名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

加藤昌史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤昌史のプロフィール

加藤昌史、かとう・まさふみ。「演劇集団キャラメルボックス」制作総指揮、演劇製作会社「ネビュラプロジェクト」代表。東京都出身。早稲田大学在学中に、演劇集団キャラメルボックス設立に参画。著書に『いいこと思いついた!』『拍手という花束のために』『嫌われ者のすすめ』。

加藤昌史の名言 一覧

お客さんには暗い、疲れた表情は見せないようにしています。舞台を見に来てくれたお客さんのワクワク感を消さないよう、口元で微笑むような笑顔を心がけています。


「責任者出てこい!」と言われる前に出て行くのが私のモットーです。


お客さんの心をつかむために重要なのは「声」。第一声から消え入りそうな声だったら、心はつかめない。最初の10秒は全員に届くように、高めの大きな声から入る。私は「バズーカー砲を撃つ声」と呼んでいます。


劇団の全国公演の際は、行く先々で必ず事前にその町を歩いて情報収集します。例えば鳥取に行った際は、人口が少ないと聞いていたけど、街に活気があって驚いた。お城があるから城下町の誇りがすごいあるんですね、と感じたことを話したら、空気が和らぎました。よく調べて、相手を好きになったことを伝えれば、流暢に話せなくても相手はしっかり聞いてくれます。ぜひ試してみて下さい。


人前でしゃべり続けて強く感じるのは、最初の10秒がとても大事ということです。その間にお客さんは「面白そう」または「つまらなそう」を直感的に判断するものだからです。10秒で聞き手の心をつかまないと、そこからの逆転は難しくなります。


「一顔、二声、三姿」。これは舞台関係者にはお馴染みの言葉。いい役者の条件ですが、前説でも常に意識しています。声とは、いわゆる美声ではありません。ひと言でいえば「聞き手がよく聞き取れる声」のことです。また、表情は笑顔を心がける。といって満面の笑みだとウソっぽいので、表情豊かな自然な笑みがいいでしょう。姿勢は、天井から見えない糸で吊られているイメージ。顔が上がり背筋も伸びた状態です。姿勢を正すと伝わりやすい声が出て、表情豊かにすると声や姿勢も変わる。みんな連動しているわけです。


加藤昌史の経歴・略歴

加藤昌史、かとう・まさふみ。「演劇集団キャラメルボックス」制作総指揮、演劇製作会社「ネビュラプロジェクト」代表。東京都出身。早稲田大学在学中に、演劇集団キャラメルボックス設立に参画。著書に『いいこと思いついた!』『拍手という花束のために』『嫌われ者のすすめ』。

他の記事も読んでみる

桜井一紀

人の行動は「自分自身への問いかけ」の連続です。いま何をやるべきなのか。自分はどうしたいのか。次の動きを決めるのは、自分との対話です。だから同じ失敗を繰り返す人は、同じ質問を繰り返している人だといえます。行動を変えて、仕事のパフォーマンスを上げるには、自らにこれまでと違う新しい質問を投げかける必要があります。


和田裕美

手紙を送る場合は、パソコンで打った文書と一緒に、手書きの手紙を同封することがあります。手書きの手紙は、打ち込んだ文字にはない温かみがあって、そのぶん、気持ちが伝わると思うから。商品を買ってくださったお客様には、コピーであっても、必ず手書きの書面を同封しています。


羽鳥兼市

創業者というのは、会社に未練があるものです。自分も引退など考えたこともなく、120歳まで現役でいると思っていました。それでも「会社の成長のためには次の世代にバトンを渡すべきだ」と考えるようになりました。


井口尊仁

僕は情報を隠したり、出し惜しみしたりするのをやめた。さすがに契約上で言えないことは言わないが、それ以外はオープンにする。すると相手も呼応して、一緒に面白いことをやろうとなる。


粟田貴也

私はすごく小心者で、ネガティブに考える人間です。しかし、小心者だからこそ、大胆さをもち合わせなければ成功できないということにあるとき気づいたんです。


三浦昭

バイオ事業など未知の市場を開拓するには、起業家精神を持った人材が不可欠です。技術の目利きができないといけないし、財務など経営の知識や社外の人脈、リーダーシップも必要になります。


ルディー和子

類人猿の時代から、人間は自由を欲してはいますが、不安があるときは仲間と一緒にいたい。高度成長時代には、そんな仲間をつくらなくても家族単位で団結できましたが、いまは一人暮らしの人が多い。Twitterやソーシャルネットワークサービスで仲間をつくるのは、ネットを通して仲間をつくりやすくなったこともありますが、やはり不安の表れでしょう。


桐山一憲

日本市場の成長が止まったのが事実だとしても、P&Gジャパンにはまだまだ成長の余地が残っています。すべての商品群で市場シェアが限界に近いところまで高まっているかといえば、そうではないからです。


鎌田實

ホスピタリティ精神は、すべての職業につながるはずです。ホテルマンでも、ラーメン屋さんでも、保険のセールスレディーでも、ホスピタリティの心があるかないかで、仕事の中身は大きく変わる。だからこそ、一人でも多くの働いている方に、ホスピタリティの大切さに気づいてほしい。


吉野真由美

話が長いということは、「論理的思考ができない人」、もっと言えば「知性が低い人」という印象を与えかねません。話が長いと思われないためには、ひとつずつの文を短くすることを意識しましょう。


柳井正

自分から変わろうと思わないといけない。評論家や傍観者ではダメだ。


辻野晃一郎

もちろん、そのときは苦しかったのですが、私はソニーという会社が大好きでした。自分の人生とソニーの成長が一体に感じられるほど、ソニーに強い思い入れがありました。それに私はもともと、負けず嫌いです。自分に託された事業を何としてでも立て直そう、という強い信念があったからだと思います。
【覚書き|ソニーでVAIOデスクトップパソコン事業の再建を担当したときを振り返っての発言】