名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

加藤浩次の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤浩次のプロフィール

加藤浩次、かとう・こうじ。日本のお笑い芸人、俳優、司会者。北海道出身。高校卒業後、運送会社勤務を経て上京。「劇団東京ヴォードヴィルショー」養成所「闘魂塾」に入団。山本圭壱と出会い、お笑いコンビ「極楽とんぼ」を結成。バラエティ番組、ドラマ、情報番組などで活躍。

加藤浩次の名言 一覧

誰でもそうなんですよ。自分のことは見えないけれど、他人のことなら見える。だから俺自身も他人からのアドバイスは素直に聞くし、言って欲しいんですよね。


仕事なんだから努力するのは当たり前。1日1日を自転車操業のようにもがいてきた結果、9年も番組が続いてきた。これは、素直にありがたいことです。

【覚え書き|「スッキリ!!」について】


流される……というと言葉は悪いけど、今いる場所は周囲が自分を求めてくれたから辿りつけた、とも言えますね。


前回は「スベりたくない」気持ちが強すぎてわかりやすい笑いに走ってしまった。ただ、そうやって守りに入った部分ほど、あまりお客さんのウケが良くなかった。何でもそうなんでしょうけど、「ひよったらダメ」ってことなんでしょうね。だから今回はガンガン攻めて、好き勝手にやる予定です。


俺みたいな人間が、偉そうに言えることはないですよ。ただこれだけは自信を持って言えるかな。「もう40歳になったら自分のジャッジを信用して突き進みましょう。間違ってないから」と。なんつって、60歳過ぎたら今の俺を見て「何言ってやがんだ。間違いだらけだよ」なんて思うかもしれないけど(笑)。


もちろん「ここは流されるべきか」「抗うべきか」と選択を迫られることはある。でも、40歳を過ぎたら、もう自分のジャッジくらいは信用していいと思うんですよ。のるかそるか、くらいは間違わないでしょ。20代の頃のジャッジは絶対信用できないけど、いまはそれなりの経験を積んできているんだから、堂々と選んで進めばいいんだと思います。


実は、相方のが休んでいる間は、コントやライブをやることに引け目を感じていました。「相方が不祥事で謹慎中なのに……」って。「ぜんぶ山本が帰ってきてからだ」と決めつけていたんですよ。けれど、仲の良い作家に「加藤さん、そろそろライブとかやりませんか?」と言われたとき、「あ、もうやっていい頃かな」と思えた。自分が自分自身を縛っているだけなんだと。「まだ早い」っていうのは俺じゃなくて周囲が決めること。逆に言えば言いたい人には言わせておけばいいと吹っ切れました。


中学時代はサッカー部。それなりに上手くて、中2の時、帯広市内で俺一人だけ北海道選抜のメンバー入りをして全国大会に出たことがあるんです。このとき東京選抜にボコボコに負けちゃったのがショックでね。3年生が引退して、キャプテンになった時に、「これからは練習メニューは俺が考える!」と宣言。超ハードなメニューを作り上げて、チームのみんなにやらせたんです。そうしたら、まあ、総スカンですよ(笑)。結局、俺以外の部員からクーデターを起こされ、いち部員に降格。心にキズはできましたが、同時に刻まれたのが「自分の思いだけを通すとチームってうまくいかないんだな」ということ。少なくとも他人の声に耳を傾ける下地みたいなものは、この時できた。


自分が正しいと思うことを主張するため、相手に食ってかかる。確かに、かつてはそんなところが自分の中にあった。番組だけじゃなく飲み屋でもからんだりね(笑)。ただ6、7年前かな。よく行く飲み屋の常連さんに、なにげなく言われたんですよ。「おい浩次、正義の敵は悪じゃないんだからな」って。もう「スッキリ!!」をはじめて2年くらい経っていたから、なおさら、すっと腑に落ちた。悪さしてやろう、苦しめてやろう。そんな動機で起こる事件って実は少ないんですよね。たとえば、大塚家具の創者の親子が経営に関して争っていたじゃないですか。アレもお父さんからみたら娘は悪人でしかないだろうけど、実のところ両者とも「会社をよくしよう」と考えた正義と正義がぶつかった結果ですからね。それは自分が納得いかない事件や違う意見に「おかしいんじゃないか」と思っている正しさでも同じだと思うんです。そう言われてから、自分を押し通したり、意見を押し付けるのっておこがましいなと思えるようになったんです。


今も納得いかない事件や意見が出た時は「俺はそう思いません」なんて青臭く言い放ってしまうこともありますけどね。ただ、以前は「狂犬」なんて冗談半分で呼ばれていたけれど、番組をひっくり返すほどの発言や「関係ねえ、やってやれ!」というほどのアナーキーさってもう俺の中には無いんですよ。きっとそれは俺が自分自身を疑いはじめたから、でしょうね。


加藤浩次の経歴・略歴

加藤浩次、かとう・こうじ。日本のお笑い芸人、俳優、司会者。北海道出身。高校卒業後、運送会社勤務を経て上京。「劇団東京ヴォードヴィルショー」養成所「闘魂塾」に入団。山本圭壱と出会い、お笑いコンビ「極楽とんぼ」を結成。バラエティ番組、ドラマ、情報番組などで活躍。

他の記事も読んでみる

木本茂

自由闊達にモノが言えるような組織でないと結果的に組織が沈殿化してしまう。


村松謙一

師匠(清水直・弁護士)から学んだのは「常に現場に入る」ということ。机上で貸借対照表だけ見ていても、企業再生はできないんです。再建先の工場に入ってラインを見る。見るだけじゃなく実際に作業をしてみる。工場のおばちゃんたちと一緒に昼食をとる……。そうして実際に現場に入るから、改善すべき本当のムダも見えてくる。また人間的なアットホームなつながりができるから、「給料を下げたいと思います」という決断も呑んでもらえるんです。


アレックス・カー

教科書に書いてあったり、一般的に言われたりしていることをそのまま鵜呑みにし、お行儀よく「枠」に収まっている限りは、自分の血肉にはなりません。疑問を持って調べ、「枠」から出る。筋力トレーニングと同じで、その繰り返しが教養を高めてくれるはずです。


石黒和義

一人の人間として「善く生きる」ことについて、この際、見つめ直すのはどうだろう。自分が産業人として現場でもって経験したこと、さらに読書でその体験を補うことによって、その周りを固めることぐらいはできる。読書には先人の肩に乗って遠くを見渡せる強みがあり、この永遠のテーマの輪郭だけでもおぼろげに掴めれば、それはそれで良しとすべきである。


渡辺捷昭

私は常々、愚直に地道に徹底的にがトヨタのテーマだと言っています。環境や安全に配慮した車作りに徹していけば、必ずお客様から受け入れられ、自ずと数字もついてくるはずです。順調に業績が伸びているからといって、浮かれている暇などありません。


満尾正

まず気をつけてほしいのは運動です。40代になって体がだるくなり、うつを疑って精神科や心療内科にいく人がいますが、本当は男性の更年期障害だったというケースが珍しくありません。男性の更年期障害は男性ホルモンの低下とともに起こり、男性ホルモンは運動と密接な関係があります。デスクワーク中心だったり、外に出てもすぐタクシーに乗るビジネスパーソンは要注意。ジムに通えれば理想的ですが、忙しくてその時間かないなら、歩く距離を長くすることを心がけてください。


美輪明宏

高いところへ登った人ほど、落ちたときには大怪我か即死です。低いところにしか登れなかった人は落ちてもせいぜい軽いかすり傷か怪我くらいですむのです。


西村昭宏(経営者)

高齢化で、老眼鏡のニーズは高まるはずなのに市場は伸びていない。老眼鏡は持ち運びや掛けはずしが多いのに、それに適した商品がないからだ。鯖江の精細な技術を使えば作れるのではないか。
【覚え書き|本のしおりにも使える極薄老眼鏡「ペーパーグラス」開発について】


水島広子

多くの人が「人間、怒るべきときには怒らないとダメだ。でないとナメられる」と思っていますがその説は迷信です。権利はもちろん主張していいし、ナメられることは避けたいものです。でも、その手段が怒りである必要はありません。怒りは相手の当座の行動を変えることはできますが、納得を得ることはできません。納得を得たいなら、怒るよりも「困っています」と、切々と訴える方が得策です。


中野雅至

とにかく目の前の仕事に120%の力を出し切ることが大切。その際自社での評価だけで満足するのではなく、自分の仕事が業界の中でどのレベルなのかを意識する。それには同業者のつながりを持ち、自分の客観的な仕事のレベルをつかんでおくことが大切。


いっこく堂

入門書を読んでみると、腹話術とは腹話術師が1体の人形を使い、甲高い声で……という芸の型が書いてありました。だったら、人形を2体にしてみたらどうだろうか。低い声のキャラクターを出したらどうだろうか……。師匠のいない僕は、腹話術の常識から自由でした。


キャメル・ヤマモト

インターネットにおける情報収集は、パソコンの使い方ではなく、情報収集の前後の段階が重要なのです。コンサルタントの世界でいう「仮説-実行-検証」の仮説と検証をしっかりやるべきで、やみくもに実行の速度をガンガン上げているだけでは、かえって会社で余る人になってしまいます。