加藤寛(経済学者)の名言

加藤寛(経済学者)のプロフィール

加藤寛、かとう・ひろし。日本の経済学者。慶応義塾大学名誉教授。岩手県出身。慶應義塾大学経済学部卒業、慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了、ハーバード大学大学院留学。慶應義塾大学経済学部助手、助教授、教授、慶應義塾大学総合政策学部初代学部長、千葉商科大学教授・学長、嘉悦大学学長。そのほか、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会理事長、内閣府規制改革担当顧問、政府税制調査会会長などを務めた。

加藤寛(経済学者)の名言 一覧

人生は修業の連続とよく言うが、世の中に無駄な仕事はない。どんな仕事もどんな経験でも必ずそこには自分に役立つ勉強が潜んでいる。だから、ただ働きを惜しんではいけない。


加藤寛(経済学者)の経歴・略歴

加藤寛、かとう・ひろし。日本の経済学者。慶応義塾大学名誉教授。岩手県出身。慶應義塾大学経済学部卒業、慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了、ハーバード大学大学院留学。慶應義塾大学経済学部助手、助教授、教授、慶應義塾大学総合政策学部初代学部長、千葉商科大学教授・学長、嘉悦大学学長。そのほか、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会理事長、内閣府規制改革担当顧問、政府税制調査会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

内藤誼人

謝ることで株を上げるチャンスは、自分がミスしたときだけに限りません。目の前で後輩が上司に怒られている……そんなときに、絶妙なタイミングで助け舟を出してあげるのです。例えば、「僕の指示が悪かったかもしれません……」「僕がちゃんと見てあげられなかったので……」といった感じ。上司は、当事者ではないあなたを強く怒ることができません。たちまち怒りが治まると同時に、かばってもらった後輩からは厚い信頼を、さらに社内では「あいつは男気のあるやつだな」という高評価をガッチリ得ることができます。もちろん、社内でうまく立ち回る力=「社渡り力」も高まります。


原田泳幸

経営者として走り続けていなければ、死んでしまう。


ロッシェル・カップ

どんなに大手でも永続的に安泰ではなくなった今、社外に通用するスキルを身につけていることは日本でも必須となっている。


ロングフェロー

悲しめる心よ、落ち着いて悔ゆるのをやめよ。雪の後ろには太陽が照っている。


加護野忠男

新人にきつい仕事が与えられるという慣行は、欧米の職場でもあるようだ。これを欧米の学者は、「正統的周辺参加」と呼んでいる。新人は職人集団で仕事をしながら、それとの交換に技術を習得させてもらう。しかし、仕事のできない新人は、交換で与えられるものを何も持っていない。だから最初は、皆が嫌がるような周辺部の仕事をすることによって正当性を認められる。


渡瀬謙

売ろうと焦るから、営業の仕事に抵抗を覚えるのです。営業マンの仕事は、売ることよりむしろ、顧客の決断を後押しすることです。「この商品にはこういう難点もありますが、こういう良い点がありますよ」と、相手の決断につながるように要点を整理してあげれば、自然と営業は上手くいきます。


ジャック・マー(馬雲)

ブランドは名前を知っているとか、製品を持っているとかではなく、多くの人がブランドに接して、喜び、親しみ、尊敬などの前向きな印象を抱くことが必要です。


河田正也

手掛ける以上は非常にとがった強みを追求していきたい。成長事業だから続けるという消極的な姿勢だけでは、すぐに縮小してしまう。


松村誠一(経営者)

私は経営に日本企業ならではの良さも残していきたいと思っています。当社の社員には長く勤続してもらいたいし、たとえ転職してもその人の成長に役立てる企業でありたいと思っています。そしてなにより、当社の事業である育児と介護という分野を通じて社会に貢献しているという誇りを社員に持ってもらえるような経営をしていきたいと思っています。


柳井正

僕らは「売上高5兆円」という前人未踏のエベレストに登頂しようとしているわけです。大学を卒業したばかりの新入社員に「エベレストに行こう」と言っても難しい。それなら、まずは近くの標高500メートル程度の山に登るところから始めないといけない。地域正社員はその取り組みのひとつです。でも500メートルに登ったら、次は1000メートルに登りたいと思うはずです。500メートルで見える風景と、平地で見える風景は、まったく違いますから。


片瀬真一

一頭買いは部位別に買うよりも仕入れることができます。結果、提供価格1万円の上ロースが4000円で出せるということもあるのです。高級和牛をリーズナブルな値段で提供することで、お客様に喜んでいただけると直感しました。


濱口秀司

仕事中、50%の時間はアイデア自体にフォーカスしていますが、残りの50%はバイアスを探ること、バイアスを壊すことを考えています。


長谷川閑史

中学高校時代は伸び伸び自由にやらせてもらった半面、新幹線もない時代ですから、帰京するには汽車で3時間半かかります。カネもないからそんなに帰れず、わびしさと切なさで泣きました。何が起きても、自分で解決する感覚は、そこで身につきました。
【覚書き|中学生時代から親元を離れて暮らしたことについて語った言葉】


石川康晴

あまり知られていない当社の強みが財務戦略です。第一に低資産。他社が大型店を構える中、当社は約20坪という小型の店舗に特化しています。自社の工場・物流センターを持たず、無理な投資をかけないように工夫しているのです。第二に高粗利。SPA(製造小売業)で中間コストを削減し、製品の利益率を上げています。第三に高回転。店の規模を小さくすることでダントツの商品回転率を誇っています。年間で13回商品が入れ替わりますので、1カ月に1度お店が変わっていくというスピード感をお客様に提供しております。


龍野富雄

人間はヤル気さえ起きれば、いまの何倍もの力を発揮する可能性を持っている。役員や社員のやる気をいかに引き出すかがトップの腕の見せ所。


ページの先頭へ