加藤登紀子の名言

加藤登紀子のプロフィール

加藤登紀子、かとうときこ。日本のシンガーソングライター、女優。満州国出身。東京大学文学部西洋史学科在学中、日本アマチュアシャンソンコンクールに優勝。「誰も誰も知らない」でデビュー。第8回・第11回・第13回レコード大賞受賞。米国カーネギーホールで初めてコンサートを行った日本人女性。国連環境計画親善大使、WFFジャパン世界自然保護基金日本委員会評議員などを務めた。

加藤登紀子の名言 一覧

本当のプロフェッショナルはその分野のことしかわからない人ではなくて、その仕事を通じてトータルに人間を感じさせるひとのことだと思う。


音楽と食べ物って似ていると思う。土着の素材を使うという面では風土性があるけれど、それをどう料理するかは人それぞれ自由。今の時代、料理も音楽もどんどん交錯するようになって、私自身はすごくやりやすくなりましたね。


私はツアーやコンサートで一年中旅をしていますが、そのときその土地にある食べ物を、なんでもおいしくいただきます。歌手としてのスタイルも似ていて、ジャンルを越えることが好きなんです。日本では、ひとつの道への追求を美徳とする文化があるので、昔は歌うジャンルが変わりすぎると批判されたこともありました。でも、今まで異国の曲であっても自分流に歌ってきましたし、様々なミュージシャンとボーダーレスにセッションを重ねてきました。


加藤登紀子の経歴・略歴

加藤登紀子、かとうときこ。日本のシンガーソングライター、女優。満州国出身。東京大学文学部西洋史学科在学中、日本アマチュアシャンソンコンクールに優勝。「誰も誰も知らない」でデビュー。第8回・第11回・第13回レコード大賞受賞。米国カーネギーホールで初めてコンサートを行った日本人女性。国連環境計画親善大使、WFFジャパン世界自然保護基金日本委員会評議員などを務めた。

他の記事も読んでみる

高橋フミアキ

「初対面の人にアポを取るならまずは電話。いきなりメールは失礼では?」そう考える人もいるかもしれません。ですが、いまやよほど年配の方でない限り、初対面でのメールに抵抗感を持つ人は少なくなっています。


森田英一

多くの人事評価制度が短期間の成果を求める内容になっているのも問題です。長期的な視野で見ると、仕事がうまくいく仕掛けをつくりこんだり、自分に協力してくれる部下を育成するというように、共存共栄の姿勢で仕事に取り組めるのですが、短期で成果を上げなくてはならないという状況の中では、ラットレースになってしまう。


安部修仁

2から3年は商売しなくても、社員の給料は払えます。手元流動性が高い形で資産を持っていると、いざというとき時間が稼げます。牛丼販売停止のあと、デッドストックを出しつつも新メニューを軌道に乗せることを優先できたのは、キャッシュを潤沢に持っていたからです。つまりそれをやらなきゃ死んじゃうというとき、赤字を出してでも生命の維持・継続に集中できる。


澤口俊之

自分で「報酬」を設定することも有効です。たとえば、「1日頑張ったら帰りに一杯飲もう」「この1週間を乗り切ったら週末は旅行だ」と、楽しいことを用意するのです。これらの報酬を、1日や1週間といった短いスパンから、3カ月や半年、1年後といった長いスパンのものまで、バリエーションを持たせて設定すると、それだけやる気が続きます。


茂木友三郎

セールスは現地の事情を一番よく知っている部門に任せるのが原則です。アメリカはアメリカ、ヨーロッパはヨーロッパ、アジアはアジアの現地法人に任せています。ただし、売上目標は管理しています。


吉川美代子

人が一度に処理しきれる情報量は多くありません。それなら「最も伝えたいことは何か」を絞る。それを意識するだけで、伝える力は高まります。


安田佳生

中小企業は大企業と比べてものすごくニッチなものが多くあります。ですから重要なのは、ターゲットを明確に絞り込むことなのです。


盛田昭夫

我々は敗戦にあったから、これは大変だと思って奮起した。やはり敗戦のような乱世に巡りあったチャンスというのは滅多にない。そういう意味で非常な試練を受けた。あのなかで激しいスクリーン(選別)にかけられ、そのチャンスに出てこん人間はもうとうに消えている。


兼本尚昌

ある外資系企業の社長に聞くと「できるやつは台風の朝も絶対に来ている」といっていました。電車が動かないので遅刻しますと報告してくる社員と、その電話を社内で受けて「わかった、あとは俺がやっておくから」と対応する社員。上司の身になれば、どちらを先に昇進させるかは簡単にわかると思います。


妹尾大

オペレーション業務では、物事を計画的に進めて、無駄を省くことが重視されてきました。しかし、イノベーション業務では、その考え方を改め、様々な人と対話の「場」をつくり、そこから偶発的に生まれたアイデアを形にしていくことが大切。


加賀見俊夫

東京ディズニーランドは縮小する国内市場の中で右肩上がりの成長を実現してきました。なぜそれが可能になったのか。結論から言うと、リピーター数の増加です。


佐々木正悟

先送りの原因として、「恐怖心」がある場合があります。たとえば、クレーム対応や電話でのアポイントが苦手で、つい先送りしたくなる人は多いと思います。相手が拒絶したときのことをイメージしてしまい、憂鬱になるわけです。プレゼンでいえば、「大勢の人の前で話すのがイヤだから、逃げ出したくなる」という人もいるでしょう。こんなとき恐怖心を完全に取り除くのは難しいですが、そのレベルを下げることなら可能です。「相手がこういってきたらどうしよう」と想像するとき、人は最悪のケースを思い浮かべているものですが、そんな事態になるのは稀であるはずです。ほとんどの場合は、本来なら怖がる必要はないのです。ですから恐怖心が湧いてきたら、「この恐怖心は現実的なものだろうか」と自分に問いかけてみるのが有効です。


野口克彦

立場が変わっても、これまで開発の現場に近いところに居続けることができました。いまもよく研究現場へ顔を出します。


小室淑恵

残業が減らない原因のひとつは、じつは社員が帰りたがっていないということです。「残業したほうが人事評価がよくなる」、「残業代が必要」だからです。しかし、効率悪く働いた結果残業が増えた社員を「頑張った」と認めて残業代を払っていたら、会社は生産性の悪い社員を優遇することになり、この先の発展は危ういでしょう。


ビル・ゲイツ

10代のころ、ポール・アレン(マイクロソフト共同創業者)は、コンピュータのハードウェアについていろいろ教えてくれた。マイクロプロセッサーの可能性を信じ、それに賭けてみることも。若いうちに夢中になれることを発見できた私はとても運が良かった。いまでも、その魅力は輝きを失っていない。きっかけを与え、励ましてくれた両親がいたことも、やはり運が良かったと思う。


ページの先頭へ