名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

加藤嘉一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤嘉一のプロフィール

加藤嘉一、かとう・よしかず。英フィナンシャルタイムズ中国版の日本人コラムニスト。静岡県出身。北京大学国際関係学院大学院修士課程修了。中国に住みながらフィナンシャルタイムズの中国版でコラムを執筆。北京大学研究員、慶應義塾大学SFC研究所上席所員などを務める。『われ日本海の橋とならん』『中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか』『常識外日中論』などの日本での出版物のほか、中国で多数の本を出版。

加藤嘉一の名言 一覧

いまの若い人たちには、刺激が必要だと思うんです。若い人が世代や職種、国境を越えて、勇敢に挑戦していくことが大事だと。日本の若者だって、海外の人たちに負けたら悔しいはずです。日本と海外の若者が共同作業を通じて汗を流すことで、刺激を与え合う。そこから新たな活力が生まれるのではないでしょうか。


日本が明確かつ大胆なビジョンを提示することを、世界も本当は求めています。ビジョンは決して総理大臣だけに任せておけばいいものではありません。企業人も若者も主婦も、皆一緒になって、当事者意識を持って考える。そうしなければ、すべてが中途半端になります。


僕は中国に進出した日本企業に重要なことはふたつあると思っています。ひとつは、現地の人間にどれだけ責任と権限を与えられるか。もうひとつは、チームワークの精神を維持しつつも、成果への対価をどう与えていくか。このふたつを、中国人たちのアイデンティティーや価値観に合う形で解決できるかどうかがカギでしょう。


中国でビジネスを展開するなら、革新的な技術開発は怠らず、そのうえで早い段階から中国市場向けに専用の商品を開発していく姿勢が必要だと思います。中国市場もいまやスピード勝負。競合相手は欧米企業だけじゃない。中国企業もどんどん伸びてきています。


受け身の姿勢では駄目です。中国の人たちは、プライドが非常に高い。日本の自動車メーカーや家電メーカーは、日本で売れなくなった商品を中国に流しているのではと疑っている人がいまだに多い。半面、自分たちに向けて開発してくれた商品となれば、自尊心がくすぐられて財布のひもを緩めがちです。


日本企業は価格だけでは韓国や中国の企業にはなかなか勝てない。でも、僕は値段で勝ち負けを考えるのではなく、日本企業の特徴を考えるべきだと思うんです。日本企業だからこそできる付加価値です。


加藤嘉一の経歴・略歴

加藤嘉一、かとう・よしかず。英フィナンシャルタイムズ中国版の日本人コラムニスト。静岡県出身。北京大学国際関係学院大学院修士課程修了。中国に住みながらフィナンシャルタイムズの中国版でコラムを執筆。北京大学研究員、慶應義塾大学SFC研究所上席所員などを務める。『われ日本海の橋とならん』『中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか』『常識外日中論』などの日本での出版物のほか、中国で多数の本を出版。

他の記事も読んでみる

大串亜由美

頼み事をする前には、相手の状況を確認しておきましょう。いまどんな仕事を進めているのか。どれだけ忙しいのか。たとえば相手が「来週の役員会に提出するレポートを準備している」ということがわかれば、その先のスケジュールや動きが想像できます。こうした「配慮」ができていれば、正面から断られることは少ないはずです。


小笹芳央

有能な経営者やリーダーは偉くなるために、人知れず練習や努力を積み重ねている。大した努力をせず成果も出せずに、口だけで「俺は偉くなるんだ」ということが目的化してしまっては単に滑稽な人になり下がってしまいますからね。


岩瀬大輔

「おっしゃることはわかるけれど、ちょっと違う」と思うネット上のコメントに対しては、アプローチ方法が2つあります。ひとつは情理を尽くした反論を書くことです。もうひとつは、僕を批判する当の相手に直接会いに行ってしまうことです。僕の著書に対してことあるごとに批判しているブログがありました。作者が実名を公開しているうえに年齢が同じ、勤務先がわかったので、ある日そこに電話して本人に「岩瀬です。いつもありがとうございます」と話しはじめたら、さすがに驚いたようです。その後は、食事をして意気投合し、遊びに行く仲にもなりました。といっても、相変わらず彼のブログでは僕への批判がやみません。ただ、顔見知りになってからは文章に僕への愛が増したように思います(笑)。


森泉知行

お客様が解約するときの理由として、よくあるのが「観る時間がないから」なのですが、テレビをまったくご覧にならないとは考えにくいですよね。実はよく聞いてみると「J:COMの番組の良さをよく知らないから観ていない」ということが理由だったりします。そこに行き着けば、自然と「もっと番組の魅力を伝える努力が必要だ」という結論が出て、とるべき対策がわかります。


林野宏

心身ともに健康で、充実した人生を歩むためには、夢中で遊び、学び、働くことが大切だと思います。


須田将啓

15年に大々的なテレビCMを打った効果で、16年はあまり力を入れずとも新規会員が伸びていました。この勢いはすぐには無くならないだろうと見込んでいましたが、さすがに1年以上経つと効果は衰えてしまいました。そこで、15年に取り組んだ施策から良いものだけを抽出し、テレビCM、インターネット広告、サイト内でのセールなどを組み合わせたプロモーションミックスで、17年は効果的に会員が獲得できてきました。


吉田昌生

ストレスの原因のほとんどは、まだ起こってない未来に対する不安や、すでに終わったことへの後悔などが自然にわいてくること。そして、それに気づかずに巻きこまれていること。


村瀬逸三

人間が知りあうということは、お互いにどこが違うかを知ることではないか。


吉田晴乃

会社は、ステークホルダーからお金を借りて、利益の一部を返すという集団です。それを構成するのが部であり、課であり、あなたのチームであり、あなた個人なのです。あなたはこのゲームで、どんな役割なのか、結果を出すためにどんな約束をしたのか。そこを考えた瞬間に、自分が何をしなければいけないかがわかるはずです。


南部靖之

「人を活かす」とは人々の心豊かな生活の創造。つまり「ライフプロデュース」。この役割を果たすため、これからも挑戦し続ける。


小池淳義

技術者を大事にしなければ火が消えてしまう。


周防正行

自分を変えるには、勇気をもって新しい一歩を踏み出すしかない。実際に経験してみないとわからないことがたくさんある。