名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤史子(メンタルトレーナー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤史子(メンタルトレーナー)のプロフィール

加藤史子、かとう・ふみこ。日本のメンタルトレーナー。筑波大学卒業、千葉大学大学院教育学学校教育臨床課程修了。子供、アスリート、経営者などのメンタルトレーナーを務めた。著書に『ストレスをすっきり消し去る71の技術』『こころのめがねで見てみよう』『ストレス体質を卒業し「生きづらさ」を手放す法』。

加藤史子(メンタルトレーナー)の名言 一覧

失敗は落ち込む理由ではなく課題。「次に同じ場面がきたらどう直す?」と。


できないところに目がいきがちですが、長所を見出された子どもは自信を持って生きられます。光と闇は表裏一体。闇の中に光を見つける作業を心がけましょう。


加藤史子(メンタルトレーナー)の経歴・略歴

加藤史子、かとう・ふみこ。日本のメンタルトレーナー。筑波大学卒業、千葉大学大学院教育学学校教育臨床課程修了。子供、アスリート、経営者などのメンタルトレーナーを務めた。著書に『ストレスをすっきり消し去る71の技術』『こころのめがねで見てみよう』『ストレス体質を卒業し「生きづらさ」を手放す法』。

他の記事も読んでみる

稲盛和夫

経営者というのは、あらゆる面で日常の仕事の中、大変厳しい環境に置かれたり、いいときもあったり、悪いときもあったりと、いつも予期せぬことに見舞われます。それがまさに修行で、うまくいかなくなったときに動揺したり、うまくいったからといって有頂天になったりしてはいけません。いいときでも、非常に厳しい環境の中でも頑張っていくということがまさに修行であって、そうした経験を経ていくことで自分の心が高まっていくのですね。


古田敦也

判断力を高めて成長するためには、変化や状況に対応しなければならないことを受け入れ、他人の話を聞くことも含めて、多くの情報を柔軟に採りいれていくしかないと思うのです。そのうえで最終的な取捨選択を自分の判断で行っていく。この作業が大切ですよね。


植木義晴

19歳で飛行機に乗り始め、最終目標だった機長になれたのは41歳。つまり22年間にわたって努力を続けたことになります。これほど長期にわたりモチベーションを保つのは難しい。それができたのは、私が仕事を好きになれたから。


ウォルト・ディズニー

人間は誰でも、世の中で最も素晴らしい場所を夢に見、創造することはできる。設計し、建設することもできるだろう。しかし、その夢を現実のものにするのは人である。


高山なおみ

私はいつも隣に誰かがいないと駄目なのかと思っていたんです、ずーっと。双子だから、それこそ母のお腹にいた時から。結婚も2回したし。神戸に来ても最初の頃は寂しくて。横断歩道で信号を待っていたら、ちょうど夕日が沈むところで、こんなところで、何してるんだろうってね。でも今はわかります、何をしに来たのか。人と離れたら何かがそれでぷっつり終わっちゃうのかと思ったら、思ってもいないところでまた繋がったりするんですね。ここからまた始まるみたいな、まだまだやり残していることがあるような、そんな気がしています。


山本憲明

マニュアルやチェックシートをつくるのには時間がかかりますが、それを使ってメンバーの仕事が速くなれば、仕事全体が速くなります。


おちまさと

ターゲットによって、心が動くポイントは違います。30代の専業主婦なのか、女子高校生なのか、会社で役職についている40代の男性なのか。万人向けのことをするより、特定のターゲットに絞り込んで、その人たちに響く企画を考えるほうが結果を出しやすい。まして、予算が限られている現状を考えたら、特定の層に絞ることで、費用対効果は高くなり、喜ばれます。それに、ターゲットを絞り込んで、その人のことを考え続けていると、企画は自然と絞られてくるものです。


飯島彰己

国づくりの基礎は人の育成と産業を興すことです。これはどこでも一緒です。我々が会社をどうしたいかと考えるのと同じで、このデザインを考えるのが国のトップです。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

大人の社会では、「仕事で謝ることは負けだ」と思う節があるように思います。トップが潔くミスを認め、謝る姿勢は、必ず組織風土にプラスの影響を与えます。風通しがよくなり、ミスを隠したりせず認め合い、許し、リカバリーする健全な自己治癒的な組織力が備わっていきます。


赤羽雄二

習慣が身につかないのは、その人の性格や能力に問題があるわけではない。幼少期に傷つけられたままの心を引きずっているだけなのです。だから「私はダメな人間なのだ」と自分を否定せず、まずは心の状態を回復させること。自己肯定感を少しずつ強化することで、良い習慣を徐々に身につけることができると考えています。


原田泳幸

見える数字だけで事業を動かすと失敗する。心理を正しく読み続けなければ、会社は即座に脳死する。


吉村拓

社員が半期ごとに、自分自身との約束事を目標にすることで、自律的に業務へ携わるよう促しています。