名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤充(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤充(経営者)のプロフィール

加藤充、かとう・みつる。日本の経営者。「ユニバーサルホーム」社長、「日本フランチャイズチェーン協会」会長。神奈川県出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、外資系製薬会社に入社。カリフォルニア州立大学経営大学院でMBAを取得。「ユニバーサルホーム」を設立。そのほか、日本フランチャイズチェーン協会会長。アジアパシフィックフランチャイズ協会副会長などを務めた。

加藤充(経営者)の名言 一覧

選択肢は常に複数用意できることが望ましい。


何よりも大切なのはお客様からの信頼。最近のメディアを見れば、一度信頼が失われると立て直しが難しいということは明らか。企業が短期的な利潤や合理性だけを追ってはいけないのです。


今の世の中、楽して儲かることはそうそうないと念頭に置いてほしいです。努力して、それに見合った成果が得られるのは当然のこと。


様々なものを肌で感じ、目で見ることによって視野が広がります。視野が広がれば、自分の夢や将来のビジョンが生まれる。それを叶えるために日々学ぼうという意欲も芽生えます。


子供が社会と触れ合うことは本当に大切なのです。だから私は、職業体験を幼い頃から行うべきだと考えています。


どんなに緻密に計算して将来の目標・計画を掲げても、予期せぬ出来事は起こります。その時に凝り固まっていては対応することができません。常に変わる環境に応じて、最も良い方法をとることができる柔軟さが大事だと思っています。


素晴らしい経営者の中には、人生に高い目標を掲げ、その目標を達成するためにしなければならないことを小さな目標とし、人生を逆算し、細かく人生設計をする方もいます。私の場合は先のことを決めるより、今の環境に柔軟に対応していくことを得意としています。


私は常に自然体でありたいと思っています。気を張って自然体であろうとしているわけではなく、私の生き方と同じで、楽観的にポジティブに考え行動し、無理はしません。


フランチャイズに加盟するとき、加盟したい企業の方針が自分のやりたいビジネスに合致しているか、将来性があるビジネスか、じっくり見極めてから加盟すること。かなりの額を投資するわけですから、客観的な情報なしに、自分の判断や思い込みをベースにするのは危険です。


フランチャイズに加盟するときに大切なのは情報収集です。これは本当に大切。フランチャイジーの一番の不満の原因は、「加盟してみたら自分の想像と違った」というものです。本部の経営者を含めその企業の考え方、契約書の中身を知り、またすでに加盟しているお店に行き、オーナーに話を聞いて下さい。さらに、当協会に来ればある程度の情報もあります。これらを駆使して情報収集すれば、トラブルの多くは防げると思います。


自分で全てのノウハウを作り上げるのは膨大な時間とコストがかかります。フランチャイズチェーンに加盟すれば、その時間とコストを節約できます。行ってしまえば、時間を買うことができるのです。


日本の若者は、勉強だけを一生懸命して、何も知らないまま社会に放り出されているように思えてなりません。音楽など芸術関係の才能を伸ばすなら早期教育が良いと言われるように、仕事に関しても早期の段階で体験しておけば、非常に良い体験になるのではないでしょうか。


加藤充(経営者)の経歴・略歴

加藤充、かとう・みつる。日本の経営者。「ユニバーサルホーム」社長、「日本フランチャイズチェーン協会」会長。神奈川県出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、外資系製薬会社に入社。カリフォルニア州立大学経営大学院でMBAを取得。「ユニバーサルホーム」を設立。そのほか、日本フランチャイズチェーン協会会長。アジアパシフィックフランチャイズ協会副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

野村克也

綿密な下調べという意味では、監督は頭の中で、最低一試合につき三試合はやります。想像野球、実戦野球、反省野球。想像野球はいつも完全勝利です(笑)。そして、実戦野球のあとで、想像と実戦の間に差が出た理由を考えるのが反省野球です。


柴田励司

「自分は仕事力も人間力もまだまだ磨かれていない」と不安に駆られる人もいるかもしれません。そういう人にまず勧めたいのは、思い切ってロングバケーションを取ることです。「バケーション」とはラテン語の「vacate(空にする)」という言葉からきています。空っぽにして自分を解放してみると、逆にいろいろなものが入ってくる余地が生まれてくるものです。


志藤健

グローバル化を積極的に進めてきた中で、いま、何をすべきかをずっと考えてきました。たどり着いたのが、「すべてのステークホルダーから愛されることで100年企業になる」という理念。


川崎亘一

のちのち、「あの曲はこう解釈すればよかったのか」と思うことが多いので、昔の曲はライブで成長を繰り返すんです。音源とライブで違うことをしているので、両方楽しんでもらいたいですね。


大野直竹

今年の連結業績予想で売上高2兆円が見えてきましたが、いまやその数字が社内で語られることはありません。ひとつの通過点にすぎず、役員や従業員の意識は次に向けた基盤づくりに向かっています。日本経済の先行きについては緊張感を持って見つめており、内部改革のスピードを緩めることはありません。


酒巻久

若い人の提案に「よくわからんが、やってみろ」という幅の広い会社ほど、よい商品が出てくる可能性が高い。これはキヤノンに限らず、ソニーや東芝だって同じことだと思います。


桜井正光

原因を突き止めて問題点を解消すれば、それによって重点施策を修正することも可能になります。よく経営の見える化、可視化と言われますが、ここまでできるようにならないと、本当に経営を見える化したとは言えないでしょう。


佐藤義雄

私はアメリカかぶれだとよく言われるのですが、他社であろうが、優れている点は参考にさせてもらいます。


藤吉泰晴

企業として売上高や利益は重要です。ただ、単純な規模の競争よりも、機能の競争だと思っています。メーカーや小売店、消費者に何を提供していくのか、この機能が重視されなければなりません。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)

人工知能を研究することは、人を理解するための最良の手段であり、最も建設的な方法である。


望月衣塑子

本書(『新聞記者』)では、少し恥ずかしいが、自分の生い立ちも含めて著す機会に恵まれた。記者生活での失敗や、母親としても失格のところもたくさんあること、そんな等身大の私を知ってもらうことで、壁に突き当たって悩んでいる人に共感を持ってもらえるのではないか。政治や社会がおかしいと思ったら、自分たちが一歩でも二歩でも踏み出して世の中を変えてみようという気持ちに働きかけができるような本になればいいなと思っている。


窪田健一(経営者)

お客様も競合です。今は非常に変化が早い時代であり、お客様のニーズの変化も早い。その変化に対して、我々もどう変化していけるかというのが勝負だと思っています。そういう意味で、同業他社を競合として想定するのはあまり意味がない。変わって行くお客様に対して何ができるかという戦いのほうが大変ですから。