加藤暠の名言

加藤暠のプロフィール

加藤暠、かとう・あきら。1980年代前後に活躍した株式投資家・投機家。兜町の風雲児と称された。主に小型株への投機を行った。

加藤暠の名言 一覧

明日の朝には、私の首がその辺に転がっているかも知れない。弱い立場の個人投資家を団結させ、大手証券に負けない力を持ちたい。


加藤暠の経歴・略歴

加藤暠、かとう・あきら。1980年代前後に活躍した株式投資家・投機家。兜町の風雲児と称された。主に小型株への投機を行った。

他の記事も読んでみる

川路耕一

株は勝負する時と休むときとがある。いまは休むとき。休むも相場。いまのように何が起きるかわからない時は休んでおけばいいんです。


藤井清孝(経営者)

ルイ・ヴィトンはブランド価値を向上させたいという視点が常に存在するから、153年間続いてきたのです。


金田一秀穂

毒蝮三太夫さんの毒舌は、おばあさんに面と向かって「くそばばあ!」とか言いながら喜ばれるわけでしょ。極端だけれど、まさにあれは「敬う気持ち」に満ちているからなんです、きっと。みなさんもあまり「正しい敬語」にとらわれず、気持ちを伝える努力を意識した方がいい。


ポール・ヴァレリー

狼は、草に依存する子羊に依存している。草は、狼のよって守られている。肉食動物は、草木を保護するが、草木は間接的に肉食動物を養っている。


田中義信(田中誠文堂)

中小企業のお客様を元気にすることが我々の企業コンセプトです。どんな時代になってもすべての企業に必要とされる仕事ですが、やり方はオンリーワンを目指さなければならないと思います。業界を越えて展開をする必要があると考えています。


岩田彰一郎

日ごろから、社員には「現地現物、現場力」が重要だと説いてきました。だから私が(火災)現場に入るのは当然。住民の方々や消防、警察町役場など、全部回って謝罪の気持ちをお伝えしました。まず、現場で起きていることを把握し、関係各位の理解を得る努力をする。それがトップとしての責任です。


小田禎彦

形どおりのセリフがマニュアルの欠点として指摘されているわけですけれども、積み上げてきたものを伝えていくときには60、70%の決め事は伝えていかなければならない。しかし、100まで網羅しようとするとマニュアルの欠陥が出るので、この上は個人で自分のよさを努力して表現していきなさい。こういうところが加賀屋の流儀の良さなんです。


三島海雲

いろんなことをやって失敗もし、結局、カルピスがものになったわけだが、私は常に「制心一処、無事不弁」ということを心がけて事業をやってきた。これは幕末の葛城上人の文句で、精神を統一して集中すればできないことはないといった意味である。


諸富祥彦

自分のダメな部分を認めることができると、自分を変化させることができます。一番怖いことは自覚がないことです。


高見のっぽ(ノッポさん)

保育園が騒々しいと周囲の老人が文句を言ったり、若者が老人を無視したり。人間の根本が壊れていくようで、私は悲しい。もっと、人を好きになってください。もっと、小さい人(子供)に敬意を払ってください。みんなが愛せる国を造るには、一生懸命、人間が人間に優しくする以外にないのですから。


糸井重里

今年は残すところ2か月ちょっとだけれど、特別な年だったからこそ、書くことを義務にしてみてもいいんじゃないかな。毎日10分手帳と向き合うとかね。白紙と対面すると「あ、俺って意外と何も考えてないな」って思うかもしれない。それも気づきなんですよ。白紙を見ている自分は白紙の自分なんです。1日ずつ日々をしっかり相手にすることを素晴らしいと思える、そんな年になるかもしれません。


堺美保

顕在化したニーズを新商品にしても魅力が乏しい。


守本正宏

我々はリーガルテック(法律関連情報技術)を用いた訴訟支援を創業の事業としています。もとより、法の下に平等であるはずの裁判が、文化や慣習、またはデータ解析の技術力の違いで、訴訟の勝敗が左右されてしまうことに疑問を持ち、会社を起業しました。我々の技術ができるまでは、米国で起こされる日本企業に対する訴訟では、そもそも日本語による解析が難しいためディスカバリ(米国の証拠開示制度)が間に合わないなどで、不公平な裁判の状況が起きていました。本来、法の下に実行されなくてはならない正義と公正が、言葉や文化によって実行できない。このギャップを埋めるのが我々の技術です。


假屋崎省吾

父は中央区役所に勤めてた普通の公務員で、お金は教育や旅行や趣味に全部使っちゃうから貯金の全然ない家でした。クラスで1人だけ借家だったので、私が中高時代に「節約して頭金を作ろう!」と号令をかけました。父親のたばこを減らさせたり、私がちくわと玉ネギで節約料理を考えたり。そうしたら頭金が貯まってマイホームが買えた。つまり使いすぎの両親が反面教師になって、目覚めたんです。お金は、使うべきものにはじゃんじゃん投資をする。無駄だなと思うものには使わない。要はメリハリなんです。それで今に至っているわけです。


岩田聡

自分が何に向いているかや、どうすればそれを伸ばせるかは、頭で考えているだけでは、なかなかわからないかもしれません。私はもともとゲーム開発者であることが天職だと信じていたのに、あるとき会社の経営を任されてしまった。ところが、やっているうちに開発チームのマネジメントと会社の経営には多くの共通点があることがわかって、いまでは経営も天職だったのかもしれないと思っているくらいです。


ページの先頭へ