加藤嘉明の名言

加藤嘉明のプロフィール

加藤嘉明、かとう・よしあき。安土桃山から江戸時代の大名。伊予松山藩主を経て陸奥会津藩初代藩主。徳川家康の家臣の家に生まれるが、父が三河一向一揆に加担し三河から放逐された。その後、羽柴秀吉に拾われ、賤ヶ岳の戦いなどで活躍。賤ヶ岳の七本槍の1人に数えられた。秀吉の死後、関ヶ原の合戦では東軍として参戦、岐阜城、大垣城攻めなどで武功を挙げた。沈着冷静な戦い方から沈勇の士と称えられた。

加藤嘉明の名言 一覧

真の勇士とは責任感が強く律儀な人間である。


武士は常に、自分をいたらぬ者と思うことが肝心だ。


加藤嘉明の経歴・略歴

加藤嘉明、かとう・よしあき。安土桃山から江戸時代の大名。伊予松山藩主を経て陸奥会津藩初代藩主。徳川家康の家臣の家に生まれるが、父が三河一向一揆に加担し三河から放逐された。その後、羽柴秀吉に拾われ、賤ヶ岳の戦いなどで活躍。賤ヶ岳の七本槍の1人に数えられた。秀吉の死後、関ヶ原の合戦では東軍として参戦、岐阜城、大垣城攻めなどで武功を挙げた。沈着冷静な戦い方から沈勇の士と称えられた。

他の記事も読んでみる

齋藤勇(齊藤勇)

完ぺき主義から脱するには、「○○すべき」「○○しなければならない」という口癖をやめて、「○○してもいい」「○○したい」と言い換えてみましょう。「○○すべき」は強制的な言い回しですが、「○○してもいい」は自分に選択権があるため、「やった方がいい部分」と「やらなくてもいい部分」の区別を意識するようになります。いままで見えていなかった「やらなくてもいい部分」が浮かび上がってくれば大きな進歩です。


和地孝

私は経営者として、「人はコストでなく資産である」と訴えてきました。ところが最近は、「ヒト、モノ、カネ」と言うべきところ、「カネ、モノ、ヒト」になってしまっている。おカネが主役でいいのでしょうか。人をつくらずによい製品はつくれないというのが、私の信念です。


本田宗一郎

資本がないから事業が思わしくないとの声をよく聞くが、それは資本がないからではなく、アイデアがないからである。


木村英文(木村飲料)

私はカレーが好きでして、とくに小学校の給食に出たカレースープが大好物。給食のカレー味のラムネを作ったら同世代は泣いて喜ぶに違いないと確信して開発しました。ま、実際に、「まずいまずい」と喜んで買ってくれるのは30代までの若者ですけどね。


新井田傳

会社の成長を考えるときに、戦略と戦術があります。私にとって、戦略とは20年、30年たっても変えるものではない。一方、戦術は時代背景や経営環境、あるいは場所柄で臨機応変に変更していくものです。


永守重信

世界にないものを開発する時は、まずは精神論から始まるんです。創業当時、実現できるかどうかわからない技術を目の前に、全社員で「できる、できる、できる」と千回言い続けた。すると、何となくできる気になってくるんですね(笑)。そんなもんです。できる、できないは、能力とは別の問題です。


京極純一

19世紀を「固定観念」の世紀と規定するなら、20世紀の特徴は、固定観念、秩序が破壊された100年といえるのではないでしょうか。


西川八一行(西川康行)

どんな仕事でも同じですが、恐れず、諦めず、「変える勇気」を持つことは大事。


田村耕太郎

体に気を使っている人とそうでない人では、人生に大きな差がつく。


榎本博明

話を聞くことは、相手の存在を認めて尊重しているということ。部下も「自分のことを気にかけてくれている」と信頼を寄せるだろう。それらの時間を使って、自分の価値観を部下と共有することも大切だ。大義や志の共有なく仕事を進めようとすると、部下からは上司が自分の欲のために動いているように見えてしまう。改革の根底には、どのような価値観があるのか。共感を得られれば、部下は手足のように動いてくれる。


箭内道彦

肝心なのが腰の低さと礼儀正しさです。「こんな外見なのに、案外、しっかりしているんだな」と思ってもらうことです。第一印象と第二印象のギャップですね。こういう場合もこの外見が役立つんです。


佐々木昭人

住宅購入費用や子供の将来の教育費、老後の資金といった、目的が決まっているお金を増やす手段としては、株式投資は不適切だと思います。減るリスクがあるからです。仮に減ってもさほど困らない資金を使うべきでしょう。


二宮尊徳(二宮金次郎)

桃栗三年、柿八年というように、因果にも応報にも遅速があることを忘れてはならない。


鈴木貴子(経営者)

「社内決算説明会」は単なる財務会計の報告ではなく、数字の裏にある活動を分析し、計画を達成した、あるいは未達だった理由を社内で共有するためのものです。共有し社員が自分たちの貢献を実感することが、とても重要なことだと思っています。


天堂きりん

端から見ているとはっきり分かるような選択も、当の本人は分からないものですよね。人のことだったらどっちが正しいとかビシッと言えるのに、いざ自分のことになると一気に分からなくなる。


ページの先頭へ