名言DB

9419 人 / 110788 名言

加藤秀一(不動産コンサルタント)の名言

twitter Facebook はてブ

加藤秀一(不動産コンサルタント)のプロフィール

加藤秀一。日本の不動産コンサルタント。東京出身。高校のデザイン科卒業後、店舗などのディスプレイを行う会社に入社。その後、不動産業界に転職し、住宅起業役員を経て、不動産コンサルティング事務所ミニッツを設立。そのほか、NPO法人全国生涯学習まちづくり協会理事などを務めた。

加藤秀一(不動産コンサルタント)の名言 一覧

相手の心に響くなら、それだけの時間と労力をかける必要はあると考えています。ハガキや手紙のよい点は、手間がかかっているぶん、気持ちが詰まっているとわかってもらえる点。たいへんだからこそ、人はもらって嬉しいし、信頼してくださるのです。面倒だからと書かないのは、大変な機会の損失だと思いますね。


当たり前ですが、ハガキや手紙を出すことではなく、相手との関係を築くことが目的です。書く枚数を目標にしたり、義務感や惰性で書いたりすると、その点を履き違えてしまう。そうではなく、受け取った相手に何を感じてもらえるかを考えて書くことが大事でしょうね。


自分の気持ちを送って、相手から返事がもらえることが嬉しくて。どんなに忙しくてもハガキと手紙を書いているのは、あのときの喜びが原動力になっているからかもしれません。


本や新聞などに登場した方々のお話に感動したときには、どうしてもご本人に連絡が取りたくなるんです。でも、いきなり電話をかけるわけにもいかないですよね。そこで私は、まず手紙を送るようにしています。どういうところに感動したのかをていねいに書けば、コネクションがゼロでも、意外に返事をいただけるものですよ。有名な経営者の方でも、私の経験では八割は返事をいただいています。お互いに何をしたいのか、何を一緒にできそうかがはっきりしているときは、返事をいただけることが多いですね。


ハガキや手紙に書くためには、人の話もしっかり聴かなくてはなりません。メモを取ることも増えました。


加藤秀一(不動産コンサルタント)の経歴・略歴

加藤秀一。日本の不動産コンサルタント。東京出身。高校のデザイン科卒業後、店舗などのディスプレイを行う会社に入社。その後、不動産業界に転職し、住宅起業役員を経て、不動産コンサルティング事務所ミニッツを設立。そのほか、NPO法人全国生涯学習まちづくり協会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

池谷裕二

原稿や企画書を書かなければならないのに、集中できない。やる気が出ない。そんなときには、ワープロの前で指も動かさず呻吟するのではなく、まずはペンを持ってとにかく書いてみるのも一案です。そうすることで、脳が次第に活性化し、のめり込んでゆくということがあるのです。これを作業興奮といいます。興奮とは脳の神経細胞が活性化するという意味です。
【覚書き|呻吟、しんぎん。苦しみうめくこと】


小松政夫

私のコメディアン人生は植木等という人に付き、様々な人々や華やかな生活を、そばで見てきた経験が糧になっています。芸の道を窮めようと思うなら、その場に身を置き、そこでしか得られないものを吸収するしかありません。


ヴィヴェーカーナンダ

人々に精神的援助を与える人間こそ、人類最大の恩人なり。


長尾裕

大事なことは、きちんとビジネスになっていないと続けられないということ。これがCSV(共有価値の創造)の本来の目指すべき姿。


中西哲生

持続できない体質を改善するのは簡単です。たとえば相手が部下なら、「できそうでできない」課題をやらせればいいのです。少し努力すれば手が届く課題をクリアすることで、小さな達成感が生まれます。その達成感が次の一歩を踏み出させます。


川名浩一

先端のLNG(液化天然ガス)プラントについては、設計や建設を請け負えるのは世界でも4社か5社だけです。我々だけで世界のプラントの3分の1ぐらい手がけています。マイナス162度という極低温の環境下で巨大な配管を巡らせるプラントを、納期を守って仕上げる。これは非常に難しく、経験が必要です。韓国のエンジニアリング会社も中東などでいろいろな仕事を取っていますが、LNGには入っていない。ただ、中国はものすごい勢いで海外の資源を取りに来ているので、中国企業がLNGプラントの設計、建設に関心を示さないわけがない。我々は常に技術的なリードを広げる必要があります。


高橋吉雄(経営者)

人間の真価は事故を起こした時にどうリカバーし、被害を最小限に抑えるかで決まる。


川淵三郎

僕はバスケットボールのルール、競技の本質に関わることには一切口出ししません。だって素人だから。唯一の例外は、外国人選手出場枠の制限ルールでした。これだけは代表強化のために必要だと思ったので導入を決めました。例えば、Bリーグのロゴについて意見を求められたけど、あえて何も言わなかった。僕のセンスで決まったらロクなことがないしね(笑)。


山口義宏

カルビーは「フルーツグラノーラ」のブランド強化をするにあたり、戦う土俵を見直した。シリアル市場は米ケロッグをはじめとする300億円規模のニッチ市場にすぎず、シリアルカテゴリーでは売上高を伸ばすのには限界がある。そこで、戦う市場を「朝食市場」にシフトしたのである。


桂望実

女子の突破力は、いざとなったらかなり強力。