名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤友康(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤友康(経営者)のプロフィール

加藤友康、かとう・ともやす。日本の経営者。「カトープレジャーグループ」CEO(最高経営責任者)。大阪出身。20歳で家業を継ぎ、ホテル・レストラン経営、公共施設再生などを手掛けた。

加藤友康(経営者)の名言 一覧

少子化が避けられない中で、我々が常にフォーカスしていかなければならないのは、1度訪問された方を確実にリピーターにすること。


根本にあるのは我々にしかできない、世の中にないものを創造していくチャレンジ精神。


施設の肝はスモールであること。スモールであるがゆえ、お客さまに対してはかゆい所に手が届くサービスを実現しています。


いかにして感動レベルのサービスを実現していくかが、我々に課された永遠のテーマ。


「常に本質を研究し、お客様に選んでいただけるサービスを提供し続ける」という確固たる信念があれば、厳しい過当競争にも勝ち抜くことが可能。


加藤友康(経営者)の経歴・略歴

加藤友康、かとう・ともやす。日本の経営者。「カトープレジャーグループ」CEO(最高経営責任者)。大阪出身。20歳で家業を継ぎ、ホテル・レストラン経営、公共施設再生などを手掛けた。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

やり続けた努力は100%無駄にならない。


和田秀樹

価値ある情報は、あなたの身の回りに溢れている。自分の業界でアタリマエのことが、他の人には新鮮な驚きを生むことに気づいてください。あなたの知識や経験は、十分に希少価値を持っています。


斉藤徹

お客様に断られたときが、イエスをいただく本当の勝負の始まり。営業の現場でメンタルが相当鍛えられました。自分の性格を変えてくれる職に出会え、自分の可能性を自身で見つけることができた。


太田英晴

志を持って世界で評価されるものをつくるという覚悟を決めれば、それは実現可能。


澤田道隆

花王は、基本的に直販ベースでやってきましたが、中国などでは、それではやはり限界があります。いまは現地の流通と提携して、直販と、卸を使う部分とをうまく使い分けています。最近ではインターネット通販も強化しています。


似鳥昭雄

たとえば街のレストランでも、流行っている店、美味しい店があります。でもそれはたいてい、10年前とか20年前から同じシステムでやっている。だから安い値段で美味しい料理を出すことができるのです。場所や形はすぐに真似できても、仕組みを真似るにはやはり10年かかると思います。


本木雅弘

歴史上の人物を演じるときはいつも踏み迷うんですよ。自分はどこに立って、どう演じたらいいのか。だいたいあんな凄い人には届かないからと、最初は落ち込む。だから、まずは単純に形から入りますね。剣なら剣を、軍人なら軍人の所作を、その人が感じていたであろうと、必要な分だけは、繰り返し身体に染み込ませていく。写真も残っているので、とにかく本物の顔を眺め続ける。そうすると、鏡映しに乗り移っていく気がしてきます(笑)。


吉松徹郎

起業当時、私は26歳でしたが、自分が30歳になった時に何が出来るか考えました。経験値として3年間のコンサルタント、プラス3年で6年間のコンサルタントとしてのキャリアが良いのか、3年間のコンサルタント、そしてベンチャーでの3年間の経験と比べたらどちらが自分にとって良い経験が出来るのかを考えたら、迷わずベンチャーを選択しました。


樋口泰行

外資系企業の日本法人トップは、本社の力を最大限に活用しつつ、いかに日本のお客様・パートナー様のお役に立てるか、そして従業員にそのミッションを浸透させるかが使命。例えるならメッセージソングを歌い上げるようなものです。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)

本当に全力を注ぎ、学ぶ姿勢を厭わなければ最後には頂上にたどり着ける。


橋本孝之

環境変化がある中で、世界が抱える課題や挑戦に対してまず自らがITを活用して変革して実践していく。そうしたサービスをグローバルにお客様に使っていただくことが、IBMのDNAと言いますか、生き様だということです。


中山幸市

自分が創設した会社を追われ、激しいインフレの中、ひどい食糧事情だ。私は生きるため、明日の自分の仕事をつくり出すために、私の才覚は素早い回転で動いた。これも、これまで生きてきた私の道が厳しかったせいであろう。
【覚書き|終戦直後、無資本から米兵へのお土産屋ビジネスを成功させた当時を振り返っての発言】