名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤大輔(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤大輔(経営者)のプロフィール

加藤大輔、かとう・だいすけ。日本の経営者。「藤倉化成」社長。成蹊大学経済学部卒業後、藤倉化成に入社。取締役コーディング事業部長、常務取締役などを経て社長に就任。

加藤大輔(経営者)の名言 一覧

通常、海外展開する際は苦労することも多いと思いますが、当社の場合、歴史ある有力企業を買収したことで、スムーズに展開できています。


当社は長い歴史があるので、優れた面もありますが、一方ではデメリットもあります。かつては意味があった慣習も、時代の変化とともに意味が失われてしまうこともあるのです。今後のさらなる発展のために、何を変えるかは今後の検討課題ですが、まずはこれまでの負の側面を洗い出し、改革に取り組まなければならないと考えています。


加藤大輔(経営者)の経歴・略歴

加藤大輔、かとう・だいすけ。日本の経営者。「藤倉化成」社長。成蹊大学経済学部卒業後、藤倉化成に入社。取締役コーディング事業部長、常務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

前澤友作

スタートトゥデイの企業理念は「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」と掲げていますが、私は企業経営をしながら世界平和を目指しています。


山崎将志

20代で資格取得の勉強に励むのは大いに結構なのですが、30代でそれをやるのはあまりお勧めできません。30代になって新しい資格を身につけても勝負できないからです。25歳の新人会計士と35歳の新人会計士がいたら、ほとんどの会計事務所は若い人を採用します。同じ能力を持っている人なら、若い人の方が伸びしろがありますから。


御手洗冨士夫

終身雇用制のいいところは、多くの社員は終身雇用という前提で入社してくるので、たいていの社員は初めから会社に対する愛情を持っています。つまり愛社精神という文化的なコーポレートガバナンスが醸成されやすい。これが第一。それから教育をしやすいし、それが蓄積します。社員が失敗しても、その失敗が人と同時に残って、二度と繰り返さなくなる。


能村龍太郎

発明家の多くが貧乏なのは、世の中のニーズというものを考えてないからです。どんなに画期的な良いものでも、人が求めていないものは商品としての価値がないのです。会社の経営も発明も、その点では全く同じで、ニーズに敏感でないとやってはいけない。


増田正造

世阿弥は、観客がどれくらい入っているのか、舞台が野外なのか屋内なのかなど、あらゆる要素を頭の中に入れて、一番正しい高さで声を出せということを言っています。


エレノア・ルーズベルト

一番恐れていることをすべき。


鈴木喬(経営者)

役職や年齢にかかわらず、給料をもらっている以上、会社員は誰もがプロフェッショナルであるべき。上に提案くらいしないと。その自覚を持つことが、自分の生きる道を見つけることにつながるはず。


ジョン・カビラ

コミュニケーション力を高めるため、特に切磋琢磨したという記憶はないんですが、レコード会社時代に学んだことはあります。それは、外国人に特有の「なぜ?」という問いに対して、常に答えを用意しておくことです。仕事は、海外アーティストとの交渉が主で、相手は弁護士が多かったのですが、彼らは必ず、理詰めで来るんです。「なぜミュージシャンのアルバムにテレフォンカードが必要なのか?」。それに対して「日本のファンは収集することに喜びがあり、限定で付いてくる特別なものに価値を見いだす。付加価値が付いているアルバムを出すことで、日本のファンにより温かく迎え入れられる」というような論法を用意しておかなければならない。「Why?」に対するコミュニケーションはこのときに鍛えられました。


鹿田尚樹

本をただ漠然と読むだけではもったいない。目的意識のある読書を心がければ、かけた時間やお金以上のリターンを得ることは十分可能です。


橋下徹

現実の行政実務は、現在の法令や既存の制度との整合性を図ったり、利害関係人との膨大な調整を行ったりしていかなければならず、ここでは役人にその力をフルに発揮してもらわなければ現実の物事は1ミリたりとも進まない。僕は政治家時代、外部有識者の意見を聞きながら大きな方向性を示す一方、具体的な実務は役人に任せるという方法を採っていた。僕が示す方向性の中で具体的に物事を進めるにあたって生じ得る課題を、役人には徹底して挙げてもらい、その対処方法を考えてもらう。その際、僕が示す方向性についてどうしても修正が必要なのであれば、適宜修正する。こんなやり方で僕は大阪府政改革、市政改革を進めてきた。


吉田尚記

驚くことと面白がることも、人の話を促します。褒めるのもいいのですが、これは意外に難しい。驚くほうが簡単です。「えっ!?」なんて究極の相槌。話がどんどん加速します。


森下一喜

ゲームを作るうえで重視しているのは、ユーザーが「自分でコツをつかみ上達していく」ことを実感できるような仕組みを作ること。そこに意識を向けています。