加藤唐九郎の名言

加藤唐九郎のプロフィール

加藤唐九郎、かとう・とうくろう。日本の陶芸家、陶磁史研究家。桃山時代陶芸研究の第一人者。愛知県出身。著書に『やきもの随筆』『原色陶器大辞典』『陶芸口伝』『自伝 土と炎の迷路』『かまぐれ往来』『唐九郎のやきもの教室』ほか。

加藤唐九郎の名言 一覧

人間、叩かれれば強くなるもの。陶芸でも傷があったり歪んでいるのが自然の摂理にかなっていて、それが本物の芸術。自分が何かの形で世の中に頭角をあらわせば、必ず敵が現れる。自分よりかけ離れて上の者も下の者も敵にはならない。だから敵の社会的位置や実力を見れば自分の価値を知ることができる。


加藤唐九郎の経歴・略歴

加藤唐九郎、かとう・とうくろう。日本の陶芸家、陶磁史研究家。桃山時代陶芸研究の第一人者。愛知県出身。著書に『やきもの随筆』『原色陶器大辞典』『陶芸口伝』『自伝 土と炎の迷路』『かまぐれ往来』『唐九郎のやきもの教室』ほか。

他の記事も読んでみる

重光昭夫(辛東彬)

M&Aは基本的に、安くないと買ってはいけません。たとえば、インドネシアで現金卸問屋のマクロを買収したときは、ちょうどリーマンショックの1か月半後でした。当時は「こんなときに買って、気が狂っているんじゃないか」と言われましたけれど、いま考えるとあれは最高のタイミングでした。安く買うと、それだけ設備投資などに資金を回せます。だいたい、そうしたときには、買収の競争相手もいませんから。


似鳥昭雄

もちろん、間違える場合もあります。その場合は撤退。うちの場合、撤退は本当に素早い。景気かいいときは自重、悪くなったときに投資するのがうちの創業以来のやり方ですから。


荒川詔四

大きな提案なら何人かで説明に行くのが普通ですが、私は難しい提案ほど一人で行くことにしています。責任もリスクも一人で負うことになりますが、単身で乗り込む心意気や情熱を買ってもらえます。そこまで腹を括れば、提案書の文字にも情熱や思いがこもります。逆に、集団陳情では一貫した説明ができないし、思いや本気度が伝わらないのです。


上條努

お客様の課題を克服した時には、絶大な消費者の支持を頂ける。


清沢光司

必要な能力は企業再生業務の実績を重ねてきた中で築かれてきたと自負しています。再生業務では一般の不動産仲介業務と違って、調整相手が数多い。しかも、一定の期間内で完了させるスピード感を求められます。当社に依頼するとそれがうまく運ぶという評価を得ながら、実績を積み重ねてきました。


桜井章一

ときにはあえて困難に飛び込む勇気を持つことで、自然と平常心を身につけられるのではないかと思う。


山下徹

法人分野拡大のために私が力を入れたのが、社内の価値観の変革です。5年前に社長に就任してから、顧客に納入するITシステムの「QCD(品質・コスト・納期)」に対する社員の考え方を変えることに腐心しました。


猪瀬直樹

一度や二度の負けを気にして、自分を全否定する必要はありません。人生は勝ったり負けたりですから、手痛い負けを喫することもあるでしょう。しかし、焦らなくてもいい。最後に笑うのは、一敗をきっかけに途中退場する人ではなく、粘り強く試合に参加し続けた人なのです。


古森重隆

世の中は論理だけではない。机の上だけで考えていても、得られないことがある。


大宮久

苦労して7千品目にまで拡大した試薬品を有していることは、逆に他の追随が困難で今では非常な強みになっている。


大江英樹

お金の管理や運用においては、「リスク許容度」が人によって異なることを認識しておかなければなりません。リスク許容度を決める主な要素は、「保有している資産の額」と「リスク耐性」です。これから資産運用を始めようという人は、まず、自分のリスク許容度を客観的に見つめ直してみる必要があるでしょう。


ジム・バグノーラ

日本の経営者に足りない要素は何かと聞かれたら、私は率直にこう答えます。(1)ビジネス英語の能力、(2)個人を重視する視点、(3)ダイバーシティ(人材の多様性)と。


ヴォーヴナルグ

高慢は弱者の慰めの手段である。


磯崎功典

商品構成、価格など収益の構造も変えていく。ピンチはチャンスだ。


むらかみかずこ

昨今、企業でもペーパーレス化が進み、簡単な用件であればメールで済ませるという人は増えていると思います。だからこそ、手書きのメッセージは人の心をとらえます。取引先や社内の人と書類や荷物のやり取りをする際は、手書きでひと言、書いた手紙を添えてみましょう。


ページの先頭へ