加藤寛一郎の名言

加藤寛一郎のプロフィール

加藤寛一郎、かとう・かんいちろう。日本の工学博士。東京大学名誉教授。東京大学工学部航空学科卒業後、川崎重工、ボーイング社などで実務を経験。東京大学工学部航空学科に助手として戻り、のちに教授。日本学術振興会理事なども務めた。飛行機事故関連の著書を多数残している。

加藤寛一郎の名言 一覧

熟年になっても自分を甘やかさない気持ちというのは大事ではないでしょうか。たとえば、私はもともと太りやすい方ですが、格闘技をするためと健康のために独自の減量法を編み出し30数年来続けています。


独自の減量法を編み出し30数年来続けています。それは、バランスのとれた1400キロカロリー程度の食事を一日一食だけ取るというものです。私の場合は夜食べて、朝と昼は断食です。「それで大丈夫か」と思う人もいるでしょうが、私は大丈夫だと思っています。食事をしない分、体に蓄積した脂肪が燃焼してエネルギーを補ってくれるようです。もちろん、標準体重の人や子供は三食きちんと食べた方がいいと思いますし、私の減量法がすべての人に向いているわけでもないと思います。


仕事の面でも常に新しい自分を追求することは大事だと思います。私の専攻は飛行力学ですが、40歳を過ぎてから著述に力を入れるようになりました。その場合は共著にしたり、コンピュータを使う研究の実作業を学生に任せたりしないようにしています。自分に甘えが出るからです。人を使ってばかりいると、自分では何もできないようになってしまうと思うのです。熟年だからこそ自分を甘やかさず、つねに新しい自分を追及する。そうありたいと思っています。


37歳で空手を始め、39歳で初段、50歳で四段をとりました。さらに67歳からボクシングまで始めました。こう言うと大抵かなり驚かれます。そろそろ40歳に手が届こうという年になって格闘技を始め、70歳近くになってボクシングに挑戦したのですから。友人などは正気の沙汰ではないなどと言いました。ですが、私は並外れた体力、運動神経の持ち主などではありません。でも、運動神経が鈍くて弱い私も格闘技に挑戦し続けてきたおかげで後半生の生き方のようなものが見えてきたように感じます。


減量をすると、考え方が積極的、攻撃的になり、感覚も研ぎ澄まされてくるような感じがします。最近では、減量に関する本まで書いたほどです。年をとると、太りやすくなるし、体力は衰えても仕方がないと諦めがちですが、それは早いと思います。できるだけ自分を甘やかさず、ひとつのことに取り組み続ければ、まだ新しいことができるし、人に認められる長所を持てるようになると思います。考え方が積極的になれば、日ごろの生活でも自信がわきます。


空手をやれば、年をとっていても若者と同等です。昇段試験などで組手の試合をするときには、本心ではとても怖いのですが、飛び込んでいくしかありません。黒帯を締めるようになれば、後輩の手前恥ずかしいことはできませんから、なお精進しなければなりません。


加藤寛一郎の経歴・略歴

加藤寛一郎、かとう・かんいちろう。日本の工学博士。東京大学名誉教授。東京大学工学部航空学科卒業後、川崎重工、ボーイング社などで実務を経験。東京大学工学部航空学科に助手として戻り、のちに教授。日本学術振興会理事なども務めた。飛行機事故関連の著書を多数残している。

他の記事も読んでみる

安部修仁

券売機を置いた方が作業の煩雑性ははるかに小さくなるから、労働生産性を徹底的に追求している我々としては本来、券売機は必然の道具です。しかし、非常に矛盾に満ちたことではありますが、券売機を置かないことで大事にしたいことがあるんです。


猪瀬直樹

上司に叱られたとき、落ち込んだり、反発したりするのは、小さい自分にこだわっている証拠。小さな自分のプライドが邪魔して、上司からの注意や助言に対して素直に「あ、そうか」と思えない。僕からすれば、「あなたにはそこまでこだわる自分があるの?」といいたいですね。


村上太一

お金持ちになりたいというよりも、新たな事業を創りたい。


荻野玲

政治経済、あるいは世の中の事象に関して、自分ならどうするかという選択をし、決断する。思考する事の積み重ねが決断力を養って行く。


酒井英之

何かを運ぶ時、一人の力では無理だけど、二人なら何とかなる場合がありますよね。会社でもそれは一緒で、人の力をうまく借りられれば、自分一人で頑張るより、何倍も大きな成果を、会社にもたらすことができる。


勝間和代

寝室は、最初に手をつける場所としてお勧めです。それほど広くないうえに、「寝るための場所」という明確な目的があるため、寝るのに不要なモノを捨てればよく、1時間ほどで片づけが終わります。それだけで1日の3分の1がハッピーになるので、片づけの効果も実感しやすいのです。


楠木建

ビジネスはスキルをどんどん獲得していけばうまく進められるような、そんな甘いものではない。もちろん基礎的なスキルがないと会社は回っていかない。ところが、経営はスキルと違い、担当部署があるわけではない。商売丸ごと動かして、それで成果を出すのが経営者だ。肝心要の経営がないと、担当の仕事というのも本来ありえない。だから、誰かが経営をしないといけない。担当者レベルのスキルを足し算して、いわゆるゼネラリストがいい経営者かというと全然違う。担当者と経営者の間にはつねに大きなギャップがある。それだけ経営人材は希少であり、どの国でも不足している。


松岡陽子(ヨーキー・マツオカ)

働き方をフレキシブルにすると、アウトプットそのものを減らしてしまう人がいますが、それでは本末転倒です。ある程度のアウトプットがなければ、成果は出せませんから。


橋下徹

初めは厳しめのことを言っておいて、現実問題で悩む姿をしっかり示し、もがき苦しみながら解決策を見つけていくのが政治家の使命だと思う。


本田哲也(経営者)

一回質問しただけでわかったつもりになるのは早計。質問を重ね、本音をあぶりだすのだ。本当の理由は本人ですら気づいていないケースも多々ある。掘り下げていくなかで本当に解決しなければいけない課題が見つかるかもしれない。心の奥底に秘められた本音にたどり着いたとき、人を動かす準備が整うのだ。


ディラン・トマス

おとなしく夜の世界へ行くな、老年は終わろうとする日に向かって燃え上がり、わめくべきだ。怒れ、怒れ、消えかけた光に。


岡島悦子

理想を言えば、20代か30代のうちに子会社か事業部門の経営に当たること。それは自分の意思決定がもたらした結果を、目の前に突きつけられる経験です。そこまでできないとしても、手始めとしてまずは、プロジェクトという単位で、マネジメントのサイクルを回してみることが大事です。少人数のチームであっても、まずは「自分が責任者」というポジションを経験すること。それが、成長への一番のドライバーだと思います。


山田明良(経営者)

僕は手にした人の手で完成するような余白がある作品が好き。「空気の器」もユニークで美しく、とても気に入りました。商品化に躊躇はありませんでしたが、こんなに売れるとは思わなかった。手軽に飾ってアートを楽しめ、かさばらないのでお土産にもちょうどいい。デザインの重要性が再認識されてきた世間の空気とも合致したんでしょうね。


中村栄輔

FC(フランチャイズチェーン)がお客様を向いて、良い店を作ることに集中できるように全力でサポートする。それが本部の在り方。


小林栄三

人材を生かすためには適材適所で配置することが大事です。部下を思い浮かべ、彼をどこか別のところで生かせないかと考えることがしばしばありました。そればかり考えていたと言っても過言ではありません。


ページの先頭へ