加藤秀俊の名言

加藤秀俊のプロフィール

加藤秀俊、かとう・ひでとし。日本の社会学者、評論家。東京出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、青蘭女子商業高等学校西洋史教師、京都大学人文科学研究所助手、ハーバード大学留学、シカゴ大学留学。スタンフォード大学コミュニケーション研究所研究員、京都大教育学部助教授、ハワイ大学東西文化センターコミュニケーション研究所高等研究員、学習院大学教授、放送大学教授、中部大学教授・理事・学監・中部高等学術研究所所長・顧問、国際交流基金日本語国際センター所長、日本育英会(のちの日本学生支援機構)会長、日本ユネスコ国内委員会副委員長等を務めた。

加藤秀俊の名言 一覧

いわゆる情報化時代でなにより大切なのは、積極的に情報を求める心を持つことでしょう。求める心こそ出発点です。与えられる情報に安住するものも一つの生き方でしょうが、活力をもたらすのは主体的な求める心です。


加藤秀俊の経歴・略歴

加藤秀俊、かとう・ひでとし。日本の社会学者、評論家。東京出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、青蘭女子商業高等学校西洋史教師、京都大学人文科学研究所助手、ハーバード大学留学、シカゴ大学留学。スタンフォード大学コミュニケーション研究所研究員、京都大教育学部助教授、ハワイ大学東西文化センターコミュニケーション研究所高等研究員、学習院大学教授、放送大学教授、中部大学教授・理事・学監・中部高等学術研究所所長・顧問、国際交流基金日本語国際センター所長、日本育英会(のちの日本学生支援機構)会長、日本ユネスコ国内委員会副委員長等を務めた。

他の記事も読んでみる

並木裕太

僕は影響を受けやすいので、新聞や本を読むと、人の意見を自分の意見のように勘違いしてオリジナルの発想ができなくなる。みんなが思いつくことを自分が思いついて新しい発明をしたような気になることはしたくないんです。知っている情報を増やしていろいろなことに詳しくなる「情報屋」になることと、オリジナルのアイデアを生むことは僕の中ではトレードオフになると思っています。


船間隆行

最も厳しかったのは、バブル崩壊直後の1991年です。不動産への融資が規制され、ほとんど売れなくなりました。そのストレスから1年で髪がまっ白になったほどです。「何とかしなければ」との思いから、自ら先頭に立って営業に回りました。大口のお客様に相続対策を併せた不動産投資をご提案したところ、契約をいただくなどして、苦境を乗り越えることができました。


伊藤豊(経営者)

世の中にとって必要だけど、誰もやっていないガラ空きゾーンは皆さんが思っているより見つけやすいもの。ただ、地味で手間がかかるので手がつけられていない。起業を考えている人はまず、泥臭く、地道にハードに働けるかを自問してみてください。


菅原勇一郎

土日を含めてトータルで自分のコンディションをコントロールし、常に高いパフォーマンスを発揮できるように努めるのがプロフェッショナルであり、職人です。もちろん飲んだりすることも大切ですが、生活のバランスを壊さない範囲が条件。そういう日ごろの肉体的精神的なコンディションを整えること、自己管理のうまさは職人的な人材に共通していますね。


立花隆

知識を血肉にしていけるかどうかは自身の好奇心にかかっています。好奇心の琴線に触れないものは、その人の脳みそにも、腹の中にも入っては行かない。


田原総一朗

僕たちは、いまや報道されている物事の裏を常に自分で読み解かねばいけない時代だと思う。テレビや報道の世界で生きる僕にとっても、現在のマスコミ、ジャーナリズムの姿が残念でなりません。


塚越寛

経営者は、何が何でも自社の社員を守り抜くことを肝に銘じなければなりません。私は、「社員を守らずして何が経営者と言えるか」という強い気持ちで、あらゆる面から社員を守る仕組みをつくってきました。


佐々木常夫

飲みに誘っても部下がついてこないのは、上司にも問題があるのです。飲みの席で、上司が部下に小言を言ったり、自分の意見を押しつけたり、そして挙句の果てにワリカン。これでは誰もついてきませんよ。


河野英太郎

部下から応援してもらいたいなら、まずは自分が部下を支援することから始めるべき。


J・P・モルガン

鉄道各社間の競争によって国民の利益が守られるといったあり得ない考え方は、50年前に捨て去るべきだった。
【覚書き|寡占・独占を得意とするモルガンにとって自由競争は受け入れられない戦い方だった。また当時強烈な価格競争で鉄道各社が大幅な利益減になっていた。倒産する会社も多くあった】


内藤誼人

心理テクニックなどに頼る以前に、誰でも超簡単に職場の人間関係を改善できる最強の心理的アプローチがあります。それは「挨拶・名前を呼ぶ・笑顔」の3つ。想像してみてください。「○○さん、お疲れ様です」といつも笑顔で名前を呼んで挨拶してくれる相手を嫌うことはできますか? その人が頼み事をしてきたら、なんとか力になってあげたいと思うでしょう。「挨拶・名前を呼ぶ・笑顔」は心理テクニック以前に人間関係をよくする土台。これをせずして、テクニックだけを学んでも、人を動かすことはできないのです。


森川陽太郎

自分ではコントロールできないものにエネルギーを注いでも、無駄な努力になってしまう。


渋沢栄一

大なる欲望をもって利殖を図ることに充分でないものは決して進むべきではない。空論に走り、うわべだけを飾る国民は決して真理の発達をなすものではない。


梅森浩一

上司も所詮普通の人です。テレパシーもなければ、読心術の才能もありません。ですから結局、上司のあなたに対する印象や評価は、あなたの発言やちょっとした言葉づかいで決まっているのです。それなのに上司を不快にさせる言葉づかいを無意識のうちにしている人が少なくありません。「成果を出しているのに、いまいち上司の評価が低い」という人は、一度自分の口ぐせをチェックしてみましょう。


浦沢直樹

イメージを捕まえるチャンスがあるじゃないですか。フッてすると逃げちゃっていなくなるじゃないですか。いま、頭の中にイメージがあるうちに描きとめなきゃという焦りみたいモノがありますよね。


ページの先頭へ