名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

加藤史子(メンタルトレーナー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤史子(メンタルトレーナー)のプロフィール

加藤史子、かとう・ふみこ。日本のメンタルトレーナー。筑波大学卒業、千葉大学大学院教育学学校教育臨床課程修了。子供、アスリート、経営者などのメンタルトレーナーを務めた。著書に『ストレスをすっきり消し去る71の技術』『こころのめがねで見てみよう』『ストレス体質を卒業し「生きづらさ」を手放す法』。

加藤史子(メンタルトレーナー)の名言 一覧

失敗は落ち込む理由ではなく課題。「次に同じ場面がきたらどう直す?」と。


できないところに目がいきがちですが、長所を見出された子どもは自信を持って生きられます。光と闇は表裏一体。闇の中に光を見つける作業を心がけましょう。


加藤史子(メンタルトレーナー)の経歴・略歴

加藤史子、かとう・ふみこ。日本のメンタルトレーナー。筑波大学卒業、千葉大学大学院教育学学校教育臨床課程修了。子供、アスリート、経営者などのメンタルトレーナーを務めた。著書に『ストレスをすっきり消し去る71の技術』『こころのめがねで見てみよう』『ストレス体質を卒業し「生きづらさ」を手放す法』。

他の記事も読んでみる

菊原智明

能力がない上司は、部下に実績をあげられすぎると「自分の立場がない」と考える傾向があります。資料の細かい部分を指摘して何度も再提出させるなど、部下の仕事の妨害をします。そうさせないためには、まず上司の立場を立ててあげることが大事です。上司がこれまでどういう仕事のやり方をしてきたのかを周囲に聞き、それを踏まえたやり方に変えてみましょう。


高津和彦

例え話をするときに大切なことの一つは、ホップ・ステップ・ジャンプと、素早く展開させること。三段跳びを意識し、ホップ(=事実)、ステップ(=たとえ)、ジャンプ(=結論)とポンポンポンと展開させましょう。


天池源受

日本貿易振興機構(ジェトロ)が主催するミラノで開かれた展示会に出展し、イタリアとフランスの有名ファッションブランドが「天女の羽衣」を採用してくれたことが、次への大きなステップボードになりました。私はヨーロッパのあるお客様が「天女の羽衣」をはじめて手に取った時、「ジャパン・マジック!」と思わず感嘆された姿がいまでも忘れられません。目利きのバイヤーが揃うヨーロッパのファッション界で認められたことは、私にとっても会社にとっても大きな自信となりました。


瀬戸薫

小倉(昌男)さんの信念を貫く姿勢を目の当たりにしてきたことで、いつも「サービス第一」と考える思考回路が染みつきました。ただ単にしつこく言うだけでなく、実践して示すことの大切さも学びました。


浮世満理子

再び生き生きと働くためには、自分の経験やスキルを棚卸しして、これまでの成功に貢献したものではない部分に目を向けてみることです。コミュニケーションや上との調整に秀でて職場で重宝がられている、実はITスキルも高いなど、当たり前すぎてあまり気に留めなかった自分の強みが見えてきたらしめたものです。それで何ができるか考えればよいのです。


石見浩一

海外に行く人材は別に語学は十分にできなくてもいい。それよりも、現場で苦労した人が海外に行くことで、現地の人たちに「何をやると成功し、何をすると失敗するのか」を伝えられます。「体験を持って外国に行け。語学は現地で学べばいい」というのが当社の姿勢です。現場での経験というDNAを持った中堅クラスの人材を動かすことが、海外での成功につながるのです。


稲盛和夫

私がJALに来て最初に思ったことは、幹部社員に「会社が潰れた」という実感がないということでした。ですから、私はみんなに「JALは潰れたんですよ」という認識を徹底させるところから始めました。そして、「幹部社員はもちろん、現場の社員まで含めて、一人ひとりが経営者と同じ気持ちで努力をする以外にないんですよ」と訴えてきました。


森下篤史

馬鹿っぽい高校生が両手を離して自転車に乗っていた。私は40年自転車に乗っているが両手が離せない。彼は自転車通学で毎日学校に通っている道すがら、ふとしたきっかけで手を離してみた。面白がってやっているうちに両手を離して乗れるようになった。彼と私の差は決して能力ではない。手を離して乗ってみようと思ったか思わなかったかの違いだけである。


金川千尋

コストからいえば、生産能力の大きな生産拠点に一極集中した方が安くなります。しかし、ひとつのバスケットにすべての卵を入れたのでは、万一、バスケットを落とした時に卵はすべて割れてしまいます。だから、リスクは分散しなければいけない。コストは高くても、それは保険料です。大切なのは生産拠点を複数にして、いかにコストを最低限に保つかを考えることです。


泉谷直木

最近では進出している国が増えてきたので、M&Aをした現地企業に一年間出向してもらい、肌で現場を体験してもらっています。出向先ではお客さん扱いをされて、仕事を与えてもらえないことがよくあります。そこで、「自分はこういうことができます!」とアピールし、自分で仕事を生み出していかなくてはなりません。こうした厳しい環境に身を置くことで、変化の激しい時代に国際的に通用する人材を育成できると考えています。


宗次徳二

経営は、私のようなものがやってもうまくいきます。社長が誰よりも熱心に仕事して、毎期ごとに増収増益を続ければいいのです。とりたてて社員教育などやらなくても、社員は勝手に頑張ってくれます。「社長がそこまでやるなら私も一緒にやります」と言って、積極的に頑張る人たちがいるおかげで、壱番屋はずっと右肩上がりで来ることができました。


田中和彦

自分の弱みを克服しようとするのは効率が悪い。伸ばすべきは強みです。弱みの克服は平均的な人になるだけです。強みを伸ばして差別化しましょう。