名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤浩次の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤浩次のプロフィール

加藤浩次、かとう・こうじ。日本のお笑い芸人、俳優、司会者。北海道出身。高校卒業後、運送会社勤務を経て上京。「劇団東京ヴォードヴィルショー」養成所「闘魂塾」に入団。山本圭壱と出会い、お笑いコンビ「極楽とんぼ」を結成。バラエティ番組、ドラマ、情報番組などで活躍。

加藤浩次の名言 一覧

誰でもそうなんですよ。自分のことは見えないけれど、他人のことなら見える。だから俺自身も他人からのアドバイスは素直に聞くし、言って欲しいんですよね。


仕事なんだから努力するのは当たり前。1日1日を自転車操業のようにもがいてきた結果、9年も番組が続いてきた。これは、素直にありがたいことです。

【覚え書き|「スッキリ!!」について】


流される……というと言葉は悪いけど、今いる場所は周囲が自分を求めてくれたから辿りつけた、とも言えますね。


前回は「スベりたくない」気持ちが強すぎてわかりやすい笑いに走ってしまった。ただ、そうやって守りに入った部分ほど、あまりお客さんのウケが良くなかった。何でもそうなんでしょうけど、「ひよったらダメ」ってことなんでしょうね。だから今回はガンガン攻めて、好き勝手にやる予定です。


俺みたいな人間が、偉そうに言えることはないですよ。ただこれだけは自信を持って言えるかな。「もう40歳になったら自分のジャッジを信用して突き進みましょう。間違ってないから」と。なんつって、60歳過ぎたら今の俺を見て「何言ってやがんだ。間違いだらけだよ」なんて思うかもしれないけど(笑)。


もちろん「ここは流されるべきか」「抗うべきか」と選択を迫られることはある。でも、40歳を過ぎたら、もう自分のジャッジくらいは信用していいと思うんですよ。のるかそるか、くらいは間違わないでしょ。20代の頃のジャッジは絶対信用できないけど、いまはそれなりの経験を積んできているんだから、堂々と選んで進めばいいんだと思います。


実は、相方のが休んでいる間は、コントやライブをやることに引け目を感じていました。「相方が不祥事で謹慎中なのに……」って。「ぜんぶ山本が帰ってきてからだ」と決めつけていたんですよ。けれど、仲の良い作家に「加藤さん、そろそろライブとかやりませんか?」と言われたとき、「あ、もうやっていい頃かな」と思えた。自分が自分自身を縛っているだけなんだと。「まだ早い」っていうのは俺じゃなくて周囲が決めること。逆に言えば言いたい人には言わせておけばいいと吹っ切れました。


中学時代はサッカー部。それなりに上手くて、中2の時、帯広市内で俺一人だけ北海道選抜のメンバー入りをして全国大会に出たことがあるんです。このとき東京選抜にボコボコに負けちゃったのがショックでね。3年生が引退して、キャプテンになった時に、「これからは練習メニューは俺が考える!」と宣言。超ハードなメニューを作り上げて、チームのみんなにやらせたんです。そうしたら、まあ、総スカンですよ(笑)。結局、俺以外の部員からクーデターを起こされ、いち部員に降格。心にキズはできましたが、同時に刻まれたのが「自分の思いだけを通すとチームってうまくいかないんだな」ということ。少なくとも他人の声に耳を傾ける下地みたいなものは、この時できた。


自分が正しいと思うことを主張するため、相手に食ってかかる。確かに、かつてはそんなところが自分の中にあった。番組だけじゃなく飲み屋でもからんだりね(笑)。ただ6、7年前かな。よく行く飲み屋の常連さんに、なにげなく言われたんですよ。「おい浩次、正義の敵は悪じゃないんだからな」って。もう「スッキリ!!」をはじめて2年くらい経っていたから、なおさら、すっと腑に落ちた。悪さしてやろう、苦しめてやろう。そんな動機で起こる事件って実は少ないんですよね。たとえば、大塚家具の創者の親子が経営に関して争っていたじゃないですか。アレもお父さんからみたら娘は悪人でしかないだろうけど、実のところ両者とも「会社をよくしよう」と考えた正義と正義がぶつかった結果ですからね。それは自分が納得いかない事件や違う意見に「おかしいんじゃないか」と思っている正しさでも同じだと思うんです。そう言われてから、自分を押し通したり、意見を押し付けるのっておこがましいなと思えるようになったんです。


今も納得いかない事件や意見が出た時は「俺はそう思いません」なんて青臭く言い放ってしまうこともありますけどね。ただ、以前は「狂犬」なんて冗談半分で呼ばれていたけれど、番組をひっくり返すほどの発言や「関係ねえ、やってやれ!」というほどのアナーキーさってもう俺の中には無いんですよ。きっとそれは俺が自分自身を疑いはじめたから、でしょうね。


加藤浩次の経歴・略歴

加藤浩次、かとう・こうじ。日本のお笑い芸人、俳優、司会者。北海道出身。高校卒業後、運送会社勤務を経て上京。「劇団東京ヴォードヴィルショー」養成所「闘魂塾」に入団。山本圭壱と出会い、お笑いコンビ「極楽とんぼ」を結成。バラエティ番組、ドラマ、情報番組などで活躍。

他の記事も読んでみる

河田重

人生というものは、宇宙の変化から見れば、まことに水の流れに浮かぶうたかたのごとく、儚く小さいものである。だから、人は互いにああじゃない、こうじゃないと些末にこだわったりしないで、自分のペースで最高の努力をしていくのが一番いいのではないか。


関谷英里子

その場に外国人がいると、自分から”I don’t speak English.”と潔く宣言する人がたまにいますが、それを聞いた外国人は、この人は「英語を話せません」とちゃんと英語で伝えているのに、なぜ話せないなんて言うのだろうと、不思議がります。自分はある程度の英語なら話せるのだと自信を持ってほしい。


大原孝治

とりたてて座右の銘などがないから、変化対応ができると思っています。


大塚雅斗

この業界には上場している企業も数社ありますが、これらの企業はすべてもともと保育園を運営していたわけではありません。ビジネスチャンスを感じて保育事業に参入したわけですが、そこか我々とは大きく異なります。我々は保育事業が母体であるため、保育の質に関しては絶対的な自信があります。また、その質を維持できないのであれば、無理に出店するなということも日頃から社員に言っています。確かに一見すると地味に見えるかもしれませんが、保育重視の体制を着実に作ることで、実際、これらの上場企業から当社へ運営を切り替える事例も増えてきています。


安形哲夫

仕組みだけじゃダメ。文化になるまでやらなければいけない。


宮原博昭(経営者)

行動に移すまでには、「理解」して「納得」することが必要ですが、「納得」までいくのは非常に難しいことです。そこで、せめて「理解」だけでもしてもらおうと考えました。たとえば、1回だけ言うのか、3回かけて話すのか。1か月ほど前から少しずつ話しておくのか。会議の終わりにジャブを入れるのか。外で食事しながら話すのか、食堂でコーヒーを飲みながら軽く話すのか……。どう話すかは、相手の性格に合わせて変えました。そうしないと、耳を閉ざしてしまい、理解すらしてもらえません。もちろん、全員に対してうまくいったわけではありませんが、手を変え品を変え、対話は続けてきました。そうして全員に期待するスタンスを見せることが大切だと思っています。


木村政雄

酒は昔から一切飲めないんです。だからタレントさんと遊ぶ機会は少なかったですね。年上の方を師匠と呼ぶこともしなかった。彼らにはそういった部分じゃなく、アイデア=頭脳で貢献するしかなかったわけです。


スガシカオ

プロダクトアウトしかできない人は、マーケットインの人を一人そばに置いておく必要がある。


石坂典子

私は創業者の娘ですから、父親の背中を見て育ってきています。裸一貫から、ダンプ1台から始めてきた父です。すごい仕事だなというのは、この会社に入るときまで分からなかった。人様が嫌がる仕事、汚いゴミを分ける仕事をする社員さんたちを見たんですね。当時は露天ですよ。屋根もかかっていない。冬は寒い。夏は暑い。雨の日もカッパを着て仕事をしてゴミを分けているんですよ。普通の人はやりたがらない仕事ですね。そういう仕事をやって、社会に埋める廃棄物を減らしていくという、この人たちの報われる環境というのがあるのかって思ったのが最初でした。


関家一馬

官僚型の普通の企業の組織は、トップの権限が圧倒的です。当社の仕組みは、トップの権限を減らすような革命なので「せっかく頑張って社長になったのに」と思う人はいるかもしれない。でも志が大きければ、サラリーマンだろうと、この会社をもっと良くしたいと思えるはず。そうなれば、導入することはできると思います。


清水喜彦

ただ規則に従うだけなら、経営陣の存在意義はない。


アラン(哲学者)

社交生活や訪問や儀式やお祝いがいつも好まれるのである。それは幸運を演じてみるチャンスなのだ。この種の喜劇は間違いなく我々を悲劇から解放する。