名言DB

9412 人 / 110637 名言

加藤栄(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

加藤栄(経営者)のプロフィール

加藤栄、かとう・さかえ。日本の経営者。リサイクル会社「高和興業」社長・会長。愛知県出身。高校卒業後、高沢産業を経て高和興業を設立。

加藤栄(経営者)の名言 一覧

1社でも買ってもらえるところが増えたら、それが市場開拓ということではないか。


成功の秘訣は、とにかくよく働くこと。それと、紹介者に対して、絶対に迷惑をかけないこと。これを信念としてやってきました。


自分だけが儲けていたらうまくいかなったでしょう。自分が儲かるだけでなく、相手にもメリットがある話だから事業として成功できた。


加藤栄(経営者)の経歴・略歴

加藤栄、かとう・さかえ。日本の経営者。リサイクル会社「高和興業」社長・会長。愛知県出身。高校卒業後、高沢産業を経て高和興業を設立。

他の記事も読んでみる

茂木友三郎

生産性は生み出した付加価値を人数や時間などの労働力で割って算出する。生産性向上というと、効率を高めることに意識が向きがちだが、分子の付加価値を高めることによっても生産性は向上する。その方が潜在的な可能性はむしろ大きい。付加価値を高めることに逆行するのが極端な価格競争だ。


リード・ホフマン

ベンチャーの立ち上げというのは、崖の上から飛び降りて、真っ逆さまに落ちている状況の中で、落ちながらも未来を信じて、飛行機を組み立てて、陸地直前で何とか飛行機を作り上げ、一気に浮上するようなものである。


筒井義信

社長就任後、現場に出向くことはもちろん、社内の諸会議にも多数参加してコミュニケーションを増やす努力をしてきましたが、量・質ともにまだ足りないと思っています。そこは引き続き私の課題です。


勝海舟

佐久間象山は物知りだったよ。学問も博し、見識も多少持っていたよ。しかし、どうも法螺吹きで困るよ。あんな男を実際の局に当たらしたら、どうだろうか。なんとも保証はできない。【覚書き|佐久間象山は海舟の妹の夫の松代藩士、兵学家、海舟の師でもある。のちの日本を担う人材を数多く輩出する。自信過剰で傲慢だったという人物評がある】


大坪文雄

他社をベンチマークすると一生懸命に学ぼうとしますが、実践的という面では社内にも学びあう事例はいっぱいあります。


三毛兼承

変革は必須ですが、同時に変えてはいけないものもあります。それは銀行とは、お客様に信頼されると同時に強い存在であり続けなければならないということです。そのための変革でもあります。


原田保

こいつの言うことなら全面的に信頼できると上司に思わせる関係を築くことです。トップやリーダーは想像以上に孤独です。あいつといると気持ちがなごむし、仕事上も助かる。一緒にいたいという気持ちにさせればいいのです。それには、一緒に仕事をやっては成果を出すという積み重ねが必要で、一朝一夕には無理です。


坂根正弘

物事にはいろいろな見方がありますが、ビジネスにおいては、「長期最適」と「全体最適」を考えることで物事の本質に辿り着くことができます。逆にいえば、短期最適や部分最適で考えても、本質をつかむことはできません。


井阪隆一

働いている女性や高齢者が不便を感じているという着眼点から、パウチに入った惣菜や冷凍食品などの品揃えを強化してきたことが支持されています。現在、お客様のうち7割から8割が女性です。


手倉森誠

日本サッカーを強くするために必要なのは自分たちは弱小国なんだという意識です。海外でプレーする選手が増え、ワールドカップも五大会連続出場したけど、日本が強豪国かといえば、決してそうではない。「俺たちは強いんだ」と思った時点で間違えると思うんですよ。日頃から高いレベルで戦っている海外組の選手には、すごく謙虚な選手が多いですよ。


マハトマ・ガンジー

幸せだけを追い求める心が悲劇を招き寄せる。幸せは悲しみと苦しみを克服した心が生み出すものです。


竹内謙礼

頭のいい人とは、同じフィールドで戦っては駄目なんですよ。戦う場所を低くすることで、自分の武器が強さを発揮できる。自分の価値を活かせる場所で戦えば、学歴と関係なく、十分、勝てるんです。


村田昭治

多くの優れた企業リーダーに接して感じていることがある。そのひとつは、ご自身の歩んできた経歴あるいは学んできた分野にたいする、自信と誇りをもっておられることだ。それはリーダーシップの大切なベースになるものだ。


徳川家康

真面目で、主君思いで、協調性もあり、勤勉な上に仕事もできる。そんな心と能力を持った人間はトップクラスの良臣だ。しかし、心ばえはそこまで良くなくても、何か優れた能力を持った者ならば採用すべきだ。


沢村一樹

あるとき、撮影現場で監督やプロデューサーの顔色をうかがいつつ、こうしてみたいと思う瞬間があればアドリブでやってみることにしたんです。相談せずに勝手に(笑)。相談すると相手も構えますからね。却下された場合は、「この監督の感性とは違うんだな」と納得すればいい話ですから。