名言DB

9429 人 / 110879 名言

加藤勝信の名言

twitter Facebook はてブ

加藤勝信のプロフィール

加藤勝信、かとう・かつのぶ。日本の官僚(財務)、政治家。東京都出身。東京大学経済学部卒業後、大蔵省(のちの財務省)に入省。倉吉税務署署長、主計局主査、農林水産大臣秘書官、岳父・加藤六月代議士秘書などを経て衆議院議員選挙に当選。厚生労働大臣、内閣府特命担当大臣(拉致問題)、働き方改革担当大臣、自由民主党岡山県連会長などを務めた。

加藤勝信の名言 一覧

安倍(晋三)首相自ら議長を務め、関係閣僚や経団連会長、日商会頭、中小企業中央会会長や連合会長といった労使、それに有識者など、それぞれの分野でトップの方々が参加し、方向性を決定する枠組みをつくった。それが「働き方改革実現会議」です。首相がリーダーシップを発揮され、委員の方々は、首相の意気込みを感じ、この場で決めていくとの覚悟を持って参加された。これが合意形成に大いに役に立ったと思います。


現状に特段不便を感じていない人は、無理をして変える必要はありません。そうではなく、例えば働きたいとの希望を持ちながら働けなかった人たちなどが働き得る環境を作っていく。そうなれば、今まで以上に多様な人たちが職場に入ってきます。その結果、いろいろなアイデアが持ち込まれ、新たな商品やサービスも生まれるかもしれない。まさに、イノベーションが起こり、生産性が上がり、給料が上がっていくという流れが見えてきたら、現状維持でいいと思っていた人も、「ちょっと待てよ」と思うようになるのではないでしょうか。新しいことをやってみよう、ここを変えてみようと考える人が増えていく。


加藤勝信の経歴・略歴

加藤勝信、かとう・かつのぶ。日本の官僚(財務)、政治家。東京都出身。東京大学経済学部卒業後、大蔵省(のちの財務省)に入省。倉吉税務署署長、主計局主査、農林水産大臣秘書官、岳父・加藤六月代議士秘書などを経て衆議院議員選挙に当選。厚生労働大臣、内閣府特命担当大臣(拉致問題)、働き方改革担当大臣、自由民主党岡山県連会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

高田旭人

ジャパネットたかたとして一番大切にしていることは、「とにかく自分たちが自信を持って良いと言える商品を見つけてくること」と「その商品の良さを徹底的に伝えること」。これがなくなれば、ジャパネットたかたである意味はないと思っています。


関根正浩

当社のビジネスは、リアル店舗の分析を通して売り上げを伸ばすこと。私達は日本中にあるリアル店舗の売り上げアップに貢献したいと考えています。そういう意味では日本はホワイトスペースだらけです。まだまだお会いすることすらできていないリテーラー(小売業者)さんもたくさんいらっしゃいますから。


樋口一

当社は価格競争に巻き込まれにくい商品を他社に先駆けて出しているため、後から同様の製品が出てきても十分に競争力を維持できるのです。高付加価値ですが、耐久性も高いため、お客様には割安感を感じていただいています。


葛西敬之

良い本を繰り返し読むことも大事です。これを記憶として定着させるためには、人に語り聞かせるというプロセスがとても大切です。3人の人に話すと、それは記憶され、定着するといいます。自分だけで温めているよりは、仲間と本の内容をテーマに話し合うことが大事で、だからこそ感激を共有できる友達が必要です。


川越達也

今日より明日、明日より明後日とパフォーマンスを向上させていくのは当然のこと。「やっぱり来てよかった!」と思っていただけるには、昨日と同じことをしていてはダメです。


西川世一

いまでこそ、小ロット生産に協力してくれる工場が増えたが、最初はコストが見合わないことを理由に提携を断られる日々が続いた。大手企業や自治体など、実績を少しずつ積み上げてきたことがいまにつながっている。


阿部寛

僕は昔から仕事が好きなので、情熱だけは誰にも負けないと思っているんですよ。情熱があれば、挑戦する意識も強くなる。だから自分が挑戦しても挑戦しても挑戦しきれない、ハードルが高くて手が届かない仕事にこそ意欲をかきたてられます。


砂野仁

処遇の厚薄は担当する楽器操作の巧拙と難易によって上下する。理想は楽団的事業経営体である。【覚書き:理想的な労使関係について語った言葉。】


山田隆持

現場には社長だけ行ったらいいかというと、それも違います。経営陣がみんなで手分けをして行くことが大切です。そういう仕組みを作らなければいけません。実際、誰がどこに行ったかという表を社長室に貼っていました。


能作克治

知ってもらうことが大事だと思って、ブランディングを考えずに取扱店を増やしてきたら、他社に「能作はブランドだよね」といわれるようになった。取扱店の多さがブランド構築につながった。