名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤宣明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤宣明のプロフィール

加藤宣明、かとう・のぶあき。日本の経営者。「デンソー」社長。愛知県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、日本電装(のちのデンソー)に入社。冷暖房企画部長、総合企画部長、取締役、常務役員、デンソー・ヨーロッパ社長、デンソー専務取締役などを経て社長に就任。

加藤宣明の名言 一覧

大切なのは当事者意識を持って悩みを共有し、軸がブレないようにすること。


お客様のお困り事を素直にお聞きし、ニーズを冷静に吸い上げる。そうした声を社内にフィードバックし、そこから生まれた「答え」をお客様にご提案するのが当社の仕事。


当社では、社員が自主的に考えて仕事を進めるボトムアップの文化を大切にしています。


「部下に仕事を任せなさい」と口酸っぱく言っても、なかなかそうはなりません。それよりも、社員によるアイデア発表会などのような具体的な機会を通じて若手のやる気を促すことのほうが、「自ら考えて仕事をする風土」の醸成には大きな効果があるのではないかと思っています。


自分の仕事は自分自身で考え、目標を立て、実行計画をつくって推進するのが当社の基本です。目標が未達成のときもあるでしょうが、そこで決めたことをやり切るように頑張ることが重要だと考えています。私も入社したころから毎年、自己申告で目標を立てて仕事に取り組んできました。


できない理由を並べ立てる人もいる。しかし中には「ここまでならできそうだ」と前向きに答えてくれる人もいる。そんな人たちと、とことん考え抜きました。


営業部はお客様の立場にも立たなければならないので、「このぐらいのコストでは駄目だ」とか「技術開発がまだ足りない」とかいう声を社内に伝えることになります。ところが事業部は、そう言われると、「きみたちはそんな安値でしか売れないのか」「(そういう声に)反論ができないのか」などと不満を抱き、それを放っておくと両者のあいだに軋轢(あつれき)が生じてしまうものです。そのためデンソー社内では、伝統的に「営事一体」という言葉が代々受け継がれてきているのです。私もことあるごとに、営業部と事業部は一体だと皆に言い聞かせています。「営事一体」は、私も入社してからずっと耳にしてきた言葉なので、ごく自然に体に染みついているのです。


当社には特徴的な組織体系があります。それは、営業部は各事業部に属さずに一本化していることです。これは事業部制を始めたころから一貫しています。営業部の独立的な立ち位置が、社外に対するクッションあるいは調整役となり、また社内的には各部門間に生じる壁を低くするうえで大いに役立っています。


当社では「事業グループ事業部制」と「地域本社制」という「縦軸」と「横軸」の関係でうまく話し合いながら事業を進めていくことを目標にしています。一方の軸だけでは、単眼的な見方になってしまいます。これだけ組織が大きくなると、事業軸だけでも、また地域軸だけでもマネジメントは不十分で、2つの軸を両立させつつ、本社の権限を極力、事業部および地域に渡していかなければならないと考えています。


事業グループ長には、「あなたは事業グループの社長だから、思ったように経営してください」と話し、日ごろの事業運営におけるほとんどの権限を渡しています。


加藤宣明の経歴・略歴

加藤宣明、かとう・のぶあき。日本の経営者。「デンソー」社長。愛知県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、日本電装(のちのデンソー)に入社。冷暖房企画部長、総合企画部長、取締役、常務役員、デンソー・ヨーロッパ社長、デンソー専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

安原弘展

残業だけでなく、無駄な会議や余分な書類を減らしていくことも重要です。ある社員が言っていたのですが、以前からつくるのが習慣になっていた書類について、本当に必要なのかどうか疑問に思い、試しにつくるのをやめてみたそうです。そのうち指摘されるかと思ったら、誰も気づかないままだった。ということで、その書類はなくなりました。そういう無駄が減れば減るほど、生産性は高まっていきますよね。


松下幸之助

松下電器の人々のあいだでは、北海道におる人の苦労が九州におる人に伝わる、九州におる人の苦労が北海道の人に伝わるという、打てば響くようなかたちにおいて全員が結ばれていくというようにずらなければ、けっして成果というものはあがるものではないと思うのであります。


鈴木雅哉(経営者)

従来型のビジネスを破壊していると言われますが、焼き畑農業のようなことは考えていません。きちんと利益を出して成長するのが前提です。


小池百合子

無駄を削り、改革を進めていくためには、自らが身を切る覚悟と姿勢を示さなければならない。


魚住りえ

2回目に会うときもやっぱり準備が必要で、前回何を言ったかを覚えておくようにしています。初めて会ったときに何を食べていた、どういう人と一緒にいて、どの店にいたとか。数年ぶりに会った人に当時の話をすると、とても喜ばれます。


坂本孝

会社勤めをしていると、いつも同じ人と同じ店で同じ酒を飲んでいる、ということになりがちです。でも、それでは景色が変わらない。違いについて考えることもないから、進歩もしない。だから酒を飲むにしても、毎回違う顔ぶれで、入ったことのない店に行くほうがいいんですよ。


牛場靖彦

潜在リスクが引き起こす危機というものは、静かに、じりじりと近づいてきて、あるとき突然、牙をむくということを心にとめておいてほしい。「驕れる者久しからず、ただ春の夜の夢の如し」であってはならない。


吉野佳秀

社内勉強会のテーマは手を挙げた者に任せますので、戦国時代の武将から重力波まで多岐にわたります。面白かった議題としては、「本社の前のつけ麺屋を買収するとすればいくら出すか」というもの。繁盛店でしたが、350万円から1億円まで様々な意見がありました。しかし、重要なのはなぜその数字を選んだのかという理由。350万円だと言った社員は、経理部なので客の出入りを計って利益が出る値段にした。一方で、1億円と言った者はノウハウを得てフランチャイズで全国展開、何百億円の事業に育てると豪語しました。私は1億円の考え方の方が好きですね。


六角精児

(ドラマ『相棒』に誘ってくれたプロデューサーが)じつは学生の時、僕の舞台を見たことがあったそうなんです。もう20年以上前になると思いますが、札幌で扉座の旅公演を見てくれた。その劇場は100人ちょっとの小屋で、公演も3、4回やった程度。その中に彼がいた。よく「仕事は誰が見ているかわからない」と言いますけど、本当にどこで誰が見ているかわからない。まさに「オレは今後どうすりゃいいんだ?」と思っていた時期に、かつて舞台の上の僕を見てくれていた人が現れ「あの時の芝居を面白いと思ったので一緒に仕事をしよう」と声をかけてくれた。つくづく目の前の仕事に全力を尽くす大切さを感じました。やっぱり、下積みと呼ばれる時代、大変だなと感じる時期に、何かの種が蒔かれているものなんですよ。


山崎元

残業しないで早く帰れない人は、帰ることでマイナスに評価されるんじゃないかという不安が働くのでしょう。でもそこは「コスト」を考えた方がいいでしょう。もしかしたら残業しないことによって、出世や評価に響くことがあるかもしれませんが、そのために大切な時間を残業に費やすより、勉強や人脈づくりに使う方がよほど有効です。


宮坂学

社長業は部下からたびたび判断を求められます。サッカーでは、自分たちから動くのではなく、相手の動きに合わせて対応するプレースタイルを「リアクションサッカー」といいますが、そんな状況でした。組織のペースにあわせていると、それだけで一週間が埋まってしまう。これでは社長として生み出せる付加価値が少なすぎると思い、最近ではこちらから動いて予定を組むようにしています。自分がボールを持っている時間をつくるように意識しないと、「考える時間」は確保できません。


田中和彦

会議というと、無条件に1時間を確保する人が多いようです。しかし、本当に1時間も必要でしょうか。会議は連絡やアイデア出しなど、目的に応じて設計するべきであり、ふさわしい時間もそれによって変わります。