名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤寛一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤寛一郎のプロフィール

加藤寛一郎、かとう・かんいちろう。日本の工学博士。東京大学名誉教授。東京大学工学部航空学科卒業後、川崎重工、ボーイング社などで実務を経験。東京大学工学部航空学科に助手として戻り、のちに教授。日本学術振興会理事なども務めた。飛行機事故関連の著書を多数残している。

加藤寛一郎の名言 一覧

熟年になっても自分を甘やかさない気持ちというのは大事ではないでしょうか。たとえば、私はもともと太りやすい方ですが、格闘技をするためと健康のために独自の減量法を編み出し30数年来続けています。


独自の減量法を編み出し30数年来続けています。それは、バランスのとれた1400キロカロリー程度の食事を一日一食だけ取るというものです。私の場合は夜食べて、朝と昼は断食です。「それで大丈夫か」と思う人もいるでしょうが、私は大丈夫だと思っています。食事をしない分、体に蓄積した脂肪が燃焼してエネルギーを補ってくれるようです。もちろん、標準体重の人や子供は三食きちんと食べた方がいいと思いますし、私の減量法がすべての人に向いているわけでもないと思います。


仕事の面でも常に新しい自分を追求することは大事だと思います。私の専攻は飛行力学ですが、40歳を過ぎてから著述に力を入れるようになりました。その場合は共著にしたり、コンピュータを使う研究の実作業を学生に任せたりしないようにしています。自分に甘えが出るからです。人を使ってばかりいると、自分では何もできないようになってしまうと思うのです。熟年だからこそ自分を甘やかさず、つねに新しい自分を追及する。そうありたいと思っています。


37歳で空手を始め、39歳で初段、50歳で四段をとりました。さらに67歳からボクシングまで始めました。こう言うと大抵かなり驚かれます。そろそろ40歳に手が届こうという年になって格闘技を始め、70歳近くになってボクシングに挑戦したのですから。友人などは正気の沙汰ではないなどと言いました。ですが、私は並外れた体力、運動神経の持ち主などではありません。でも、運動神経が鈍くて弱い私も格闘技に挑戦し続けてきたおかげで後半生の生き方のようなものが見えてきたように感じます。


減量をすると、考え方が積極的、攻撃的になり、感覚も研ぎ澄まされてくるような感じがします。最近では、減量に関する本まで書いたほどです。年をとると、太りやすくなるし、体力は衰えても仕方がないと諦めがちですが、それは早いと思います。できるだけ自分を甘やかさず、ひとつのことに取り組み続ければ、まだ新しいことができるし、人に認められる長所を持てるようになると思います。考え方が積極的になれば、日ごろの生活でも自信がわきます。


空手をやれば、年をとっていても若者と同等です。昇段試験などで組手の試合をするときには、本心ではとても怖いのですが、飛び込んでいくしかありません。黒帯を締めるようになれば、後輩の手前恥ずかしいことはできませんから、なお精進しなければなりません。


加藤寛一郎の経歴・略歴

加藤寛一郎、かとう・かんいちろう。日本の工学博士。東京大学名誉教授。東京大学工学部航空学科卒業後、川崎重工、ボーイング社などで実務を経験。東京大学工学部航空学科に助手として戻り、のちに教授。日本学術振興会理事なども務めた。飛行機事故関連の著書を多数残している。

他の記事も読んでみる

安藤広大

人はそれぞれ異なる常識や価値基準を持っているので、別々のルールを持つ人たちが一つの事象を見たとき、認識にズレが生じます。会社でも、上司と部下で「良い仕事とは何か」の認識が異なることはよくあります。すると、部下は「良い仕事ができた」と思っても、上司から見れば「全然仕事ができていない」という問題が発生します。


奥山清行

いまの日本企業が抱える大きな問題として、自らの社会的使命をきちんと説明できなくなっていることがあります。「自分たちは社会や顧客に対して何をしたいのか」があやふやなのに、人の心に響くものが作れるわけがありません。社会的使命を確立することで初めて、確固たる世界観を持った商品を世に送り出すことができます。そして、その世界観に共鳴する一定以上のファンを獲得できたとき、その商品はブランドになるのです。


松本康男(コンサルタント)

社長の仕事は、ご自身が忙しく飛び回ることではなく、組織や関係先が最大の効果を生む「仕組み」を作ること。


モーリー・ロバートソン

世界のリアルを知るために、僕は旅に出た。旧ソ連に、改革前の中国に分け入った。メディアが報じない苛烈な現実に出会った。80年代のことだ。日本に帰ると、有名音楽家がのんきな反戦歌を歌っている。日本には、世界の現実を知るための知性が見えない? 僕はミュージシャンから国際ジャーナリストへと仕事のかじを切り、理性的な報道の先頭に立った。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

情報というのは読んで字のごとく、人の「情けに報いる」ことを指す。ネットのような一方通行で上っ面だけのつながりは、縁じゃない。そこを勘違いしちゃいけない。ネット上の人脈を増やしたり、名刺交換をすることが仕事のスタートじゃない。人と人とが直にぶつかって、はじめて本物の仕事は生まれてくるんだ。


高橋興三(経営者)

私が残したいのは事業や商品ではなく、時々変わっていく世の中で、新たなビジネス、新たな事業、新たな商品を生み出していくような会社。できれば、1000年続く会社にしたい。


高橋一生(俳優)

脚本は小説と違って、自分の役が決まっている状態で読むので、ファーストインプレッションがとても大事なんです。「よし、この役だ」と覚悟を決めて本を開くので、その時点ですでにカロリーを使っている(笑)。それは楽しい作業ではあるんですけれど。


石原俊(経営者)

企業経営は政治の世界と違ってクーデターみたいな激しいことをしたら後にしこりが残る。熟柿が落ちるごとくに持っていかないと。


田村潤

関係がしっくりいっていない上司や部下を、ランチに誘って本音で話してみる。相手が何を考えているかが分かるだけでも事態は前に進みます。関係が完全に修復されないにしても、少なくとも自分の足を引っ張る存在ではなくなるはずです。


永持孝之進

当社のヒット商品はどれも本業を軸にした、自社の得意分野での開発です。


秋田稲美

営業ではたとえば、「このクルマを買ったら、どこにいきたいですか?」などと、買った「あと」に起こるイメージを質問します。人は「買う」という行為にはストレスを感じますが、買った「あと」に焦点を当てれば、そのストレスは気にならなくなるもの。したがって、購入後に発想が及ぶような質問をあえてするわけです


テリー伊藤

他人と差をつけるための勉強をしても挫折するだけ。自分の頭で考えてみる。まずはココから始めてみてよ! 気づいたら周りの人の発想レベルとは大きな差がついているはずだからさ。