名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

加藤景司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤景司のプロフィール

加藤景司、かとう・けいじ。日本の経営者。岐阜県の部品メーカー「加藤製作所」社長。岐阜県出身。愛知工業大学卒業後、岐阜車体工業、三菱電機などを経て加藤製作所に入社。同社社長を務めた。

加藤景司の名言 一覧

当社では「辞めたくなるまでが雇用期間」だと言っていますが、今の70代は元気ですよ。というより、働くことで元気になるんです。今年も高齢者スタッフの契約更新がありましたが、誰一人として辞めない。全員が契約続行です。


私たちは、人とのかかわりの中でものづくりをしています。かかわりを除外したら、働くこと自体が成り立たなくなってしまいます。様々な年齢層の人が一つ屋根の下で仕事をすることで、かかわりが生まれますし、人としての経験値が積み重なります。古きよき日本の企業ではありませんが、二世代、三世代が当たり前に職場にいることで、いろいろな価値観に触れることができます。


航空機の部品は、マシニングセンタという何千万円もする設備でつくりますが、これを使うのは若手社員。高齢者の雇用に力を入れているといっても、やはり機械を操作できる若い社員も必要です。若年層も定期的に採用し、若手とシニアがそれぞれ役割分担することで、生産力を高めています。


(求人を)シニアに的を絞ったとはいえ、私自身「本当に高齢の方を採用して大丈夫だろうか」という一抹の不安がありました。でも、応募用紙の自由記述欄に、「こういう求人を待っていた!」など、こちらの胸が熱くなるようなコメントがたくさん書いてあったのです。ここまで高い意欲があるなら、きっと何とかなる。そう確信しました。


高齢者スタッフがいれば、フルタイムの社員を何人も雇用することなく工場を稼働させられるので、企業側としてもメリットがあります。また、週に2、3日会社に出れば年金以外の収入が得られるという点で、高齢者スタッフにもメリットがあります。雇用創出という意味では、地域にとってもメリットがあるのではないでしょうか。


若いから、高齢だからという見方ではなく、その人がどんなスキルを持っているかを把握し、それを活かせる場をつくる。経営者に必要なのはそんな視点ではないでしょうか。特にシニアの場合は、長年培ってきたノウハウや技術があります。たとえば、品質チェックのスキルがずば抜けている、といったことなどです。そうした「人についている技術や付加価値」を見つけ、即戦力として活用するのが経営者の役目。いわば「会社の中の宝探し」が、人材活用のカギになると思っています。


全国的に「高齢者雇用」と言われていますが、大企業が積極的に高齢者を採用するのは難しいのではないでしょうか。というのも、現状で十分に人材がいるわけですし、新卒採用も、資本力や知名度でどんどん進めていけます。しかし、我々のような中小企業はそうはいかない。年々新卒を採用しにくくなっている上、今、働いている従業員に一人でも辞められたら影響が大きい。だから長く会社に残ってもらい、いくつになっても活躍してもらいたいんです。


「高齢者雇用」では、工場内をバリアフリーにしたり、作業台を高齢者の体に合わせたりなど、働きやすい環境を整えていくことが重要です。当社の場合は、それらの費用の一部を、「高齢者のためのバリアフリー助成金」などの活用でまかなえました。タイミングよく、国が高齢者雇用対策に力を入れ始めた時期でもありましたから。


加藤景司の経歴・略歴

加藤景司、かとう・けいじ。日本の経営者。岐阜県の部品メーカー「加藤製作所」社長。岐阜県出身。愛知工業大学卒業後、岐阜車体工業、三菱電機などを経て加藤製作所に入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

渡辺修(通産官僚)

時にはお互いの意見が合わずにぶつかることもあるでしょう。しかし、お互いに感情的になるのではなく、おかしいと思ったらその事実を指摘し、徹底的に話し合って、相互理解を深めるべきです。私が1980年代に日米貿易交渉をやった時に思ったのが、どんな異国人と話をする時でも最も重要なことは論理です。


渡邉美樹

仕事をするうえで心得ておくべきことは、一にも準備、二にも準備、三にも準備。徹底した準備が仕事を成功させる。そこは当然、お客様を思う心もある。準備と心が揃って、ようやく楽しい時間を過ごしてもらうことができるのだ。


中部幾次郎

同業者より常に3年間は先を歩け。


相原孝夫

常に上機嫌であるぐらいがちょうどいい。毎日、ポジティブ・フィーリングです。難しい局面に直面しても前向きさを失わず、なんとかなるというムードを作れることは重要ですし、部下や後輩からしても頼もしい存在と感じるでしょう。


高城幸司

つまらない話や、好感を持てない人との会話を望む人はいません。ですから、つまらないと感じれば明確にそのサインを出すはず。硬い表情や、時計を見る動作は、会話がうまくいっていない証拠。逆に、相手の口角が上がり、こちらを見てうなずいていれば、距離が縮まり、場が温まった証拠です。


大嶋啓介

「いい習慣」も、やめれば元に戻ってしまいますから、ほんと、続けることが大事だと思います。


茂木健一郎

いわゆる悪い意味での「意識高い系」の学生に共通した問題点は、実力以上に自分を大きく見せようとするところであろう。本当は、長い時間をかけて、粘り強く実力を培うべきなのに、表面だけ取り繕おうとする。その結果、上滑りしてしまう。


茂木克己

成功のあいうえお・カキクケコ
 あ(諦めない)
 い(威張らない)
 う(裏切らない)
 え(えこひいきしない)
 お(驕らない)
 カ(感謝を忘れるな)
 キ(協力者の立場を尊重せよ)
 ク(苦労は進んで担え)
 ケ(健康に注意せよ)
 コ(公共のために尽くせ)


日枝久

夢を抱けるということは、まさに生きている証です。長い人生において、そばで励ましてくれる支えのようなものです。そして、なかなか実現しない果てしない理想のごとき存在。それが私の思い描く夢の姿です。


木村弘毅

私自身、モンストの開発をしていた時は「ド素人がゲームを作ってヒットさせられるのか」と社内に反対もありました。ですが、知人や家族と集まって遊ぶ喜びを届けたいと寝食を忘れて取り組みました。パートナー企業も含めてたった4人で始めた企画でしたが、リリース後に子供から大人までが一緒に遊ぶ写真をSNSなどで見て、達成感に浸りました。従業員にもそんな喜びを体感してもらいたいのです。


なかにし礼

歌を作り、小説を書くことが人のためとも、世の中のためとも言いません。しかし、僕の価値観の中で、いいことだと言えるし、自分をより良きものにしてくれる。今もその可能性を感じ、信じているから、僕は一歩でも二歩でも努力し続けていく。


清宮克幸

言葉はすぐには浸透しない。それでも繰り返し言い続けると、練習時に選手が言葉を発するようになる。そうなればもう説明は要らない。言葉に魂が入り、それが組織やチームの拠り所になっていく。