名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤正人(脚本家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤正人(脚本家)のプロフィール

加藤正人、かとう・まさと。日本の脚本家。秋田県出身。早稲田大学社会学部中退後、脚本家デビュー。日本映画学校専任講師、社団法人シナリオ作家協会会長、東北芸術工科大学教授、早稲田大学大学院客員教授などを務めた。日本アカデミー賞優秀脚本賞、モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ、毎日映画コンクール最優秀脚本賞受賞。

加藤正人(脚本家)の名言 一覧

ハリウッド映画に駄作があるように、型にはめたら必ずいい作品になるわけではありません。一番大事なのは相手に伝えたいメッセージであり、型は技術に過ぎない。でも、どんなに素晴らしいメッセージも、相手に納得してもらえるように表現できなければ意味がない。だから絶対に型を無視してはいけないんです。これを身につけないと、プロにはなれませんよ。


加藤正人(脚本家)の経歴・略歴

加藤正人、かとう・まさと。日本の脚本家。秋田県出身。早稲田大学社会学部中退後、脚本家デビュー。日本映画学校専任講師、社団法人シナリオ作家協会会長、東北芸術工科大学教授、早稲田大学大学院客員教授などを務めた。日本アカデミー賞優秀脚本賞、モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ、毎日映画コンクール最優秀脚本賞受賞。

他の記事も読んでみる

貝沼由久

他の会社の方に驚かれたが、役員の海外出張は申請書を不要にしている。電話だけつながるようにしてもらえれば話せるし、出張に見合う売り上げをあげてもらえれば問題ない。


弘兼憲史

『ラストニュース』をやるにあたってテレビ業界の内部が知りたかった。それには外から見るより、自分がコメンテーターになって実際の制作現場にいたほうが、よくわかるじゃないですか。実際、番組が終わった後、音声さんやカメラさんを自分のカメラで撮ったりして資料集めに動き回ってましたから(笑)。だから『ラストニュース』の連載が終わってからは、コメンテーターは一切やめたんです(笑)、必要なくなったので。


田中雅子(経営学者)

人の心を動かすことができる経営者の、周囲に与える影響は計り知れないものがある。


松村厚久

Facebookなどのツールを生かす一方で、アナログなコミュニケーションも大切にしています。そのいい例が、年賀状です。知り合って時間の浅い人でも、年賀状は「新年のごあいさつ」という大義名分のもと、不審がられずに受け取ってもらえます。何より「わざわざ出してくれたんだ」と思うとうれしいじゃないですか。そこからまた新しいつながりが生まれたりします。


出光佐三

何をやるにしても考えて考え抜く。それが私の一生である。


ジェイ・エイブラハム

社員の成長や成功を会社が全力で応援すること。会社が応援してくれていると思えば、その社員から最大限のパフォーマンスを引き出すことができる。


岩田松雄

経営をするときは、できるだけ多くの店舗を訪問するようにしました。それでも頻繁に訪問することは不可能なので、店舗のリーダーあてにメールで「社長からの手紙」を送り続けました。社長室とお店との距離を縮めることで、理念、ミッションの深化、浸透を図りたかつたのです。


柵山正樹

景気変動の影響を受けにくい事業と、受けやすい事業のバランスが重要。


柳井正

生きることは、失敗することです。何かを興そうと思ったら、そんなに簡単に成功できるわけがない。実行する前から失敗を恐れていたら、何もできません。


山添茂

未来など誰も予測できないけれども、これまでの延長線上のことをやっていては、生き残ることはできません。変化に打ち勝っていくには、若い社員が仕事に誇りと意欲を持ち、挑戦できる会社にしていかなければなりません。


堀之内九一郎

私は自分がサラリーマンのころ、上司の指示にそのまま従うのが苦痛だったので、上司からの指示に自分なりの上乗せをして仕事をしました。「1日で10個売れ」といわれたら11個売る。「月間1000万円の販売計画を立てろ」といわれたら、1200万円の計画を立てる。やらされる仕事からやる仕事に変えることで苦痛を取り払い、気分よく努力をしました。このようにして、努力の種類(質や方向性)を変えて仕事を続ければ、努力を継続しやすくなり、結果も出やすくなります。


南場智子

ITやインターネットを活用したイノベーションを起こしていくのが弊社のスタンスで、常に新たな市場で事業を立ち上げたいという思いを持っています。