加藤正人(脚本家)の名言

加藤正人(脚本家)のプロフィール

加藤正人、かとう・まさと。日本の脚本家。秋田県出身。早稲田大学社会学部中退後、脚本家デビュー。日本映画学校専任講師、社団法人シナリオ作家協会会長、東北芸術工科大学教授、早稲田大学大学院客員教授などを務めた。日本アカデミー賞優秀脚本賞、モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ、毎日映画コンクール最優秀脚本賞受賞。

加藤正人(脚本家)の名言 一覧

ハリウッド映画に駄作があるように、型にはめたら必ずいい作品になるわけではありません。一番大事なのは相手に伝えたいメッセージであり、型は技術に過ぎない。でも、どんなに素晴らしいメッセージも、相手に納得してもらえるように表現できなければ意味がない。だから絶対に型を無視してはいけないんです。これを身につけないと、プロにはなれませんよ。


加藤正人(脚本家)の経歴・略歴

加藤正人、かとう・まさと。日本の脚本家。秋田県出身。早稲田大学社会学部中退後、脚本家デビュー。日本映画学校専任講師、社団法人シナリオ作家協会会長、東北芸術工科大学教授、早稲田大学大学院客員教授などを務めた。日本アカデミー賞優秀脚本賞、モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ、毎日映画コンクール最優秀脚本賞受賞。

他の記事も読んでみる

ジョン・ベンダー

知的財産権を伴う製品を作るのでなければ、やがては企業の利益がゼロになります。インターネットはビジネスにおける参入障壁を低めました。知的財産を除けば競争に際限がありません。いまや誰でも最低限のコストでウェブサイトを立ち上げ、充実したインフラを有する老舗企業と同じ製品を売ることが出来ます。宅配業者を使えば、マーケット部門も流通センターも必要ありません。


ジェイ・エイブラハム

それ以上、悪くなりようのない人は幸い。どん底にいるといったん気づけば、あとはどうもがいて、上に伸びていくしか選択肢はない。


坂本孝

社長が一人で喋って意見を押しつけちゃいけない。人間、思ってることを言うだけで楽になるから、こっちは聞くことに徹する。それで最後に「じゃあ、やってごらん」と背中を押せばいい。


大倉忠司

私は自分の好きなことが仕事になっているので、ストレスは溜まりませんし、これといって趣味もないんです。


越智直正

経営者は困らないといけません。困らない経営者に進歩はない。困ったことを解決する、それが経営だとぼくは思っています。


ゲーテ

欠点を改め、過ちを償うことは、最高の幸福である。


石橋正二郎

自動車タイヤの販売が始まった。しかし、たちまち破れやすいという評判が立った。破れるのはこちらの責任だから取り替えないわけにはいかない。どんどん取り替えたため千坪ぐらいの畑に10万本くらいのタイヤが山になり、破産するところまで行きかけた。ブリヂストンの仕事は4、5年ぐずつき、軌道に乗ってきたのは10年ごろだった。


大橋未歩

ときにはそれまでよく知らなかった人や、関わりのなかった分野の相手を取材することもあります。そのような場合でも「絶対に興味が持てる何かがあるはずだ」と思うことから始めるようにしています。人は千差万別で、必ず自分とは違う部分を持っています。


亀井民治

合同研修では各社持ち回りで会場になります。すると、会場になった会社は、外からお客様を迎えることになります。この「外から見られる」ということが、大きなポイントです。一般家庭でも、同じではないですか。普段は散らかっていても、誰かが家に来るとなれば、途端に部屋を片づけたり玄関を掃除したりします。外から人が来ると、人は言われなくてもきれいにするものです。


村上龍

失敗を恐れずに新しいことにチャレンジするために必要なのは、考え方や決断ではありません。「前もって成功しておくこと」が重要です。新規ビジネスへの挑戦は、「成功のあとの絶好調のとき」にやるべきなのです。失敗を恐れずにチャレンジしろというのは、失敗しても会社が潰れない場合に限られるのです。


星野佳路

自分たちのサービスが顧客の満足を生んでいるという実感こそが、この仕事を続ける原動力になる。顧客視点を養うことにもつながる。


山口絵理子

スタッフへの言葉も、「ああしろ」「こうしろ」から、「ああしたいんだよね」「こうしたいんだよね」に変わりました。それを実行するのは私ではなくスタッフですから、方向性を伝えて、あとは考えてもらいます。


飯田亮

M&Aを成功させるためには買収した企業体を自分のグループの中でどうやって生かしていくのかを考えることが大切です。買収して良くなるのであれば、従業員も良くなるし、顧客にとってもいいことです。それらが展望できない限り、買収はするべきではありません。


三喜俊典

「なくならないものを残そう」と考えて仕事に取り組むことをお勧めします。失敗なしに大過なく仕事をしたとしても、それでは「滞りなく仕事を終えた」という満足以上のものは残りません。しかし、何かを成そうと思って挑戦すれば、その結果失敗しても、確実に「何か」が残ります。それは「悔しさ」かもしれないし、次はこうやったらいいという「アイデア」かもしれない。それらの何かが次の挑戦の原動力になるのです。そうした経験を積み重ねていくことで、だんだんと大きな仕事ができるようになっていくものです。


矢野博丈

やってきたことがいいか悪いかは、ダイソーが潰れるときにならんとわかりません。


ページの先頭へ