名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤欣司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤欣司のプロフィール

加藤欣司、かとう・きんじ。日本の経営者。第一勧業銀行、ソロモンブラザーズ証券、野村証券などを経て、アメリカを拠点とする外資系債券投資会社ルーミス・セイレス運用会社に入社。同社がフランスを拠点とするシーディーシー・イクシス・アセットマネジメント・グループの傘下になったことに伴い移籍し、日本法人社長を務めた。

加藤欣司の名言 一覧

ビジネスは結果がすべてです。金融商品でいえば、安定したリターンをあげて初めてお客様に信頼されます。


米国の金融市場で起こった出来事や、運用商品の情報を、その翌日にいち早く国内のお客様に伝えるため、日本では夜中であっても、米国側の担当者と連絡を取り合い、情報収集を行っています。


メールを受信したら、その場で処理し、リアクションを起こすのが、私のポリシーです。


加藤欣司の経歴・略歴

加藤欣司、かとう・きんじ。日本の経営者。第一勧業銀行、ソロモンブラザーズ証券、野村証券などを経て、アメリカを拠点とする外資系債券投資会社ルーミス・セイレス運用会社に入社。同社がフランスを拠点とするシーディーシー・イクシス・アセットマネジメント・グループの傘下になったことに伴い移籍し、日本法人社長を務めた。

他の記事も読んでみる

島正博

大切なのは何をもって優秀かということ。学校を出て知識はあっても知恵がないとあかん。コンピュータでもAIは高度な知識を速く編集しているだけ。知恵と知識を混同している人に発明はできません。


金丸恭文

規制改革は、既得権益者と多少のコンフリクト(葛藤)はあっても前進しなくてはいけない。


伊藤信吾

僕は、あくまでクリエイターです。自分の作り出したものを世の中に問いたいから起業した。経営者がクリエイターでなくなったらそこで終わりだと思う。トップの僕が社内でも一番創造的なアイデアを持ち続けていたい。


新井田傳

私が一時期経営の一線から退いた際、290円という価格を大々的に打ち出す戦略を取りました。メニューの表紙にも看板にも大きく290円のラーメンを掲載したんですね。その当時は290円ラーメンの注文率が全体の47~48%くらいまで上がってしまい、その影響で増収減益に陥りました。私が社長に復帰して最初にやったのは、290円という価格の表示を目立たなくすることでした。マクドナルドの100円バーガーだって、どこにあるか分からないじゃないですか。宣伝しなくても売れるものをあえて宣伝してしまったんですね。メニューから290円ラーメンを外すことはしませんでしたが、あえて宣伝をやめることで注文率は現在、27~28%に下がっています。


黒田ちはる(ファイナンシャルプランナー)

FP(ファイナンシャルプランナー)は制度や金融の知識に精通しているので、一人一人の希望する生活に沿ったお金の見通しを一緒に考えていくことができます。縦割りになっている行政、金融機関、保険業界、医療の橋渡し的な総合窓口の役割も担っています。医療現場だけでは解決の難しい患者さんの社会的なつらさを、縦割りでない、総合的な支援で解決していく必要があります。


山本常朝

何様(なによう)の能事(のうじ)持ちたりとて、人の好かぬ者は役に立たず。


児玉教仁

外国人接待で何より重要なのは事前の情報収集です。学生の頃、海外の客人を食事に連れていくことになったときの話です。先方はベジタリアンだと聞いていたので、私は肉を出すお店を避けて、寿司店へ連れていきました。ところが彼は魚もダメだった。ベジタリアンといっても、完全菜食の人もいれば、魚は問題ない人もいます。その確認を怠ったため、相手を喜ばせることができませんでした。


金丸恭文

今できることをやり抜くことが大事。3年後ならできるとか、5年後にはできるということではなくて、今できることをやる。そういう仕事は年を取るとできない。


友野典男

スポーツ選手には、競技の結果だけではなく、自分の行動や考えたことも記録している人がいます。それは、記録することでバイアスを自覚し、行動の改善につなげられるからです。


澤上篤人

企業は一体何のために存在するのか? 事業を興し、社会や経済に富を創出した結果として、報酬をいただくといったところだろう。そこで大事なのが、富を創出するという一点である。富といっても最終利益、つまり金銭的リターンだけではない。雇用を増やし、研究開発や設備増強の投資を積極的に進め、賃借料や利子を支払うのも、また税金を納めるのも、全て富の創出に入ってくる。これらを合わせて付加価値という。この「付加価値をどれだけ高めているか」が、我々長期投資家から見た投資価値の高まりである。どれだけ最終利益を積み上げるかだけではないのだ。企業がどれだけ付加価値を高めようとしているかの分析こそが、5年先10年先の投資価値の高まりの読みでもあるのだ。


酒井雄哉

そもそも自分で「やります」といったからには、自分を信じて進まなくちゃならないのが行なんだ。他人の助けなんて役に立たない。仕事でも何でもそうだけれど、アドバイスをしてくれる人ならいるかもわからない。でも、実際に行うのは自分だけ。それ以外にないんだからね。お釈迦様は入滅のときに「自らを頼りとし、他人を頼りとせず」とおっしゃった。


荒川静香

どんなに記憶に残る演技でも、「求められる要素」を盛り込まなければ加点されません。ビジネスの現場と似ている点かもしれませんが、重要なのは「統計データ」です。戦略を練る際、「技の成功率」や「点数が取りやすい技術」など、あらゆる統計データを取って考えます。例えば、「誰がどの技で結果を残したのか」というデータを見ながら、自分の持ち技で、どう戦えるかと考える。難易度の高い技に挑戦して失敗した時に、手元に残る点数も計算しながら、様々な場面を想定します。