名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤唐九郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤唐九郎のプロフィール

加藤唐九郎、かとう・とうくろう。日本の陶芸家、陶磁史研究家。桃山時代陶芸研究の第一人者。愛知県出身。著書に『やきもの随筆』『原色陶器大辞典』『陶芸口伝』『自伝 土と炎の迷路』『かまぐれ往来』『唐九郎のやきもの教室』ほか。

加藤唐九郎の名言 一覧

人間、叩かれれば強くなるもの。陶芸でも傷があったり歪んでいるのが自然の摂理にかなっていて、それが本物の芸術。自分が何かの形で世の中に頭角をあらわせば、必ず敵が現れる。自分よりかけ離れて上の者も下の者も敵にはならない。だから敵の社会的位置や実力を見れば自分の価値を知ることができる。


加藤唐九郎の経歴・略歴

加藤唐九郎、かとう・とうくろう。日本の陶芸家、陶磁史研究家。桃山時代陶芸研究の第一人者。愛知県出身。著書に『やきもの随筆』『原色陶器大辞典』『陶芸口伝』『自伝 土と炎の迷路』『かまぐれ往来』『唐九郎のやきもの教室』ほか。

他の記事も読んでみる

橋下徹

国は口ばっかり出して、現場のことを何もわかっていない。いまの日本のありとあらゆる領域は、民主主義の名のもとに「決定できない」「決定してないから責任をとらない」という枠組み・仕組みになっている。知事や市町村長の仕事もそうですし、教育行政も誰が責任を取っているのかわからないような仕組みになっている。僕はこうしたおかしな仕組みを変えて「決定できる民主主義、責任をとる民主主義」にしたいのです。


山本忠人

自社の課題の一つひとつに着眼し、改善する意識を持つことで、社員はお客様の課題にも向き合う習慣が身につく。


ガー・レイノルズ

理解させるには、すべてを伝えないといけないと思っている人は多いが、それは誤り。要素を削り、メッセージを絞った方が伝わる。


柚木治

トレンドのど真ん中は売れる。


西任暁子(西任白鵠)

感情のままに、自分の怒りを発散させるような叱り方は、どこまでも自分中心の叱り方です。これでは、言いたいことが相手に伝わるはずがありません。


次原悦子

広告宣伝というと、スポットCMを打ったり、大規模なイベントを開かないと効果が出ないと思っていませんか。実はそうとは限らないんです。私は高校生のときから母の手伝いでこの仕事をやってきましたが、当初は無名のPR会社でお金もなかったので、いかにお金をかけずに商品をPRするかに腐心しました。


落合陽一

たとえば、ヒンズー教徒とイスラム教徒とキリスト教徒と日本人と中国人が同じテーブルでホームアプライアンスについて喋っている。全員家のスタイルも、子供の育て方も全く違うのに、ホームアプライアンスにあるべき機能について話すとなると、機能の要件定義について話すしかない。本質として切り出せる問題にフォーカスするので、それ以外の共有できないコンテクストについて議論するのは無駄であるという考え方です。そして、一度フォーカスしたら、その後でダイバーシティに対応できるように、コンフリクトするところを外していく。そういう考え方は製品作りのみならず、あらゆる部分に使えます。


宮澤栄一

小さなことに気づく、気になる日本人の特性がデバッグの仕事の武器なのです。ニートや引きこもりに情けをかけているわけではありません。雇用対策でもない。そもそも社会貢献なんて言葉は大嫌いです。ただ彼らの技術がすごいから仕事をしてもらっているのです。


中田敦彦

自分の才能を発見するために必要なのは「精緻さ」だと思います。たとえば「サッカーの才能がある」という言い方は、いささか大まかすぎる。得点力か、守備力か、ボールを奪う能力か。才能や能力とは、本来とてもピンポイントなものなのです。


藤田晋

企画の問題点を潰して、より粘度の高いものに仕上げる工程は、企画書を作っている時ではなく、作り始める前にするもの。見栄えの良い企画書を作ることが大好きな人の中には、考える時間が「1」で、作っている時間が「9」の人もいる。それは全く逆で、「9対1」でないとダメ。


今井むつみ

あることを熟知し、エキスパートになるには、自分の知識の状態を大きな視点で客観的に判断できることがもっとも大事。各分野の熟達者はみな常に自分の知識の状態を見極めることに長けている。そこからさらに、足りないところを克服する方策を考え、努力を重ねている。


根本郁芳

体調を悪くしていた親父さんが引退することになり、私が社長に就任したのは30歳の頃。当時よくお目にかかったセイコーの服部一郎元社長は本当に恩人でね。「自立自助」がモットーの服部さんらしく「うちに頼らず、多角化して自立しなさい」とハッパをかけてくれました。それでうちは1970年前後に中小企業としては早めに研究所を設立したのですが、これがのちのち役にたってくれたんですよ。