名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤宣明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤宣明のプロフィール

加藤宣明、かとう・のぶあき。日本の経営者。「デンソー」社長。愛知県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、日本電装(のちのデンソー)に入社。冷暖房企画部長、総合企画部長、取締役、常務役員、デンソー・ヨーロッパ社長、デンソー専務取締役などを経て社長に就任。

加藤宣明の名言 一覧

大切なのは当事者意識を持って悩みを共有し、軸がブレないようにすること。


お客様のお困り事を素直にお聞きし、ニーズを冷静に吸い上げる。そうした声を社内にフィードバックし、そこから生まれた「答え」をお客様にご提案するのが当社の仕事。


当社では、社員が自主的に考えて仕事を進めるボトムアップの文化を大切にしています。


「部下に仕事を任せなさい」と口酸っぱく言っても、なかなかそうはなりません。それよりも、社員によるアイデア発表会などのような具体的な機会を通じて若手のやる気を促すことのほうが、「自ら考えて仕事をする風土」の醸成には大きな効果があるのではないかと思っています。


自分の仕事は自分自身で考え、目標を立て、実行計画をつくって推進するのが当社の基本です。目標が未達成のときもあるでしょうが、そこで決めたことをやり切るように頑張ることが重要だと考えています。私も入社したころから毎年、自己申告で目標を立てて仕事に取り組んできました。


できない理由を並べ立てる人もいる。しかし中には「ここまでならできそうだ」と前向きに答えてくれる人もいる。そんな人たちと、とことん考え抜きました。


営業部はお客様の立場にも立たなければならないので、「このぐらいのコストでは駄目だ」とか「技術開発がまだ足りない」とかいう声を社内に伝えることになります。ところが事業部は、そう言われると、「きみたちはそんな安値でしか売れないのか」「(そういう声に)反論ができないのか」などと不満を抱き、それを放っておくと両者のあいだに軋轢(あつれき)が生じてしまうものです。そのためデンソー社内では、伝統的に「営事一体」という言葉が代々受け継がれてきているのです。私もことあるごとに、営業部と事業部は一体だと皆に言い聞かせています。「営事一体」は、私も入社してからずっと耳にしてきた言葉なので、ごく自然に体に染みついているのです。


当社には特徴的な組織体系があります。それは、営業部は各事業部に属さずに一本化していることです。これは事業部制を始めたころから一貫しています。営業部の独立的な立ち位置が、社外に対するクッションあるいは調整役となり、また社内的には各部門間に生じる壁を低くするうえで大いに役立っています。


当社では「事業グループ事業部制」と「地域本社制」という「縦軸」と「横軸」の関係でうまく話し合いながら事業を進めていくことを目標にしています。一方の軸だけでは、単眼的な見方になってしまいます。これだけ組織が大きくなると、事業軸だけでも、また地域軸だけでもマネジメントは不十分で、2つの軸を両立させつつ、本社の権限を極力、事業部および地域に渡していかなければならないと考えています。


事業グループ長には、「あなたは事業グループの社長だから、思ったように経営してください」と話し、日ごろの事業運営におけるほとんどの権限を渡しています。


加藤宣明の経歴・略歴

加藤宣明、かとう・のぶあき。日本の経営者。「デンソー」社長。愛知県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、日本電装(のちのデンソー)に入社。冷暖房企画部長、総合企画部長、取締役、常務役員、デンソー・ヨーロッパ社長、デンソー専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

宇佐美進典

王道をやっていくことが結果として早道になる。


伊藤真(弁護士)

伝える力とは、相手の求めているものを読み取る力です。伝えるためには、常に「相手が求めていることは何だろう?」と意識しながら話すことが必要です。


津賀一宏

本社人員が7000人いたとしても、会社全体を見渡せなければ「烏合の衆」になってしまいます。だから本社社員を150人に絞り見通しの良い組織にすることで、社員一人ひとりの役割も明確になってきます。結局は「見える化」なんですね。


長谷川高

私が強調したいのは、成功へのウルトラC的な方法は存在しないということ。いま順調に経営している方々も、その成功はご自身の努力の賜物に違いないのです。


佐野陽彦

自信がない子供たちが6~7割もいるという意識調査もありますが、活動の根源にあるのは、そこを変えていきたいという想いです。たくさんの子供達に自分の可能性を信じて夢や目標をもち、失敗を恐れず様々なことに挑戦してもらいたい。更に言うと親子関係をもっともっと良くしたい。例えばポジティ語(ポジティブな言葉掛け)をきっかけに子供の可能性を信じなおしたり、親御さん自身が子育てに自信を持ったり等、親御さんにもご成長いただく。多くの時間を過ごす親子の関係が良くなれば自然と可能性に満ちた子供が増え、そういったご家庭がどんどん増えていけば、もっともっと日本の未来を明るくできるんじゃないかと考えています。


野村克也

知識欲というのかな。「なぜだろう?」「どうすればいい?」と自分を磨き上げるために貪欲に知識を得ようとするのは、野球選手はもとより、人としても極めて大事なこと。


森信親

自分が正しいと思ったことは、どんな権力を持った人の前でも主張できると思います。職員一人ひとりがそうなってもらいたいし、そういう人を評価する組織にしていきたいですね。


橘フクシマ咲江

その場その場で一生懸命に積んだ経験というのは、どんなことでも無駄にはなりません。


マーサ・スチュワート

すべてをきちんとさせて、それでも創造的でいるためには、リストをつくって行動するのが一番いい方法です。私も毎朝、その日にすべきことをリストにします。


前澤友作

叱ったとき遠回りに言おうが、フォローしようが、それが傷つく内容なら、傷つくと思うんですよ。皆、そんなにバカじゃないんですから。どんなにオブラートに包んだって、相手は察します。ストレートに言わない方が、余計に相手を傷つけることもあります。カッターナイフで1回ザクッと切るより、小さなすり傷をネチネチつける方が、治りにくくなるようなものです。


塩田武士

読者から大きな反響をいただいたことは、喜びと同時に怖さがありますね。次も絶対裏切れない、というプレッシャーがすごいんです。その重圧が、自分をまた成長させてくれると確信しています。


金井誠太

性能とコストは、普通にやっていたらトレードオフです。そこを解決し、どちらも満足させる、そのために苦労するのが技術者の仕事です。彼らが山のような課題を1個1個つぶしていく傍ら、最終的な目標を見失わないとうに、「やっぱり、志を示そう」と思いつきました。まだアテンザという名前が決まっていませんので、開発コードを表題に据え、「志」として、00年に作りました。