名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

加藤唐九郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤唐九郎のプロフィール

加藤唐九郎、かとう・とうくろう。日本の陶芸家、陶磁史研究家。桃山時代陶芸研究の第一人者。愛知県出身。著書に『やきもの随筆』『原色陶器大辞典』『陶芸口伝』『自伝 土と炎の迷路』『かまぐれ往来』『唐九郎のやきもの教室』ほか。

加藤唐九郎の名言 一覧

人間、叩かれれば強くなるもの。陶芸でも傷があったり歪んでいるのが自然の摂理にかなっていて、それが本物の芸術。自分が何かの形で世の中に頭角をあらわせば、必ず敵が現れる。自分よりかけ離れて上の者も下の者も敵にはならない。だから敵の社会的位置や実力を見れば自分の価値を知ることができる。


加藤唐九郎の経歴・略歴

加藤唐九郎、かとう・とうくろう。日本の陶芸家、陶磁史研究家。桃山時代陶芸研究の第一人者。愛知県出身。著書に『やきもの随筆』『原色陶器大辞典』『陶芸口伝』『自伝 土と炎の迷路』『かまぐれ往来』『唐九郎のやきもの教室』ほか。

他の記事も読んでみる

酒匂隆雄

レバレッジを大きくするということは、借金をして預金をするようなもの。お止めなさい。スワップ・ポイント狙いの取り引きは、余りレバレッジを高くしてはいけない。


依田巽

国内大手は邦画を多数手がけていますし、ハリウッド・メジャー系の配給会社は自動的に日本にも作品が供給されますから、作品調達には困りません。我々の場合は無数にある独立系作品の中からヒットの可能性がある作品を探し出さなければなりませんが、裏を返せばそれが我々の存在意義なのです。探し出した良質の作品を、ギャガのもう一つの強みである、宣伝・マーケティング力で日本でのヒットに導く。それが私にとってのチャレンジであり喜びでもあります。


関根眞一

基本的に、意見の合わない相手と話をうまくまとめる方法はないのです。とはいっても、意見の合わない相手と話し合わなければならない場面もありますよね。その場合は、間に人を挟むのがひとつの方法です。第三者の意見を聞くことで、相手が自分の非に気がつくこともあるはずですから。


渡邉美樹

じつは、僕は社員を褒めたり、感謝の気持ちを伝えるのがとてもヘタなんです。だから、意識して気持ちを形に変える努力をしています。何か教わったらお礼のハガキを書いたり、電話したりね。もちろん、それはとてつもなく感謝したいという気持ちがあってのことだけど。心が大切だけど、言わなきゃわからないこと、伝わらないってこともあるから。


川村隆

今どき、バランス人事などをするようなトップではダメ。社長がそうなってしまうと、全体に緊張感がなくなり、組織黄断的な変革の意識はなくなってしまいます。


出原洋三

グローバルな経営力があるかどうかは、経験させないとわかりません。「かわいい子には旅をさせよ」です。これからの日本のリーダーは、海外拠点で鍛えていきたい。日本の中でスーッと出世させてはいけません。


早川周作

成功した方に、その成功の理由をお聞きすると、皆さん「運」だとおっしゃいますが、誤解してはいけないと考えます。血のにじむような努力、辛い思いがあり、志を持って継続したからこそ「運」を掴めたのだと思うからです。


牛尾治朗

従業員が多様性を持つようになると、経営者のリーダーシップがますます必要になります。そのためには、やや遠めの10年後、15年後のビジョンを打ち立てることが求められる。さらに言えば、企業のキャラクターも問われる。いってみれば、ビジョンとそのビジョンを実現するための方法論が必要になります。


土橋章宏

書くことは自分の気持ちを整理することにも繋がるし、物事の真相を理解することもできる。この小説(『天国の一歩前』)も書きながら「やっぱり諦めちゃだめだ」と自分を励ましながら書いていた。なんか自給自足的な感じなんですけど(笑)、それ、書いていて楽しいところなんですよね。


デービッド・アーカー

企業にとって、ビッグデータは非常に重要でパワフルな存在。企業がビッグデータ活用の能力を高めて行くために重要なことは、データ分析に長けたチームを作って、モデル構築に取り組ませること。しかし、この取り組みにはリスクもあります。企業には大量のリアルデータが取り込まれるため、来週来月という短期的ゴールに注意を集中させるような、昔の考え方に舞い戻ってしまう危険性がある。モデル構築の際には、そうしたリスクを回避するための予防策が必要になる。


水留浩一

それぞれの立地において、地域一番店になることを目指しています。都心ではハンバーガーなども競合でしょうし、すしだけで考えても、回転ずしでないおすしやさんまで入れると、相当な数になります。少なくともおすしの中では、一番おいしいものが一番安く食べられる店として、地域の中で認められるようにしたい。


作田久男

私が会社を大きくしたいのは、3万5000人の社員のために、働く空間がある程度広くならなければいけないと考えるからです。社員たちの、オムロンという場でこの分野をやりたい、海外でこれをやりたいという多様な思いを実現するには、会社にそれだけの広がりが必要です。そのための役割を、社長として果たしたい。そう考えているのです。