名言DB

9412 人 / 110637 名言

加藤条治の名言

twitter Facebook はてブ

加藤条治のプロフィール

加藤条治、かとう・じょうじ。日本のスピードスケート選手。山形県出身。兄たちの影響でスケートを開始。高校時代にインターハイ男子500mで三連覇を達成。高校3年生でスピードスケート・ワールドカップ日本代表に選ばれる。バンクーバー五輪男子500mで銅メダルを獲得。男子500mの世界記録を更新するなど優れた記録を残した。

加藤条治の名言 一覧

社長に以前「金メダル以外はビリ」と言われた言葉が胸に残っている。もっといい仕事が出来るように頑張りたい。


加藤条治の経歴・略歴

加藤条治、かとう・じょうじ。日本のスピードスケート選手。山形県出身。兄たちの影響でスケートを開始。高校時代にインターハイ男子500mで三連覇を達成。高校3年生でスピードスケート・ワールドカップ日本代表に選ばれる。バンクーバー五輪男子500mで銅メダルを獲得。男子500mの世界記録を更新するなど優れた記録を残した。

他の記事も読んでみる

池谷裕二

脳の報酬系には「不定期な報酬」により喜びを覚える、という特徴もあります。サルになんらかの学習をさせるとき、うまくできたら「必ず」餌を与えるのではなく、確率を2分の1にしてランダムに与えたほうが、成績が遥かに高くなることが証明済みです。人間に応用すると、給与の振り込み回数を半分、振込額を2倍にしてランダムに振り込めばやる気が3~4倍になる、という理屈が成り立ちます。実行する企業は少ないでしょうが(笑)。とはいえ自分でそうしたシステムを作ることも可能です。「この仕事が終わったらサイコロを振って、偶数なら飲みに行く」などの仕掛けをしておくのも面白いですね。


下園壮太

軍隊で各人が勝手に自由に振る舞ったら、味方の動きが読みづらくなります。味方がどう動くか予想不可能になったら、お互いの信頼が揺らぐ。こうした事態は、戦場において文字通り命に係わるリスクとなります。だから、リスク回避のひとつの工夫として、軍隊は階級を尊重します。自衛隊では上官の命令、決定は絶対です。もちろん、異論を唱えられる場がないわけでなく、時間に余裕があれば、様々な意見を交わし合います。


手塚圭子

食事の基本は「まごわやさしい」。身体に良い、身体に優しいと言われる「豆類、ゴマ、ワカメ(海藻)、野菜、魚、シイタケ(キノコ類)、イモ類」をバランス良くとることが重要。


福島保

福武(哲彦)社長は別の会社を倒産させてしまい、再起をかけて福武書店を創業した経緯があります。そのためか、折に触れ組織運営を厳しく教え込まれました。


武田邦彦

たとえ結果が予測できなくとも、自分が意義ある仕事だと信じるものに覚悟を決めて取り組むこと。予測がつかないいまのような時代にこそ、そうした姿勢が必要だと思います。


山内奏人

通常、カード決済するにはお店側にカードの磁気テープを読み取る端末が必要になります。でも、端末は高いから、たとえば田舎の小さな八百屋さんなんかにはカード決済が普及していません。(どんな客層の人が何を買ったかという)決済の情報はお宝です。それなのに端末が高いせいでデータ化されていないのは問題だと思って、端末なしでカード決済できるサービスをつくりました。


ジェームズ・ダイソン

経験を積み重ねることでしか、イノベーションは生まれない。


日向野幹也

「リーダーシップ」と言えば、日本では経営者や管理職など、権限や役職を持った人が発揮するもの、というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。しかし、海外の先進国では、リーダーシップは組織の上位階層だけでなく、すべての従業員が発揮すべきスキルという認識が趨勢となっています。なぜなら、急激な環境変化に即応したり、イノベーションを創出したりするには、権限者や役職者によるリーダーシップだけでは限界があるからです。


河岸宏和

成長を感じられない職場に人は残らない。


長沼毅

チャレンジして失敗しても、いいんです。失敗を恐れて何もしないより、はるかに素晴らしい。人間にとって尊いのは、成功体験より失敗体験なんです。だって成功って、想像の範囲内ということでしょ? こうなったら、ああなるはずという仮説が証明されただけ。でも、失敗は想定内を超えたということ。驚きと喜びに満ちてるんですよ。


中村獅童(二代目)

ショックなことがあっても、「むかつく」で終わったらそれまで。そこから自分でどう伸びしろを作っていくかが大事。


上田真(経営者)

マルエツを見ても、まず店の大きさが違います。今さら標準化もできない。であれば、ばらつきを極めようと思っています。チェーンストアとして持ち株会社の大きな方針を逸脱しないレベルで、どこまで店ごとの裁量権と自由度を容認するか。地域に不可欠な店舗を、1店1店作り上げる手間をかけるしかないと思います。そのためには人材のレベルを高めないといけません。


田浦秀幸

毎日できれば2時間、無理なら20分でも英語に触れてください。適切なトレーニングをコツコツ積み上げていけば、ビジネスや日常生活に困らないくらいまでには十分にスキルアップが可能です。


山中勧

当社の商品は、一般的な珍味商品と比べると、安価であるとはいえません。しかし、高いから売れないわけでも、安いから売れるわけでもない、というのが当社のポリシーです。手間とコストをかけてつくった「すばらしく美味しいもの」は、少々値段が高くても、美味しさの価値を考えるとリーズナブルで、だからこそお客様から求めていただけるのです。


菊池健彦

英語は単語数の多い言語である。しかし、日本語に比べれば同音異義語は極めて少ない。発音を正確に理解していれば、聞き取りは決して難しくない。とりわけTOEICに関していえば、リスニングの勉強をするとスコアが一気に伸びることが多い。