名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤秀一(不動産コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤秀一(不動産コンサルタント)のプロフィール

加藤秀一。日本の不動産コンサルタント。東京出身。高校のデザイン科卒業後、店舗などのディスプレイを行う会社に入社。その後、不動産業界に転職し、住宅起業役員を経て、不動産コンサルティング事務所ミニッツを設立。そのほか、NPO法人全国生涯学習まちづくり協会理事などを務めた。

加藤秀一(不動産コンサルタント)の名言 一覧

相手の心に響くなら、それだけの時間と労力をかける必要はあると考えています。ハガキや手紙のよい点は、手間がかかっているぶん、気持ちが詰まっているとわかってもらえる点。たいへんだからこそ、人はもらって嬉しいし、信頼してくださるのです。面倒だからと書かないのは、大変な機会の損失だと思いますね。


当たり前ですが、ハガキや手紙を出すことではなく、相手との関係を築くことが目的です。書く枚数を目標にしたり、義務感や惰性で書いたりすると、その点を履き違えてしまう。そうではなく、受け取った相手に何を感じてもらえるかを考えて書くことが大事でしょうね。


自分の気持ちを送って、相手から返事がもらえることが嬉しくて。どんなに忙しくてもハガキと手紙を書いているのは、あのときの喜びが原動力になっているからかもしれません。


本や新聞などに登場した方々のお話に感動したときには、どうしてもご本人に連絡が取りたくなるんです。でも、いきなり電話をかけるわけにもいかないですよね。そこで私は、まず手紙を送るようにしています。どういうところに感動したのかをていねいに書けば、コネクションがゼロでも、意外に返事をいただけるものですよ。有名な経営者の方でも、私の経験では八割は返事をいただいています。お互いに何をしたいのか、何を一緒にできそうかがはっきりしているときは、返事をいただけることが多いですね。


ハガキや手紙に書くためには、人の話もしっかり聴かなくてはなりません。メモを取ることも増えました。


加藤秀一(不動産コンサルタント)の経歴・略歴

加藤秀一。日本の不動産コンサルタント。東京出身。高校のデザイン科卒業後、店舗などのディスプレイを行う会社に入社。その後、不動産業界に転職し、住宅起業役員を経て、不動産コンサルティング事務所ミニッツを設立。そのほか、NPO法人全国生涯学習まちづくり協会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

吉田穂波

私は一度に何冊もの問題集に取り組むのではなく、一冊に限定していました。同じ内容を何度も読んで「前よりスラスラと読めた」「できなかった問題ができた」という実感を得るほうが、達成感につながります。


松野恵介

自分は店を選ぶ時、何を基準にしているのか。同じような商品があった場合、なぜそれを選んだのか。そこに大きなヒントがある。当たり前のようですが、消費者は普段、明確に意識していないもの。ここを突き詰めるだけでも商売人に近づけるはずです。


松下信武

取り扱う商品が新しく開発されたものであれば、消費者にとって未経験のものなので、その商品の将来性や潜在的な魅力を感じ取れる消費感性の高いプロシュマー(消費者としてプロの域に達した人)を探す必要があります。ロイヤリティの高い顧客を囲い込んでファンクラブをつくると、この中に影響力の大きいプロシュマーを見つけることができます。身銭を切って購入した複数のプロシュマーにインタビューし、販売ターゲットを絞ることが、マーケティング調査の第一歩です。


深沢真太郎

ビジネスマンに必要な数学的思考力を身につけるために難しい数字を学び直す必要はありません。中学校までの数字の知識を使って客観的に物事を考えることができれば、ビジネスの問題解決に大いに役立つはず。


谷繁元信

瞬間、瞬間に何が必要かを考え、必死にやってきた。その積み重ねが今日をもたらした。


リンダ・グラットン

働くことを楽しもう。仕事が楽しくなる要因は2つあります。自分の裁量が広範に効くことと、自分の成果に対して同僚からフィードバックが存在することです。実際、そのメカニズムを職場に取り入れて、社員の働く意欲を高めている企業もあります。


前川正雄

大切なのはまずは自分を捨てて相手の意見に耳を傾けること。結果、みんなが合意に達し、欧米でよくやる相手を打ち負かすための議論では望めない質の高い成果が得られます。うちでも、寄り合いそのものといえる三日三晩の合宿をよくやります。


坂根正弘

日本が従来苦手とするビジネスモデルの構築で先行し、日本が得意とする現場力勝負に持ち込めれば、我々は負けない。


市原敏雄

広い分野を総合的に手掛けているため、仮に1つの業界で受注が減っても、他の分野でカバーできるという点は間違いなく当社の強みになっています。


梛野憲克

お客様に求められるサービスが存在しなければ、独自に開発するのが当社の風土。


岡野雅行(岡野工業)

人は他人の自慢話は話半分で聞くけど、第三者が褒めると信用するものなんだ。


澤田貴司

日本企業の場合、トップ人事は前任者の専権事項であるケースが多く、決め手になるのは、はっきり言えば「好き嫌い」である。ほとんどの場合、自分好みの部下を後釜に据えてしまうのが実態なのだ。必ずしもトップとして適任とは思えない人物がトップになってしまう原因は、そこにある。