名言DB

9412 人 / 110637 名言

加藤健太(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

加藤健太(経営者)のプロフィール

加藤健太、かとう・けんた。日本の経営者。「エンファクトリー」社長。リクルートを経て生活総合情報サイト「オールアバウト」設立に参画。同社取締役CFO(最高財務責任者)を経てエンファクトリー社長に就任。

加藤健太(経営者)の名言 一覧

会社設立以来、「専業禁止」を掲げています。今の時代、会社の仕事だけしているのではなく、社員には(副業などで)どんどん外に出て経験を積んでほしいと思っています。大企業も潰れる世の中ですから、会社に寄りかかるのでなく、力をつけてどこにいってもやっていける人材に育ってほしいと思い、始めました。


社員の約半数が副業に取り組んでいます。内容は様々ですが、一からビジネスを立ち上げる人もいる。収益化を目指し、いわばミニ経営者となって課題に取り組むわけです。これまでにない力が身につき、起業した社員もいます。起業したら連携する仕組みです。いずれにしても、社員の能力アップで、会社の業績も上がっています。それで給料が上がればハッピーですし、自分で稼いだ分収入も上がる。いいことずくめです。


加藤健太(経営者)の経歴・略歴

加藤健太、かとう・けんた。日本の経営者。「エンファクトリー」社長。リクルートを経て生活総合情報サイト「オールアバウト」設立に参画。同社取締役CFO(最高財務責任者)を経てエンファクトリー社長に就任。

他の記事も読んでみる

外山滋比古

いま、自分のことを優秀だと考えている人たちは、たくさん勉強したから知識の量は大したものだけれど、実生活における「生活の密度」が希薄です。それは家族や友人、隣人との関係であったり、そういったごく普通の生活経験の量が少ないのです。狭い世界の中で仕事をしているから土壇場になるとものごとが判断できなくなります。


久米信行

「やってみたらできた!」という経験を積んでいくと、物事に直面したときに、障害の大きさやありかが直感でわかるようになってきます。そして、「なんとなく自分はいけそう」とイメージできたときに、モチベーションが上がります。


フィリップ・コトラー

顧客を理解すること。そして顧客ごとの異なるニーズを見抜くことが重要だ。


木村弘毅

従業員にはユーザーに驚きを与えることを第一に考えるよう言い続けたいと思います。ただし、既存ユーザーや上司の声に耳を傾けすぎると斬新な提案はできません。怒られるかもしれませんが、そうした声は二の次で考えてもらっていいのです。


孫正義

自分一人のものが夢。みんなで共有できる夢が志だ。


小杉俊哉

「自分のほうが立場は上だし、経験も豊富だから」と部下の話に耳を傾けようとせず、自分のやり方を一方的に押しつける人は、今の時代においてダメ上司でしかありません。上司の指示に従うのではなく、部下が自分の頭で考えて自由に動けるようになれば、モチベーションも成長速度も上がります。


堀威夫

実は、こういうこと(会社の電話が鳴ったらすぐに取るようなこと)は言わなくてもわかることだと思って、これまで研修項目から外していました。でも、最近、考え方を変えました。家庭や学校でのしつけが崩壊している現在、社会人としての基本的マナーも、企業がきちんと教育する必要があると思うからです。ほんの少しの努力で、マナーは大幅に改善されるのですから、手間を惜しまずに根気よく教えるしかないと覚悟を決めています。


武田双雲

本当は我慢していいことって一個もないと思うんです。「ノー」だったら、早く「ノー」と言ってくれよ、と。偽りのイエス、消極的なイエスが積み重なると、お互いに不幸せ。一番つらいのは、「ノー」と言い合えず、我慢して、一方が急に爆発してしまう状態ですよね。


西山昭彦

メンツを保つためだけに反対してくる人に対しては、ゆるい段階で提案を見せ、あえて反対意見を言わせる。反対の儀式をしてあげるわけです。「ダメだ」と言われたら「どんなところが?」と、部分の指摘をさせ、全体を否定させない。そして持ち帰り、「ご指摘の箇所は修正しております」と、数日おいてメールで経過報告をする。「あなたの意見を尊重してます」という姿勢を見せる。これを2~3回くり返せば、ほとんどは承認してくれます。


三木谷浩史

これからの世界を動かすのは既存の大企業ではない。新しく生まれた事業や、新しい産業が世の中を動かそうとしているのだ。たとえ小さな手漕ぎボートでも、自分で作った船で、僕はこの新しい潮流に乗り出したかった。どんな業種でも、どんなに規模が小さくても、とにかく起業しようと思ったのだ。
【覚書き|興銀を辞め起業した当時を振り返っての発言】


栗原典裕

相手が話し始めた話題が不得意なジャンルだった場合、素直に詳しくないことを伝え、教えを請うのが一般的です。ここではそれにもうひと工夫し、相手に思い切りエキスパートになってもらいましょう。例えばサッカーの話をされたあと「○○さんって、本当にサッカーに詳しいですね」と返すのです。こうすることによって相手はエキスパートになった気持ちになり、いろいろなことを話してくれるのです。


木村沙織

私はあまり気にしてなかったし、数字に左右されないようにしていました。良くても満足せず、悪くても落ち込まない。もちろん数字は作戦を立てるために大切だし、チームの現状も把握できます。数字の良し悪しから自分がやるべきことを見いだせるので、見て見ぬふりはしません。でも数字やデータがすべてではないとも思うんです。


塩原研治

諏訪の研修センターには偶然ですが知り合いが一人いました。高校の先輩が私と同じように島内精器(のちのセイコーエプソン島内事業所)に入って諏訪に来ていたのです。話をしてみたら「技能五輪というものがあって……」と目を輝かせて熱心に時計の勉強をしていました。その先輩は一年後にセイコーではじめて技能五輪において世界一になった人だったのですが、その熱意に惹かれて、時計の勉強にすごくはまりこんでいきましたね。
【覚書き|修行時代を振り返っての発言】


佐藤安弘

どんなに強いブランド力を誇っていても、それが永遠に続くことなどありえません。
【覚書き:発泡酒への参入を決意した時の言葉。当時、「ラガービール」は長期的に不振が続き、「一番搾り」もなかなか売り上げが伸びない状況で新たな道に進むことを決断した言葉】


山岡孫吉

私は学歴がなく、十分の学問を積むことができなかったので、実地の見聞でそれをカバーしようとした。機会あるごとに積極的に各地を歩き回っていたので、かなり地方の事情に詳しかった。