名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

加藤友康(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤友康(経営者)のプロフィール

加藤友康、かとう・ともやす。日本の経営者。「カトープレジャーグループ」CEO(最高経営責任者)。大阪出身。20歳で家業を継ぎ、ホテル・レストラン経営、公共施設再生などを手掛けた。

加藤友康(経営者)の名言 一覧

少子化が避けられない中で、我々が常にフォーカスしていかなければならないのは、1度訪問された方を確実にリピーターにすること。


根本にあるのは我々にしかできない、世の中にないものを創造していくチャレンジ精神。


施設の肝はスモールであること。スモールであるがゆえ、お客さまに対してはかゆい所に手が届くサービスを実現しています。


いかにして感動レベルのサービスを実現していくかが、我々に課された永遠のテーマ。


「常に本質を研究し、お客様に選んでいただけるサービスを提供し続ける」という確固たる信念があれば、厳しい過当競争にも勝ち抜くことが可能。


加藤友康(経営者)の経歴・略歴

加藤友康、かとう・ともやす。日本の経営者。「カトープレジャーグループ」CEO(最高経営責任者)。大阪出身。20歳で家業を継ぎ、ホテル・レストラン経営、公共施設再生などを手掛けた。

他の記事も読んでみる

小山昇

経営にスピードが必要なことは誰でも知っています。でも、多くの人は「スピード」を誤解しています。スピードとは、「急いで作業すること」ではなく、「早く始めること」です。早く始めれば、それだけ早く変化に対応できます。思ったような結果が出ない場合でも、素早く軌道修正ができます。この変化の激しい現代社会を勝ち抜くには、1日でも1分でも「早く始める」ことが、勝敗のカギを握ります。


アンジェラ・ダックワース

そのことが好きで道を究めようとする人には、「どこまでやり抜けばいいのか」という意識すらありません。彼らには決して終わりがないのです。「これで頂点に立てた!」と考えたり、一定のレベルに到達しようとしたりするのではなく、「前進し続けるのみ」といった人ばかりです。


安野モヨコ

連載をたくさん抱えていた時期の私なりの仕事のコツというのは、あんまり考えすぎないことでした。私はそもそも自分の才能というものは信じていないので、じっくり考えはじめると悩むばかりでまったく進まなくなってしまいます。自分に疑問を抱いたり、何でこんなにくだらない話しか思いつけないんだなんてなりはじめたら、もう終わりなんですね。だから、流れに任せて、こうなって、ああなって、と描いていくわけです。その時期には、簡単なプロット(話の筋)を立てたらもういきなり本番の原稿用紙に向かっていました。途中で思いがちになる「でも、これっておかしくないか?」みたいな突っ込みを入れないまま描いていけば漫画はできあがったし、ぶつつけの緊張感のせいか、いつも決まったページ数にちょうどぴったり収まっていました。


岡田卓也

過去にとらわれず変わっていくには、お客様が求めるものを提供できるように、常に鋭いアンテナを張り巡らす必要があります。逆にお客様が求めるもの以外はやってはいけないのです。


原口博光(経営者)

複数の企業が絡む場合も、社内間のプロジェクトでも、基本は同じです。奔走する現場社員が、いかに気持ちよく仕事ができるか。これに尽きます。上司は、そのお膳立てをすればいいのです。上司が築いてきた外部のネットワークが役に立つこともあるでしょう。私の場合、前職で得た人脈を大切にしています。


宮内義彦

「ヒト・モノ・カネ」といった経営資源には限りがあり、できるだけ効率的に活用しなければなりません。その役割を担うのに、株式会社ほどふさわしい存在はありません。非効率でよければ誰がやってもいいわけで、経済的果実を効率的に社会に還元するからこそ会社というものの存在意義がある。この前提に立つと、赤字企業は社会的に不要ということになります。


伊藤淳二

判断は人間の首から上の作業でよいが決断は違います。全身全霊からのアクションです。


奥田碩

トヨタの連結ROE(株主資本利益率)は7%で、ビッグ3と比較すると低いと言われますが、そんなに高く持つ必要はないのではないかと考えています。もちろん、高く持つに越したことはないのですが、会社の発展の度合いによって数字は違ってくるものではないかと思います。


ショーンK

五里霧中で遠くが見渡せなくなったときには、変えられない過去や不確定な未来ではなく、「今」の目の前のことに無心に没頭することが大切。


下村朱美

人事部は千名を超える応募者に対し、何度も面接を重ねます。入社式で彼ら、彼女らが入場してくると間違いなくうちの社員の顔をしています。数回の面接や、内定式を経て、内定者研修やイベントを重ね、人社する時には、すでにミス・パリ・グループの社員の顔になっているのです。


川島永嗣

「自分の仕事はチームを助けること」という気持ちを常に持つことが大事。


赤塚保正

先代からは、唯一変えてはいけないものは経営理念であると学びました。反対に言えば普遍の理念以外は、時代に対応していかなければなりません。