加藤智久の名言

加藤智久のプロフィール

加藤智久、かとう・ともひさ。日本の経営者。「レアジョブ」社長。千葉県出身。一橋大学商学部卒業後、外資系戦略コンサルティングファーム「モニターグループ」入社。その後、独立してレアジョブを設立。

加藤智久の名言 一覧

伸びが実感できない時は、「今は横ばいの期間だ」と思えば、冷静でいられる。


いくら技術が進歩しても、根本的に大切なのは相手を思いやる気持ちです。私たちはIT×ホスピタリティの企業を目指したい。


つらかった時にいろいろと試した学習経験が生きた。


好きなことを英語でやれば、英語力が伸びる。自分が得たかった「楽しさ」を英語で得る、というくらいの気楽さで取り組むことが、長く続けるコツ。


当社にとって外国人講師の採用や管理は生命線です。しっかりケアするためには、現地の体制の充実が大事。


フィリピンの人が食べていけるシステムを作ることと、日本のお客様に満足していただくことは、つながっている。


いかに無理なく続け、英語に触れる時間を積み重ねていくかが重要。


日本人は受験勉強などで話すための基礎力は完成しており、不足しているのは話す時間です。英語は話せる環境さえあれば、個人差はあれど確実に伸びます。


私は、日本のビジネスパーソンの英語力は、必ず伸びると思っています。なぜなら日本のビジネスパーソンの「潜在的な語彙や文法の力」は、決して低くないからです。大卒者であれば、中学、高校、大学の、年間で約1000時間、英語の授業を受けているのですから。蓄えた知識を生かせていないだけなのです。


英語の文章を読む時、1文中の単語を30%しか知らなければ、文章の意味がほとんど分かりません。60%でも厳しい。しかし、90%近くになると文章の意味がつかめる。語彙の量がこの90%のところに到達するまでは「英語力がなかなか伸びない」と感じてしまう。これが、横ばいの状態です。しかし、この時でも、着実に力は蓄えられているのです。


創業時に、東京本社とフィリピン支社を同時に作りました。その時、現地の優秀な人材を仲間に入れたことが大きかった。最初に優秀な人を引き込むと、その人がいい人材を連れてきてくれます。そんな連鎖で優秀な講師も多く集まった。


社員時代から「現役コンサルタントの日記」というテーマでブログを書いていて、読者がたくさんいたんです。そこで起業後の試行錯誤を書いていたら多くの方が面白がってくださり、評判が広がっていった。それがきっかけでフリーペーパーに記事が載り、一気に会員さんが増えました。


最初の3カ月は惨憺たるものでした。テスト営業の結果は、1カ月の売り上げが数千円という状況で……。しかし、理屈より「英会話のレッスンを格安で提供し、海外で活躍する日本人をたくさん輩出したい」という思いが勝ちました。サイトやレッスン形式の改善など、できることはまだあると感じていたこともあり、勤めていた会社を辞めて本格的に起業しました。


どんな勉強でも、力をつけるには、学習の継続が何よりも重要です。英語の勉強を続けるうえでは、重要なポイントが2つあります。1つ目は、中学英語レベルの基礎が身についたら、「好きな教材・学習法を選ぶ」こと。もう1つは、英語力の伸び方の仕組みを知っておくこと。英語力は、右肩上がりには伸びません。必ず「横ばい」の時期がある。そしてある時、急に伸びる。その繰り返しです。


以前は、英語が大の苦手でした。何とかして英語ができるようになりたかったので、当時、世間で評判が良かった英語学習法を、いくつも試しました。でも、いろいろと勉強したのに、「英語力が伸びている」という実感をなかなか得られず、当時は本当につらかった。学生時代から、好きなことに取り組む時の「集中力の高さ」には、自信がありました。ですから、「自分がやりたいことに英語で取り組めば、うまくいくかもしれない」と、ある日ふと思ったのです。そこで、子供時代から今に至るまで、暇さえあれば本ばかり読んでいる本の虫だった私は、好きな分野・作家の本を洋書で読もうと思い立ちました。


加藤智久の経歴・略歴

加藤智久、かとう・ともひさ。日本の経営者。「レアジョブ」社長。千葉県出身。一橋大学商学部卒業後、外資系戦略コンサルティングファーム「モニターグループ」入社。その後、独立してレアジョブを設立。

他の記事も読んでみる

齋藤正勝

お勧めの習慣は「毎日30分早く出社する」ことです。私は社会人になってからずっとこの習慣を続けています。プロ野球で、選手がプレイボール直前に球場入りするなんて聞いたことがないでしょう?試合開始の数時間前からウォーミングアップをするのが常識です。それと一緒で、サラリーマンもぶっつけ本番で仕事に挑むのは、姿勢としてどうなのかと思うのです。


岡田武史

代表選手選考の基準は特徴のある選手であること。よく若手を起用しますねって言われるんですけれど、そういう意識は本当にないです。ただ、何を目指しているのかというと、W杯で勝つことです。つまり、僕が見なければならないのは、現在の力ではないんです。いまの時点の力だったら勝てないんですから。アジアレベルでは役に立つだろうけれど、世界に行ったらきついという選手もいます。でも、アジアと戦うときだけ利用して、世界に行ったらサヨナラということはしたくありません。


澤田秀雄

自分がいる場所が変われば、見える風景はまったく違うものになる。


野木森雅郁

好奇心に任せて様々なことを勉強して、知識のすそ野を広げておく方が、将来に役立つ可能性はよっぽど高いのです。仕事に必要なアイデアやひらめきも、もとをただせばどれだけ幅広くものごとを知っているかにかかっているのです。


つんく♂

僕が成功したのは、特別な才能があったからと思っているかもしれないけど、そうじゃない。その世界にも天才と呼ばれる人はいるけど、大半は凡人です。じゃあ、凡人の僕が何で成功できたかというと、気持ちが折れなかったからです。たとえば、用意ドン!で鉄棒にぶら下がると、オリンピックの体操選手は、何時間もぶら下がっている。でも凡人は10分もすればつらくなる。そして、ほかの人が手を放しはじめたとき、「自分は腕が千切れてもいいから」と思って、その人より5分間だけ長く頑張れる人が生き残れる人です。


三谷宏治

適性のあるなしは実は自分ではよくわかりません。たとえば私がいま取り組んでいる「教育」もそうです。教えることは前から好きでしたが、向いているかなんて考えもしなかった。でもたまたま35歳のとき弟から「兄ちゃんみたいにバリバリ仕事をしながら、かつ教えるのが好きな人は珍しい」と言われ、初めて自分がちょっと特殊な存在だと気づきました。それで「40代以降は教育だ」と決めたのです。


高原真由美(髙原真由美)

何を残して何を処分するのか決めないと、収納する場も決まりません。「増えすぎたものから自分が必要なものだけに選別する」「使う頻度や業務内容によって分類する」「必要がないものを一掃する」という段階を踏んでいくと、物を減らしていけます。


夏目漱石

もし途中で霧か靄(もや)のために懊悩していられる方があるならば、どんな犠牲を払っても、ああここだという掘当てるところまで行ったらよろしかろうと思う。


佐瀬守男

自分を成長させるヒントは、日々の仕事のディテール(細部)の中にあります。たとえば弊社でいえば、どうやって青のりをかけたらおいしく見えるか。あるいはお客様へどんな声の掛け方をしたら喜んでいただけるのか。そういった現場の小さな仕事と真剣に向かい合い続けることで、やがて本当の実力がついてくるはずです。


森川亮

下積みを全くしないと、レベルの高い仕事はおろか、雑用すらできなくなる恐れがあります。最低限、会議をセットする、議事録を取るといった基礎は身につけるべきです。基礎はなるべく早く習得するのだという意識は持つべきです。


内藤誼人

気弱で口下手な人の方が、実は交渉に向いている。自分に自信がない分、相手の話をしっかり聞こうという姿勢ができているから。そして、相手の反応が気になるので、顔色を注意深く観察するので結果的に、相手の本心や真意に気づきやすいから。


北島義俊

多くのパートナーとコラボレーションしやすい環境を整えていく。「対話と協働」によって、まずは新しい価値につながるアイデアを出し、それを試作して、マーケティングの実証実験やテスト販売などを行い、その結果をフィードバックしてビジネスモデルを構築していくサイクルを回す。


小笹芳央

あなたは常日ごろから「どうせ」「しょせん」という言葉を口にすることが多くありませんか。こういう言葉を使うことであなたの頭には諦めが定着し、日々が味気ないものになっていきます。ですからまず、この2語をあなたの辞書から消しましょう。一切、口にしないと決めるべきです。言葉は恐ろしいもので、何を口にするかによって思考が左右されます。「どうせ」「しょせん」の代わりに「ちょうどよかった」を使うことで、マイナスの条件も闘志をかき立てる材料にできます。


桜田厚(櫻田厚)

私は100回のメールよりも、1回会って話をすることを選びます。やはり直接会うほうが面倒ですが、そのほうが自分の想いも伝わり、より多くの情報を得ることもできるからです。


哀川翔

詳しい理由はわからないけど、眠れない奴っていうのは、あんまり働いていないんじゃないのかな。俺は働きすぎというのは、何時間働いたから、というんじゃなくて、本人がよく働いたと思えば、それは働いたことになると思う。それで、成果が挙がらないとしたら、それはその仕事のやり方が悪いだけだよ。仕事を一生懸命やるのも大事だけど、仕事のやり方を考えるのも同じように大事だからね。


ページの先頭へ