名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤景司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤景司のプロフィール

加藤景司、かとう・けいじ。日本の経営者。岐阜県の部品メーカー「加藤製作所」社長。岐阜県出身。愛知工業大学卒業後、岐阜車体工業、三菱電機などを経て加藤製作所に入社。同社社長を務めた。

加藤景司の名言 一覧

当社では「辞めたくなるまでが雇用期間」だと言っていますが、今の70代は元気ですよ。というより、働くことで元気になるんです。今年も高齢者スタッフの契約更新がありましたが、誰一人として辞めない。全員が契約続行です。


私たちは、人とのかかわりの中でものづくりをしています。かかわりを除外したら、働くこと自体が成り立たなくなってしまいます。様々な年齢層の人が一つ屋根の下で仕事をすることで、かかわりが生まれますし、人としての経験値が積み重なります。古きよき日本の企業ではありませんが、二世代、三世代が当たり前に職場にいることで、いろいろな価値観に触れることができます。


航空機の部品は、マシニングセンタという何千万円もする設備でつくりますが、これを使うのは若手社員。高齢者の雇用に力を入れているといっても、やはり機械を操作できる若い社員も必要です。若年層も定期的に採用し、若手とシニアがそれぞれ役割分担することで、生産力を高めています。


(求人を)シニアに的を絞ったとはいえ、私自身「本当に高齢の方を採用して大丈夫だろうか」という一抹の不安がありました。でも、応募用紙の自由記述欄に、「こういう求人を待っていた!」など、こちらの胸が熱くなるようなコメントがたくさん書いてあったのです。ここまで高い意欲があるなら、きっと何とかなる。そう確信しました。


高齢者スタッフがいれば、フルタイムの社員を何人も雇用することなく工場を稼働させられるので、企業側としてもメリットがあります。また、週に2、3日会社に出れば年金以外の収入が得られるという点で、高齢者スタッフにもメリットがあります。雇用創出という意味では、地域にとってもメリットがあるのではないでしょうか。


若いから、高齢だからという見方ではなく、その人がどんなスキルを持っているかを把握し、それを活かせる場をつくる。経営者に必要なのはそんな視点ではないでしょうか。特にシニアの場合は、長年培ってきたノウハウや技術があります。たとえば、品質チェックのスキルがずば抜けている、といったことなどです。そうした「人についている技術や付加価値」を見つけ、即戦力として活用するのが経営者の役目。いわば「会社の中の宝探し」が、人材活用のカギになると思っています。


全国的に「高齢者雇用」と言われていますが、大企業が積極的に高齢者を採用するのは難しいのではないでしょうか。というのも、現状で十分に人材がいるわけですし、新卒採用も、資本力や知名度でどんどん進めていけます。しかし、我々のような中小企業はそうはいかない。年々新卒を採用しにくくなっている上、今、働いている従業員に一人でも辞められたら影響が大きい。だから長く会社に残ってもらい、いくつになっても活躍してもらいたいんです。


「高齢者雇用」では、工場内をバリアフリーにしたり、作業台を高齢者の体に合わせたりなど、働きやすい環境を整えていくことが重要です。当社の場合は、それらの費用の一部を、「高齢者のためのバリアフリー助成金」などの活用でまかなえました。タイミングよく、国が高齢者雇用対策に力を入れ始めた時期でもありましたから。


加藤景司の経歴・略歴

加藤景司、かとう・けいじ。日本の経営者。岐阜県の部品メーカー「加藤製作所」社長。岐阜県出身。愛知工業大学卒業後、岐阜車体工業、三菱電機などを経て加藤製作所に入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

宮嶋宏幸

権限を委譲して、従業員が経験し考えたことを実現させる。そうすれば、彼らは成長の実感を得られるでしょう。それこそが専門性を磨くということであり、仕事のやりがいにつながるのだと思います。


松井忠三

無印良品が世に出てから約30年、時代が変わっても、ブランドの核になるコンセプトは変わりません。しかし、その解釈の仕方は進化しています。同じコンセプトについて、表現の仕方や解釈を変えて、お客さんの1歩か2歩先を行き、変革を繰り返していかなければなりません。老舗が変革を繰り返して残ってきた事実を見れば、それは自明のことです。


伊藤一郎(経営者)

高分子ろ過膜プラノバの認知度を高めるため、多くの学会やシンポジウムでウイルス除去の成果を発表。欧米の規制当局への説明にも駆け回りました。ウイルスはろ過できないという製薬業界の常識を覆してプラノバの認知度を高めるのに、5年の歳月が必要でした。


渋谷和宏

読みやすい文章は、冒頭の一文で小段落を要約したり、伝えたい内容の前振りをしています。これを「リーダーとしての文(牽引役)」と私は呼んでいます。その後に、リーダーとしての文を補足したり、証明するために、フォロワーとしての文(付き従う文)が続きます。冒頭の文を受け、根拠となるファクトやリーダーを補完するエピソードを説明していくのです。冒頭で先の見えない文章を読ませるのは、地図や羅針盤を持たせずに森の中に誘うようなものです。読み手にストレスや不安を与えるので注意が必要です。


朝倉千恵子

一番大事なのは、何が社員のためになるかです。


中川淳一郎

重要なのは何を選ぶかです。多くの人が読む記事からアイデアを考えても、すでに誰かが思いついている可能性が高いでしょう。ヤフーニュースを見るなら、思い切って主要トピックを捨てましょう。狙うのは「その他」です。


森辺一樹

特に、差別化の難い消費財において、プロモーションは選ばれる力を大きく左右する。


マーク・ガーゾン

自分とは違うものへの恐れ。それを感じるのは、あなたが弱いからではない。賢明だからこそ感じるのです。でも、賢明なあなたは、その多様性の楽しさも知っている。その多様性との交わりこそが、あなたの人生を楽しく豊かにしてくれるのです。


水野学

企画やラフと異なり、詰めにはかけられるだけの時間をたっぷりかけたい。そうすれば、精度を高めることができます。くまモンの場合、詰めの段階で表情が微妙に異なる3000体をつくり、ひとつ選びました。


朝田照男

損切りをするにも勇気がいります。もう少し我慢と先延ばしにしているうちに巨額の損につながってしまいます。こうした損が積み重なって、結果として大損したのが10年前の利きでした。いまは徹底的に損を切り、最小限で食い止めています。それができるのも、常に状況を見ているからです。


木川眞

宅急便の歴史を振り返ると、ヤマト運輸は常に新サービスを生み出してきました。ただ市場が成長していた時代には結果的に、それらの多くが宅急便の機能強化、つまり既存サービスの延長線上にあるものだったんです。しかし、市場が成熟し、シビアな価格競争に直面したことで、競争のステージを変えることが不可欠になりました。商品単体で差別化するのではなく、グループ各社が力を合わせて「機能」を超える「仕組」の違いでナンバーワンを維持する必要があったのです。


菅原道仁

患者さん本人やご家族にも手術のビデオを見せていました。最もミスが起きやすいのは、「慣れてきた頃」。若手を見ても、新人医師よりも少し慣れてきたぐらいの入局2~3年目の医師のほうが、考えられないような初歩的なミスをしていることがありました。慣れが油断を生むのは、ベテラン医師も同じ。患者さんに術後のビデオを見せることで、その油断を消し去っていたわけです。