名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤嘉一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤嘉一のプロフィール

加藤嘉一、かとう・よしかず。英フィナンシャルタイムズ中国版の日本人コラムニスト。静岡県出身。北京大学国際関係学院大学院修士課程修了。中国に住みながらフィナンシャルタイムズの中国版でコラムを執筆。北京大学研究員、慶應義塾大学SFC研究所上席所員などを務める。『われ日本海の橋とならん』『中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか』『常識外日中論』などの日本での出版物のほか、中国で多数の本を出版。

加藤嘉一の名言 一覧

いまの若い人たちには、刺激が必要だと思うんです。若い人が世代や職種、国境を越えて、勇敢に挑戦していくことが大事だと。日本の若者だって、海外の人たちに負けたら悔しいはずです。日本と海外の若者が共同作業を通じて汗を流すことで、刺激を与え合う。そこから新たな活力が生まれるのではないでしょうか。


日本が明確かつ大胆なビジョンを提示することを、世界も本当は求めています。ビジョンは決して総理大臣だけに任せておけばいいものではありません。企業人も若者も主婦も、皆一緒になって、当事者意識を持って考える。そうしなければ、すべてが中途半端になります。


僕は中国に進出した日本企業に重要なことはふたつあると思っています。ひとつは、現地の人間にどれだけ責任と権限を与えられるか。もうひとつは、チームワークの精神を維持しつつも、成果への対価をどう与えていくか。このふたつを、中国人たちのアイデンティティーや価値観に合う形で解決できるかどうかがカギでしょう。


中国でビジネスを展開するなら、革新的な技術開発は怠らず、そのうえで早い段階から中国市場向けに専用の商品を開発していく姿勢が必要だと思います。中国市場もいまやスピード勝負。競合相手は欧米企業だけじゃない。中国企業もどんどん伸びてきています。


受け身の姿勢では駄目です。中国の人たちは、プライドが非常に高い。日本の自動車メーカーや家電メーカーは、日本で売れなくなった商品を中国に流しているのではと疑っている人がいまだに多い。半面、自分たちに向けて開発してくれた商品となれば、自尊心がくすぐられて財布のひもを緩めがちです。


日本企業は価格だけでは韓国や中国の企業にはなかなか勝てない。でも、僕は値段で勝ち負けを考えるのではなく、日本企業の特徴を考えるべきだと思うんです。日本企業だからこそできる付加価値です。


加藤嘉一の経歴・略歴

加藤嘉一、かとう・よしかず。英フィナンシャルタイムズ中国版の日本人コラムニスト。静岡県出身。北京大学国際関係学院大学院修士課程修了。中国に住みながらフィナンシャルタイムズの中国版でコラムを執筆。北京大学研究員、慶應義塾大学SFC研究所上席所員などを務める。『われ日本海の橋とならん』『中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか』『常識外日中論』などの日本での出版物のほか、中国で多数の本を出版。

他の記事も読んでみる

今給黎勝

特にサービスを中心にしたビジネスでは、仕事の質を決めるのは顧客に対応するメンバーの仕事ぶりです。つまり仕事の質はメンバーの意識、メンバーの技量、メンバーの人格によって変わる。メンバーのモチベーションの高さで変わるといってよいでしょう。


本山和夫

「当たり前」と思っていることを見直すことが大事。


梅原大吾

昔から「ただ勝つだけでは意味がない」と思っていました。とくにプロとなってからは「後で見て、かっこ悪いなと思う試合はしない」ことを意識しています。それが観客の沸く勝ち方につながっているのかもしれませんね。


松本正義

敵がどれだけあってもブレイクスルーする馬力を持った「気骨ある異端児」であれ。そのためには、簡単に揺るがない「心のインフラ(心の基礎部分)」を整え、様々な角度から問題解決法を出さなければなりません。


西多昌規

ネガティブな感情は、記憶に残りやすく、それに伴って疲労感も増します。一方、楽しかった、嬉しいなど、プラスの記憶は忘れやすい傾向があります。しかし、レム睡眠には、この嫌な記憶を和らげる効果があります。レム睡眠では、扁桃体(へんとうたい)という感情を司る部分の機能が低下。マイナスの感情を薄れさせます。ネガティブな感情を取り消すようあれこれ頑張るよりも、ひと晩寝るほうがよっぽどストレス解消になります。


澤田秀雄

ハウステンボスでは、イベントの共同企画やスポンサーという形で他社を巻き込みました。これは、HISが買収するまでは一度もなかった手法です。今、ハウステンボスで家族連れや若者に人気なのが、お化け屋敷などを配したエリアです。ここの施設のうちの一部については、フジテレビと共同で開発しました。


水谷孝次

成功と失敗は実は表裏一体であり、簡単には判断できない気がします。同じ事柄でも、どちらにでもなり得る。それを失敗にするか成功にするかを決めるのが、なんとしてでもやりたいという情熱であり、いつかはこうなりたいというビジョンなのではないでしょうか。


是川銀蔵

男がいったんとりかわした約束は例え口約束でも反故に出来ん。約束は守って当然や。わしは二枚舌を使った経験など一度もない。


菅野誠二

多くの人は、自分は理性的だと考えている。しかし人は案外、ヒューリスティックに物事を決めている。価格もそのひとつで、直感で「安い」「いや、高い」と判断されやすい。そこで生じる認知バイアスを利用すれば、値上げによって顧客が感じる痛みを軽減することも可能だ。


鳥原隆志

「この商品は絶対売れると思います!」という部下の言葉をそのまま受け入れるのは禁物です。主観が混じった情報ではなく、必ず定量的な情報に基づいて判断しましょう。数字や実際に起こった事柄を確認することが不可欠です。


澤田貴司

社内ブレストも多く、年間600回以上は実施しています。常に本音で、つまらない企画は「つまらない!」とはっきり言いますよ。本音でぶつかりあったほうが、結果として良いものに仕上がります。


粟田貴也

起業に際して大学を中退し、佐川急使のセールスドライバーとして開業資金を貯めたのですが、大学を辞めるときはかなり勇気が要りました。「この道で生きていくのだ」と決意し、退路を断って自分を追い込んだわけです。追い込まなければ、その先の夢にたどり着けない状況でしたから。