名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

加藤健太(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤健太(経営者)のプロフィール

加藤健太、かとう・けんた。日本の経営者。「エンファクトリー」社長。リクルートを経て生活総合情報サイト「オールアバウト」設立に参画。同社取締役CFO(最高財務責任者)を経てエンファクトリー社長に就任。

加藤健太(経営者)の名言 一覧

会社設立以来、「専業禁止」を掲げています。今の時代、会社の仕事だけしているのではなく、社員には(副業などで)どんどん外に出て経験を積んでほしいと思っています。大企業も潰れる世の中ですから、会社に寄りかかるのでなく、力をつけてどこにいってもやっていける人材に育ってほしいと思い、始めました。


社員の約半数が副業に取り組んでいます。内容は様々ですが、一からビジネスを立ち上げる人もいる。収益化を目指し、いわばミニ経営者となって課題に取り組むわけです。これまでにない力が身につき、起業した社員もいます。起業したら連携する仕組みです。いずれにしても、社員の能力アップで、会社の業績も上がっています。それで給料が上がればハッピーですし、自分で稼いだ分収入も上がる。いいことずくめです。


加藤健太(経営者)の経歴・略歴

加藤健太、かとう・けんた。日本の経営者。「エンファクトリー」社長。リクルートを経て生活総合情報サイト「オールアバウト」設立に参画。同社取締役CFO(最高財務責任者)を経てエンファクトリー社長に就任。

他の記事も読んでみる

山口多賀司(経営者)

どうすれば人が自分についてきてくれるようになるか。それは俗っぽい言い方ですが、一番は自分に惚れてもらう。社員がトップに惚れてしまうような状態をつくること。やはり、人対人のことですから、惚れた男には命をかけよう、この男なら人生を預けようと思わせるような経営者にならなくてはなりませんね。


河森正治

さかのぼると発明が好きみたいなところがあって、オリジナリティがあるものが好きだった。本当はオリジナリティがあるかないかにしか興味がなかった。ただ、集団作業の中だとそれを貫くわけにもいかないという問題があって。で、実際作ってみると、やっぱりどこかで見た手法を使っちゃってるとかさ、それが耐えられなくて。


孫正義

困難に出会った時は全て正面突破。


守安功

解がない仕事に立ち向かう場合、ただ考えているだけでは成果が出ません。解を見つけられるかどうかは、その仕事にぶつかってみないとわからないことが多いのです。ある仮説の下に突き進み、失敗すればレビューしてやり方を変え、またトライする。試行錯誤を繰り返しながら考え続け、解を見つけていくしかありません。


福武總一郎

経済は文化のしもべである。


千田琢哉

「9時から仕事をしよう」と決めても、実際にスタートするのは意外に難しいものです。「あと10分休んでから……」「やっぱり9時半から……」とダラダラしてしまう「後倒しグセ」を、人は多かれ少なかれもっているものです。この失敗に陥らないコツは、「開始時間のフライング」です。9時ではなく、「8時59分」などと、キリの悪い開始時刻を設定するのです。すると、誘惑に巻き込まれることなく、やる気にスムーズにつなげられます。


中村竜太郎(ジャーナリスト)

「釣りが趣味でいつも品川埠頭で糸を垂らしている」という過去のインタビュー記事を読んで、品川埠頭に毎朝通って、相手に会えたこともあります。こちらの熱意が伝わったのか「なんでここに?」と驚きながら、取材を受けてくれました。


齋藤孝(教育学者)

「考える」とは理性に徹することだ、という意識をもっと明確に持つほうがよいだろう。自己観照するにも、自分の心を抽象的に見つめてなんとなく「もの思う」のではなく、理性のもとにひたすら具体的に「考え抜く」のだ。理性という手綱で心の揺れをコントロールすることこそが考えることである。


下田進

企業は創業期には大きな失敗をしないものです。失敗したとしてもたかがしれています。それは何事も慎重に一生懸命考えるからでしょう。それより危ないのは、花が咲き、実がなった豊かな時期。金が入る、利益が上がる、人がやって来る、こうした時期に悪い種が撒かれるのです。それは恐れがなくなるからでしょう。


薗信雄

創業者一族の会社から、法の下に人格を持たされたパブリックカンパニーにして、会社を大きくしていきたい。上場すれば、資本と経営を分離をすることも可能になります。後継者のことを考えても、上場は必要だと思います。


三谷幸喜

小説は予算もロケ地も、時間も枚数も関係ない。好きなことをそのまま書けるという意味での楽しさがありましたね。台本にする際も発見もありました。自分の小説とはいえ、原作があるものを脚色して台本にしていく仕事はほとんどしたことがなかったので、戸惑う部分もありました。でも、そんな作業をしていくうち、やっぱり僕が好きなのはこっちだなと、改めて感じました。

【覚え書き|自身の小説・映画作品『清須会議』について】


中村シュフ

家事については、子供の頃から興味がありまして、料理や収納、模様替えなんかも積極的にやる子でした。だから、もともと主夫の適性は高かったのかもしれませんね。高校は男子校だったんですが、ちょうど男子も家庭科が必修になった年で、家庭科の先生に「これからは女性も男性と同じように働く社会になるから、男性が家庭科を習得することはとても大切。みんなはその先駆者になってほしい」といった教えを受けました。それで一層、その世界に興味を持つようになったんです。