名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

加藤正人(脚本家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤正人(脚本家)のプロフィール

加藤正人、かとう・まさと。日本の脚本家。秋田県出身。早稲田大学社会学部中退後、脚本家デビュー。日本映画学校専任講師、社団法人シナリオ作家協会会長、東北芸術工科大学教授、早稲田大学大学院客員教授などを務めた。日本アカデミー賞優秀脚本賞、モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ、毎日映画コンクール最優秀脚本賞受賞。

加藤正人(脚本家)の名言 一覧

ハリウッド映画に駄作があるように、型にはめたら必ずいい作品になるわけではありません。一番大事なのは相手に伝えたいメッセージであり、型は技術に過ぎない。でも、どんなに素晴らしいメッセージも、相手に納得してもらえるように表現できなければ意味がない。だから絶対に型を無視してはいけないんです。これを身につけないと、プロにはなれませんよ。


加藤正人(脚本家)の経歴・略歴

加藤正人、かとう・まさと。日本の脚本家。秋田県出身。早稲田大学社会学部中退後、脚本家デビュー。日本映画学校専任講師、社団法人シナリオ作家協会会長、東北芸術工科大学教授、早稲田大学大学院客員教授などを務めた。日本アカデミー賞優秀脚本賞、モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ、毎日映画コンクール最優秀脚本賞受賞。

他の記事も読んでみる

松田憲幸

多くのソフトメーカーはプログラムを内製し、デザインを外注するのに対して、我々は逆です。プログラムを外注することはあっても、デザインは必ず内製しています。「本格翻訳」という翻訳ソフトは、大手メーカーが開発した製品を、当社がパッケージからプロデュースして販売することで売り上げが100倍になった。その成功体験もあり、ビジュアルの重要性を肌で感じています。


徳岡邦夫

お客様の個別のニーズに対応するには、好みを直接おうかがいするのが一番早い。


松田雅也

弊社の強みのひとつは、流通のシステムを作って発注用の顧客向けアプリに落とし込み、iPadごと飲食店に貸し出したこと。そうして現場をIT化してしまったのです。実際、パソコンは嫌いだという料理人も、iPhoneは持っていたりします。使いやすい機械であれば誰でも使う、ということです。


市村清

このときの監房生活で私が得た貴重な体験は、人間は何もないところでも、工夫によっては何でもできるものだということ、もうひとつは、度を超えた苦痛を耐えていると、気が狂う前に人間には気絶という保身の道があるということであった。ふたつとも、負けるものかという不屈の精神を受け付けた体験である。
【覚書き|銀行員時代、横領の容疑をかけられ4か月半ほど中国の刑務所で暮らした経験を振り返っての発言。その後無罪になる】


金美花

お菓子づくりは好きでしたが、あくまで趣味でした。自分は一生、教師でいると思っていました。ケーキ屋さんを開こうと思ったきっかけは2001年に友人4人と行ったヨーロッパ旅行です。高級ブランド店に行けば、いいなと思う商品がたくさんあります。でも値段が値段ですから買うことはできません。そこで、カフェに入り、ケーキを食べて、贅沢な気分に浸る。こんなことを繰り返しているうちに、スイーツが贅沢な気分を運んでくれる。こんな幸せな時間を多くの人に味わってもらえたら、と思ったのです。この想いが起業につながりました。


築山節

「とにかく終わるまでやる」という気持ちでは、ダラダラ作業になりがちで、効率が悪く、気づいたらいつの間にか午後9時……なんてことになりがち。制限時間を決めれば、その緊張感で集中しやすく、必死で終わらせようと頑張れます。


鈴木喬(経営者)

情報を得るとき、私は現地・現場に実際に足を運んで集めるようにしています。80歳を過ぎた今でも、アメリカ、ヨーロッパ、アセアン地域、中国に毎年一度ずつ行っているのもそのためです。訪問先で日用品の売場を見るのはもちろんですが、それよりむしろ世の中の動きを肌で知っておくという意味合いのほうが強いかもしれません。よく行くのが、不動産屋です。不動産屋に行けば、その土地の動きが見えてきます。私たちの商売に直接役立ちそうもない情報であってもインプットします。


齋藤純一(政治学者)

不利な立場にある人は、より有利な立場にある人の意に沿うことを強いられやすく、また、劣った者として扱われ続ければ屈辱の感情を抱かずにはいられない。不平等が過度のものとなり、固定化すれば、何とか不利を挽回しようとする意欲すら持てなくなる。


田村哲夫

当校の創立の精神は「自調自考」です。「何でも自分で調べて自分で考える」。人生で最も多感な時期にこれを繰り返すと皆、おのずと自我に目覚め、自らの方向を見つけていきます。それがまさに個性を尊重した教育だと自負しています。おかげで、近年は毎年数人が海外の大学に進学する傾向が定着してくる一方で、日本で評価が高い大学への進学実績も随分上がってきました。


佐藤俊介(経営者)

勘違いしてはいけないのは、「SNSはブランドに対する帰属意識を持ってもらうだけで、直接購買にはつながらない」ということです。宣伝に集中してしまったらファンは離れます。それは10年以上ITに関わってきたからわかることです。


佐田展隆

大学卒業後、東レに就職しましたが、入社4年目頃、父から「どうにもならないので帰ってこい」と声がかかり、すぐに戻りました。当時、売上22億円で25億円の負債を抱えていて、毎年金利だけで約1億円を支払わなければならず、1億円近い経常赤字が出る状況。どうせダメなら足掻こう、足掻くなら会社で一番どうにもなっていないところをと思い、東レでも営業でしたから、営業に力を入れました。


伊藤彰(コンサルタント)

プレーヤーとして優秀でも、マネジャーになりきれない人材も多い。これは若手マネジャーによく見られる傾向だ。事実、優秀なプレーヤーほど、部下を育てられないという話はよく聞く。優秀だからこそ人の失敗の理由が理解できないし、自分でやった方が早いからと、ひとりで仕事をこなしてしまう。