名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

加藤昌治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤昌治のプロフィール

加藤昌治、かとう・まさはる。日本の宣伝マン。博報堂PR戦略局部長などを務めた。日本PR協会PRアワード・グランプリを獲得。著書に『考具』『アイデア会議』『アイデアパーソン入門』『企画のプロが教える「アイデア講義」の実況中継』。

加藤昌治の名言 一覧

プライベートの経験は仕事でのアイデア出しに大きく貢献してくれる。アイデアのヒントになるからです。


細かな違いに着目することで、新製品の可能性が生まれる。


市場のちょっとした変化に気がつく洞察力を磨くことが、今までにない商品やサービスのアイデアを生み出すことにつながる。


自分では「つまらない」と感じるものでも、他の人が「面白い!」と判断することがよくある。


発想力を鍛えるためには、インプットの量を増やすことも欠かせません。新聞やネットなどで情報を集めることも大切ですが、日々の生活習慣で、必要な情報はインプットできる、と私は考えています。その一つが「お金を使うときには、できるだけ知らない物や事を買う」。たとえば、ランチに行くなら、毎日同じ店に行かずに別の飲食店に行ってみる。あるいは、同じ店でも、毎回違うメニューを頼むのです。また、お弁当を買うにしても、今まで食べたことのない種類に挑戦してみましょう。「同じ時間とお金を使うなら、できるだけ違ったものを」です。それだけで新しい経験や発見が手に入ります。これを積み重ねていくと、ちょっとした違いに敏感になってきます。


「発表するからには、それなりのレベルにしないとまずい……」と思うかも知れませんが、その考え方は、良いアイデアを生み出すどころか、障害になると言っても過言ではありません。会議の参加メンバーが、あなたのアイデアに触発され、違うひらめきをして、面白いアイデアがその場で生まれてくることもあります。人に見せなければ、このような機会も失われます。これは大きな損失でしょう。


斬新なアイデアを次々と出す人などほぼいない。一発ですごいアイデアを出すのは、一握りの天才だけ。普通の人は、アイデアを20~30個出したうち、面白いアイデアが1つか2つあれば、上出来でしょう。ですから、「斬新なアイデアがすぐ出てこない」と思い悩む必要はまったくありません。平凡でも、つまらなくても良いので、とにかくたくさんのアイデアを出すことです。


斬新なアイデアを効率よく生み出すには、「斬新なアイデアを生み出そう」という考えを捨てること。


加藤昌治の経歴・略歴

加藤昌治、かとう・まさはる。日本の宣伝マン。博報堂PR戦略局部長などを務めた。日本PR協会PRアワード・グランプリを獲得。著書に『考具』『アイデア会議』『アイデアパーソン入門』『企画のプロが教える「アイデア講義」の実況中継』。

他の記事も読んでみる

江上治

成功している人は、自分が困難を克服してきたからこそ、同じように、困難に立ち向かおうとする相手を応援しようとするものである。それによって、新しい世界が現れることを、身をもって知っているからである。逆に困難から逃げる相手に対しては手厳しい。


文弘宣

チームをつくりあげるのは、ビジネスで新規事業を立ち上げるのとよく似ている。まず強くするためには、絶対に「いい選手」が必要。でもいい選手が集まっても、環境が悪かったらうまくいかない。では、いい選手と「いい環境」があったら優勝するかといったら、優勝しない。「いいリーダー、監督」がいる。この3つが揃えば、成功する。会社と一緒だ。


藤口光紀

おかげさまで、営業収入は順調に伸びています。ただ、数値目標に特別なこだわりはないんです。数字は、あくまでも結果です。最近「売上高100億円突破はいつか」と質問される機会が増えましたが、100億円を目指してクラブを運営しているわけではないので、数字だけに注目されるのは、少し違和感があります。


荻原紀男

企業が生き残るためには、新しい技術をいち早く取り込まなければならない。


ローランド・ベルガー

今後は、我々の仕事のどこに付加価値があり、どこには付加価値がないのかということを真剣に考え直す必要があります。


韓昌祐

社員教育では善悪を判断する行動基準を教えます。それから人間を大事にすること。たとえば耳の不自由なお客様がいたら、その方のために手話を習うとか、とにかく人に対して優しく親切になるよう教育します。そこから社会への貢献、たとえば店の周りの掃除まで自分からきちんとやるようにすることなどを教えます。


仲暁子

私自身、ウォンテッドリーのターゲットである「働く人たち」に関する数値分析をよく行います。自分で興味の赴くままに分析し、その結果を組み合わせていくと、「日本で働く人は6000万人いるが、その25%に当たる1500万人弱もの人が、割合で言うと1%にも満たない大企業で勤務している」といった「意外な事実」が判明したりする。自分で考え、自分で手を動かすから、その結果もバッチリ頭に入る。数字が完全に「自分のもの」になります。


藤田晋

多くの苦境は、意外と「自分の努力」で何とかなるものです。それなのに、あれこれ言い訳を重ね、自分で「負ける流れ」を作り、それに乗ってしまう。これが「負ける人」のパターン。


森川亮

人脈づくりで一番大事なのは、自分に何らかの価値がないといけない、ということ。相手にとって、自分とつき合うことに何かメリットがないと、次につながらない。自分の価値を高めることが、人脈を広げるスタート。


新浪剛史

既存店を良くするには、地域地域で異なるお客さんの生活に何が必要かを考え、店舗スタイルを変えるしかない。おにぎりが美味しいのはもはやあたりまえ。それだけでわざわざ離れたコンビニにはいかないでしょう。品ぞろえを変えれば受け入れられるというのは、僕に言わせれば驕りです。いまの人は、忙しい中、便利さだけでなくホッとするものを求めている。


安藤忠雄

私は企業とは、リーダーと強いチームあってこそだと思う。


佐藤一斎

富人を羨むなかれ。彼がいまの富、いずくんぞ知らんその後の貧を招かざることを。貧人を侮るなかれ、彼がいまの貧、いずくんぞ知らんその後の富を胎せざることを。
【意訳|金持ちを羨んではいけない。いまは金持ちかもしれないが、将来没落し貧しくなるかもしれない。貧しい人を侮ってはいけない。いまは貧乏かもしれないが、将来財産を築くかもしれないのだから】