名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

加藤唐九郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤唐九郎のプロフィール

加藤唐九郎、かとう・とうくろう。日本の陶芸家、陶磁史研究家。桃山時代陶芸研究の第一人者。愛知県出身。著書に『やきもの随筆』『原色陶器大辞典』『陶芸口伝』『自伝 土と炎の迷路』『かまぐれ往来』『唐九郎のやきもの教室』ほか。

加藤唐九郎の名言 一覧

人間、叩かれれば強くなるもの。陶芸でも傷があったり歪んでいるのが自然の摂理にかなっていて、それが本物の芸術。自分が何かの形で世の中に頭角をあらわせば、必ず敵が現れる。自分よりかけ離れて上の者も下の者も敵にはならない。だから敵の社会的位置や実力を見れば自分の価値を知ることができる。


加藤唐九郎の経歴・略歴

加藤唐九郎、かとう・とうくろう。日本の陶芸家、陶磁史研究家。桃山時代陶芸研究の第一人者。愛知県出身。著書に『やきもの随筆』『原色陶器大辞典』『陶芸口伝』『自伝 土と炎の迷路』『かまぐれ往来』『唐九郎のやきもの教室』ほか。

他の記事も読んでみる

吉永泰之

私はリーダーに必要な資質は、ひとつしかないと思っています。それは社員の心に火を点けるということです。これはアメリカの心理学者か誰かがいった言葉らしいのですが、私はつねに社員の心に火を点けられるリーダーでありたいと思っています。


やましたひでこ

捨てるとき、モノに対して過去の記憶などを思い浮かべてしまうから捨てられなくなってしまうのです。断捨離で大切なのは過去ではなく「いま」を基準にすること。そのため、最初は「いま使っていないモノ」から捨てていきます。ある程度モノが減ったら、次はセルフイメージを下げてしまうようなレベルのモノは捨てます。


小笹芳央

「人」に問題があるという視点から解決を目指すと、必ず抵抗にあいます。そこで「間」という見方に変えて、「わが社は営業部門と企画部門の“間”に問題があるのではないか」といえば、双方のトップも「確かに多少の問題があるのではないか」と素直に認めやすくなります。間の問題を認めてくれる人が増えてくればその間をどうつないでいけばよいのかという議論へ移れます。問題の存在を認めてくれるだけで、変革に向けて大きな一歩を踏み出せるのです。


吉楽裕

チームワークを活かせば、一人で得られる何倍もの成果を得ることができる。


角田秋生

保護者の方々が一番分からないのは、「公文をやることが、子供の将来にどう生きるのか」です。そこで、第一線で活躍する公文式経験者の声を通じて、その疑問を払拭できればと考えています。


平林実

社長室でふんぞり返っていないで現場へ。それが何よりも大切です。


八木洋介

LIXILグループ社長の藤森義明は、さまざまな案件をあっという間に処理していく。「待ってくれ」といわれたためしはない。その域に達するには、若い頃から「自分が立つ!」という覚悟で前のめりに仕事に取り組んでいなければならない。いくら一生懸命にやりましたといっても、命じられたことや、与えられた仕事をその通りにこなしているうちはダメである。社長になりたいなら、「私の会社」「私のLIXIL」という強い当事者意識を持ち、ときに上司に意見しながら、失敗を恐れず判断力を磨いていくしかないのである。


末吉興一

栄枯盛衰はどの町にもあります。国際化すればなおさらです。だからこそ、リーダーと人材を、地域でどう育てるかが大事。


西岡喬

私の信念でもありますが、技術は成熟するものではありません。「技術者は、自分の技術が成熟したと思えば、そこで終わってしまう」と私は言っています。世の中の人はそれを成熟段業だというけれど、違うよと。


外山滋比古

いまの社会が閉塞的な感じがするのは、不景気のせいだけではありません。人間の生活の範囲が以前より狭まっていることを多くの人が無意識のうちに感じているから、そこに息苦しさを覚えるのではないかと思います。


町田勝彦

亀山工場では、生産技術のブラックボックス化を行った。かねてより生産技術が海外流出していることに懸念を抱いていた私は、亀山工場を建設するにあたり、生産技術の要となる部分を、外からでは見えないようにした。


中野信子

ネガティブな感情をコントロールする方法の一つとして、イヤなことを繰り返しアウトプットする手もあります。たとえは同じ話を何人もの人に話す、パソコンやノートに何度も書き出してみてください。言語化すると、「そこまでひどい話ではないな」とか、「考えようによってはこんなプラスの部分もあるな」というのが見えてきます。それを繰り返すことで、できごとの意味付けをいいほうへ書き換えていけるのです。何度もアウトプットすることで、イヤなことに慣れるという意味合いもあります。また人に話して、意外にも笑い話となったことで気持ちがだいぶラクになる場合もあります。