加藤勝信の名言

加藤勝信のプロフィール

加藤勝信、かとう・かつのぶ。日本の官僚(財務)、政治家。東京都出身。東京大学経済学部卒業後、大蔵省(のちの財務省)に入省。倉吉税務署署長、主計局主査、農林水産大臣秘書官、岳父・加藤六月代議士秘書などを経て衆議院議員選挙に当選。厚生労働大臣、内閣府特命担当大臣(拉致問題)、働き方改革担当大臣、自由民主党岡山県連会長などを務めた。

加藤勝信の名言 一覧

安倍(晋三)首相自ら議長を務め、関係閣僚や経団連会長、日商会頭、中小企業中央会会長や連合会長といった労使、それに有識者など、それぞれの分野でトップの方々が参加し、方向性を決定する枠組みをつくった。それが「働き方改革実現会議」です。首相がリーダーシップを発揮され、委員の方々は、首相の意気込みを感じ、この場で決めていくとの覚悟を持って参加された。これが合意形成に大いに役に立ったと思います。


現状に特段不便を感じていない人は、無理をして変える必要はありません。そうではなく、例えば働きたいとの希望を持ちながら働けなかった人たちなどが働き得る環境を作っていく。そうなれば、今まで以上に多様な人たちが職場に入ってきます。その結果、いろいろなアイデアが持ち込まれ、新たな商品やサービスも生まれるかもしれない。まさに、イノベーションが起こり、生産性が上がり、給料が上がっていくという流れが見えてきたら、現状維持でいいと思っていた人も、「ちょっと待てよ」と思うようになるのではないでしょうか。新しいことをやってみよう、ここを変えてみようと考える人が増えていく。


加藤勝信の経歴・略歴

加藤勝信、かとう・かつのぶ。日本の官僚(財務)、政治家。東京都出身。東京大学経済学部卒業後、大蔵省(のちの財務省)に入省。倉吉税務署署長、主計局主査、農林水産大臣秘書官、岳父・加藤六月代議士秘書などを経て衆議院議員選挙に当選。厚生労働大臣、内閣府特命担当大臣(拉致問題)、働き方改革担当大臣、自由民主党岡山県連会長などを務めた。

ページの先頭へ