名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤健太(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤健太(経営者)のプロフィール

加藤健太、かとう・けんた。日本の経営者。「エンファクトリー」社長。リクルートを経て生活総合情報サイト「オールアバウト」設立に参画。同社取締役CFO(最高財務責任者)を経てエンファクトリー社長に就任。

加藤健太(経営者)の名言 一覧

会社設立以来、「専業禁止」を掲げています。今の時代、会社の仕事だけしているのではなく、社員には(副業などで)どんどん外に出て経験を積んでほしいと思っています。大企業も潰れる世の中ですから、会社に寄りかかるのでなく、力をつけてどこにいってもやっていける人材に育ってほしいと思い、始めました。


社員の約半数が副業に取り組んでいます。内容は様々ですが、一からビジネスを立ち上げる人もいる。収益化を目指し、いわばミニ経営者となって課題に取り組むわけです。これまでにない力が身につき、起業した社員もいます。起業したら連携する仕組みです。いずれにしても、社員の能力アップで、会社の業績も上がっています。それで給料が上がればハッピーですし、自分で稼いだ分収入も上がる。いいことずくめです。


加藤健太(経営者)の経歴・略歴

加藤健太、かとう・けんた。日本の経営者。「エンファクトリー」社長。リクルートを経て生活総合情報サイト「オールアバウト」設立に参画。同社取締役CFO(最高財務責任者)を経てエンファクトリー社長に就任。

他の記事も読んでみる

嶋浩一郎

僕にも経験がありますが、企画を考えてそれを文章に落とし込んでいくと、その過程でどんどん内容にのめりこんでいって、「これってすごくいい案なんじゃないか」と企画に愛情を抱き、その勢いでプレゼンに臨んでしまうことがあります。「こんなに素敵だから通って当然でしょう!」と思っているかもしれませんが、これでは聞き手との温度差が生まれ、何とも痛い空気が流れてしまいます。


柏木斉

大学に入り、素人でも始められそうなスポーツは何かと考え、ボートとアメリカンフットボールと自転車が浮かんで、中でもすぐに大きな大会に出られそうだったのが自転車でした。どうせやるなら大きな舞台でやらないとやる気が起こらないと自転車にしました。


小池百合子

政治家をやっていると、追い風も向かい風もある。バタッと風が止まるときもある。そのときは、崖から飛び降りてでも自分から風を起こせ!


数原英一郎

新規事業の開発者には「特長のある商品を目指しなさい」と伝えています。議論するうちに、角がとれて丸くなってしまっては、面白い商品にはなりません。


藤田晋

「変わりたい」と考えていても、何もせずに放っておけば、変わることへの抵抗感は、知らず知らずのうちに強まっていきます。だからこそ、自ら積極的に変化していく姿勢が大切になってきます。


鈴木健一(経営コンサルタント)

数字は目的とそれに向かう手段を結びつけるストーリーを生む。売り上げや販売の数字を目標に掲げて社員を鼓舞する経営者がいますが、それでは人は動かない。数字でストーリーラインを示し、人を納得させることが重要なのです。


安岡正篤

名高い言葉に、「いかに善を為(な)すかということよりも、いかに善であるかということの方が大事である」というのがありますが、人間の第一義は、何を為すかということではなくて、何であるかということである。


箭内道彦

僕の場合、思いつきは口から、人とのコミュニケーションから生まれます。話している間に、自然に言葉が、アイデアが出てきます。言い換えれば、思いつきをいろいろな人に引き出してもらっているんです。目の前に新しい人が現れる限り、アイデアや企画のネタには困りません。


宗次徳二

私は現場第一主義なので、とにかく、最初の頃は毎日、全店舗を回っていました。そこで、ことあるごとに接客第一、お客様のことを最優先で考える。売り上げや利益も大事だけれど、ほかのどんな店にも、接客だけは負けない、そういう想いを従業員に伝え続けました。それを続けていく中で、片腕と呼べる部下も育って、増えていく店舗にも対応できるようになっていきました。


渡辺昭彦(経営者)

重要なのはコミュニケーション。M&Aを進めて新たにグループに加わった会社は、旧来のJP(ジャパン・パルプ&ペーパー)という呼称ではしっくりこないというところも出ています。そこでグループブランドとして「OVOL(オヴォール)」を導入し、新たなステージに向けて踏み出すことにしました。グループブランド導入に当たっては、新しいブランドロゴを採用すると同時に、グループ企業理念を策定し「誠実・公正・調和」という大切にすべき価値観を明文化するとともに、グループとしての使命、そして変革、挑戦、創造という私たちが積極的に実践すべきことを明確にしました。


坂下仁

付箋は安いので、「こんなこと、メモする必要もないか?」ということでも気軽にメモできます。だから、重要な発想を逃さない。


レイ・クロック

私は特定の店舗やフランチャイズオーナーのクオリティによって顧客を増やすのではなく、どの店に行っても同じサービスが受けられるというように、マクドナルドというシステム自体に対するリピーターをつくりたかった。