名言DB

9412 人 / 110637 名言

加藤学(冒険家)の名言

twitter Facebook はてブ

加藤学(冒険家)のプロフィール

加藤学、かとう・まなぶ。冒険家、起業家。高校卒業後、数々の職場を経験し、29歳でIT企業社長に就任。33歳で起業。順調に売上を伸ばしたのち経営権を譲渡。モナコへ渡りビジネスを行った。

加藤学(冒険家)の名言 一覧

自分一人の仕事で100%の利益を手に入れたとしても、異次元のパートナーと組んで手にする2割には到底及ばない。格の高い仕事は格上の人間とするからこそできる。


モナコの富豪たちは自分が楽しくないことは仕事にしない。ビジネス相手も自分たちが認めた相手なら惜しげもなく愛情を注ぐ。そうやって横のつながりでビジネスを大きくする。まさに仲間づくりの一環が仕事。頭を下げ、お願いしながらのビジネスなんてありえない。


仕事と夢を分けないのがポリシー。仕事で稼いだお金で夢を手に入れるという方法だと人生で成し遂げられる夢の数が絶対的に少なくなる。手に入れたいものがあるなら、それに関連するビジネスで、すぐにでも手に入れる。


会社を大きくして、いい暮らしができてというのが僕にとっての「成功」だった。でも、そんな僕にある人が「仕事は超一流にできて当然。それより人生を愉しむために何ができるのか」と問いかけた。


自分の人生が非常にイージーに感じ、簡単に成功できない場所を探した。
【覚書き|モナコに移住した理由について語った言葉】


加藤学(冒険家)の経歴・略歴

加藤学、かとう・まなぶ。冒険家、起業家。高校卒業後、数々の職場を経験し、29歳でIT企業社長に就任。33歳で起業。順調に売上を伸ばしたのち経営権を譲渡。モナコへ渡りビジネスを行った。

他の記事も読んでみる

伊東信一郎

日本航空が破綻していく様子を見ながら、実は私たちも紙一重でした。幸いにも乗り切れたのは、ホテルを売却して得たキャッシュと、全社一丸となって逆境に挑む社風があったからです。


ゲーテ

新聞を読まなくなってから私は心がのびのびし、実に気持ちが良いです。人々は他人のすることばかり気にかけて、自分の手近の義務を忘れがちなのです。


大宮英明

経営会議の内容は議事録にして、各地の事業所長にも回します。議事録というと、個条書きで簡潔に整理されたものがよくありますが、字面を見ても議論の経過はわかりません。誰がどんな議論をし、それに対して誰がどう答え、どんな議論を重ねて結論に至ったのか、しっかり書きとめて伝えます。それを読めば、出席していなくても議論が揉めたのかどうか、どんな考え方で集約されていったのか手に取るようにわかります。この情報を共有することで、思考のベクトルが揃い、事業所での意思決定も迅速に行われるようになるのです。


伊藤有壱

インスピレーションは常にどんな所からでも受けることができると思う。日常の何気ない会話、風景、テレビのニュースにもたくさんヒントがあります。モノそのものをジッと見て、「なんでこんな形してるのかな」などと考える。動物も建物もみな形には意味がある。それを読み解いたり、真逆に眺めると新しい発想につながったりします。


上田準二

普段の仕事でも、部下のフォローはやっていました。たとえば「他の商社にお客様を奪われた」と報告があれば、突き放すのではなく、翌週一緒に行って、自分が営業するところを見せて教えます。そして、部下が真似をして結果が出たら、ちゃんと部下の手柄として褒めます。山本五十六の「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ」です。


足立正

私の性分には、自分でこうと思ったらとことんまで押し通そうという徹底したところがあるようだ。


山口周

資料にグラフを入れるとき、適切なグラフかどうかを判断する方法として、口頭で説明しやすいかどうか確認するというものがあります。口頭で説明しにくければ、適切なグラフでない可能性があります。より適切なグラフを心がけてください。


浦野光人

社員たちには常に「周りの人たちとの信頼関係を大事にしてほしい」ということも強調しています。他者があってこその自己、周りの人との信頼関係の中で自分の仕事が進んでいくのだということも、忘れてはならないものだと考えています。


出口治明

人間は過去からしか学ぶことができません。過去の事例に照らし合わせ、最適だと思われる決断をする。その判断材料は多ければ多いほどいい。だから、世界史が役立ちます。


原礼之助(禮之助)

企業経営でもリズム、メロディ、ハーモニーの三つはポイントだ。リズムとは事業の勢い、メロディは事業の継続・流れ、そしてハーモニーは開発・生産・営業など各部隊の調和のとれた活動のことを意味する。【覚書き:経営理念を趣味の社交ダンスに例えて表現した言葉】


中野克彦(経営者)

MOT(技術経営、マネジメント・オブ・テクノロジーの略)の一番のポイントは、経営方針と研究方針が一致することです。二番目は市場と研究の融合です。三番目は上下左右の壁をなくすことです。上下は社長と担当です。入社して5・6年の人が私の前で説明する。「それは君、いいテーマだからすぐ投資審議会に回しなさい」というわけです。昔はいいものをつくっても、上司のハンコをもらって、投資審議会にかけて、常務会にかけてから社長の決裁となるから時間がかかった。いまは私が「投資審議会に回しなさい」といえば、社長決裁をもらったようなものです。私は話を聞いたら即断即決します。MOTはスピード経営でなければいけない。


岡野喜太郎

事業家は、1度や2度は失敗しないと大きくならない。あなたはまだ失敗が足りないかもしれぬ。失敗をすると、世の中の本当のことがわかる。それで初めて立派な成功ができる。失敗は恥ずかしいことではない。失敗に意気がくじけてしまうことが恥ずかしいことです。あなたはいい経験をされた。これからその経験を活かすことが大切です。
【覚書き|銀行に来た、失敗した若い事業家に対する励ましの言葉】


池田弘(経営者)

跡継ぎになると言われ、育てられたので、代々引き継いできたものを切り捨てることは難しい。ただ、神主だけでは生活していけない。そこで、お宮を継ぐという選択と同時に、事業を興すという選択をしました。


中村充孝(経営者)

社員が前向きになり、社員にいい仕事をしてもらう環境を一生懸命作ることこそが、社長である自分の役割。


松本晃(経営者)

組織は常に揺さぶっていないと活性化しない。