名言DB

9413 人 / 110706 名言

加藤昌治の名言

twitter Facebook はてブ

加藤昌治のプロフィール

加藤昌治、かとう・まさはる。日本の宣伝マン。博報堂PR戦略局部長などを務めた。日本PR協会PRアワード・グランプリを獲得。著書に『考具』『アイデア会議』『アイデアパーソン入門』『企画のプロが教える「アイデア講義」の実況中継』。

加藤昌治の名言 一覧

プライベートの経験は仕事でのアイデア出しに大きく貢献してくれる。アイデアのヒントになるからです。


細かな違いに着目することで、新製品の可能性が生まれる。


市場のちょっとした変化に気がつく洞察力を磨くことが、今までにない商品やサービスのアイデアを生み出すことにつながる。


自分では「つまらない」と感じるものでも、他の人が「面白い!」と判断することがよくある。


発想力を鍛えるためには、インプットの量を増やすことも欠かせません。新聞やネットなどで情報を集めることも大切ですが、日々の生活習慣で、必要な情報はインプットできる、と私は考えています。その一つが「お金を使うときには、できるだけ知らない物や事を買う」。たとえば、ランチに行くなら、毎日同じ店に行かずに別の飲食店に行ってみる。あるいは、同じ店でも、毎回違うメニューを頼むのです。また、お弁当を買うにしても、今まで食べたことのない種類に挑戦してみましょう。「同じ時間とお金を使うなら、できるだけ違ったものを」です。それだけで新しい経験や発見が手に入ります。これを積み重ねていくと、ちょっとした違いに敏感になってきます。


「発表するからには、それなりのレベルにしないとまずい……」と思うかも知れませんが、その考え方は、良いアイデアを生み出すどころか、障害になると言っても過言ではありません。会議の参加メンバーが、あなたのアイデアに触発され、違うひらめきをして、面白いアイデアがその場で生まれてくることもあります。人に見せなければ、このような機会も失われます。これは大きな損失でしょう。


斬新なアイデアを次々と出す人などほぼいない。一発ですごいアイデアを出すのは、一握りの天才だけ。普通の人は、アイデアを20~30個出したうち、面白いアイデアが1つか2つあれば、上出来でしょう。ですから、「斬新なアイデアがすぐ出てこない」と思い悩む必要はまったくありません。平凡でも、つまらなくても良いので、とにかくたくさんのアイデアを出すことです。


斬新なアイデアを効率よく生み出すには、「斬新なアイデアを生み出そう」という考えを捨てること。


加藤昌治の経歴・略歴

加藤昌治、かとう・まさはる。日本の宣伝マン。博報堂PR戦略局部長などを務めた。日本PR協会PRアワード・グランプリを獲得。著書に『考具』『アイデア会議』『アイデアパーソン入門』『企画のプロが教える「アイデア講義」の実況中継』。

他の記事も読んでみる

三浦善司

企業というものは、常に成長し続けるしか道はない。規模の拡大だけではなく、何らかの形で成長し続けなければならない。


辻本憲三

やはり生産者が工夫して、より良いものをつくろうと考えることが大事です。ワインづくりは最適な畑で、最高のスタッフに囲まれて初めて良いものができる。機械化で生産性を高めることは大事ですが、私は手間暇かけて、人間がつくったワインの方が美味しいと思います。植物が育ちやすい環境を整え、その上で育てる人たちが技術を磨いていくことが大事なのです。


フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)

新しいスーツを買わずに、もう一年過ごす。シャンパンのかわりに、ミネラル・ウォーターを飲む。馬車に乗るかわりに散歩する。高いお金を出してパーティに行くかわりに自宅で家族団欒する。これでどれだけコスト削減ができるかを考えたり、派手な生活がもとで破綻してしまった人の多さを考えれば、節約は苦痛ではなく楽しみだろう。


吉野佳秀

私たちは常々「作った人には壊せない」と説いてきました。彼らは必ず足場を組み、クレーンを置いて壊そうとする。それは作った時の逆を辿っているのです。しかし、私たちはクレーンや足場を使わないことを是としています。その代り、私たちは今そこにある力をお借りします。例えば、重力という地球の力もその一つです。クレーンや足場を多用する解体は余計にお金がかかりますし、工期も長くなる。すると、高い所に人を長く上げ続けねばなりませんから、危険性も高まります。だから私たちは、「なるべく人を高所に上げない。足場を組まない。クレーンを使わない」と口を酸っぱくして言います。


吉野真由美

営業していた頃は、1週間のうち前半の4日間でノルマが達成できるように仕事の予定を立てていました。仮に4日間で達成できなくても、あと3日ある、と思えるので、余裕をもって営業できる。この余裕の有無が、結果を大きく左右するのです。


山本梁介

リーマンショックなどがありましたが、我が社は20年間増収増益を続けています。売上規模は20年前から約15倍になりました。しかし、私たちは売上げの拡大よりも「エクセレント」を目指しています。第一に考えているのは、社員が立派に成長して幸せになることです。それが出来て初めて顧客満足や地域貢献に繋がると考えています。


山田昭男

常に考えろ。世間や業界とは反対のことを常に考えろ。


古賀良彦

ストレスは良質な睡眠をとることで解消されます。十分な睡眠がとれないと、心身の不調が積み重なり、集中力や意欲、活動力の低下を招きます。すると仕事がうまくいかず、さらにストレスが大きくなるという負のループに陥ってしまいます。


前刀禎明

どんな仕事でも新しいアイデアや工夫が求められている以上、「いかに新しいことを、いかに早く、自分らしく発想するか」は、あらゆる人にとって大事なことだと思います。


菊池健彦

英語の肝はとにかく単語を覚えることにあります。英語は他の言語に比べても単語の数が多いため、どうしても学習の中心は単語学習になります。


川島永嗣

海外チームのゴールキーパーは日本以上に、強いリーダーシップや高いコミュニケーション力が求められます。フィールドでもロッカーでもメンバーとコミュニケーションを図り、彼らを理解し、自分を受け入れてもらうためには語学力は欠かせない。異国の言葉や文化、価値観への理解が深まれば自分がやれることがどんどん広がっていきます。その良い循環が回り始めると、さらに語学学習は楽しくなるはずです。


林文子

人間関係を苦手に感じている人ほど、営業の仕事をおやりになるといいと思います。その経験は、必ずあなたの財産になります。ですから、決して諦めないでください。続けていれば、必ず答えが出てきますから。


藤井孝一

本がネットと大きく異なるのは、「体系的である」という点です。一つの分野を新しく知ろうとしたら、本を一冊読むだけで、重要なテーマや課題、その分野のキーパーソンが誰なのかまで一冊でまとめて得ることができます。一方で、本はネットに比べて即時性に欠けます。そこで本を読んで知識のベースを作り、ネットや雑誌などから最新情報をアップデートしていくのが現代における知識構築の最適な方法の一つです。


ヴォルテール

我々が平和の名によって重んじているものは、実は短い休戦にすぎず。それによって弱い側は、正しい主張であれ、不正な主張であれ、とにかくその主張をあきらめる。武力によってその主張を活かす機会が来るまでは。


北尾吉孝

成長企業を見極めるポイントは、パーキャピタルです。つまり従業員一人あたりの利益の絶対額です。重電やコンピュータの日立製作所や、富士通、NECなどの製造業はこの数値が下がっています。一方、誕生後あっという間に時価総額十傑入りしたグーグルは、その額が非常に高い。