加藤千麿の名言

加藤千麿のプロフィール

加藤千麿、かとう・かずまろ。日本の銀行家。「名古屋銀行」社長・頭取。慶應義塾大学法学部卒業後、東海銀行を経て名古屋相互銀行(のちの名古屋銀行)に入行。東京支店長、取締役、常務取締役、専務取締役、取締役副社長などを経て社長・頭取に就任。

加藤千麿の名言 一覧

新しいことにチャレンジするとき、止める場合もあります。とにかく試みて試みて、軌道に乗らなければ、早いうちに止めていく。いったん手を打つ。でも、最初からノーノーノーでは駄目なんです。言葉は悪いけど、役所の発想はそうでしょう。最初からノーノーノーで、できないという前提で行っちゃうんですから。ノーが一番楽なんですよ本当は。ああ止めとけっていうのが一番楽なんですね。


加藤千麿の経歴・略歴

加藤千麿、かとう・かずまろ。日本の銀行家。「名古屋銀行」社長・頭取。慶應義塾大学法学部卒業後、東海銀行を経て名古屋相互銀行(のちの名古屋銀行)に入行。東京支店長、取締役、常務取締役、専務取締役、取締役副社長などを経て社長・頭取に就任。

他の記事も読んでみる

小阪裕司

ちょうど先日、あるメーカーで便器の開発をしていた方のお話伺う機会があったんですけど。ウォシュレット、やっぱりあれは当時、ものすごく大きなイノベーションだったんですって。明らかに「欲しい」と感じられるものだったと。でも、初期のこの手の商品にはまだ、必要十分な機能が備わってなかったんですね。もっとよく命中するように改良するとか。まあ、それ以外にも乾燥とか脱臭とか、どんどん機能を付加していったと。それに応じてどんどん売上は上がって行ったし、それで良かったと。でも、ある所まで商品のレベルが到達するとやることがなくなったんですって。でも、機能を増やしても、増やしても、思うように売上が上がらない時がやってくるんですって。やっぱり、あるレベルまで必要や欲求を満たしたら、別の局面がやってくるということなんでしょうね。


大野裕

15分以上眠れないときは、そのまま輾転反側(てんてんはんそく)せずに、いったん布団から出てゆっくりと時間を過ごします。再び眠くなってきてから、また布団に戻りましょう。それでも眠れないときは「いずれ眠れるさ」と開き直ることも大切です。


黒田武志

中部地域は東京並みに有効求人倍率が高く、景気が良くなると、現場で働くパートやアルバイトが採用しづらくなります。そこで、発想を変えて、小さい子どもを持つ主婦も働けるようにパートは午後3時で退社できるようにしました。子どもたちが帰ってくる前に帰宅したい主婦の働き方のニーズに応えたことで、求人が集まるようになりました。


越智直正

我がタビオは、世界一の靴下総合企業を目指しています。売上基準ではありません。一流の商品で一番になるための創意工夫を重ねての世界一を目指しているのです。


金子雄二

特に放電加工機の場合は、機械としての構造は理解できても、放電回路を理解できなければ作ることができません。日本国内には長年蓄積してきたノウハウがある。だから日本国内なんです。このことは逆説的に、この分野は非常に参入障壁が高いということの証明にもなります。当社を脅かす企業は当面出てこないと考えています。


水留浩一

もちろんほかの回転寿司もライバルとは思っていますが、胃袋は1つなので、外食産業全部ですね。今日は何を食べようかと考えたときに、ハンバーガー、ステーキなどに勝たなければならない。大切なのは2つの「鮮度」です。寿司の鮮度はもちろんのこと、この前店に来たときと同じじゃないかと思われてしまうと、体験としての鮮度が落ちてしまう。だから常に定番以外のメニューを新しくしています。


小島貴子

悲壮な顔をして再就職活動をしても、誰も同情してくれないのが現実。そうした精神状態では、面接にこぎ着けたとしても落とされるだけだろう。「何でもできます」、「これまでの仕事を卒業して心機一転、新しい分野で一旗揚げるつもりです」というくらいのポジティブな気持ちを持つことが、再就職に成功するために最も必要な条件だ。


吉田正樹(経営者)

経験の豊富さとは失敗の数で計るべきで、想定内のことを繰り返した経験なんて、いざというとき、何の役にも立たない。失敗したことのないやつに、大事な仕事なんて任せられない。


和田裕美

オフの日にはスマートフォンを家に置いて、ペンとノートを持ってお散歩に出掛けてはいかがでしょうか。家にこもってネットばかり見ていても新しいアイデアはきっと出てこないけれど、体を動かせば、脳も動きます。


磯崎功典

私がキリンビールの本社にいたのは10年ほどです。出向などで外にいた時間の方が長い。でも、主流にいなくても力はつけられますし、むしろそっちの方が面白いくらいです。


松原秀樹(経営者)

50歳を過ぎて思うのですが、昔自分が経験したことを若い経営者の方たちに伝えることが私たちの役割なのかもしれません。過去に経験した会社の危機や誤った判断、考え方など、年齢を重ねれば重ねるほど客観的に見られる部分は増えていきます。こうした経験を元にしたビジネスの摂理や道理を、若い経営者たちにアドバイスできることが今は嬉しいですし、彼らに追い抜かれないようにもっと上にいかなけれはならないと思えることが何よりもの刺激となっています。


斉藤惇

複眼でものを見よ。


金指潔

世の中は激しく動いており、新しい価値が求められています。組織で仕事をしていても、個人のやりたいことをぶつけられるかどうか。それを実現するために、一生懸命考えて行動できるかどうか。


堀潤

各企業のホームページに掲載されたプレスリリースは情報の宝庫です。「隠蔽体質だ」と批判する人も多い東京電力でも、実は震災直後のテレビ会議の様子をアップしています。記事はこうした第一次情報を見たり、記者会見に参加したりして書かれているはずですが、スペースには限りがありますから、ひとつのニュースで情報をすべて網羅するのは難しい。


大橋禅太郎

会議に臨む際は「事前に自分の考えを紙に書いておく」ことも大切です。これには「書くことで自分の考えを再確認できる」「滞りなく発表できる」などのメリットがありますが、最大のメリットは「書いているときは、ほかの参加者の意見が耳に入らない」ことです。紙に自分の考えを書かずに発表すると、知らず知らずのうちにほかの発言者の意見に影響を受けて、自分の意見を変えて発表してしまうこともあるのです。


ページの先頭へ