名言DB

9419 人 / 110788 名言

加藤修一(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

加藤修一(経営者)のプロフィール

加藤修一、かとう・しゅういち。日本の経営者。ケーズデンキなどを展開する「ケーズホールディングス」会長。茨城県出身。東京電機大学工学部卒業後、加藤電機商会(のちのケーズホールディングス)に入社。取締役営業部長、専務などを経て社長に就任。

加藤修一(経営者)の名言 一覧

お客様が望んでいること、必要としているものを聞いて感じて商品をお薦めするのが小売業の基本。


ファンを増やそう。儲かる商品を売るのではなくて、お客様の欲しいものを売る。きれい事のようでも、その方が、信頼をされて結局は業績につながる。


会社というものは無駄な仕事が多い。必要のないことをして頑張った気になっている。生産性は仕組みで上げて、空いた時間を本当に大事なことに振り向ければいい。


経営は終わりのない駅伝のようなもの。考え方をしっかりつないでいくことが大事。


成長が好きな人は、頑張って生産性を上げなければ、企業として生き残れないと言い張りますが、私は違うと思います。生産性は、頑張るのでなく仕組みで上げればいいのです。


企業というものは、無理に大きくなろうとすると必ずおかしくなる。我々の業界で言えば、お客様の欲しいものではなくて店側の売りたいものを薦めてしまう。速く成長しようとして、店長も社員も数字ばかり気にしてしまう。


当社でも、社内でポイント制を入れないと競争に勝てないという声が強くなったことがあります。私も折れて、設備を整え導入目前までいきました。でも「ポイントの分を売価にどのくらい乗せればいいか」という話になった時にやめました。どう考えても本末転倒だからです。お客様のためのようで、そうなっていない。今も当社は店頭では現金値引きをしていますが、その方がお客様のお得になると考えているからです。


加藤修一(経営者)の経歴・略歴

加藤修一、かとう・しゅういち。日本の経営者。ケーズデンキなどを展開する「ケーズホールディングス」会長。茨城県出身。東京電機大学工学部卒業後、加藤電機商会(のちのケーズホールディングス)に入社。取締役営業部長、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

西田東作

貧乏から何とか抜け出したいという気持ちが、一番やる気を起こさせた。


木南陽介

我々は日本の再生可能エネルギー業界をけん引するリーディングカンパニーになりたい。そういう責任感を持って仕事をしたい。


松井忠三

私はいい言葉を見つけるたびに、手帳に書きとめることにしている。そのひとつが、「焦らず、腐らず、驕らず」という言葉だ。たとえば同期の仲間が次々に課長になれば、どうしても焦る。しかし、焦ったところでどうしようもない。左遷や逆境に陥ったときには腐らないことが大事だ。


佐藤可士和

大切なのは「前提を疑う」こと。「そもそも、それって何なのか?」。シンプルな視点から思考をスタートすることで、自然と本質に迫ることになる。


佐藤優

僕は拘置所に1年半いましたが、冷暖房がないんでね。冬は本当に寒くて、雪が降った日なんてガチガチ歯が鳴る。逆に夏は暑くて、房のなかは40度くらいになる。苛酷でつらい体験でしたが、面白くもあった。ほかでは体験できないですから。


町村敬貴

はたしてここで牧場を経営しても成功するかどうか皆目わからない。ずいぶん乱暴なことをしたものだが、私は私なりに肚が座っていた。十年間米国で学んできたものがバック・ボーンになって、自信と勇気があれば必ずできると考えていた。


高岡浩三

上司がやるべき仕事は、部下に課題を与え、イノベーションにつながる発想を促すこと。出てきたアイデアの中から可能性の芽を見つけ、そこにプラスアルファしたり、ブラッシュアップしたりして、本人が考えているよりも大きく育ててやること。


青野慶久

当社では自由度の高い働き方を積極的に導入してはいますが、個人としてのメリットがチームとしての果実につながることを前提に、採否を検討しています。ちなみに、僕が提案する制度は、周りに却下されてばかりなんですよ(笑)。


早河洋

テレビとは、キラーコンテンツをどうやって生み出すかという競争の世界です。ヒットコンテンツをどれだけ並べられるかということ。


田中ウルヴェ京

体に刺激を与え、やる気を引き出すためにおすすめなのはストレッチです。ストレッチであれば、布団の中でも、通勤中でも、日常のふとした瞬間に数秒間からできます。ストレッチは、プロのスポーツ選手だけでなく、一流のビジネスマンが心のバランスを整えて、素晴らしい結果を出すのにも役立っているんですよ。人間の心と体は、陽が昇ってから沈むまで、同じ一日の問でも大きく変化します。こうした心身の状態に合わせて、ストレッチを行うようにしてください。