名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤寛一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤寛一郎のプロフィール

加藤寛一郎、かとう・かんいちろう。日本の工学博士。東京大学名誉教授。東京大学工学部航空学科卒業後、川崎重工、ボーイング社などで実務を経験。東京大学工学部航空学科に助手として戻り、のちに教授。日本学術振興会理事なども務めた。飛行機事故関連の著書を多数残している。

加藤寛一郎の名言 一覧

熟年になっても自分を甘やかさない気持ちというのは大事ではないでしょうか。たとえば、私はもともと太りやすい方ですが、格闘技をするためと健康のために独自の減量法を編み出し30数年来続けています。


独自の減量法を編み出し30数年来続けています。それは、バランスのとれた1400キロカロリー程度の食事を一日一食だけ取るというものです。私の場合は夜食べて、朝と昼は断食です。「それで大丈夫か」と思う人もいるでしょうが、私は大丈夫だと思っています。食事をしない分、体に蓄積した脂肪が燃焼してエネルギーを補ってくれるようです。もちろん、標準体重の人や子供は三食きちんと食べた方がいいと思いますし、私の減量法がすべての人に向いているわけでもないと思います。


仕事の面でも常に新しい自分を追求することは大事だと思います。私の専攻は飛行力学ですが、40歳を過ぎてから著述に力を入れるようになりました。その場合は共著にしたり、コンピュータを使う研究の実作業を学生に任せたりしないようにしています。自分に甘えが出るからです。人を使ってばかりいると、自分では何もできないようになってしまうと思うのです。熟年だからこそ自分を甘やかさず、つねに新しい自分を追及する。そうありたいと思っています。


37歳で空手を始め、39歳で初段、50歳で四段をとりました。さらに67歳からボクシングまで始めました。こう言うと大抵かなり驚かれます。そろそろ40歳に手が届こうという年になって格闘技を始め、70歳近くになってボクシングに挑戦したのですから。友人などは正気の沙汰ではないなどと言いました。ですが、私は並外れた体力、運動神経の持ち主などではありません。でも、運動神経が鈍くて弱い私も格闘技に挑戦し続けてきたおかげで後半生の生き方のようなものが見えてきたように感じます。


減量をすると、考え方が積極的、攻撃的になり、感覚も研ぎ澄まされてくるような感じがします。最近では、減量に関する本まで書いたほどです。年をとると、太りやすくなるし、体力は衰えても仕方がないと諦めがちですが、それは早いと思います。できるだけ自分を甘やかさず、ひとつのことに取り組み続ければ、まだ新しいことができるし、人に認められる長所を持てるようになると思います。考え方が積極的になれば、日ごろの生活でも自信がわきます。


空手をやれば、年をとっていても若者と同等です。昇段試験などで組手の試合をするときには、本心ではとても怖いのですが、飛び込んでいくしかありません。黒帯を締めるようになれば、後輩の手前恥ずかしいことはできませんから、なお精進しなければなりません。


加藤寛一郎の経歴・略歴

加藤寛一郎、かとう・かんいちろう。日本の工学博士。東京大学名誉教授。東京大学工学部航空学科卒業後、川崎重工、ボーイング社などで実務を経験。東京大学工学部航空学科に助手として戻り、のちに教授。日本学術振興会理事なども務めた。飛行機事故関連の著書を多数残している。

他の記事も読んでみる

ジョージ・エリオット

動物は快い友達だ。彼らは、質問もしなければ、批判もしないのだから。


松井忠三

私が社長に就任する前、業績が停滞した際にまず出てきた意見は「担当者が悪い」というものでした。とくに衣服・雑貨部門の落ち込みが激しかったので、部門長を2年間で5人も入れ替えました。仕組みに問題があることに目を向けずに、「人を替えればなんとかなる」と思っていたわけですが、当然うまくいきませんでした。


岡素之

原則的にコア事業とかけ離れたM&Aはやりません。コア事業を拡大するときに、その事業を拡大することに加え、川上や川下、地域展開、横展開も含めて伸ばしていきます。


三谷忠照

人生の大半を会社で過ごすのですから、モチベーション高く働いていただきたいという願いがあります。例えばチームを再構築する「リチーミング」プログラムを導入することによって人材の再活性化やチームワークの向上を促したり、またグループ全体で給付型奨学金制度を完備するなど、社員が安心して働ける環境づくりを目指してきました。何かひとつの制度や施策でガラッと変わるわけではないですが、今後も、いろんなことを試していこうと考えています。


ニーチェ

理解するとは、何か新しいものを、何か古い熟知の言葉で表現しうるということにほかならない。


田村恵子

最近の若い看護師は、やりたいという気持ちは強いけれど、知識が乏しくてトレンドに振りまわされる傾向があります。しかし、日野原重明先生が指摘されたように、看護というのはサイエンスとアートの融合であって、やはりまずはサイエンスの部分を学んでもらわなければはじまらないところがあるわけです。


新井直之(執事)

お金持ちに共通するのは、ネガティブな言葉はほとんど口にせず、ポジティブな言葉ばかり。そうやって常に前向きになるようコントロールしているのです。


井上慎一(経営者)

企業が持続的に成長するには常に新しい顧客価値を提供しなくてはならない。


柴田昌治(コンサルタント)

人間は、意思決定の経験を積むことで成長する。


近藤史恵

ものすごく人間観察をしているように思われがちですが、実は、特定の人物をモデルにすることはほぼありません。他人の感情を正確に理解するのは難しい。むしろ観察するのは自分の心。自分の中にある小さな違和感が、創作のヒントになります。


小池龍之介(小池龍照)

頭で理詰めで考えたり、本で文章を読んだりして「平常心が大事だ」と思うことは、残念ながらたいして役には立たないのです。理詰めで考えることによって平常心でいられるようになるなら、修行など必要ありませんよね。理論を超えたところでの体験知こそが、ドドドンと精神を変容させる力を持つものなのです。


メンタリストDaiGo

権威効果に関しては、白衣や制服を着ているだけで信用度が上がるという実験結果が出ています。人は相手の見た目と権威を結びつけ、信用してしまう。詐欺師はこの心の動きを逆手に取って、きちんとした身なりをしているもの。見た目がしっかりした人ほど疑うべきです。