名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

加藤嘉明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤嘉明のプロフィール

加藤嘉明、かとう・よしあき。安土桃山から江戸時代の大名。伊予松山藩主を経て陸奥会津藩初代藩主。徳川家康の家臣の家に生まれるが、父が三河一向一揆に加担し三河から放逐された。その後、羽柴秀吉に拾われ、賤ヶ岳の戦いなどで活躍。賤ヶ岳の七本槍の1人に数えられた。秀吉の死後、関ヶ原の合戦では東軍として参戦、岐阜城、大垣城攻めなどで武功を挙げた。沈着冷静な戦い方から沈勇の士と称えられた。

加藤嘉明の名言 一覧

真の勇士とは責任感が強く律儀な人間である。


武士は常に、自分をいたらぬ者と思うことが肝心だ。


加藤嘉明の経歴・略歴

加藤嘉明、かとう・よしあき。安土桃山から江戸時代の大名。伊予松山藩主を経て陸奥会津藩初代藩主。徳川家康の家臣の家に生まれるが、父が三河一向一揆に加担し三河から放逐された。その後、羽柴秀吉に拾われ、賤ヶ岳の戦いなどで活躍。賤ヶ岳の七本槍の1人に数えられた。秀吉の死後、関ヶ原の合戦では東軍として参戦、岐阜城、大垣城攻めなどで武功を挙げた。沈着冷静な戦い方から沈勇の士と称えられた。

他の記事も読んでみる

守谷雄司

よく「活発な議論はするが、意見がまとまらなくて……」という声を聞くことがありますが、これは出席者のレベルがドングリの背比べ状態であったり、優秀なリーダーがいないために起こることなのです。さらに会議における議論の目的は、問題解決することにあるという基本を知らないことにあります。


藤口光紀

それなりに何でもできる人は増えてきたけど、それだけではもう差別化できない時代になってしまいました。これからのビジネスマンは、何かひとつ個性がないと、生き残れないかもしれません。


福良伴昭

今の経営環境をチャンスととらえ、ワクワクしています。新たな製品やサービスを軌道に乗せるのは簡単なことではありませんが、継続して伸ばしていけるような事業を育てたい。


佐々木眞一

私は複数の工場長も務め、部下たちには「品質は工程でつくりこむものだ」と言って教育してきた。トヨタは品質をずっと大事にし、高い水準を実現してきたという自負を持っていました。


樋口泰行

コンパックコンピュータで私は初めてPL(損益)責任を担うことになります。数字の責任を負うのは大変なプレッシャーですが、数字を持つことがどれだけ成長を加速させるかを身にしみて感じました。


平井一夫

まずは(新事業の)オーディションに応募する前に、アイデアをどう醸成し、ビジネスモデルをどう生み出し、プレゼンテーションするか。そうした「一連の作業」をサポートするセミナーを用意しています。アイデアを持つ社員はそこに参加し、「アイデアをビジネスモデルに落とし込み、効果的にプレゼンする方法」を学びます。そのうえで、社内外で仲間を集めて、プレゼンしてもらう。評価者は社内の人間だけでなく、外部の専門家も参加しています。その場では様々な質問が出ますし、宿題も出ます。そこからさらに議論を深めてアイデアを洗練させ、やるべきことをクリアしていく。


高城幸司

協力を頼みたい相手が忙しそうにしていたら、「こんなときに申し訳ないんだけれど……」などと前置きをしたくなりますが、これは逆効果。遠慮がちに話しかけられると、相手はかえって「断わってもよいのかも?」と思ってしまいます。ここはいきなり本題に入るのが正解です。「目的を明確にしつつ振る舞う」ということです。何をしたいのかをハッキリ示せば相手も対応を決めやすくなり、それがひいては「仕事のしやすい人」という印象につながるのです。


北修爾

バブルのときに茂社長は財テクにのめり込んだが、当初は上手くいっていたこともあり、社長の暴走を社内の誰も止めることはできなかった。社長に諫言(かんげん)した人はいたが、会社を去ってしまった。そうして会社として軌道が修正されないまま、バブルが崩壊し、株価が落ちて信用が失墜するという市場の圧力によって、初めて暴走が止まった。その後、私が社長になって、社外取締を招いて客観的な目での経営監視をお願いした。


瀬戸欣哉

ブランドには3つの評価軸があります。認知度、カテゴリー想起力、好感度です。まず1番目の認知度はものすごく重要です。僕が創業した工具のネット販売会社モノタロウでは、コマーシャルで「モノタロウ、モノタロウ」と連呼しています。社名を覚えてもらうのが最大の目的だからです。調査してみると、モノタロウでの購入理由で一番多かったのが「社名を知っていたから」でした。一方、購入しなかった理由としては「モノタロウを知らなかったから」か、「買おうとした商品のブランドを知らなかったから」というのが最も多かった。


鍵山秀三郎

いつの時代も異端な生き方は、人から理解されるようになるのには時間がかかります。私がやってきた掃除は、いま学校関係者のなかでその重要性が理解され、教育活動の一環に取り上げるところが増えてきましたし、地方自治体などでも注目するようになりましたが、社会に認知されるようになるまで30年かかっています。それもやっと理解され始めたというところです。それほど時間がかかるものです。


宗道臣

人間の値打ちは失敗するかしないかでなく、失敗から起き上れるかどうかによってきまる。一度してしまった失敗は、もう帰ってこないけれども、同じ失敗を繰り返さないよう努力し、新たにやり直すことはできる。自分は駄目な人間だと思い込んだとき、人間は本当に駄目になるものである。


岡田武史

スポーツも最初は真似から始まるって、ある程度のところまでは行く。でもそこから先は独自性がなければ通用しない。