名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤健太(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤健太(経営者)のプロフィール

加藤健太、かとう・けんた。日本の経営者。「エンファクトリー」社長。リクルートを経て生活総合情報サイト「オールアバウト」設立に参画。同社取締役CFO(最高財務責任者)を経てエンファクトリー社長に就任。

加藤健太(経営者)の名言 一覧

会社設立以来、「専業禁止」を掲げています。今の時代、会社の仕事だけしているのではなく、社員には(副業などで)どんどん外に出て経験を積んでほしいと思っています。大企業も潰れる世の中ですから、会社に寄りかかるのでなく、力をつけてどこにいってもやっていける人材に育ってほしいと思い、始めました。


社員の約半数が副業に取り組んでいます。内容は様々ですが、一からビジネスを立ち上げる人もいる。収益化を目指し、いわばミニ経営者となって課題に取り組むわけです。これまでにない力が身につき、起業した社員もいます。起業したら連携する仕組みです。いずれにしても、社員の能力アップで、会社の業績も上がっています。それで給料が上がればハッピーですし、自分で稼いだ分収入も上がる。いいことずくめです。


加藤健太(経営者)の経歴・略歴

加藤健太、かとう・けんた。日本の経営者。「エンファクトリー」社長。リクルートを経て生活総合情報サイト「オールアバウト」設立に参画。同社取締役CFO(最高財務責任者)を経てエンファクトリー社長に就任。

他の記事も読んでみる

中川邦夫(コンサルタント)

どんな思考術でもそうですが、考え方を「知っている」だけではダメです。「ストーリーシンキング」を実際に使えるようにするには、そのストーリーを書いてみる、すなわちドキュメント化するトレーニングを強く推奨します。書き出すとアラが見えやすくなるからです。


佐野恵一

キャンセルにもできるだけ寛大に対応しようと心がけています。わが社のお客様は旅行直前に体調を崩されることが相対的に多いという事情から、若干のキャンセル料はいただきますが、基本的にデポジットというかたちで繰り越し可能なシステムをとっています。


寺島実郎

残念ながら、今の日本の政治リーダーには、大きな構想やビジョンを語り得る人材がいない。しかし、そうであるならば、私は財界、経済人こそが、自分たちの生き方を真剣に語るべきだと思っています。


リンダ・グラットン

グローバル化によって世界の様々な人たちが繋がれば、意思決定が複雑になり、企業の成長を阻害します。それを防ぐためにグローバル企業が実践しているのが「経営陣のスリム化」です。例えばユニリーバでは7人以上は増やさないと決めています。


山下和美

40歳を過ぎたら止まっちゃダメです。1日でも休んだら、下手になります。ここでも、崖っぷちの綱渡りですね。もうマンガを書くだけで、精一杯です。


山田淳

登山と経営コンサルティングはよく似ています。目指す山やクライアントの要望によって、必要な準備やスキルが異なるように、登頂や事業を成功させるためには、「現状から何ができるか」を考えるのではなく、「いま何をしなければならないか」を逆算して考える必要があるからです。


芦田昭充

私はいつも社員に「ちゃんと数字で説明しなさい。大人なんだから」と言っています。ものごとを判断するとき、他者を説得するとき、数字を用いることは有効です。スピーチをするときにも、ちょっと数字をいれてやるだけで、格段に話を面白くすることができます。


熊谷正寿

新聞の読み方は3段階。まず、気になるところを赤い線で囲む。余白に日付を入れ、切り取る。それをファイリングする。一連の作業を通じ、最低3回記事に触れることで、内容を頭に叩き込むのです。かつてはこの作業を中心に情報収集をしていました。しかし、現在はインターネットの出現によって情報源と情報収集ツールが無数に増えています。


出口治明

歴史に問題解決のひとつのヒントを求めるのは、有効な手段です。古今東西の歴史を調べると、先が見えない状態で正しい意思決定を行ったり、未曾有の危機に直面しながらそれを乗り越えたりといった例が、いくつも見つかります。そういう先人の足跡を学び、参考にするというのは、きわめて合理的だといえます。


福田秀人

上司だけでなく、上司の上司や、他部門のミドル、それも主流派のミドルに良い印象をもってもらうようにすること。それを、若い時から心がけ、6名以上の主流派ミドルに良い印象を与えれば勝ったも同然。


マーク・トウェイン

「卵は一つのカゴに盛るな」と愚かな者は言う。これでは「金を分散し、注意を分散させよ」というに等しい。賢者は言う。「卵は一つのカゴに盛り、そのカゴをよくよく見守れ」と。賢者は投機を戒める。「人生には投機に手を出すべきではない時期は二つある。投機に回せる金がないときと、投機に回せる金があるときだ」と。そして、投資家としての失敗を嘆く。「投資機会を見つけ出せるのはたいてい、機会がなくなってからだ」と。 【覚書き|1894年に出版した「ノータリン・ウィルソンの悲劇」より】


出光佐三

商売気を離れて油の用意をした。私のお客だけは油不足で仕事を休むようなことはなかった。他の事業会社では油が切れて事業を休んだところがたくさん出た。私はただお客のために油を用意しただけだ。しかし戦争が済んだら、油は出光に任せておけということになった。金は儲けなかったが、得意先を儲けたのだ。