加藤好洋の名言

加藤好洋のプロフィール

加藤好洋、かとう・よしひろ。日本のパーソナルコーチ。「EXA(エクサ)」社長。

加藤好洋の名言 一覧

企業経営にとって最も重要なことは社員の意識改革。その足掛かりとなるのはトップが社員を信じること。


相手を信じることが相手を変えることにつながる。


やる気さえあれば人は変わることができる。その場合、力で押さえつけるのではなく、相手を信じることから始めなければならない。


人の心が変われば、その人だけでなく、周囲を取り巻く環境が変わる。


企業経営者は優秀な方が多い。そうすると、どんなことに社員が悩んでいるのか、かえって分かりにくいところがあります。優秀な大学生が中学生に勉強を教える際、何が判らないのかが分からないといったことがその典型例ではないでしょうか。


加藤好洋の経歴・略歴

加藤好洋、かとう・よしひろ。日本のパーソナルコーチ。「EXA(エクサ)」社長。

他の記事も読んでみる

孫正義

僕がいつも座る椅子の真っ正面に、坂本龍馬の等身大の写真を置いていて、叱咤激励されているような気がしているんですね。「事を成す」というのが彼の生涯の信条ですが、やっぱり僕も事業家として、心の底から未来の社会や人々に貢献できるような形で事を成したいと思っている。そうなれば金銭的な成果もおのずと集まるはずです。


辻野晃一郎

たとえばクラウドサービスを使えば、会議の議事録をリアルタイムで作成し、その場で全社員に公開することができます。ところが課長、部長、担当役員と順番にハンコをもらわないと議事録公開が認められないような会社では、それができません。スピードは失われ、クラウド環境を使っている意味がありません。


中野裕哲

起業の成功のポイントのひとつが、固定費の抑制。廃業とは事業を諦めること。売り上げが伸びないなかで、毎月お金が出ていくのは精神的にきつい。固定費を抑えることで、諦めるまでの時間が延びます。そうやって長く続けられれば、成功の確率も上がります。資金繰りもしっかり管理しましょう。


哀川翔

俳優だって、好きではじめたわけじゃないし、全然面白いとは思わなかったですから(笑)。こんな大変なことをやるんだったら歌を唄っていたほうがいいやと。「一世風靡セピア」が終わったあとも、オレとしては音楽のほうをやりたかったんだけど、皮肉なことに需要があったのは俳優のほうだったわけです。まあ、そんなもんですよ、人生なんていうのは。


小林浩美

同じ時間内に同じことを繰り返します。そうすることで、この動作(ルーティン)を始めたら、脳が打つのだなと理解し、一気に集中の世界に入り込めます。またそうすることで、機械的に動作が進行し、プレッシャーのかかる優勝争いやここ一番の大事な場面でも余計な感情が入らず、やることに集中できるものです。結果、緊張しながらもいい結果を重ねられるようになります。


キケロ

賢明な思考よりも、慎重な行動の方が重大である。


加藤進(住友商事)

入社して最初に配属されたのが大阪本社の鋼材貿易部。くぎや針金、金網を担当する課でした。大手鉄鋼メーカーの鋼板を扱う隣の花形部門に比べると地味ですが、めげずにがんばりました。


神田昌典

お客は、チラシを好き嫌いで判断している。好き嫌いというのは感情である。とすれば、お客の感情を動かせるかどうかがポイントとなる。


神田昌典

ネット情報の問題点のひとつは、その情報に「ラベル」が貼られてしまうこと。たとえば竹田(恒泰)さんのことをネットで調べると、「右翼」「反中反韓」などというラベルが貼られた情報ばかりが出てくる。あるいは、「AKB」とか(笑)。こうした断片的な情報ばかりで、竹田さんのことをわかったような気になってしまうのは、非常に危険ですよね。


槍田松瑩

あらゆる機会をとらえて私が社内に訴えかけているのは「よい仕事をしよう」ということです。三井物産は世界に154か所の拠点を構え、様々な仕事を担っているので、極端にいえば現場ごとに異なったモノサシが存在します。「よい仕事をしよう」という言葉の裏には、現在手掛けているそれぞれの仕事の性格をベースとして、個人個人がよく考え、「よい仕事」のやり方を見つけて欲しいという思いがあります。


甲州賢

電車が止まっても、道路が渋滞しても、遅れてはならない。


茂木友三郎

若い頃に厳しく苦しい経験をしたからこそ今がある。


小飼弾

本はまず読んで面白いかどうかが大切です。だいいち、溜飲の下がらない難しい本ばかり選んで読むほど不快なことはありません。読んで気持ちがいい本、つまりエンターテインメントとしてのビジネス書は、それはそれで存在価値のある本なのです。


小山田隆(銀行家)

フィンテックは、銀行のビジネスを大きく変えていくだろう。私は、異業種と競争するという認識ではなく、上手に取り込んでいくべきだと考えている。


浅香衣世

誰でも自分のところの商品は素晴らしいと説明しますが、あまり語りすぎても押しつげがましい伝道師のようで、聞く耳を持っていただけません。市場における商品の強みは何なのか、会社における私の強みは何なのかと、必然的に考えるようになりました。


ページの先頭へ