名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

加藤秀一(不動産コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤秀一(不動産コンサルタント)のプロフィール

加藤秀一。日本の不動産コンサルタント。東京出身。高校のデザイン科卒業後、店舗などのディスプレイを行う会社に入社。その後、不動産業界に転職し、住宅起業役員を経て、不動産コンサルティング事務所ミニッツを設立。そのほか、NPO法人全国生涯学習まちづくり協会理事などを務めた。

加藤秀一(不動産コンサルタント)の名言 一覧

相手の心に響くなら、それだけの時間と労力をかける必要はあると考えています。ハガキや手紙のよい点は、手間がかかっているぶん、気持ちが詰まっているとわかってもらえる点。たいへんだからこそ、人はもらって嬉しいし、信頼してくださるのです。面倒だからと書かないのは、大変な機会の損失だと思いますね。


当たり前ですが、ハガキや手紙を出すことではなく、相手との関係を築くことが目的です。書く枚数を目標にしたり、義務感や惰性で書いたりすると、その点を履き違えてしまう。そうではなく、受け取った相手に何を感じてもらえるかを考えて書くことが大事でしょうね。


自分の気持ちを送って、相手から返事がもらえることが嬉しくて。どんなに忙しくてもハガキと手紙を書いているのは、あのときの喜びが原動力になっているからかもしれません。


本や新聞などに登場した方々のお話に感動したときには、どうしてもご本人に連絡が取りたくなるんです。でも、いきなり電話をかけるわけにもいかないですよね。そこで私は、まず手紙を送るようにしています。どういうところに感動したのかをていねいに書けば、コネクションがゼロでも、意外に返事をいただけるものですよ。有名な経営者の方でも、私の経験では八割は返事をいただいています。お互いに何をしたいのか、何を一緒にできそうかがはっきりしているときは、返事をいただけることが多いですね。


ハガキや手紙に書くためには、人の話もしっかり聴かなくてはなりません。メモを取ることも増えました。


加藤秀一(不動産コンサルタント)の経歴・略歴

加藤秀一。日本の不動産コンサルタント。東京出身。高校のデザイン科卒業後、店舗などのディスプレイを行う会社に入社。その後、不動産業界に転職し、住宅起業役員を経て、不動産コンサルティング事務所ミニッツを設立。そのほか、NPO法人全国生涯学習まちづくり協会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

岩下俊士

JPモルガンが所有するオランダのビルを買収することになり、買収金額を巡って何度も議論を重ねました。しかし相手はこちらの足元を見て全く譲らない。頭に来て「もう結構だ」と席を立ちました。会場の外に出たところでモルガンの担当者が慌てて追いかけてきて「すべての条件をのむから席に戻ってくれ」。急転直下、交渉が成立しました。優良物件のこのビルは今でも日清紡の欧州事業の収益を支えています。


萩本欽一

自分の人生を切り開いていける人なんて、そんなにいませんよ。芸能界でも100人のうち2人ぐらいかな。残りの98人は自分で結論を出せないの。だから、悩んだら、ほかの人の意見を聞くことが大切。


加藤充(経営者)

選択肢は常に複数用意できることが望ましい。


三木雄信

ビジネス英語は働きながらでも1年間でマスターできる。語学センスなどはまったく要らない。必要なのは強烈で明確な目的意識だけ。


ジム・ロジャーズ

「他人のために正しい行いをする」というのは父からの教えです。「懸命に働く」というシンプルな教えとともに、私の生き方の土台になっています。


吉田敬(お笑い芸人)

20代のときに埋めてた種が成長して花になって、それをいま、花瓶に入れているだけ。

【覚え書き|売れる秘訣は何かと問われて】


伊丹敬之

人間をカネで動かすのは限界がある。最後は事業や社員に対する愛情ですよ。


美崎栄一郎

商品の開発において、まず大事なのは、自身の得意分野で勝負することです。自分自身の基盤を強化することが第一の課題。


山田明良(経営者)

かつて勤務先が、事業拡大の果てに倒れたのも目の当たりにしましたから、規模拡大を追い求めるつもりもありません。ただ、市場の役に立つことを大切にしたい。大量生産、大量販売、大量消費ではない、生活の潤いに特化したいのです。例えば、デザインの良いパッケージでも、使われた後に捨てられず、何かに使ってもらえるような商品を作る。


松下幸之助

人は様々です。短気な人もいれば気の長い人もいる、緻密な人もいれば大雑把な人もいる。理論派もいれば人情家もいる、というようにそれぞれの持ち味が皆異なります。しかも、同じ人でも心というものは刻々と動いて、千変万化の様相を呈しています。ですから、自分の考えを伝えようとすれば相手の人がどのような人で、いまどのような心の状態にあるかよく知ったうえで、その人に一番受け入れてもらいやすいような言い方を工夫する必要があります。


南場智子

テクノロジーの進化や社会の進歩は、当然、新しい軋轢を生みます。そのひとつひとつの対処の仕方で、真価を問われていくのだと思います。都度、生じる社会的な課題に対して真摯にかつオープンに向き合う。その姿勢があれば、社会を前に進めていく一翼を担うことができると信じております。


高島徹治

自分の趣味や興味を活かせる変わり種の検定を受けてみて、少しずつ免疫をつけていくのも一つの方法です。これまでの人生で得てきたものは、職歴や、仕事の知識や技術ばかりではないはず。趣味や遊びも貴重な財産ですし、40年、50年生きてきた分だけ、知識が蓄積されていると考えればいい。酒好きなら「利酒師」「焼酎利酒師」などの資格もある。「好きこそ物の上手なれ」を地でいく資格が増えていますから、きっとあなた好みの資格が見つかるでしょう。