名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤修一(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤修一(経営者)のプロフィール

加藤修一、かとう・しゅういち。日本の経営者。ケーズデンキなどを展開する「ケーズホールディングス」会長。茨城県出身。東京電機大学工学部卒業後、加藤電機商会(のちのケーズホールディングス)に入社。取締役営業部長、専務などを経て社長に就任。

加藤修一(経営者)の名言 一覧

お客様が望んでいること、必要としているものを聞いて感じて商品をお薦めするのが小売業の基本。


ファンを増やそう。儲かる商品を売るのではなくて、お客様の欲しいものを売る。きれい事のようでも、その方が、信頼をされて結局は業績につながる。


会社というものは無駄な仕事が多い。必要のないことをして頑張った気になっている。生産性は仕組みで上げて、空いた時間を本当に大事なことに振り向ければいい。


経営は終わりのない駅伝のようなもの。考え方をしっかりつないでいくことが大事。


成長が好きな人は、頑張って生産性を上げなければ、企業として生き残れないと言い張りますが、私は違うと思います。生産性は、頑張るのでなく仕組みで上げればいいのです。


企業というものは、無理に大きくなろうとすると必ずおかしくなる。我々の業界で言えば、お客様の欲しいものではなくて店側の売りたいものを薦めてしまう。速く成長しようとして、店長も社員も数字ばかり気にしてしまう。


当社でも、社内でポイント制を入れないと競争に勝てないという声が強くなったことがあります。私も折れて、設備を整え導入目前までいきました。でも「ポイントの分を売価にどのくらい乗せればいいか」という話になった時にやめました。どう考えても本末転倒だからです。お客様のためのようで、そうなっていない。今も当社は店頭では現金値引きをしていますが、その方がお客様のお得になると考えているからです。


加藤修一(経営者)の経歴・略歴

加藤修一、かとう・しゅういち。日本の経営者。ケーズデンキなどを展開する「ケーズホールディングス」会長。茨城県出身。東京電機大学工学部卒業後、加藤電機商会(のちのケーズホールディングス)に入社。取締役営業部長、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

篠原菊紀

筋肉と違い、何歳になっても脳は鍛えることができる。ただ、個人の能力にはおのずと限界がある。ひらめきを必要とするような難局に陥ったとき、それを乗り越える近道は、自分の能力ではなく、他人に共感できる能力にあるのかもしれない。


名和高司

老舗企業にも、世界に打って出るチャンスがあります。日本には長寿企業が多いですが、零細なところが少なくありません。伝統芸や民芸品のレベルで終わらせることなく、製品・サービスの核となっている心地よさや、心の琴線に触れる部分をうまくプロデュースしていけば、市場を世界に広げていくことも夢ではないでしょう。


齋藤孝(教育学者)

分厚い資料や100の言葉より、1個の現物を見せた方がイメージはずっと湧きやすい。


ジェームス・バーダマン

宿題がない、予習がいらない授業は自分のためにならない。レッスン時間はひとりで練習した成果を披露する場。自由に話すだけなら外国人の友人をつくったほうがいい。


貝沼由久

買収防衛策を持つだけですぐさまダメという議決権行使助言会社や機関投資家の紋切り型の判断はいかがなものか。はっきり言えば勉強不足ですよ。最近のコーポレートガバナンス・コードで言えば、ステークホルダーの保護や、企業の持続可能性について重要視している。じゃあ買収防衛策もなしに、アクティビストがやってきて、配当可能利益を全額出せとなったらどうするのか。短期的に株価が上がって売り抜けた人は得をするかもしれないが、その短期保有者を優遇したあと、残された従業員や債権者といったステークホルダーは困る。これではコーポレートガバナンス・コードに矛盾する。


つんく♂

「幸せは地獄の一歩手前」という言葉があります。大好きなお菓子でも100個食べろと言われれば、誰もが嫌になります。何個がちょうどいいのか。人の話をよく聞き、気づいたことをメモに残す地道な習慣こそがアイデアの源です。


ジョセフ・ジューベル

人の不幸の大半は、過去を顧みることで発生する。


原田泳幸

負の資産というのはタイミングよく処理すると、これからの経営に弾みをつける出発点になる。タイミングを失うと、もう永遠に足を引っ張る負の資産になってしまう。


村田昭治

企業経営は「適正」が大切な条件。


尾崎元規

弊社の商品に食器用洗剤の「キュキュット」があります。最初、このネーミングを提案されたとき、私はイエスと言いませんでした。ブランド名には普遍性と継続性が必要ですが、擬音語を使ったネーミングはこの点で問題があると、いささか保守的な判断を下したのです。しかし、担当者はこの提案を頑として引き下げませんでした。真剣な面持ちで、これしかありませんと言ったのです。最後は、「わかった。お前に任せよう」とこちらが折れました。思いつきの提案ではなく、商品ストーリーの中で、これしかないと考えたからこそ、一歩も引かなかったのでしょう。実際、キュキュットは大成功しました。


ハワード・シュルツ

私は困難に挑戦することにビジネスの快感を覚える。目標の達成を目指す行為は、多くの人々の挑戦を拒んできた険しい絶壁を登るのに似ている。それが困難であればあるほど努力する喜びは高まり、頂上を極めた時の満足感は大きくなる。常に理想を追い求める登山家のように、我々もさらに高い山を求め続けている。


諸富祥彦

前提として互いの理解と信頼がなければ、いくら叱っても子供に真意は伝わりません。避けられるだけです。叱る以前に、子供に関心を持ち、夫婦で協力し、愛情を注ぎ、自ら手本となる生活をし、別人格として子供を尊重する……といった家庭、夫婦のコミュニケーションがしっかりしているかどうかが重要なのです。