名言DB

9419 人 / 110788 名言

加藤修一(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

加藤修一(経営者)のプロフィール

加藤修一、かとう・しゅういち。日本の経営者。ケーズデンキなどを展開する「ケーズホールディングス」会長。茨城県出身。東京電機大学工学部卒業後、加藤電機商会(のちのケーズホールディングス)に入社。取締役営業部長、専務などを経て社長に就任。

加藤修一(経営者)の名言 一覧

お客様が望んでいること、必要としているものを聞いて感じて商品をお薦めするのが小売業の基本。


ファンを増やそう。儲かる商品を売るのではなくて、お客様の欲しいものを売る。きれい事のようでも、その方が、信頼をされて結局は業績につながる。


会社というものは無駄な仕事が多い。必要のないことをして頑張った気になっている。生産性は仕組みで上げて、空いた時間を本当に大事なことに振り向ければいい。


経営は終わりのない駅伝のようなもの。考え方をしっかりつないでいくことが大事。


成長が好きな人は、頑張って生産性を上げなければ、企業として生き残れないと言い張りますが、私は違うと思います。生産性は、頑張るのでなく仕組みで上げればいいのです。


企業というものは、無理に大きくなろうとすると必ずおかしくなる。我々の業界で言えば、お客様の欲しいものではなくて店側の売りたいものを薦めてしまう。速く成長しようとして、店長も社員も数字ばかり気にしてしまう。


当社でも、社内でポイント制を入れないと競争に勝てないという声が強くなったことがあります。私も折れて、設備を整え導入目前までいきました。でも「ポイントの分を売価にどのくらい乗せればいいか」という話になった時にやめました。どう考えても本末転倒だからです。お客様のためのようで、そうなっていない。今も当社は店頭では現金値引きをしていますが、その方がお客様のお得になると考えているからです。


加藤修一(経営者)の経歴・略歴

加藤修一、かとう・しゅういち。日本の経営者。ケーズデンキなどを展開する「ケーズホールディングス」会長。茨城県出身。東京電機大学工学部卒業後、加藤電機商会(のちのケーズホールディングス)に入社。取締役営業部長、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

角和夫

会社がしんどくなってから始めたのでは遅い。


ロッシェル・カップ

終身雇用や年功序列、頻繁な人事異動に表れる人事管理への伝統的な日本式アプローチは高度成長期の日本では機能していました。しかし、変化が激しいこの時代では機能しなくなってきました。今こそ変革が必要。


野中郁次郎

人は自信を持ちすぎると現実を直視することが難しくなります。


築山節

午前中と夕方、脳には1日2回のゴールデンタイムがあります。このゴールデンタイムを逃さず、1日で最も困難な仕事を当てはめれば、効率はグッと上がります。人や職種によって異なるでしょうが、高度な理解力や判断力が必要な仕事、ミスできない計算や文書作成、重要な交渉事などがそうですね。


宮内誠

リーマンショック直後のタイミングでのスタートは「機会」という言葉に尽きます。確かに状況は最悪でしたが、「これ以上、悪くはならない」と前向きにとらえようとしていました。それしか、自分たちを奮い立たせる言葉がありませんでした。


江戸英雄

経営者は人間として部下と対峙できるか。その時、自分を支えるのは公私のけじめをはっきりさせた身辺の清潔さである。


秋元義彦

社員を積極的に県外のパン屋さんに研修に出しています。当社が目指しているのは、ワクワクドキドキのあるパン屋。たとえば、お客さまが選ぶのを楽しみにするほどバラエティに富んだパンを揃えているとか、無料のコーヒーサービスがあるとか。他社の優れたお店で修業を積むことは、ワクワクドキドキのあるパン屋になるためにも非常に勉強になるのです。


荒川詔四

朝、秘書とその日の予定や変更事項などを確認しながら手帳に記入します。秘書から予定を聞いて書込み、逆に私が直接決めた予定があれば、秘書に伝えて情報の共有するのが常です。打ち合わせ風景だけ見ると、どちらが秘書かわからないかもしれません。


高松雄康

幼稚園のときから落ち着きがないと言われ、それはいまでも変わりません。あらゆることに興味があって、自分でやってみたいという欲求が強いんです。親にダメと言われても、なぜダメなのか自分でやってから判断したい、そんな子供でした。


本田秀夫

実はかくいう僕もADHD(注意欠如・多動性障害)とASD(自閉症スペクトラム障害)の特性があります。予定を立てるのも苦手だし、夢中になると寝食を忘れてのめりこんでしまう。職業を間違っていたら、確実にダメだったでしょうね。でも医者や研究者のほとんどはASDタイプです。こだわりの強さが強みにつながった例です。