名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

加藤大輔(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤大輔(経営者)のプロフィール

加藤大輔、かとう・だいすけ。日本の経営者。「藤倉化成」社長。成蹊大学経済学部卒業後、藤倉化成に入社。取締役コーディング事業部長、常務取締役などを経て社長に就任。

加藤大輔(経営者)の名言 一覧

通常、海外展開する際は苦労することも多いと思いますが、当社の場合、歴史ある有力企業を買収したことで、スムーズに展開できています。


当社は長い歴史があるので、優れた面もありますが、一方ではデメリットもあります。かつては意味があった慣習も、時代の変化とともに意味が失われてしまうこともあるのです。今後のさらなる発展のために、何を変えるかは今後の検討課題ですが、まずはこれまでの負の側面を洗い出し、改革に取り組まなければならないと考えています。


加藤大輔(経営者)の経歴・略歴

加藤大輔、かとう・だいすけ。日本の経営者。「藤倉化成」社長。成蹊大学経済学部卒業後、藤倉化成に入社。取締役コーディング事業部長、常務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

稲盛和夫

哲学を何一つ持たないまま、年功序列でトップに立ったような経営者が多くなりました。若い頃から組織運営を任され、リーダーとしてのあるべき姿とは何かを自問自答し続けて、自分なりの経営哲学を体得した人が、いまどれほどいるでしょうか。そういう人がトップに立っていれば、社員の熱意はもっと高まっていくんだろうと思いますけれども。


黒鉄ヒロシ

ユーモアは、会話を「理」から「情」へと動かしてくれるところがいい。じつは、これが会話のツボになる。いつも他者へのサービスを忘れずに、血の通ったユーモアによって、理ではなく情で相手を動かす。それが大人の会話というもの。


笹氣健治

仕事を「見える化」することが、やる気を上げるカギ。面倒くさがりタイプは仕事を細分化すると実行しやすくなり、重い腰が上がる。燃え尽き症候群タイプは、些細な仕事でも実施したら書き出す。達成感が得られ、やる気が補充されます。


成田和幸

東証一部になって急に会社が変わるわけではありませんが、世間の見方は違います。それは信用です。


孔子

少にして学ばざれば、長じて無能なり。


加藤智治

私が考えるコミュニケーションの定義は、「相手に対して何らかの行動を期待する活動」です。相手に話を理解してもらうだけなら、それは単なる情報共有に過ぎません。こちらが相手に働きかけをした結果、こちらが期待したような行動をとってもらうこと、つまり相手に動いてもらうことがコミュニケーションの目的であるはずです。そう考えたとき、コミュニケーションには、ロジカルな要素とエモーショナルな要素の両方が必要になると思っています。


田中洋(マーケティング)

ブランド企業に勤めていると、つい自分と会社を同一視してしまいがちです。強いブランドは、過去の栄光と実績によって形づくられてきたものです。そのブランドを継続させていくためには、経営者も従業員もブランドを笠に着ることなく、ブランド全能感の問題解決に意識的に取り組んでいくことが必要でしょう。


松井忠三

「下手の考え休むに似たり」。同じ会社の人間が頭を寄せ集めて議論しても、いいアイデアはなかなか出ない。世の中には、自分が悩んでいる問題を既に解決している人や会社が必ずあります。他人の知恵を借りるのも1つの手です。


渕脇正勝

私たちは、チャレンジ精神を持って自分たちでつくり、自分たちで知り、そして自分たちで本当にいいものを。プロモーションする力があります。そこが、この業界を常にリードしていける理由だと自負しています。


梅原誠

入社8年目、営業部門へ異動になりました。配属された時は上司を恨みましたよ。「技術者で入社したはずなのに、なぜオレが?」と憤った。しかし、これも商社勤務の義兄に話すと、「むしろ取引先や社会を知るチャンスだよ」と言われて、踏みとどまった。


茂木友三郎

アメリカに出る時、ターゲットをどうするかという議論はありました。最終的には「現地のアメリカ人」をターゲットにすることに決まりました。アメリカに日本人や日系人がいくら多いと言っても、限界があります。でもアメリカ人を相手にすると数億人になる。だったらそちらに挑戦しようと。


佐藤智恵(コンサルタント)

失敗は価値観を多様化させる。自分の常識とは違う世界があると学べる。