名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

加藤嘉明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤嘉明のプロフィール

加藤嘉明、かとう・よしあき。安土桃山から江戸時代の大名。伊予松山藩主を経て陸奥会津藩初代藩主。徳川家康の家臣の家に生まれるが、父が三河一向一揆に加担し三河から放逐された。その後、羽柴秀吉に拾われ、賤ヶ岳の戦いなどで活躍。賤ヶ岳の七本槍の1人に数えられた。秀吉の死後、関ヶ原の合戦では東軍として参戦、岐阜城、大垣城攻めなどで武功を挙げた。沈着冷静な戦い方から沈勇の士と称えられた。

加藤嘉明の名言 一覧

真の勇士とは責任感が強く律儀な人間である。


武士は常に、自分をいたらぬ者と思うことが肝心だ。


加藤嘉明の経歴・略歴

加藤嘉明、かとう・よしあき。安土桃山から江戸時代の大名。伊予松山藩主を経て陸奥会津藩初代藩主。徳川家康の家臣の家に生まれるが、父が三河一向一揆に加担し三河から放逐された。その後、羽柴秀吉に拾われ、賤ヶ岳の戦いなどで活躍。賤ヶ岳の七本槍の1人に数えられた。秀吉の死後、関ヶ原の合戦では東軍として参戦、岐阜城、大垣城攻めなどで武功を挙げた。沈着冷静な戦い方から沈勇の士と称えられた。

他の記事も読んでみる

大須賀正孝

難題に直面した時に分解して考える方法は、夫婦喧嘩から生まれたものです。73年、石油ショックで名古屋の大口取引先が倒産しました。当時は売上の大半がその会社の仕事。多額の焦げつきも生じ、借金を8000万円ほど抱えてしまった。得意先を失い借金まで作り、どうしようもない。社員に迷惑はかけられんから、自分の給料を数分の一にしたんです。怒ったのは女房でした。「家賃を除くと手元に3万円しか残らない。どうやって生活するんだ」ってね。その時、私はふと思いつき、銀行へ行って3万円を1000円札30枚に両替してきたんです。そのうえで「1カ月3万円でなく、1日1000円でどう暮らすか考えたら」と提案してみた。女房は仏頂面をしながらも「できるかも」と心の中で思ったんでしょうね。知恵を絞り見事やり繰りしてくれました。


持田昌典

私が大切にしているのは「今」。過去がよかろうが悪かろうが関係ない。ここからが勝負。今というのは絶えず進んでいく。自分のしたいことを今から最大限やるしかない。


辻村深月

コミュニケーションについて私が大切に感じているのが、顔の見える相手に意見を求めること。今はSNSなどを通じて、不特定多数の人とネット上で簡単につながることができます。でも、顔が見えない不特定多数の人々は、存在しない他者とそんなに変わらないというのが私の考えです。


阿部祐二

語学は1日でも離れるとガクンと力が落ちるので、どんなに忙しくても、5分でも10分でも触れるようにしています。いつでもどこでもできるよう、常に勉強道具を持ち歩いておくことも重要です。


村口和孝

新しいものは、常に「新しモノ好き」の人々によって生み出される。


林修

何においても「逆算の哲学」って大事ですよね。ゴールを決めておいて、そこに向かうっていう。


辻範明

将来にわたっていまの業績を維持できる保証はどこにもありません。確かに決算的にはここ1、2年は大丈夫ですが、今のままで生き残れるかというとそう簡単ではありません。少子化もあり、国内のマンション建設戸数は間違いなく減っていきます。その環境下で事業を伸ばしていくには、工事受注というフローだけでなく、サービス・管理といったストックの仕事をどれだけ伸ばすかが課題です。


鈴木宗男

努力に勝る天才なし。人並みなことをしていたら人並みで終わる。人より一生懸命汗を流すことで信頼が増し、可愛い奴だと思われるようになる。


塚越寛

会社が永遠に続くためには、ある程度の規模になったら成長を急ぐことはない。


村上太一

ネットの無料サービスなどは、料金的にはダダでも、「自分のデータを何らか取られている」からこそ無料になっていることを理解しておいた方がいいと思います。例えば、ネットで記事を無料で読めるのも、「何の記事に興味を持っているのか」という情報を提供した見返りとして無料になっていたりする。過去に釣りのサイトを頻繁に訪れたことのある人は、釣りに興味があると推測できるので、そういう人をターゲットに、釣り用品の広告を打てば、買ってくれる確率は上がるじゃないですか。だから「物を売る側」にとっては、誰かの過去の閲覧履歴や検索履歴などは、宝の山みたいなものなんです。


出口治明

子供の頃、ほとんどの人は「偉人伝」を読んだことがあるでしょう。そのときは、昔の英雄たちの活躍に、胸を躍らせたり、感動したり、憧れたりしただけだったかもしれません。ビジネスパーソンの皆さんには、そうした伝記をぜひ、もう一度読み返してもらいたい。なぜなら、偉人伝こそ、最高の人生の教科書だからです。


アニス・ウッザマン

日本の企業はもともと高い技術力を持ち、自前で技術開発してきました。しかし、世界のトレンドの変化は早く、自前主義ではついていけなくなっています。それを痛感した企業が、海外のベンチャー企業と業務提携をしたり、買収をして、技術を取り込もうとしているのです。