加藤友康(経営者)の名言

加藤友康(経営者)のプロフィール

加藤友康、かとう・ともやす。日本の経営者。「カトープレジャーグループ」CEO(最高経営責任者)。大阪出身。20歳で家業を継ぎ、ホテル・レストラン経営、公共施設再生などを手掛けた。

加藤友康(経営者)の名言 一覧

少子化が避けられない中で、我々が常にフォーカスしていかなければならないのは、1度訪問された方を確実にリピーターにすること。


根本にあるのは我々にしかできない、世の中にないものを創造していくチャレンジ精神。


施設の肝はスモールであること。スモールであるがゆえ、お客さまに対してはかゆい所に手が届くサービスを実現しています。


いかにして感動レベルのサービスを実現していくかが、我々に課された永遠のテーマ。


「常に本質を研究し、お客様に選んでいただけるサービスを提供し続ける」という確固たる信念があれば、厳しい過当競争にも勝ち抜くことが可能。


加藤友康(経営者)の経歴・略歴

加藤友康、かとう・ともやす。日本の経営者。「カトープレジャーグループ」CEO(最高経営責任者)。大阪出身。20歳で家業を継ぎ、ホテル・レストラン経営、公共施設再生などを手掛けた。

他の記事も読んでみる

蒲島郁夫

一歩を踏み出せば、何かが起こり、人生が動き出す。そこで、120%の努力をする。その繰り返しが自己実現であり人生だ。


田原総一朗

優れた政治家は、よく言えば柔軟、悪く言えば日和見。でも、政治家は清濁併せのむしたたかさがいる。状況に応じて意見を変えてもいいんです。


大久保真一

今も私は年間200日は海外出張に行きますが、歩くことは世界中どこでもできます。歩くことは全ての基本。今後も歩くことで健康維持につとめたいと思います。


若宮正子

歳を取ると頭や身体の働きが鈍くなるため、できないことや諦めることが増え、世界が狭くなってくるものです。しかし、何歳からでも新しい何かを得ようとする姿勢を忘れなければ、新しい世界を切り開くことができます。そうすれば、残りの人生を豊かにできるのではないでしょうか。


今川聖

部下とのコミュニケーションで心がけていることは「短く伝える」ことです。一度に伝えることは3つまで。短い文章にまとめます。部下からの連絡も同様です。「1ページに収まらない報告書は受け取らない」と言っています。短く伝えることで考えがブレなくなります。即断もできます。


木村惠司(木村恵司)

プロジェクトが成功したのはチームのメンバー同士の信頼関係があったから。


松下幸之助

「これはこんなものだろう、これでいいんだろう」こういうことで、みずからそれで限界をつくってしまえば、一歩も進歩することができないだろう。


岸田祐介

つくる、運ぶ、売る、それぞれプロを集めたほうが、お客様にいいサービスを提供できる。


松重豊

たとえ同じ役を演じても少しでも変わっていかないと、やっていて面白くないと思っています。


リー・アイアコッカ

利益しか生まないビジネスは、むなしいビジネスである。


佐藤公平

企業が将来ずっと、社会に役立つものとして残っていくためには、個社だけ頑張ってもダメで、業界が変わり、業界のイメージから変わってもらわないといけない。


ハワード・シュルツ

企業が草創期の情熱と精神を失わずに大きく成長するには、利益の追求を第一とするのではなく、正しい価値観と人材を基盤とした経営が必要である。その要は真心に他ならない。あなたが自分の事業、あるいは働きがいのある職場に真心を注ぐとき、人には不可能に見える夢を実現することができるのだ。そのとき、生きがいに満ちあふれた人生が開かれる。


後藤聡志(経営者)

場合によってはほとんど利益が出なくても、売却を選択した方が良いケースもあります。たとえば資産の組み換え。将来的な値上がりを期待してより好立地の物件に買い替えたり、あるいは築年数の浅いものにしたりなど、目的は様々です。いずれにせよ、安易に持ち続けるのではなく、しっかりと期間を定めて投資することが重要。


マーク・ベニオフ

顧客の声に耳を傾け、素早く対応し、ビジネスを透明化する。顧客と深くつながるIoT時代だからこそ、企業の最大の課題は、顧客との対話を通じて信頼を得ること。


伊藤一郎(経営者)

トップは「自分がいないと会社がもたない」と考え、長くとどまりがちだが、「死ぬ時が定年」だと、次の体制の準備ができず、現場は混乱する。


ページの先頭へ