名言DB

9412 人 / 110637 名言

加藤嘉一の名言

twitter Facebook はてブ

加藤嘉一のプロフィール

加藤嘉一、かとう・よしかず。英フィナンシャルタイムズ中国版の日本人コラムニスト。静岡県出身。北京大学国際関係学院大学院修士課程修了。中国に住みながらフィナンシャルタイムズの中国版でコラムを執筆。北京大学研究員、慶應義塾大学SFC研究所上席所員などを務める。『われ日本海の橋とならん』『中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか』『常識外日中論』などの日本での出版物のほか、中国で多数の本を出版。

加藤嘉一の名言 一覧

いまの若い人たちには、刺激が必要だと思うんです。若い人が世代や職種、国境を越えて、勇敢に挑戦していくことが大事だと。日本の若者だって、海外の人たちに負けたら悔しいはずです。日本と海外の若者が共同作業を通じて汗を流すことで、刺激を与え合う。そこから新たな活力が生まれるのではないでしょうか。


日本が明確かつ大胆なビジョンを提示することを、世界も本当は求めています。ビジョンは決して総理大臣だけに任せておけばいいものではありません。企業人も若者も主婦も、皆一緒になって、当事者意識を持って考える。そうしなければ、すべてが中途半端になります。


僕は中国に進出した日本企業に重要なことはふたつあると思っています。ひとつは、現地の人間にどれだけ責任と権限を与えられるか。もうひとつは、チームワークの精神を維持しつつも、成果への対価をどう与えていくか。このふたつを、中国人たちのアイデンティティーや価値観に合う形で解決できるかどうかがカギでしょう。


中国でビジネスを展開するなら、革新的な技術開発は怠らず、そのうえで早い段階から中国市場向けに専用の商品を開発していく姿勢が必要だと思います。中国市場もいまやスピード勝負。競合相手は欧米企業だけじゃない。中国企業もどんどん伸びてきています。


受け身の姿勢では駄目です。中国の人たちは、プライドが非常に高い。日本の自動車メーカーや家電メーカーは、日本で売れなくなった商品を中国に流しているのではと疑っている人がいまだに多い。半面、自分たちに向けて開発してくれた商品となれば、自尊心がくすぐられて財布のひもを緩めがちです。


日本企業は価格だけでは韓国や中国の企業にはなかなか勝てない。でも、僕は値段で勝ち負けを考えるのではなく、日本企業の特徴を考えるべきだと思うんです。日本企業だからこそできる付加価値です。


加藤嘉一の経歴・略歴

加藤嘉一、かとう・よしかず。英フィナンシャルタイムズ中国版の日本人コラムニスト。静岡県出身。北京大学国際関係学院大学院修士課程修了。中国に住みながらフィナンシャルタイムズの中国版でコラムを執筆。北京大学研究員、慶應義塾大学SFC研究所上席所員などを務める。『われ日本海の橋とならん』『中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか』『常識外日中論』などの日本での出版物のほか、中国で多数の本を出版。

他の記事も読んでみる

和田裕美

不快なメールというのは、書き手本人にはわからないもの。たとえ読み手がガッカリしたり、カチンときたとしても、ほとんどの場合は書き手にそのことをわざわざ言ってきません。気づけば返事がなくなり、相手からの連絡も途絶える。結局、その原因が自分にあるとは気づかない。そんな怖さがあります。


森永卓郎

提案したいのは、何かテーマを持ち、いろんなタイプのものを集めたり撮影してみること。街で見つけた面白看板やヘンなモノでもいい。そういうコレクションが増えると目的意識が生まれ、好奇心も旺盛になる。道を歩く人や建物、風景を観察するようになれば頭の刺激になり、発想も豊かになります。それが次なるネタの手がかりにもつながるはず。


大山健太郎

重要なことは繰り返します。人は聞いているようで聞いていないもの。一度話せば伝わるだろうと思うのは間違い。15分の中でも、最初に言って、真ん中で繰り返して、最後にもう一度。同じフレーズは使いませんが、キーワードは3回くらい繰り返さないと伝わらない。


関根眞一

交渉の場で相手を持ち上げる姿勢をとっていても、ときには、感情的な態度で接してくる相手もいます。ひどいと、怒号を浴びせたり、「頭が悪いやつだ」などと人格否定をする言葉を投げたりします。ここで、感情で応えてはいけません。不利な立場の場合は、つねに冷静に相手の発言を受け止めること。どんな言葉を言われても、無視するか「問題外のことにはお答えする必要はございません」と答えましょう。なぜ話を遮らないのかというと、相手の本音が見えてくるからです。とにかく、相手が納得するまでしゃべらせます。そうすると、何度も繰り返す言葉が出てきます。そこに相手の本音が隠されているはずです。怒りの背後に何があるのか、理解するきっかけになります。


前田祥子(経営者)

会社は、人こそが財産です。社員が生き生きと働き、幸せになってくれることが、会社の繁栄につながると信じています。


中山真由美(整理収納アドバイザー)

個人的な興味・関心で購入した本は、「読んだら手放す」が基本。また必要になったとしても、大抵の本は手に入る。もう二度と読まないかもしれない本の保管のために、家賃を払う方がムダ。


新将命

企業理念というのは、漠然とした抽象的なものと思いがちですが、会社の持続的な成長に対して大きな貢献を果たすもの。企業の存在・発展の根源ともいえる理念には、真剣に向き合うべき。


嶋津良智

本気で飲みニケーションが必要だと思うなら、就業時間内にやるべき。18時終業の会社なら、17時に仕事を切り上げて1時間は強制参加させます。そして二次会以降は、本人に任せて自由参加にする。オンとオフを明確にすれば、若い社員もモヤモヤした気持ちを持たずに参加できます。


永守重信

若い時はなりふり構わず一生懸命働いてもいいと、私は思う。そう言うとまた「ブラックだ」なんて言われそうですが、「一生懸命に」働くことはそんなに悪いことではない。自分のやりたいことを見極めて、自分の力が伸びると感じられる環境には、給与の額など気にせず身を置いて、一直線に頑張ってほしい。


津曲孝

前の会社の社長をしているときは、独立する気はありませんでした。ただ、ある時、妻から「あなたと結婚したのは、独立して、美味しいお菓子屋さんを一緒にやれると思ったから。でも、もう待ちきれないから自分でやる」と言われ、妻がそう言うならお金がなくてもやろうかと、10月に会社を辞めて、翌年1月に兵庫県西宮市甲陽園でツマガリを始めました。


ハロルド・ジェニーン

社内政略は停滞した会社に最もはびこり弊害をもたらす。いかなるマネジメントにとって重要なポイントは、社内政略というものは抑止しないと会社の士気と全身力を損なうため、絶対に許すべきではない。


江上治

相手を儲けさせることができれば、皆さんの価値が上がり、報酬が上がる。相手を儲けさせる方法はシンプルそのものだ。会社の従業員であれば、会社の利益に貢献すればいい。


出雲充

私は起業など考えたことがありませんでしたから、会社を経営することがどれだけ大変なことか、まったくわかっていませんでした。もし、起業の大変さを知っていたら、おそらく起業していないと思います。知らなかったからできた。そして、いつの間にか経営者になっていたということです。


内田恒二

なぜ、残業が日常化するのでしょうか。多くの場合、問題を解決してもすぐ別の問題が起きてモグラ叩き的に仕事に追われるからでしょう。キヤノンでは開発部門が多く、横の連携が取れないと仕事はスムーズに進みません。カメラの開発にしてもメカ、画像、電気、レンズなどの各担当に横串を通してプロジェクトを組み、さらに生産技術、製造などの連携の輪が広がっていきます。誰かに仕事の負荷が偏り、解決すべき課題が滞ると、関連部門の仕事も滞ります。それが連鎖的に起きると、みんながモグラ叩きに追われ、火消しに走り回らなければならなくなってしまうのです。


弘兼憲史

「とりあえず、話題のビジネス書を買った」「今朝は勉強会に参加した」など、投資した「お金」や「時間」に満足して終わっている人があまりにも多いようにも思います。誰もが読んでいるビジネス書に目を通し、同業者が集まるセミナーに出席したところで、本当に自分のスキルアップにつながっているでしょうか。大事なのは、その自己投資が自分にとって本当に必要な投資(お金)かどうかということ。この部分が抜け落ちている人が多いように思います。