名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤朝雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤朝雄のプロフィール

加藤朝雄、かとう・あさお。日本の経営者。「王将フードサービス」創業者。

加藤朝雄の名言 一覧

店を閉めるということは、儲けなくてもいいということや。これまで以上に儲けた分、売上げはすべて店長や店員で分けなさい。

【覚え書き|創業3年目、経営危機で会社を畳む寸前の発言。この言葉に奮起したスタッフの頑張りで窮地を脱した】


加藤朝雄の経歴・略歴

加藤朝雄、かとう・あさお。日本の経営者。「王将フードサービス」創業者。

他の記事も読んでみる

山本良一(経営者)

小売業は、やっぱりドメスティックな産業。その国、その地域を土俵にして、戦うのが一番いい。


清家修吾

当社は2年ごとに社長を替えています。社長が次々に代わることで、社内に「上に頼らず、何事も自分たちで解決しよう」という空気が醸成される。


藤井清孝(経営者)

私自身は、人の役に立っているという実感がひとつの成長の糧になっていると思います。たとえば私の本を読んだ読者から、「すごいキャリアですね」という感想をもらってもとくに感慨はありません。しかし、「いろいろ考えさせられました」「仕事のヒントになりました」という感想をもらえるのはとても嬉しい。それは、私の経験がその人の人生に何かをもたらしたという証拠だからです。


夏目誠(経営者)

CS(顧客満足)は、一朝一夕に効果の出るものではありません。しかしこの一年間で、接客に関するクレームは約2割減少し、お褒めの言葉は倍増しました。社員の意識は確実に変わってきています。


ビル・トッテン

リーダーが変わると会社も変わってしまう。そうではなく、僕がいなくなっても、会社が変わらず継続していくことを考えています。アシスト本舗という会社をつくってホールディングス化したのもそれが理由のひとつです。この持ち株会社は、アシストのことをよく知る、アシストの人で運営しています。これにより、たとえ私がいなくなったとしても、アシストの理念は継続されるようになったと思います。


小口英噐(小口英器)

当社は今年、創業30年を迎えます。ゼロからスタートし、ある段階に至るまでは神経をすり減らすことも多くありました。それこそ体を酷使して仕事をしてきましたが、それでも人と会うときには私は必ず、無理にでも気持ちを高揚させ、元気はつらつでいることを心がけてきました。


郡昭夫

1915年に当社の設立趣意書には「本業また一日早むれば国利民福一日早く至るを覚ゆ」とあり、か性ソーダの国産化を早期に達成して、国民の生活の向上や日本の発展に資する思いが出発点なのです。


鬼頭政人

まず「組織」を押さえましょう。取引先の規模や歴史、企業文化は、仕事の進め方に大きく影響します。たとえば私の経験で言うと、画期的な商品を次々に発表しているA社は、典型的なボトムアップ型の企業文化でした。この会社に、ある提案をした時のことです。事前の情報収集で「A社は現場の意見が強いので、交渉相手の部長だけでなく、現場の責任者を味方につけないと駄目だ」と知りました。そこで、交渉と並行して現場への根回しも進めた。おかげで、A社とのビジネスで成功を収めることができました。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

医学的に「疲労」と「疲労感」は区別されます。やり甲斐や達成感を感じると、疲労が脳によって隠されて、疲労感を感じないのです。


吉永賢一

発想力や企画力を高めたいときは、読書に感覚刺激を組み合わせます。テーマに関係する本を大量に読んでインプットを増やしてから、あえてそのテーマとは無関係なジャンルの本を読んでみる。それによって感覚が刺激され、思わぬところからアイデアが湧いてきたりします。映画を観たり、街歩きをしたり、シャワーを浴びたりするのもよいでしょう。そこで閃いたアイデアは必ず書き留めて、最後に企画書として読みやすいよう論理的に整理します。


羽生善治

棋士は、最後は自分の責任で指し手を決めます。それなのに「こうだ」と教えてしまうのは、親切なようであっても、じつは親切ではありません。「もがく時間」はすごく大事です。わからない、迷っている、悩んでいる。そのような時間は、後々の財産になります。


青野慶久

離職率が高くなってしまったとき、なぜ辞めるのかを知りたくて社員たちに話を聞いてまわりました。わかったのは「働くモチベーションの源泉は一人ひとり違う」ということです。給与を多くもらいたい人もいれば、技術を究めたい人もいるし、お客様と接するのが楽しい人もいて、モチベーションの在り処は人それぞれ。そして、働く時間や場所もモチベーションに大きく影響すると気がついたのです。そこで考えたのが、社員が働き方を選べる人事制度を作ることでした。