加藤嘉一の名言

加藤嘉一のプロフィール

加藤嘉一、かとう・よしかず。英フィナンシャルタイムズ中国版の日本人コラムニスト。静岡県出身。北京大学国際関係学院大学院修士課程修了。中国に住みながらフィナンシャルタイムズの中国版でコラムを執筆。北京大学研究員、慶應義塾大学SFC研究所上席所員などを務める。『われ日本海の橋とならん』『中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか』『常識外日中論』などの日本での出版物のほか、中国で多数の本を出版。

加藤嘉一の名言 一覧

いまの若い人たちには、刺激が必要だと思うんです。若い人が世代や職種、国境を越えて、勇敢に挑戦していくことが大事だと。日本の若者だって、海外の人たちに負けたら悔しいはずです。日本と海外の若者が共同作業を通じて汗を流すことで、刺激を与え合う。そこから新たな活力が生まれるのではないでしょうか。


日本が明確かつ大胆なビジョンを提示することを、世界も本当は求めています。ビジョンは決して総理大臣だけに任せておけばいいものではありません。企業人も若者も主婦も、皆一緒になって、当事者意識を持って考える。そうしなければ、すべてが中途半端になります。


僕は中国に進出した日本企業に重要なことはふたつあると思っています。ひとつは、現地の人間にどれだけ責任と権限を与えられるか。もうひとつは、チームワークの精神を維持しつつも、成果への対価をどう与えていくか。このふたつを、中国人たちのアイデンティティーや価値観に合う形で解決できるかどうかがカギでしょう。


中国でビジネスを展開するなら、革新的な技術開発は怠らず、そのうえで早い段階から中国市場向けに専用の商品を開発していく姿勢が必要だと思います。中国市場もいまやスピード勝負。競合相手は欧米企業だけじゃない。中国企業もどんどん伸びてきています。


受け身の姿勢では駄目です。中国の人たちは、プライドが非常に高い。日本の自動車メーカーや家電メーカーは、日本で売れなくなった商品を中国に流しているのではと疑っている人がいまだに多い。半面、自分たちに向けて開発してくれた商品となれば、自尊心がくすぐられて財布のひもを緩めがちです。


日本企業は価格だけでは韓国や中国の企業にはなかなか勝てない。でも、僕は値段で勝ち負けを考えるのではなく、日本企業の特徴を考えるべきだと思うんです。日本企業だからこそできる付加価値です。


加藤嘉一の経歴・略歴

加藤嘉一、かとう・よしかず。英フィナンシャルタイムズ中国版の日本人コラムニスト。静岡県出身。北京大学国際関係学院大学院修士課程修了。中国に住みながらフィナンシャルタイムズの中国版でコラムを執筆。北京大学研究員、慶應義塾大学SFC研究所上席所員などを務める。『われ日本海の橋とならん』『中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか』『常識外日中論』などの日本での出版物のほか、中国で多数の本を出版。

他の記事も読んでみる

森川亮

未来は自分で作るしかありません。いい未来が来るのをただ待っていても何も変わらない。それどころか、周りが変わる中、自分だけ取り残されていきます。いい未来を作りたいなら、やはり計画を立てて実行するしかない。実行するためにお金が必要だったら、どこかから調達してきてでも、そこに思い切って投資しなければなりません。


渡文明

30代のころ、過労の急性肝炎で絶対安静を余儀なくされました。自分にとって初めての挫折で、いつ治るかわからず、焦ったり、落ち込んだりしたこともありました。しかし結局は、現実を認めて、ゼロからやっていくしかないんです。達観してしまうと怖いものは何もなかった。それからは自分の意見を率直に言うようになりました。


小松節子

会社というものはお客様があってはじめて成り立ちます。お客様のお役に立てなければ、我が社は存在できません。品質も納期も、あらゆる面でお客様のご要望を受け止め、期待に応えるものを提供する必要があります。


青木仁志

セールスで経営者を相手にする場合は、社員や株主などへの責任もある立場を考え、「最終利益」に貢献できることを訴えます。また、中間管理職などミドル層が相手なら期待できる「粗利」や「前年比伸び率」などを提示してその人の実績になることを、現場レベルの人なら利便さや高機能性などをアピールするといいでしょう。


野村克也

個人的な目標は「心の中で思う」だけが正解、ということだ。「今年の目標は?」と聞かれて、個人の成績や数字を口にする選手がいるが、あれは二流選手の証拠だよ。野球はチームで勝利を目指す団体競技だ。いくらホームランを量産しても、ストライクを重ねても「チームの勝利」に貢献できない選手に価値などない。「いや、俺の成績が良ければ、チームに貢献できるはずだ」と言う者もいるが、それは詭弁だ。個人を優先する人間は、局面局面で自分勝手なプレーをしてしまう。ランナーを確実に送るべき場面で、力んだバッティングをしてチャンスを潰すようなことをしてしまうんだよ。


原田泳幸

既存市場を業界内で食い合うことに興味はありません。マクドナルドが新しい外食の市場をつくっていく。ここに信念と自信をもって取り組んでいます。


野口吉昭

ビジネスの現場では論理的思考にも限界があることを知っておいた方がいいでしょう。論理的に思考した結果、売上を伸ばすための施策が10個浮かび上がってきたとします。しかし、これらの施策をひとつひとつすべて試して妥当性を検証するのは困難です


川上徹也(コピーライター)

スピーチで最も大切なのは、聞き手の心に刺さり、いつまでも頭に残るフレーズをつくること。


鳥居勝幸

悲劇的なシナリオを描くのは気が進まないものですが、たとえば顧客の担当者が異動するかもしれないとわかったら、早めにその人の部下や上司とも顔合わせを行っておくなどの対処法を思いつくためにも、ぜひ実践してほしいと思います。


和田裕美

「今のままのあなたでいい」「誰かほかの人になろうとしなくていい」というのは正解だと私は思います。けれど同時に、「そのままのあなたでいいよ」と「何も努力しなくていいよ」との間には大きな隔たりがあるとも思うのです。自分が持って生まれた可能性の種をまかずにいるのはもったいない。


三上博史

中庸。やっぱり、真ん中は大事だなと思います。真ん中を大事にしないと。やっぱりね、破滅しますし、偏ったことに熱中すると、体も壊すし、精神も壊す。すると何もしたいことできないですよ。考え方でも、これは絶対正しい、なんて思いついたら、必ず逆の良さを考えるようにしています。


押味至一

現状をよしとすると、すべてがそこで止まってしまう。もっといい方法はないか、新しいことができないか、常にそういうことを思い続けることが、リーダーにとって一番大事。


小林達夫(経営者)

新製品は年間数十あるのですが、ヒット商品はなかなか出ません。中には発売しても1カ月で終わるものもあります。ですからお客様のニーズを真面目に受け止めて「何とかしよう!」という意欲がないとできません。


奈良雅弘

不安を覚えるたびにリスクを洗い出し、対策を考えることを繰り返し、不安を軽減し続けていけば、最後には必ずや実行したい気持ちが不安を上回ることになります。勇気とは、考え抜く力の別名なのです。


堀場雅夫

「論理的に正しく、企業哲学に合致し、商売になる」。この三条件を満たしているなら、たとえ上司が反対しても突き進むべきだ。


ページの先頭へ