名言DB

9490 人 / 112001 名言

加藤欣司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤欣司のプロフィール

加藤欣司、かとう・きんじ。日本の経営者。第一勧業銀行、ソロモンブラザーズ証券、野村証券などを経て、アメリカを拠点とする外資系債券投資会社ルーミス・セイレス運用会社に入社。同社がフランスを拠点とするシーディーシー・イクシス・アセットマネジメント・グループの傘下になったことに伴い移籍し、日本法人社長を務めた。

加藤欣司の名言 一覧

ビジネスは結果がすべてです。金融商品でいえば、安定したリターンをあげて初めてお客様に信頼されます。


米国の金融市場で起こった出来事や、運用商品の情報を、その翌日にいち早く国内のお客様に伝えるため、日本では夜中であっても、米国側の担当者と連絡を取り合い、情報収集を行っています。


メールを受信したら、その場で処理し、リアクションを起こすのが、私のポリシーです。


加藤欣司の経歴・略歴

加藤欣司、かとう・きんじ。日本の経営者。第一勧業銀行、ソロモンブラザーズ証券、野村証券などを経て、アメリカを拠点とする外資系債券投資会社ルーミス・セイレス運用会社に入社。同社がフランスを拠点とするシーディーシー・イクシス・アセットマネジメント・グループの傘下になったことに伴い移籍し、日本法人社長を務めた。

他の記事も読んでみる

古森重隆

米国では、一つの技術の役割が終われば、その会社の寿命は終わり、新しい技術を持つ会社に取って代わればいいとの考えが一般的だ。私はそうは思わない。企業には優れた人材がいる。この人材が他の経営資源と相まって商品を作り出す。各会社はそういう優れた価値を持っているのだ。一つの製品が廃れたからといって、企業そのものが終わるのはもったいない。


西澤敬二

昨年、損保協会は設立100周年を迎え、新たなスタートとなる今年度は、「持続可能な社会実現への貢献」と「超スマート社会実現への貢献」という2つの観点から活動を推進していく。前者については、防災、減災、事故防止に向けた従来の取り組みに加え、業界としてさらに貢献できることがないか検討したい。後者については、デジタル技術による革新が日本の成長シナリオであることを踏まえ、それによって生じる様々な課題に対応していきたいと考えている。


篠原菊紀

タスクに取り組む際、「より速く」「より丁寧に」「より良いものを」と意識しましょう。いつもと同じタスクを繰り返す場合にも、「次はどんな工夫をしようか」とゲーム感覚で取り組んでみる。それだけで、脳のトレーニングになります。さらに、デスクの配置や備品の位置など、職場の環境を変えることでも、脳に刺激を与えることができます。


須田将啓

タイムリーなものにニーズがある。


柴田憲佑

今後日本が向き合う労働力の減少という課題に対して唯一の解決策は、世界中の人と一緒に価値あるものを作ることだと感じ、グローバルワークができる環境をつくりたいと思ったのが起業のきっかけです。


羽鳥兼市

会長や創業者が元気なうちに退けば、後継者にチャレンジさせ、失敗させる余裕がある。気力と体力が続くまで頑張って退けば、後継者には失敗が許されなくなる。それでは結局、次の経営者が育たない。


ロバート・キヨサキ

中流以下の人間はお金のために働く。金持ちは自分のためにお金を働かせる。


慎泰俊

大学生のとき国際的なNGOでインターンをして痛感させられたことがあります。それは、世の中への発信力はお金やビジネスの発想の有無で左右されるということ。当時はネットも始まったばかりだったので、お金のない人が原理原則に沿った主張をしても、声を届けられるのはせいぜい1万人。一方、ビジネスの発想を持っている人が何か言うと、内容にかかわらず100万人、1000万人が聞いてくれる。もし自分が世の中を本気で変えようとするなら、ビジネスのことを理解しておく必要かあるんじゃないかと。


西田文郎

赤ちゃんが這い這いから立って歩けるようになるまでに、どれだけ失敗をくり返すでしょうか。できなくてもできなくても、トライし続けるでしよ。その甲斐あって、立って歩くことに成功する。だけど失敗して「自分はダメだ」と諦めてしまったらどうなります? 今日私はここへ這い這いで来ることになっていたかもしれません(笑)。赤ん坊のときにはみんな全能感を持っていて、とてつもなく難しいことにもチャレンジできる。何でもできるし、何にでもなれると思っています。人間の脳はもともとそうなっているのです。それが成長とともに、勝手に「できない理由づけ」をするようになって、自分の可能性を狭めてしまいます。


冨安徳久

私は日々死というものを見てきて感じるのですが、死をしっかりととらえている人ほど生を充実させられる人だと思います。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

ベストなのは、自分の価値観を保持しつつ、接し方を相手に合わせて変えること。仕事の遅い部下なら指示のレベルを下げる、頭の固い上司なら折衷案をいくつか投げかける、というように相手に合わせた方法を提供していくことで、相手との関係性が変わり、結果的に相手の行動も変わっていくでしょう。


本間道博

役員候補性が集められる経営塾で、最も重視されるのは人間力です。CIL(キヤノン・イノベーティブ・リーダー研修)から始まる研修の体系は人間力を鍛えるプロセスです。