名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤昌治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤昌治のプロフィール

加藤昌治、かとう・まさはる。日本の宣伝マン。博報堂PR戦略局部長などを務めた。日本PR協会PRアワード・グランプリを獲得。著書に『考具』『アイデア会議』『アイデアパーソン入門』『企画のプロが教える「アイデア講義」の実況中継』。

加藤昌治の名言 一覧

プライベートの経験は仕事でのアイデア出しに大きく貢献してくれる。アイデアのヒントになるからです。


細かな違いに着目することで、新製品の可能性が生まれる。


市場のちょっとした変化に気がつく洞察力を磨くことが、今までにない商品やサービスのアイデアを生み出すことにつながる。


自分では「つまらない」と感じるものでも、他の人が「面白い!」と判断することがよくある。


発想力を鍛えるためには、インプットの量を増やすことも欠かせません。新聞やネットなどで情報を集めることも大切ですが、日々の生活習慣で、必要な情報はインプットできる、と私は考えています。その一つが「お金を使うときには、できるだけ知らない物や事を買う」。たとえば、ランチに行くなら、毎日同じ店に行かずに別の飲食店に行ってみる。あるいは、同じ店でも、毎回違うメニューを頼むのです。また、お弁当を買うにしても、今まで食べたことのない種類に挑戦してみましょう。「同じ時間とお金を使うなら、できるだけ違ったものを」です。それだけで新しい経験や発見が手に入ります。これを積み重ねていくと、ちょっとした違いに敏感になってきます。


「発表するからには、それなりのレベルにしないとまずい……」と思うかも知れませんが、その考え方は、良いアイデアを生み出すどころか、障害になると言っても過言ではありません。会議の参加メンバーが、あなたのアイデアに触発され、違うひらめきをして、面白いアイデアがその場で生まれてくることもあります。人に見せなければ、このような機会も失われます。これは大きな損失でしょう。


斬新なアイデアを次々と出す人などほぼいない。一発ですごいアイデアを出すのは、一握りの天才だけ。普通の人は、アイデアを20~30個出したうち、面白いアイデアが1つか2つあれば、上出来でしょう。ですから、「斬新なアイデアがすぐ出てこない」と思い悩む必要はまったくありません。平凡でも、つまらなくても良いので、とにかくたくさんのアイデアを出すことです。


斬新なアイデアを効率よく生み出すには、「斬新なアイデアを生み出そう」という考えを捨てること。


加藤昌治の経歴・略歴

加藤昌治、かとう・まさはる。日本の宣伝マン。博報堂PR戦略局部長などを務めた。日本PR協会PRアワード・グランプリを獲得。著書に『考具』『アイデア会議』『アイデアパーソン入門』『企画のプロが教える「アイデア講義」の実況中継』。

他の記事も読んでみる

成河

見たくない人間の醜悪な部分も、この作品(舞台『人間風車』)の大切な要素。舞台にいる人間が「傷ついているふう」ではいけない。演じる僕が、自分自身に蓋をしてしまっているものや人に絶対見られたくないものに、まず向き合わなければ。すり減るだろうな、キツいなぁ(笑)と思います。けれど、それは役者にとって、大きな醍醐味でもある。久しぶりにその境地に踏み込むことへの覚悟をいま決めているところです。


小山聡章

営業で大事なのは、自分が話すこと以上に、相手の話を聞くこと。だから、お客様が話しやすい雰囲気をつくったり、話題を提供したり、悩み事を引き出すほうがよい。


岩佐大輝

東日本大震災の後、被災地に毎月スコップを担いで泥かきに行きましたが、ある住民の方から「泥かきは我々でもできる。君たちはビジネスパーソンだから、雇用をつくってくれ」といわれてハッとしました。たしかにそうなのです。復興には働く場所が必要で、私たちが力を発揮できるとしたら、そこだろうと。


小笹芳央

中間管理職にありがちな例として、会社を仮想敵にして一致団結を図ろうとすることがあります。それは短期的に見れば人がついてくることもあるのかもしれませんが、実際は長続きしません。リーダーが語るミッションや戦略の上には、会社の方針があります。その二つのベクトルが一致していなければなりませんから。


トム・ピーターズ

コミュニケーションには衝突もつきものだ。しかしそれを恐れてはいけない。


山内隆司

相手を説得するにはまず情報量。情報が少ないと逆に論破されてしまう。


川上量生

ニッチな話題が主なニコニコ動画で、世の中が注目しているニュースを伝える「報道」に力を入れています。これはテレビを主に見る人とネットをよく見る人の溝を埋めようとする努力です。ネットしか見ない人に世の中の動きを知ってほしいんです。マスメディア側とネット側をつなぐことが、当社の本業ではありません。でもニコニコ動画は、ネットの世論形成の中心にいるという自負があります。だから、ある程度のことはやりたい。本当はヤフーさんが取り組んでおかしくないのですが、コンテンツを流すだけですからね。


角和夫

株主の利益だけを優先するのではなく、その他のステークホルダー、すなわち従業員、お客様、取引先、さらには沿線の地域社会まで含めたステークホルダーの利益とのバランスを取っていくことが重要だと私は考えています。


酒井雄哉

人生は積み重ねだから、重ねて、重ねてひとつのものができるんだ。


後藤亘

先進国の観光客は、文化的な経験を求めています。だから、経済も、「売らんかな」ではなく、むしろ「買って喜んでもらう」。そういった発想が必要なんじゃないでしょうか。


岩澤巌

当社はホビー好きが集まり、技術開発に全力をあげています。会社をひと言で表せば、技術の集合体です。国内だけでなく海外で高い評価を得ているのも、こうした姿勢が製品に表れているからでしょう。


舟橋正剛

当社には、製品作りにおいて、素材作りから自分たちで開発する文化があります。例えばスタンプの印面で使うゴムも、いろいろな薬剤や塩を練り込んでインクがうまく流れるものを開発しました。インクにしても独自開発です。製造現場の技術力は高いので、その強みをさらに生かしたいと思います。