名言DB

9419 人 / 110788 名言

加藤秀一(不動産コンサルタント)の名言

twitter Facebook はてブ

加藤秀一(不動産コンサルタント)のプロフィール

加藤秀一。日本の不動産コンサルタント。東京出身。高校のデザイン科卒業後、店舗などのディスプレイを行う会社に入社。その後、不動産業界に転職し、住宅起業役員を経て、不動産コンサルティング事務所ミニッツを設立。そのほか、NPO法人全国生涯学習まちづくり協会理事などを務めた。

加藤秀一(不動産コンサルタント)の名言 一覧

相手の心に響くなら、それだけの時間と労力をかける必要はあると考えています。ハガキや手紙のよい点は、手間がかかっているぶん、気持ちが詰まっているとわかってもらえる点。たいへんだからこそ、人はもらって嬉しいし、信頼してくださるのです。面倒だからと書かないのは、大変な機会の損失だと思いますね。


当たり前ですが、ハガキや手紙を出すことではなく、相手との関係を築くことが目的です。書く枚数を目標にしたり、義務感や惰性で書いたりすると、その点を履き違えてしまう。そうではなく、受け取った相手に何を感じてもらえるかを考えて書くことが大事でしょうね。


自分の気持ちを送って、相手から返事がもらえることが嬉しくて。どんなに忙しくてもハガキと手紙を書いているのは、あのときの喜びが原動力になっているからかもしれません。


本や新聞などに登場した方々のお話に感動したときには、どうしてもご本人に連絡が取りたくなるんです。でも、いきなり電話をかけるわけにもいかないですよね。そこで私は、まず手紙を送るようにしています。どういうところに感動したのかをていねいに書けば、コネクションがゼロでも、意外に返事をいただけるものですよ。有名な経営者の方でも、私の経験では八割は返事をいただいています。お互いに何をしたいのか、何を一緒にできそうかがはっきりしているときは、返事をいただけることが多いですね。


ハガキや手紙に書くためには、人の話もしっかり聴かなくてはなりません。メモを取ることも増えました。


加藤秀一(不動産コンサルタント)の経歴・略歴

加藤秀一。日本の不動産コンサルタント。東京出身。高校のデザイン科卒業後、店舗などのディスプレイを行う会社に入社。その後、不動産業界に転職し、住宅起業役員を経て、不動産コンサルティング事務所ミニッツを設立。そのほか、NPO法人全国生涯学習まちづくり協会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

品田英明

AGFに来て感じたのが、組織のセクショナリズムの強さ。改善に向けて、まずは部署ごと、その後は20~30人の人数で、社員を集めてミーティングを繰り返しています。できるだけ自分の生の声を伝え、情報の共有を図っています。


大山健太郎

経営者の仕事は、魚のいる場所に船を出すことです。ただ、豊富に魚がいたとしても、そこに大型漁船が何隻も押し寄せれば、過当競争になります。それなのに同じ場所に船を出し続けても魚が取れるわけがない。当然、利益も出ませんよね。選択と集中は、いわば取る魚の種類を限定してしまうようなもの。大事なのはどこに魚がいて、ライバルの漁船がどれだけいるのか。魚の数が減った場合に、どの魚をどの船で取るか。その嗅覚と舵取りではないでしょうか。


殿村美樹

行き詰まったらスーパー銭湯で2時間ほど湯につかります。電話やメールも遮断でき、ゆっくり考えることができる。脳まで血が巡るので、潜在意識も浮かび上がりやすくなる気がします。入浴中にアイデアが浮かび、脱衣所までメモに走ったこともあります(笑)。


弘兼憲史

僕に人生設計があったら、漫画家なんて職業は選べなかったでしょう。ファイナンシャルプランナーといった専門家が作る緻密なライフプランが一番苦手。あんな人生設計があると、そこから少しでもそれるとストレスがかかりそうな気がします。僕にとっては「何も決められていない」状態が、一番気楽なんです。


小西正行

社員にほどよいストレスを与えた方がいい。ストレスがない状態は成長もない。


吉原義一

曾祖父が昭和の初めの頃に刀鍛冶を始めました。父も叔父も刀鍛冶です。ですから、刀鍛冶になるのは自然なことでした。他の道に進もうと思ったこともありません。18歳で父に弟子入りし、5年後に正式に刀鍛冶になりました。しかし、独立してからが本当の修業でした。


松尾泰一郎

俺が俺がのエリート意識を捨てて、威張らず、謙虚に、誠実に、また明るく対応することが必要なのではなかろうか。常に凡庸、平凡、中庸の精神を持って行動することが必要である。全社員の団結によって業績を上げていかなければならない商社にあって、平時でも非常時でも平凡の精神を持って、常に謙虚に、自己中心のエリート意識を捨てて、手を取り合って団結しあうことが、あらゆる面での業績向上の上で大切ではなかろうか。


益本康男

いまの時代は、じっくり時間をかけて人材を育成するより、優秀な人材をいかに短期間で集められるかで勝敗が決まります。いま、弊社の人材のパワーを100とすれば、グローバル展開で100を目いっぱい使っている状態です。120の手持ちがあり、100を使っている状態ではありません。120にするには時間かない。だから、足りない20を買ってくるのです。


ジェームズ・ダイソン

より深く理解するためには手を動かして試してみるしかない。


大塚雅樹

僕が30代のころは、嫌な仕事を命じられたら、「それをやり終えたときに何をしようか」と考えていました。スーツを買おうとか、一度食べてみたかった料理を奮発して食べに移行とか。自分へのご褒美を考えるのです。目の前にニンジンをぶら下げる、つまり報酬に訴えかけるというのは、脳科学から見ても理に叶っているそうです。