加藤大輔(経営者)の名言

加藤大輔(経営者)のプロフィール

加藤大輔、かとう・だいすけ。日本の経営者。「藤倉化成」社長。成蹊大学経済学部卒業後、藤倉化成に入社。取締役コーディング事業部長、常務取締役などを経て社長に就任。

加藤大輔(経営者)の名言 一覧

通常、海外展開する際は苦労することも多いと思いますが、当社の場合、歴史ある有力企業を買収したことで、スムーズに展開できています。


当社は長い歴史があるので、優れた面もありますが、一方ではデメリットもあります。かつては意味があった慣習も、時代の変化とともに意味が失われてしまうこともあるのです。今後のさらなる発展のために、何を変えるかは今後の検討課題ですが、まずはこれまでの負の側面を洗い出し、改革に取り組まなければならないと考えています。


加藤大輔(経営者)の経歴・略歴

加藤大輔、かとう・だいすけ。日本の経営者。「藤倉化成」社長。成蹊大学経済学部卒業後、藤倉化成に入社。取締役コーディング事業部長、常務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

齋藤茂(経営者)

任天堂「ファミリーコンピュータ」発売の前の年からアーケードゲームから距離を置いて、家庭用ゲームに力を入れていました。そうしたらファミコンがドーンときた。たまたまツイていたのは、アーケードゲームの開発のとき、「6502」というCPUを使っていました。任天堂はこの「65シリーズ」のCPUでファミコンをつくったんです。他社は大体「80シリーズ」を使っていましたから、これはものすごい偶然でした。チップによってゲームのつくり方が変わるので、それだけで我々は優位だった。もちろん慣れればいいんですけれど、それまでに時間がかかる。その間に我々はどんどんゲームをつくることができた。あの当時、ゲーム雑誌に記載されていたベストテンの半分ぐらいがうちのゲームだったこともありました。これは運以外の何ものでもありません。


呉真由美

速読というと、単純に本を短時間で読めるだけだと思っていませんか? それは少し違います。文章が速く読めるというのは脳が活性化されているということ。つまり、速読のトレーニングをするということが、そのまま脳のトレーニングになっているんです。


内田和成

消費者のニーズが顕在化してからでは遅いのです。しかしその一方で、消費者自身は自分の潜在的なニーズについてよくわかっておらず、それを探るのは容易ではありません。となると、こちらから先に新しいニーズをぶつけて消費者を刺激し、その反応から市場性があるのかどうかを見極める戦略が必要になります。


ゲーリー・ベッカー

考える力を育てる質の高い教育は、経済成長にとって大変重要だと思います。数多くの研究に裏打ちされたことでもあり、教育は経済成長にとって重要なことのひとつだと学問的には実証されています。


弘兼憲史

販売助成部の部長は本当に厳しい方でしたから、みんな、少し遠ざけていました。でも私は、電車で帰る時、たまたま本社の最寄り駅のホームに一人でいらっしゃるのを見かけたので、「お話を聞かせてください」と近づいてみたのです。はじめはギョッとされていましたが、新人の私がいろいろ聞くと、懇切丁寧に教えてくれました。そのうち気に入ってもらえたのか、カバン持ちで大阪ミナミの宗右衛門町の料亭などに連れて行ってもらいました。最初はよく怒られたのですが、最後はわりと目をかけてもらったと思います。
【覚え書き|松下電器時代を振り返っての発言】


神田昌典

年収の高い人はToDoリスト作成が習慣になっているはずです。米国のアンケート調査では、毎日ToDoリストを作っている人は富裕層が81%、貧困層が9%と差が出ています。


魚谷雅彦

確かに今の日本はモノを買うときの選択基準が価格だけになってきている面はあると思います。しかし、そういう時代だからこそ、値ごろ感が大切だと考えています。値ごろ感とはつまり、価格と価値の関係です。値ごろ感があるとは、これだけの価値があるものなら、この価格でも納得できるという意味です。反対にこの商品にはそれほど価値がないとお客様に思われてしまったら、価格を下げて売るしかありません。


ロバート・キヨサキ

「税の優遇を受けられるのだから、損をするのはいいことだ」という考えには、金持ち父さんも私も納得できない。そんな考え方をしていると、ろくな投資しかできなくなる。投資物件の数字をよく読み、取引条件を分析しようともしないで、ただ税金が安くなる物件を買おうとする。課税所得額にもよるが、基本的には1ドル損するたびに減税で戻ってくるのは30セントだけだ。私に言わせれば、これは全く引き合わない話だ。そもそも「投資」の目的は、お金を儲けることであって失うことではない。自分のやっている投資について十分な知識と経験があれば、多くの税の優遇を受けながら儲けを出すことは可能だ。


糸井重里

僕ら、ひとりずつのフリーの仕事じゃなくて、会社という集団のかたちで仕事をしていることで、しみじみ助けられています。考え込むんじゃなくて、「つながりながら動く」ことが、チームの仕事ではとても大事になります。もし、いま、僕が昔のようにフリーでやっていたら、できもしないことや、考えてもわからないことを、ずっと何週間も考え続けていたかもしれません。「棚卸し」とかね、とても具体的な仕事があって、ほんとによかったなぁと思っています。


守安功

質の高い人材は、質の高い人材を呼ぶというのが私の持論です。採用試験では、受験者にできるだけ多くの優秀な社員に会ってもらいます。後日、内定者に「本心から入社を決めたのはいつ?」と尋ねれば、「優秀な先輩と話したとき」という答えが返ってくることが多い。優れた人材が優れた人材を呼び、成長が維持される。その好循環をつくりだすことが、私の最大の使命だと考えています。


山田進太郎

起業にしても、日本ではリスクを過大に捉えすぎだと思います。失敗しても、今や誰も責めません。私自身、スタートアップを支援していますが、投資家は失敗を「ナイスチャレンジ」と評価します。


渡瀬謙

自分のプロフィール紹介に始まり、商品の説明や事例の紹介などをまとめ、定期的に顧客に届けるのです。それが私の営業の基本でした。「チラシを置いてくるだけ」と思えばプレッシャーも減りますし、何度も顔を出せば相手の印象にも残ります。何度かの訪問で相手の方から話を聞きたいと言ってくることもよくありました。


星野佳路

私たちは海外にも通用する都市型日本旅館のサービスのあり方を模索する狙いも込めて、星のや東京を開業しました。日本旅館でありながら、都市を訪れる観光客やビジネス客のニーズにも対応できるようサービスを進化させていく。日本に来たから日本旅館に泊まるのではなく、快適でサービスが素晴らしいから日本旅館に泊まるという市場を作り出したいと思っています。


小暮真久

悩んでいるだけでは何も解決しません。そこで「自分はかつて、どんな時にワクワクしたか」を模造紙に書き出したんです。書いていくうちに、1つのキーワードが見てきました。「誰かの役に立ち、感謝される仕事がしたい!」と。


黒田尚子

怖い、不安だと言っていても何の対策にもならないし、だからと言って見ないふりをしていると、いざ何かが起きたとき、真っ逆さまに下流に転落してしまいます。今、何の問題もないとしても、「自分は大丈夫」という慢心は捨ててください。高収入家庭の落とし穴は「油断」なのです。


ページの先頭へ