名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

加藤修一(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤修一(経営者)のプロフィール

加藤修一、かとう・しゅういち。日本の経営者。ケーズデンキなどを展開する「ケーズホールディングス」会長。茨城県出身。東京電機大学工学部卒業後、加藤電機商会(のちのケーズホールディングス)に入社。取締役営業部長、専務などを経て社長に就任。

加藤修一(経営者)の名言 一覧

お客様が望んでいること、必要としているものを聞いて感じて商品をお薦めするのが小売業の基本。


ファンを増やそう。儲かる商品を売るのではなくて、お客様の欲しいものを売る。きれい事のようでも、その方が、信頼をされて結局は業績につながる。


会社というものは無駄な仕事が多い。必要のないことをして頑張った気になっている。生産性は仕組みで上げて、空いた時間を本当に大事なことに振り向ければいい。


経営は終わりのない駅伝のようなもの。考え方をしっかりつないでいくことが大事。


成長が好きな人は、頑張って生産性を上げなければ、企業として生き残れないと言い張りますが、私は違うと思います。生産性は、頑張るのでなく仕組みで上げればいいのです。


企業というものは、無理に大きくなろうとすると必ずおかしくなる。我々の業界で言えば、お客様の欲しいものではなくて店側の売りたいものを薦めてしまう。速く成長しようとして、店長も社員も数字ばかり気にしてしまう。


当社でも、社内でポイント制を入れないと競争に勝てないという声が強くなったことがあります。私も折れて、設備を整え導入目前までいきました。でも「ポイントの分を売価にどのくらい乗せればいいか」という話になった時にやめました。どう考えても本末転倒だからです。お客様のためのようで、そうなっていない。今も当社は店頭では現金値引きをしていますが、その方がお客様のお得になると考えているからです。


加藤修一(経営者)の経歴・略歴

加藤修一、かとう・しゅういち。日本の経営者。ケーズデンキなどを展開する「ケーズホールディングス」会長。茨城県出身。東京電機大学工学部卒業後、加藤電機商会(のちのケーズホールディングス)に入社。取締役営業部長、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

定保英弥

数字を追いかけるのも大事だが、感謝の気持ちを忘れずにしっかりサービスをするということが最終的な結果につながる。


高島徹治

資格試験の勉強で大切なのは、勉強を楽しむ意識に切り替えることです。試験勉強は受験以来、という人も多いでしょう。そして大半の人には、「勉強は辛いもの」という意識が染みついているはずです。まずはその思い込みを捨てることから始めましょう。たとえば、お気に入りのカフェや休日の図書館など、居心地のいい場所を見つけてそこで勉強すれば、気分よく進められます。また、そもそも社会人の勉強は、机の前で行なう必要すらありません。私は中小企業診断士の勉強をしていた際、資格スクールで授業を受けたあとに居酒屋に立ち寄り、一杯飲みながら復習することを楽しみにしていました。


鈴木泰信

当社の歴代社長は、銀行出身か経営企画畑出身で現場を知りませんでした。そのため人員削減に踏み切れずにいました。しかし、NTNで初めて技術系出身のトップとなった私は、ほぼ一貫して開発や生産部門を歩いてきたため、どの工場にどんな機械があるかまで現場を知り尽くしていました。また、常に組織の傍流を歩んできたため、当社の体質や問題点を客観視できていました。


田島弓子

数か月に及ぶプロジェクトを任されたときなどは、まずアクション項目と時間軸をまとめたTODOリストを作成するようにしていました。具体的には、最初の1か月は何をするか、次は……と考えていき、最終的には1週間単位でTODOを割り出します。こうすると仕事に追われる感がだいぶ減ります。


松本大

私は11歳の時に兄を亡くしています。兄は当時15歳。まだ生きたかったのに、人生から降ろされてしまった。それ以来、与えられた命をムダにせず、精いっぱい生きようと思うようになりました。


ロバート・キヨサキ

いま最も重要なのは、あなたが、自分自身に対してファイナンシャル教育を施すことだ。ドルが暴落しようがしまいが、米国債が格下げになろうがなるまいが、はたまた米国経済が奇跡の復活を遂げようが遂げまいが、お金の働かせ方を知り、高いファイナンシャル・インテリジェンスを身につけた者は、必ずや自分が繁栄する道を見つける。


小杉修弘

「難しい? だったらなおさらいいものになるから、やってみようよ」と一緒になって技術の限界に挑戦していく。ある意味で、職人たちを「その気にさせる」ことこそが、私の仕事なのかもしれません。


吉山勇樹

上司と共通の認識や価値基準をもつことは非常に重要です。仕事を進めるうえでは、上司と現場が優先順位を共有することも大事ですが、その基準も互いに食い違っていることが多いのです。


今泉卓也

当社は上場しましたが、まさにこれからがスタートだと考えています。当社は社名の通り、プラットフォームが変わっても、常にゲームの側にいて、ゲームとユーザーさんをつなぐ裏方でありたいと思っています。今後はゲーム会社さんに開発やマーケティングなど、インフラとしても活用してもらえればと考えています。


荒金雅子

ワークライフバランスという言葉が急速に広がっている。その意味を「女性のための仕事と家庭の両立支援」や「仕事を減らして生活にゆとりを持つこと」と理解している人も多いだろう。しかし、企業が利益を追求する組織である以上、どのような施策も企業にとってメリットのあるものでなければ浸透させることは難しい。


松本洋(コンサルタント)

従業員に今までにない行動を促し、突出した成果を出させるには、現状の延長では実行不可能な大きな目標、いってみればストレッチ目標を立てると良いでしょう。従業員は、そんな高い目標はとても実現できないと最初は思うでしょう。しかし、それは達成しやすかった従来のやり方や目標を基準に考えているからです。様々な制約条件が常識となって発想を縛っています。これを成功体験あるいは失敗体験の呪縛といいます。ストレッチ目標を目の前に見せればそれを達成するために、今まで考えもしなかった新しいやり方を見つけるものです。


松波晴人

イノベーションにより、新たな価値を生み出したり、生産性を向上させたりするためには、まず現場の実態を把握しなければなりません。とくにチームを良い方向に導いていく役割を担う管理職の方には、大事なスキルだと思います。そこで重要なのは、既存の価値観やフレームにとらわれず現場と向き合うことです。そうして初めて、現場に潜む課題やニーズの本質をつかむことができます。