名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

加藤弘康の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤弘康のプロフィール

加藤弘康、かとう・ひろやす。日本の経営者。「がブリチキン」などを展開する「ブルームダイニングサービス」社長。愛知県出身。トライデントスクールオブマネジメント・マネジメント学科卒業。サラリーマンを経て29歳で独立。ブルームダイニングサービスを設立。

加藤弘康の名言 一覧

焼き鳥屋というと、競合が多すぎてオリジナリティが出しづらい。そこで考えたのが、串に刺さない烏業態でした。そこから生まれたのが、骨付き烏や唐揚げとハイボールをミックスさせた業態です。


飲食店の場合、食材原価と人件費がコストの大半を占め、収益を圧迫します。そんな中で天候の読み違えなどにより、人件費がかさんだりしてしまうこともあると思いますが、当社の場合は標準店で13坪とコンパクトながら、席数を最大40席まで増やしています。そのため、これなら3名から4名のスタッフで回すことができますし、平日であっても週末であっても人員の差がなく、人件費のロスがなくなるのです。


加藤弘康の経歴・略歴

加藤弘康、かとう・ひろやす。日本の経営者。「がブリチキン」などを展開する「ブルームダイニングサービス」社長。愛知県出身。トライデントスクールオブマネジメント・マネジメント学科卒業。サラリーマンを経て29歳で独立。ブルームダイニングサービスを設立。

他の記事も読んでみる

村上憲郎

英語でプレゼンするときも事前に準備しておくことができます。日本語でプレゼンする機会はいくらでもあるでしょうから、まずはそれを録音しておく。これを聴きなおして、英語化するのです。プレゼンで使う単語や言い回しは決まっていますから、十分暗記できます。


廣瀬禎彦

論理を稟議書に書いてあげてもらえば、決裁も下りやすい。稟議書が論理的でないと、決裁をしようにも判断がつかないでしょう。


渋谷陽一

プロって、その業界の常識の枠にとらわれて、前のままで予定調和の仕事をしてしまうという危険性があるんですよ。


ピーター・ドラッカー

自社のもっている、また引き継いできたコア・コンピタンス(中核的競争能力)、独自の専門性を尊重し、それを十二分に活かしていくように人の知恵を結集すべきだ。


亀田啓一郎

メンバーの活躍が一目で分かり、他部署からも注目を集めたら、営業メンバーは頑張らざるを得なくなる。周囲を巻き込むのが上手な人は、このような環境を作ることに長けている。


樫尾和雄

カシオが今後も競争力を維持するためにはイノベーションを起こし続けることが最も大切だ。


清水信次

僕には社内にモノを言ってくれる人がいました。社外の交友関係でも、旭化成の宮崎輝さん、小松製作所の河合良成さんといった大先輩が「一番大事なのは己を知り、足るを知り、とどまるを知ることだ」「必ずものごとには終わりがある」「お金も権力も自然に集まるのはいいが、追いかけるのは危険だよ」などと言ってくれました。


瀧本哲史

私はよく仕事に悩む若い人に「楽勝でできることを徹底的にやるといい」とアドバイスしています。10種類の仕事があるとすれば、なかにはひとつやふたつそれほど労力をかけずとも上手くできる仕事があるはずです。そこに時間を集中して投資するのです。それは自分の「強み」になります。


藤岡頼光

経営の本に書かれていることは、「すでに誰かが試したこと」ばかり。つまり、誰かが試して、その道は出来あがってしまっているわけです。ビジネスで同じ道をたどっても、得られるものは限られています。同じ線路を走っても、前の電車は絶対に追い越せないですから。やっぱり経営者なら、新しい道をゼロから作りたいですよね。


本田健

運のバランスも重要だ。仕事運を使いすぎると家族運がなくなることがある。そのためうまくバランスをとって、どれも同じように高めて総量を拡大していく努力をする必要がある。例えば仕事運が悪く強ったときは、家族運がいいのだから家族との時間を楽しむようにする。するといつの間にか仕事運も回復する。仕事運が悪いという面ばかりを気にするのか、家族運がいいのだから幸せと思うのか、心の持ちようで運は変化する。


西田厚聰

企業の成長にスピードとタイミングは必要の条件です。グローバリゼーションとは、日本から世界へ市場が広がったと同時に、日本市場にも世界の企業が参入することを意味します。つまり、グローバリゼーションによって市場の競争原理が導入され、日本の伝統的な組織の動かし方が通用しない時代が到来したということです。


齋藤勇(齊藤勇)

男性は上下関係に敏感だというのがポイントです。サルなどの群れで生きる動物を見ても、オスは競争社会で優劣が明確になります。その序列によって生殖の機会や食べ物の量が違ってくる。人間も基本的には同じなので、狩猟採集の時代から男性は競争社会を生きて、序列かあったのでしょう。上下関係に敏感なのは、長い年月をかけて培った意識の働きです。