名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤千麿の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤千麿のプロフィール

加藤千麿、かとう・かずまろ。日本の銀行家。「名古屋銀行」社長・頭取。慶應義塾大学法学部卒業後、東海銀行を経て名古屋相互銀行(のちの名古屋銀行)に入行。東京支店長、取締役、常務取締役、専務取締役、取締役副社長などを経て社長・頭取に就任。

加藤千麿の名言 一覧

新しいことにチャレンジするとき、止める場合もあります。とにかく試みて試みて、軌道に乗らなければ、早いうちに止めていく。いったん手を打つ。でも、最初からノーノーノーでは駄目なんです。言葉は悪いけど、役所の発想はそうでしょう。最初からノーノーノーで、できないという前提で行っちゃうんですから。ノーが一番楽なんですよ本当は。ああ止めとけっていうのが一番楽なんですね。


加藤千麿の経歴・略歴

加藤千麿、かとう・かずまろ。日本の銀行家。「名古屋銀行」社長・頭取。慶應義塾大学法学部卒業後、東海銀行を経て名古屋相互銀行(のちの名古屋銀行)に入行。東京支店長、取締役、常務取締役、専務取締役、取締役副社長などを経て社長・頭取に就任。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

私が20代でどこかの会社に新人として入ったとしましょう。まず考えるのは、その会社は将来潰れる可能性が高いということです。大企業であればあるほど潰れる確率が高い。だから自分の腕を磨いて「100万ドルプレーヤー」を目指します。いずれ起業するかもしれません。そのためにも、仕事を通じて早く「数字感覚」を身につけて、つぶしが利くようにしますね。配属先を希望できるなら、迷うことなく経理部門を選びます。1年間ぐらい、会社の経営状態を示す数字の基礎をマスターしたい。


元谷芙美子

殻を破るには、先見力を身に付ける必要があります。今という時代をどう認識するのか。目と頭を使って勉強して、確立した考えを持っていれば、先は見えます。


天野周一

定年のだいたい5年前から秒読みを開始した人が、定年後の夫婦関係で生き残っています。最初はなかなかしっくりきませんが、じっくり時間をかけて生活習慣にすることで、「あなた、よくなったわね」「以前の父さんと違う」と言われるようになればいい。変われなければ熟年離婚。それくらいの真剣勝負です。


楠木新

会社人生の途中で病気やリストラなど不遇なことがあると、自分の生き方を真剣に見つめ直すのですが、そうした機会がないとそのまま突き進んで定年後に立ち往生してしまう。退職後に新たなことを始めようとしても、会社にいるときに比べて情報量や刺激が激減するので難しくなります。ですから、在職中に定年後の生き方を検討することが必要となるのです。


ロバート・キヨサキ

「税の優遇を受けられるのだから、損をするのはいいことだ」という考えには、金持ち父さんも私も納得できない。そんな考え方をしていると、ろくな投資しかできなくなる。投資物件の数字をよく読み、取引条件を分析しようともしないで、ただ税金が安くなる物件を買おうとする。課税所得額にもよるが、基本的には1ドル損するたびに減税で戻ってくるのは30セントだけだ。私に言わせれば、これは全く引き合わない話だ。そもそも「投資」の目的は、お金を儲けることであって失うことではない。自分のやっている投資について十分な知識と経験があれば、多くの税の優遇を受けながら儲けを出すことは可能だ。


千葉智之

場を楽しんでいます。楽しいからおごったり、出会う場を提供したり。返報性の原理で、相手も私に紹介してくれたり、面白い情報を持ってきてくれたり。それで(人脈が)広がっていった感じです。


出原洋三

当社はもともと国内2位の企業です。世界で再編が進む中で、本当に生き残れるのかと自問自答しました。「何とか世界一にできないか」と。


藤岡頼光

グローバル人材にとって必要な能力を高めるためには、できるだけ早く海外に出るべき。とくに、高度経済成長を遂げている国の「熱気」を若いうちに肌で感じて欲しい。


ベーブ・ルース

どうやったらホームランを打てるか。できる限り強くバットを振り、ボールを振りぬこうとする。バットを強く握れば握るほどボールを振りぬくことができるし、ボールも遠くに飛ぶ。私は自分の持っているすべてをかけてバットを振る。大きく打つか大きく外すか二つに一つだ。私はできる限り大きく生きたいから。


和田秀樹

各教科をまんべんなく勉強しなければならない学生と違い、社会人は自分の長所を伸ばすことに専念したほうがいい。社会で目立つのは長所が光る人だからです。


阿部寛

40歳を過ぎ、面と向かって怒ってくれる人も少なくなってきました。だから、自分で自分に厳しくなるしかない。毎回新しいチャレンジ、試練のつもりで現場に臨んでいます。


しりあがり寿

紫綬褒章をいただいたことには、何より自分が一番びっくりしています。理由は正直わかりませんが、私が普通の漫画家と比べ、いろいろな分野に挑戦してきたこと、また、社会から目をそらさなかったことを評価してくれたからかな、と思います。