名言DB

9413 人 / 110706 名言

加藤正人(脚本家)の名言

twitter Facebook はてブ

加藤正人(脚本家)のプロフィール

加藤正人、かとう・まさと。日本の脚本家。秋田県出身。早稲田大学社会学部中退後、脚本家デビュー。日本映画学校専任講師、社団法人シナリオ作家協会会長、東北芸術工科大学教授、早稲田大学大学院客員教授などを務めた。日本アカデミー賞優秀脚本賞、モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ、毎日映画コンクール最優秀脚本賞受賞。

加藤正人(脚本家)の名言 一覧

ハリウッド映画に駄作があるように、型にはめたら必ずいい作品になるわけではありません。一番大事なのは相手に伝えたいメッセージであり、型は技術に過ぎない。でも、どんなに素晴らしいメッセージも、相手に納得してもらえるように表現できなければ意味がない。だから絶対に型を無視してはいけないんです。これを身につけないと、プロにはなれませんよ。


加藤正人(脚本家)の経歴・略歴

加藤正人、かとう・まさと。日本の脚本家。秋田県出身。早稲田大学社会学部中退後、脚本家デビュー。日本映画学校専任講師、社団法人シナリオ作家協会会長、東北芸術工科大学教授、早稲田大学大学院客員教授などを務めた。日本アカデミー賞優秀脚本賞、モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ、毎日映画コンクール最優秀脚本賞受賞。

他の記事も読んでみる

久水宏之

外なる力の発展の方に目を奪われ、金融や資本主義のシステムも、お金や資本の増殖が自己目的であるかのように展開し、格差の拡大や絆の分断を生み、綻んできた。人間にとって本当の幸せを実現する、という本来の目的に立ち返ってこれを修復するためには、改めて「人間が生まれてきたわけや、何に最も充実感を感じるのか」を見つめ直す必要がある。


野村克也

見ている人は見ているのだから、仕事はいつも一生懸命でなくてはならない。


榎本博明

年長者が年下の人に過去の経験を語るときも、ひとつ間違うと単なる自慢話になりがちです。聞く側が押しつけがましいと感じるのは、「自分一人の力でここまでやってきた」と言わんばかりの話し方をされた場合です。それではそこから教訓を学ぼうという気にはなれません。ですから経験談を話す際は、「自分が成功したのは運がよかったからで、歯車がちょっと狂っていたらどうなっていたかわからない」という謙虚さを示すことが大切です。


豊田圭一

ビジネスは恋愛に似た側面があります。たとえば、片思いは、独りよがりのビジネスアイデアと同じです。片思いの最中はその人のことしか見えませんが、それにしがみついてウジウジ悩むのは時間の無駄ではないでしょうか。早く結果を出して、もしフラれたら次を探そうと気持ちを切り替える。その方が結果的にチャンスは多くなるんです。


日比野隆司

どんな仕事でもおざなりにしないということが大事です。例えば、コピーを取る、ホチキスを止めるという作業でも、適当にこなす人と、考えながらする人とでは、先々大きな差が出てきます。仕事へのこだわりが大事。


安田洋祐

制度を設計する際には、個々の参加者が設計者の知らない私的な情報を持っていて(=情報の非対称性)、その情報を生かしつつ参加者自身にとって得になるように振る舞ってくる(=利害の不一致)、という点に注意することが重要です。


吉本ばなな

人生には、いろんな時期があるけれど、誰もがその人の本来の性質を取り戻すことはできるのだと思う。年齢に関係なく。


助野健児

医薬品では、血液がんなどの抗がん剤やアルツハイマー病治療薬の開発、再生医療ではiPS細胞を用いた創薬支援や細胞治療などを推進している。これらを早く花咲かせるために、M&Aが必要ならばやる。


村上春樹

翻訳をしていて一番難しいのは、英語のリズムをアレンジして日本語のリズムに変えなければいけないところです。リズムがないと人は文章を読めませんから。一番ダメな翻訳は、読んでいるうちにわからなくなってしまって、何回も前に戻って読み直さなければならないものでしょう。そういう意味でもやっぱり文章の命はリズムですから、話をとんとんと進めていった方がいいんじゃないのかな。


山下良則

人間は感情の動物。フィードバックがあればやる気になる。社員のやる気こそ企業の宝。誰もが働きやすく、仕事にやる気を持てる環境を作り、明るく元気な会社にしたい。


林田英治

世の中にどうやって価値をつくり出すか。ゼロから何かを生み出さなければいけないのに、日本の会社はゼロから1が生み出されたら、1をn倍にすることしか考えていない。


吉田兼好

勝たんと打つべからず、負けじと打つべきなり。


鈴木孝博

人間が持つ「健康に生きよう」とする本能を目覚めさせれば、ジム通いやサプリメントもその効果が増し、明るく活き活きとした毎日につながる。


林野宏

与えられた課題を高いクオリティーでアウトプットするのは当然。「課題を作る」ことも自分の頭でできるようになることが求められる。


晝馬明

競争力の源泉は性能へのこだわり。中央研究所から現場まで、製品の性能向上に取り組んでいる。