加藤清正の名言

加藤清正のプロフィール

加藤清正、かとう・きよまさ。安土桃山時代から江戸時代の大名。賤ヶ岳の七本槍の一人。肥後国熊本藩主。母が大政所(秀吉の母)の遠縁の親戚であったことから、秀吉の部下となり生涯忠義を尽くすこととなった。関ヶ原の戦いでは東軍に組した。築城の名手としても知られ、名護屋城(佐賀県唐津市)、名古屋城、江戸城、熊本城、そのほか多くの築城に携わった。

加藤清正の名言 一覧

普段から武士道の心がけを練っていなかったならば、いざという場合に潔く死ぬことはできにくいものだ。よくよく心を武に刻むことが肝要である。


衣類は木綿・紬(つむぎ)などを用いよ。衣類に金銀を費やすのは、けしからんことだ。平素から身分相応に武具を嗜み、人を扶持し、軍用のときには、金銀を惜しみなく使うと良いだろう。


軍の礼法として侍が心得ねばならないのは、いらないところに儀礼を好んではならないことである。


学問に精を入れよ。兵法の書物を読み、忠孝の心がけを持つことが肝要だ。詩や連歌や和歌などをみだりに作ったり読んだりしてはならない。心の中に華奢で風流な手弱いことばかりをかけていたならば、いかにも女のようになよなよしくなってしまうものだ。武士の家に生まれたからには、太刀や刀をとって死ぬことこそ本当の道である。


乱舞は一切停止する。太刀や刀をとれば人を斬ろうという心が起こるのが、武士として当り前のことであるから、武芸のほかにやたらに刀を抜いて乱舞するような者に対しては、切腹を申しつける。


上の者も下の者も勤番や普請の際に、身体をよく動かして手足を汚すことをしかねる者があったとしたら、臆病者と認め、成敗も加えようぞ。


鉄砲隊を率いる鉄砲頭は、日頃申しつけたように、鉄砲を役に立て、その次は、槍、太刀、刀の衆へ引き継ぎ、その後の展開に注意し、後詰めをすることが肝要である。一人一人の突出した働きは、武者の中にははいらぬ。


上一人の気持ちは、下万人に通ずる。
【覚書き:朝鮮出兵の帰路での発言、占領した地域にもう敵はいないのに清正が装備を整えていたのを見た人が、なぜ装備を外し身軽にならないのか問いかけたことに対する答え。自分が旅装を解いて身軽になって進んだ方が楽だが、油断をしてはいつ何が起こるかわからない。上の者が油断していれば、部下も全員油断する。だから自分は旅装を解かないのだという趣旨の発言】


いままで人に詰め腹を切らせたことはないが、今度不心得者があったならば、八幡大菩薩、神かけて詰め腹も切らせようぞ。
【覚書き|朝鮮出兵時に語った言葉】


普段の友達づきあいは一人くらいにしておくといいだろう。ただし、武芸を催す場合には、多人数集まってやるがよい。


奉公の道に油断してはならない。朝は辰刻(7時~9時)に起きて兵法を使い、飯を食い、弓を射、鉄砲を撃ち、馬に乗るがよい。武士の嗜みのよい者には、とくに昇進させるだろう。


どこに陣を取っても、清正に知らせずに、乱暴狼籍に身分の低い者をこき使う者があったならば、その主人の責任として成敗を加える。この旨、下々人足以下の者にまでよくいい聞かせよ。これからは、いかに勇敢に戦っても、掟に従わなかったら、何事も不用になる。


加藤清正の経歴・略歴

加藤清正、かとう・きよまさ。安土桃山時代から江戸時代の大名。賤ヶ岳の七本槍の一人。肥後国熊本藩主。母が大政所(秀吉の母)の遠縁の親戚であったことから、秀吉の部下となり生涯忠義を尽くすこととなった。関ヶ原の戦いでは東軍に組した。築城の名手としても知られ、名護屋城(佐賀県唐津市)、名古屋城、江戸城、熊本城、そのほか多くの築城に携わった。

他の記事も読んでみる

藤田晋

若い人でも、「まだ早い」なんてことは全然なくて、必死になって頑張れば、なんとかなるんです。逆に、成長してから社長になろうと思っていたら、いつまでたってもなれません。


アンドリュー・カーネギー

必要な条件をすべて与えられながら、即座に決断を下すことのできない人は、いかなる決断も下すことはできない。


片田珠美

自分では何気ないつもりで口にした発言でも、部下から「傷ついた。パワハラだ」と非難されようものなら、今はすかさず管理責任を問われます。自分の身を守るためにも、より想像力を働かせて、言い方に気をつけなければなりません。


佐藤綾子(心理学者)

大事なのは、「楽観主義(オプティミズム)」と単なる能天気とは違うということです。能天気な人のことを「楽天家」と呼びますが、何の努力もしなくてもいつか自分は成功すると言っているのは単なる白昼夢で、これは正確な心理学分類ではオプティミストとは違います。楽天家は危機がくることを予測していないので、危機がくると一気に潰れます。楽観主義者は危機がきてもそれを乗り切る能力が自分にあることを信じている人です。


永守重信

タバコは吸わないし、40代のころに飲酒もやめた。観光にも美食にも縁がない。正直にいうと日々の激務の中で「こんな人生でいいのか?」と自問することもなくはない。だが、一代でこれだけの規模へ会社を引っ張り上げるには、個人的な楽しみを封じてでも、必死に働きつづける必要があったのだ。


明石康

どんな物事もその存在は相対的。異なる立場から見れば、その姿はまるで違ったものに見える。白黒や善悪を峻別するのは容易なことではない。


木村信司

やっぱりセリフはきちんと届けたいという思いがあるから。

【覚え書き|最初の本読みの段階から滑舌に厳しい理由を問われて】


高原慶一朗

「3つの友を選べ。人生の師となる友、原理原則を教えてくれる友、直言してくれる友」。私は先輩に教わったこの言葉を大切にしてる。


塚越寛

急がず、ゆっくり、末広がりに。それが私の考える、会社のあるべき姿。


堀之内九一郎

いま、私はグループ年商100億円を超える企業の社長です。が、お金がなかったころのほうがいまよりも楽しかった、といい切れます。強がりでも結果論でもなく、お金がないときのほうが本当に楽しかった。なぜなら「これから、どうやってお金を稼ごうか」「どうやってお金を殖やそうか」と考えるのが何よりも楽しかったからです。私は現在でも、会社の業績をもっと伸ばそうとしていますし、それはそれで楽しいことです。しかし、ゼロから事業をスタートして、軌道に乗せ、加速しながらステップアップしていくときの充実感は格別です。一日ごとに成長を実感できる喜びは何よりも素晴らしい。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

聞くことの大切さを痛感してから、身近にいる聞き上手な人を観察してみた。すると、共通点が見えた。聞き上手の人はみんな「話させ上手」なんだ。どうやったら、相手は気持ちよく話ができるか。それを考えれば、聞くコツは見えてくる。大事なことは、相手がリラックスして自分のペースで話せる状態をつくること。必要なのはホスピタリティ。つまり、おもてなしの精神ということだよね。


板橋悟

経営者に新聞の読み方をヒアリングした結果、彼らは読み方のフレームワーク(枠組み)を持っていたのです。新聞記事は5W1Hで書かれていますが、それを3W1Hという軸で読み取っています。「誰が(HWO)」「誰に(HWOM)」「何を(WHAT)」「いくらで(HOW MUCH)」ということに注目しているのです。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

浪費しがちな人は、家族の関係に問題を抱えているのではないでしょうか。家族仲がよく、いまが幸せだという感覚を持てていたら、むやみにお金は使わないものです。家族とこたつで雑談しているだけでも楽しいですが、こたつの電気代は1時間約6円。お金をかけずとも、幸せは十分に味わえます。そういった幸せを感じられるように、人間関係をしっかりメンテナンスしておくべきです。


阿部俊則

幸いにも、引き渡し1年後のアンケートでは95%の方に「満足」と答えていただいています。一方で、「不満」という回答は1.6%。この割合は、1年間で90数件に相当しますが、この1.6%の数字にこそ、我が社への要望があると思っています。「不満」と答えたお客様の元には、支店長を走らせ、徹底的に何が悪いかを改善していきます。


中島武

行列のできるラーメン屋に行って、「この店は雰囲気がいいから流行るんだ」としか感じられない人は、ほとんど何も見ていないのと同じです。僕なら、「カウンターにいい木材を使っているな」「メニューの字が洒落てるな」というように、一回の訪問で百回は違う角度から店を見る。このようにディティールに注目すれば、少ない回数でも、それを補って密度の濃い経験を積むことができます。それが、短期間で自分を成長させるコツです。


ページの先頭へ