加藤廣の名言

加藤廣のプロフィール

加藤廣、かとう・ひろし。日本の小説家、ビジネス書作家。東京出身。東京大学法学部政治学科卒業後、中小企業金融公庫(のちの日本政策金融公庫)に入社。大阪の中小企業投資育成会社に出向し、金融マンとして働きながらビジネス書を執筆。その後、中小企業金融公庫を退職し、山一證券経済研究所顧問、SNベンチャーキャピタル社長などを経て75歳で小説家としてデビュー。代表作に『信長の棺』。

加藤廣の名言 一覧

1 / 11

40代で自分に投資すれば、50代でお金が自然に貯まっていく。若いときにケチったり、お金をムダなことに使っているから、50代でお金に苦労する。


人は学び続けることでその能力を活かすことができる。30代のうちに学び続ける姿勢を身につけることを、強く勧めたいと思います。


一度身についたスキルが永遠に通用するわけではありません。パソコンのOSにバージョンアップが必要なように、ビジネスマンとしての能力も定期的に更新していかなくてはなりません。


30代も半ばを過ぎれば、それなりに仕事の能力が身についてきて、上司たちがバカに思えることもあると思います。しかし、それはとりもなおさず、未来の自分の姿なのです。自分の能力の更新を怠れば、あなたが上司の立場になったとき、自分の部下から冷笑を受けることにならないとも限りません。歴史と同じで、人の因果も巡るのですから。


よく「俺は何倍も働いた」なんて自慢する人がいますが、私に言わせればくだらないと思います。人類の幸福に大きく貢献する仕事をしたのなら別ですが、ただ無目的な努力の量を誇るほど愚かなことはありません。



私には小説家になるという夢がありましたから、それを実現させるべくひたすら勉強しました。40代になってビジネス書を出版するようになっても、これは本来の仕事ではないという意識がありました。そして、晴れて小説家になったのは75歳のとき。夢というのは、叶えるのにはずいぶん時間がかかるものです。


文章力は説得力そのものですから、小説家を目指して文章修業をしていたことも、仕事のスピードアップに役立ったと思います。


大学を卒業して就職したのは、中小企業金融公庫(のちの日本政策金融公庫)という政府系金融機関でした。仕事はそれほど大変ではなかったのですが、トップは大蔵省と通産省のたすき掛け人事でした。いくら頑張っても先は見えている。ですから、38歳のときに辞めようと決意しました。しかし、いきなり組織を飛び出しても、一人ですぐにやっていけるわけがない。外でも通用するポータブルスキルを身につける必要がありました。専門の金融の知識に磨きをかけることとともに、英語はもちろん、中国語にも取り組みました。


私は組織人ではありませんでしたが、組織を裏切ったことはありません。部下時代の個人プレーなら平均より3割増し、上司としての組織プレーなら一割から一割五分は高い成果をあげてきました。決して無理なことはやらない、やらせないで成果を出すには、仕事を早く片づけなくてはならない。


私は今年で87歳ですが、いまだ学びをやめるつもりはありません。現在は恋愛小説を執筆中です。いくつになっても新しいことに挑戦するのはわくわくするものです。どのような作品ができあがるのか、いまから楽しみです。


組織から離れるために意識してやっていたのは人脈づくりです。勤め人時代、私は会社の人間とあまり飲みませんでした。つき合っても3度に1度。また、大学の学友ともほとんど会わなかった。昔を懐かしんでも先につながりません。それよりも、いままで会ったことのない新しい人と飲むほうがずっと役に立ちます。


将来を見据えた勉強は必要です。私は土日のうちどちらか1日は必ず勉強の時間に充てました。家のもっとも日当たりのいい部屋が私の書斎です。床が抜けるくらいの蔵書があり、休日はそこにとじこもって本を読むのです。こうした勉強がいまに活きているわけです。



50代になってからいきなり無手勝流で独立するのはリスクが高いと思います。私は何の才能もなかったけど、唯一、文章を書くことだけは得意でした。まずはその才能を活かして、40歳を過ぎたころからビジネス系の雑文を書き始めました。新聞やビジネス誌に寄稿しました。原稿料は微々たるもので、給料が1だとすると、最初は1.1足のわらじです。でも、それを続けていくうちに、やがて2足になっていく。2.5足になればもう十分です。組織に憂いなく「ハイ、サヨナラ」ができます。


お金に余裕ができたとしても、50代で守りに入ってはいけない。小説家になろうと準備を始めたのは60歳を過ぎてから。10年かけて「信長の棺」を書き上げましたが新人賞に応募しても評価されず、最初は出版社も相手にしてくれませんでした。そのとき、デビューに力添えしてくれたのが、社外で知り合った新聞記者だったのです。私が50代で自己投資をやめていたら、75歳でデビューを果たすことも、小泉純一郎元首相が愛読書だと公言してベストセラーになることもなかったでしょうね。


勉強に関しては、注意してもらいたいことが一つあります。それは、勉強している姿をまわりに見せないこと。この世の中には嫉妬か渦巻いています。みんなと違うことをやっていると、「なんだあいつは」とすぐに足を引っ張られます。いじめは人間の本能。自分で自分を守るしかない。私が会社の飲み会に3度に1度はつき合っていたのも、馬鹿を演じてやっかみをなくすため。それくらいのしたたかさは必要です。


いまでこそ大組織の中小企業金融公庫は、私が入った当時は約40人。将来は東大の同級生たちが役所から天下って理事になりますが、こちらは出世してもせいぜい次長クラス。それは御免こうむりたいので、自然に「50歳までに組織から逃げよう」と考えるようになりました。なぜ先がないと気づいた段階で逃げなかったのか。それは、まだポータブルスキルが身についていなかったからです。山一証券経済研究所に転職して、経営コンサルタントとしての活動を始めたのは51歳のころ。どうしてコンサルティングができたのかといえば、キャッシュフロー計算書を見る手法を自分で工夫してつくったからです。その手法は、30代や40代では完成しませんでした。外で通用するレベルまでスキルを磨きあげるには、ある程度の経験が必要です。


加藤廣の経歴・略歴

加藤廣、かとう・ひろし。日本の小説家、ビジネス書作家。東京出身。東京大学法学部政治学科卒業後、中小企業金融公庫(のちの日本政策金融公庫)に入社。大阪の中小企業投資育成会社に出向し、金融マンとして働きながらビジネス書を執筆。その後、中小企業金融公庫を退職し、山一證券経済研究所顧問、SNベンチャーキャピタル社長などを経て75歳で小説家としてデビュー。代表作に『信長の棺』。

おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

1 / 11

ページの先頭へ