名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤夏希の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤夏希のプロフィール

加藤夏希、かとう・なつき。日本の女優、モデル、タレント。秋田県出身。12歳でデビュー。テレビドラマ、映画で活躍。

加藤夏希の名言 一覧

弱点、ありますね。忘れやすいところとか(笑)。でもそういう性格ゆえに、嫌なことがあっても次の日には忘れていることが多いですね。


自分の性格が悪いほうに出てしまうこともあるけど、逆にいい面でもある、そう考えるようにしています。


演じることは、私にとって「非現実的なことも現実に変えてくれる魔法」みたいなもの。ヤンキー役なら日常で絶対に言わない「くそったれ!」みたいな言葉を使えるし、役柄によっては空を飛んだり、魔法を使ったり……。新しい役に取り組むたびに、誰よりも人生を楽しんでるな、って思えるんです。


実は、公開前は、あまり見ないようにしているんです。公開後にお客さんと一緒に映画館で楽しみたくて。初見は、どうしても「ひとり反省会」になっちゃいますね。「あそこはもっとできた」とか。でも、そうやって悔しがれるのは、お芝居への情熱が続いている証拠。


加藤夏希の経歴・略歴

加藤夏希、かとう・なつき。日本の女優、モデル、タレント。秋田県出身。12歳でデビュー。テレビドラマ、映画で活躍。

他の記事も読んでみる

ハワード・シュルツ

中間管理者や新入社員が使命感に燃えて、リスクの大きい大胆なアイデアを提案する企業が多い。経営陣はそういうアイデアに積極的に耳を傾け、試み、実行する必要がある。経営者が新しいアイデアに耳を傾けようとしない会社は、大きなチャンスを逃すことになる。


岸田一郎

リサーチや意識調査のレポートに頼らず、我々から「いまこういうモノ、こういうライフスタイルが素敵ですよ」と提案する。そうして『LEON』がブーム浮上のきっかけづくりを担える雑誌だと認識してもらえれば、トレンド・リーダーとしての地位も確立でき、広告収入などの雑誌の利益につながるわけです。


茂木友三郎

アメリカに出る時、ターゲットをどうするかという議論はありました。最終的には「現地のアメリカ人」をターゲットにすることに決まりました。アメリカに日本人や日系人がいくら多いと言っても、限界があります。でもアメリカ人を相手にすると数億人になる。だったらそちらに挑戦しようと。


渡辺昭彦(経営者)

社長就任後、お客様や仕入れ先への挨拶、業界のイベントなどに出るごとに、当社の置かれている状況があらためて分かってきました。当初は先の見えない不安があり、それは少しずつ解消されてきましたが、状況が見えてくると、不安も大きくなった部分もあります。


岩瀬昌美

私はアメリカで29年間働いてきましたが、ワークライフバランスなんてなかったです。日本の人と仕事するとき、初めて会った人に趣味は何ですかと必ず聞かれるのですが、こちらでは聞かれたことがないです。何をもって趣味というんだろう、といつも考えてしまいます。はっきり言って、私に趣味はありません。ジムも別に好きで通っているのではなく、スーツをピシッと着て、印象をよくしたいから行っている。それは仕事のためです。ひとつ言えるのは、仕事=趣味みたいなものです。エリート層はだいたいこんな考えを持っているでしょう。これだけ仕事をして、家族との時間を大切にしたら、それ以外の時間なんてほとんどないです。


沼田博和

普通、スーパーの開店初日には行列ができるものなのですが、兵庫県三木市でオープンした「業務スーパー」フランチャイズ1号店は、開店時間になってもお客様が一人も来ませんでした。オープンに向けてチラシ配りや新聞の折り込みなどもやっていましたから、立ち会った関係者は相当焦ったと思いますよ。先代(創業者)が「本当にチラシを撒いたのか」と疑ったほどだったそうです。それで色々な方に意見を聞いてみたところ、「一般の方は使えないと思われているんじゃないか」と言われ、すぐに看板の一部に「一般のお客様大歓迎」というフレーズを足しました。それで少しずつ客足が伸び、ひと月した頃には連日大賑わいになりました。当時は今以上に、圧倒的な低価格で商品を販売していましたので、インパクトは絶大だったと思います。だからフランチャイズ加盟を希望して見学に来られた方が、その場で即決するなんてことも度々あったそうです。


池谷裕二

個人でやる研究というのは、どうしても成果があがりにくいんです。なぜかと言えば、個人の視点というのは狭すぎるから。研究も思考も、つねに第三者の視点を必要とするものでしょう。研究室の中でも第三者の視点に触れられるのは、論文を読むことですね。他人の論文には常に刺激をもらえると言うか、論文を読まない人もまたよくない研究者なのではないでしょうか。


ジョン・カビラ

コミュニケーション力を高めるため、特に切磋琢磨したという記憶はないんですが、レコード会社時代に学んだことはあります。それは、外国人に特有の「なぜ?」という問いに対して、常に答えを用意しておくことです。仕事は、海外アーティストとの交渉が主で、相手は弁護士が多かったのですが、彼らは必ず、理詰めで来るんです。「なぜミュージシャンのアルバムにテレフォンカードが必要なのか?」。それに対して「日本のファンは収集することに喜びがあり、限定で付いてくる特別なものに価値を見いだす。付加価値が付いているアルバムを出すことで、日本のファンにより温かく迎え入れられる」というような論法を用意しておかなければならない。「Why?」に対するコミュニケーションはこのときに鍛えられました。


石村賢一

私は社員によく本を配ります。対象は全員であったり、本の内容を見て、読んでほしい一部の社員であったりします。


坂根正弘

今までの日本は、モノ作りの現場力だけで勝負してきたのだろう。だから今度こそビジネスモデル作りで先行しなければいけない。ビジネスモデル作りをトップが引っ張り、労使の一体感を基盤にした現場力で新たなモデルをさらに強くしていくことが大事だ。


見城徹

圧倒的努力も、3~4か月ならともかく、1年中やっていたらそりゃぶっ倒れる。大きな果実を得たらしばし、甘美で官能的な休日を取ってね。そしてまた新たな難しいハードルに向かって闘っていくという繰り返しです。


張瑞敏

顧客の要望に合う製品を作り出すためならば、外部の企業ともどんどん組んでいかなければならない。そして製品がヒットしたなら、その分、外部にも利益を分配する。