名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤栄(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤栄(経営者)のプロフィール

加藤栄、かとう・さかえ。日本の経営者。リサイクル会社「高和興業」社長・会長。愛知県出身。高校卒業後、高沢産業を経て高和興業を設立。

加藤栄(経営者)の名言 一覧

1社でも買ってもらえるところが増えたら、それが市場開拓ということではないか。


成功の秘訣は、とにかくよく働くこと。それと、紹介者に対して、絶対に迷惑をかけないこと。これを信念としてやってきました。


自分だけが儲けていたらうまくいかなったでしょう。自分が儲かるだけでなく、相手にもメリットがある話だから事業として成功できた。


加藤栄(経営者)の経歴・略歴

加藤栄、かとう・さかえ。日本の経営者。リサイクル会社「高和興業」社長・会長。愛知県出身。高校卒業後、高沢産業を経て高和興業を設立。

他の記事も読んでみる

平野敦士カール

アライアンス・ランチ(率先して人と昼食を共にし話すこと)は、一緒に仕事をしてみたい人と自分との波長を確かめられる場でもあります。波長とは「この人となら何か一緒にできそうだな」というワクワクした感覚のことです。会議の場ならまだしも、メールや電話ではなかなかわかりづらいものです。ランチは波長を確認する最適な場なのです。


西山昭彦

ビジネスパーソンを成長させるのは、何といっても仕事です。その仕事のインフラというべきビジネスツールには、惜しまずお金を使うようにしましょう。


茂木亮介

中古区分の中で築浅、築古、ファミリータイプの3種類を手がけています。どれか一つに特化していては、お客様の真のニーズに応えられないと考えたからです。たとえば、築古の物件は価格が安く手を出しやすい、築浅は築古より高いけれど資産価値も高い、ファミリータイプはさらに高額ですが、家賃は高く売却もしやすいなど、一長一短があります。どれに投資すべきかは、お客様の目指す未来や現在の資産状況によって変わってきますが、一つの分野に特化していては、本当にお客様に必要な物件を紹介できません。


宮本武蔵

心に片時も兵法のことを忘れず、正しい道に励めば、技術的にも勝ち、ものを見る目において人に勝ち、また、鍛錬によって全身が自由自在になるので、身体的にも人に勝ち、さらにこの兵法に馴れ親しんだ心であるので、精神的にも人に勝つ。この境地まで到達すれば、どうして人に負けるということがあろうか。


夏原武

「瑕疵(かし)担保責任」「専属専任媒介契約」など専門用語も難解ですが、分からなければ、その場でとことん聞く。客は素人なんですから、ちゃんと説明してくれない業者から買う必要はありません。業者は嘘電話などあの手この手で契約を急がせますが、納得いかない限り決断はしないこと。コピーをもらって帰って司法書士など専門家に相談するとか、ネットを活用して自分でも調べることです。ローンの頭金は最大限用意し、返済も、当初はつらいでしょうが元金均等の方が安全だと思います。


西成活裕

知らない分野の専門書を読むときには、友達と話をするのが大事ですね。専門書をただ読んでいてもわからないときには、その分野を専攻している人に直に話を聞けばすぐに解決することも多いですから。幸い私は東京大学にいたので、まわりには本当にすごいなと思える友達がゴロゴロいました。その問題なら自分は2年か3年は悩んでいたから、それについて困っている人がいたら、コツを伝えてあげたいと思っていたんだ、なんて教えてくれる。ありがたいですよ。


鷹城勲

新しい事業を始めるのに社内で限界があるなら、外部のプロフェッショナルの力を借りてもいいんです。空港にこだわらず都心にも出ても構いません。


根本裕幸

社会人として働いていれば、誰でも愚痴のひとつは吐きたくなるもの。ひと昔前は、スナックのママなど「夜の街」で生きる人たちが上手な「聞き役」を担っていました。愚痴を他人に受け入れてもらえず、自分の心の内側に留めてしまうのはメンタルヘルスによくないので、愚痴を聞いてくれる「聞き役」をきちんとサーチして、環境を整えておくことが社会人生活では大切です。


西川利助

社員は協調して、分に相応のかたちをしながら、仕事をしっかりしなさい。


朝倉千恵子

厳しいことを言うのも、一過性や二面性があってはダメ。もちろん時と場合によって臨機応変に対応することは必要ですが、あの人、この人、あの会社、この会社、あるいはあのとき、このときと、違う対応をしているようでは信頼はされません。「あなたのことを大事に思っているからこそ」という一貫性が感じられて初めて、信頼関係が生まれるのです。


桜井醜

せっかく個人が同意して、微に入り細に入りの顧客データを手にしたのだから、企業は顧客のライフステージにマッチした商品提案に活用しない手はありません。たとえば、開封率が高い請求書などの通知物に、販促的な要素を組み込むトランスプロモーションと呼ばれる手法にも活かすことができるのです。


森田直行(経営者)

経理は会社の財産を守るのが仕事。