加藤朝雄の名言

加藤朝雄のプロフィール

加藤朝雄、かとう・あさお。日本の経営者。「王将フードサービス」創業者。

加藤朝雄の名言 一覧

店を閉めるということは、儲けなくてもいいということや。これまで以上に儲けた分、売上げはすべて店長や店員で分けなさい。

【覚え書き|創業3年目、経営危機で会社を畳む寸前の発言。この言葉に奮起したスタッフの頑張りで窮地を脱した】


加藤朝雄の経歴・略歴

加藤朝雄、かとう・あさお。日本の経営者。「王将フードサービス」創業者。

他の記事も読んでみる

島本久美子

当社ではコンテンツに付けられたメタデータ(属性情報)も活用しています。大量の素材を分類して、いかにお客さんに使いやすいように提供できるか、そのシステムを改良します。当社がユーザー企業に提供しているツールの「Connect API」では、メタデータを使って、膨大な保存写真から最適なものを自動的にサイト上に表示して、その反応まで分析することができるようになっています。


押井守

僕が若者に言えるのは「いまの自分は何者でもないし、平凡な人間なのだ」とまずは気がつくことが重要だということだ。本来の意味での可能性はむしろ、そう気づいたところからはじまる。漠然とした幻想ではなく、本当に自分がやりたいことを見据え、そのためにいま自分がやるべきことは何かを見定めることから、やり直すべきだ。


見城徹

僕にとっての義理とは、恩を感じるかどうか。利害損得と関係ない。


森平茂生

一回の成功で満足するなんてもったいない。いつでもリセットして初心に戻れば、何回だって「成功」できます。そうして、とことん自分の力を発揮することが、仕事と人生の楽しさを味わうことだと私は思うのです。


澤田貴司

企業再生とは地道な作業を何度も何度も繰り返すことによってようやく達成されるものであり、いきなり業績を改善してしまうような、そんな魔法のような仕組みなどこの世に存在しない。


リンダ・グラットン

私の友人の一人に、ウォレン・ベニスという南カリフォルニア大学の経営学の教授がいます。彼は87歳ですが、いまだに授業を受け持ち、ブログも日々、書いています。重要なのは仕事に対して好奇心を持ち続け、それによって常にわくわくすることです。


村瀬治男

従来の人事制度は、若い人はペーパーテストの資格制度を中心に評価し、上に行くほど成果に対するウェートが高くなる仕組みでした。それを「その仕事はどういうバリューがあるのか」と、仕事の内容をブレイクダウン(細分化)して、それぞれにバリューポイントを付け、そのバリューポイントについてその人がどれだけ結果を出すのかを見ていくことにあらためました。それだけ、従業員の働く意義や仕事の進め方の明確化が求められる時代になったのです。


辻慎吾

ブランドブックがそうであるように、様々な人たちが街に参加することで横のつながりが生まれ、新しい何かが生み出される。我々と一緒になって街づくりに加わることのメリットを示すうちに、自ずと多くの店舗が街づくりに協力してくれるようになっていきました。


松重豊

僕は女性に守られて生きている感覚があります。女性のスタッフの方と仕事すると、すごくやりやすいんですよ。女性って、たとえ会社に属していたとしても、組織の中で生きている感じをあまり受けないんですよね。独立しているというか一匹狼というか。僕ら俳優も組織の中で生きている人間ではないので、そういう方だと一緒に一つの作品に向き合った時にすごく信用できる。長く仕事をするようになると、言いたいことも言われるし、怒られるし……それが非常に心地いい(笑)。ぜひ女性は自信を持って、「私がいいと思うのはこういうことです!」と仕切ってもらえればと思います。


川畑のぶこ

以前、ある文献について尋ねられて、保存していた学術雑誌のバックナンバーを調べたことがあります。ところが、どこに載っているか思い出せず、雑誌の山のなかで大変な思いをしました。いまはそれらを全部捨て、必要なときだけ文献のデータサイトで検索し、ダウンロードしています。その都度、必要な部分だけ取り寄せるほうが、はるかにスピーディなんです。


ジェイ・エイブラハム

あなたにも私にも、どれが最適な方法なのか、どれが最高のマーケティングなのかを決める権利はありません。すべては市場が決めるのです。


リチャード・カールソン

たまにはぼうっとしたらどうか、という提案を皆さんはたぶん聞いたことがないだろう。退屈することを自分に許すと、毎日絶えず何かをしなくてはいけないという大きなプレッシャーが取り除かれる。


高井英幸

僕は基本的に、映画は若い人のものだと思っているんです。だから、映画会社は若い社員の感性やアンテナを大切にしなければならない。そうしないと、どうしても時代とズレてしまいます。


了徳寺健二

経営には速度が必要。部下達には常に「鎧は走りながら着けろ」と叫んでいました。


石井裕(工学者)

MITの学生は女子が半分以上を占めます。教授にしても、できるだけ多様な人種に対して広く門戸を開こうと努力しており、同じ実力であれば積極的に女性や黒人全く異なる世界から来た人などマイノリティーを採用する。それは価値観の異なる人々がぶつかることで、知の創造性が活性化されるという信念を持っているからです。


ページの先頭へ