周

話が長い人は、前置きや説明が長かったり、話が横道にそれたりして、なかなか結論までたどりつかない人が多い。まず要件を聞くようにすることが第一ですね。でも、相手が目上の人であれば、なかなかそういうわけにもいかないので、話がそれたら質問でうまく切り返して、話を本筋に戻させる。「なるほど。それが先ほどの話につながるんですね?」という具合ですね。


北尾吉孝

やる前から「危ない」、「リスクが高い」などという議論をしている暇はない。


本田圭佑

死に対して怖さはあまり感じませんが、何か大きなことをやりたいので、時間の有限さには、すごく危機感を持っている。そういう意味でも、いつ死ぬかわからないということを、日々、意識しています。


岡野雅行(岡野工業)

こないだ日経の記者が来て、まあ俺もこの年だし、跡取りもいねえから「あと2年くらいかな」とか適当に話したわけ。そしたら、「岡野工業が廃業する」って1面に載っちゃってさ。びびったよ(笑)。で、俺より驚いたのはお客でさ、「岡野さん、本当に辞めるんですか!?」って、トヨタ自動車やらソニーやらいろんなところから電話がかかってきてさ。うちはさ、お客がどこに持っていっても「できない」って断られたやっかいな仕事ばっかり持ち込まれる「最後の駆け込み寺」だからさ、俺が辞めるって聞いてみんな焦ったんだろうな(笑)。そんな風に周りからいわれてやる気が出てきてさ。すっかり欲望も回復しちゃって。まだまだ稼ぎたいし、いいクルマにも乗りたいんだよ。


西多昌規

勉強を始めてしばらく経って、気が散り始めたときは、無理をせず休憩をとりましょう。休憩で避けたいのは、座ったままスマホを見たり、PCでネットを閲覧したり、といったこと。近年、「セデンタリー(座りっぱなし)」生活は深刻な健康被害を招くことが知られてきました。休憩の原則は、とりあえず席を離れて立ち歩く時間を作ること。これが集中力の回復にも役立ちます。


山口真由

体力が衰えてくると「覚える力」に変化が訪れるのもまた事実。私自身、32歳でハーバード大学に入学したときには、昔のように徹夜で知識を詰め込むような勉強法はもう不可能だと気づかされました。そこで考えたのが、より合理的な記憶法――すべての知識をストーリーに見立てて覚える「ストーリー式記憶法」です。記憶には、いわゆる知識を覚える「意味記憶」と、自らの体験を記憶する「エピソード記憶」があります。「いつどこで、何を経験したか」というエピソード記憶は、自分自身の感情と直結するため知識記憶より鮮やかに残り、思い出しやすいのが特徴。ストーリー式記憶法はその特徴を利用して、知識=意味記憶を、エピソード記憶に近い形にして楽しく覚えるという方法です。


中畑清

同じことを伝えるにも、選手によって言葉を変える。人間は十人十色。全員にそれぞれの個性があるでしょう。声のかけ方が違って当たり前。


酒井穣

自分の時間を有意義に使いたいのであれば、リングに上がって自ら戦うこと。そうでないと、一生をブツブツ文句を言うだけで終えることになります。これ以上にムダな時間の使い方はありません。


山田昇(ヤマダ電機)

会社を立ち上げた当初は生きるか死ぬかで必死だったから、社会貢献とか、CSRなんて言っていられなかったけど、やはり、人が成長すれば会社も発展していく。逆に人が成長しなければ会社も発展しない。それをつくづく体験してきましたので、経営理念というのは大事だと思います。