名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤修一(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤修一(経営者)のプロフィール

加藤修一、かとう・しゅういち。日本の経営者。ケーズデンキなどを展開する「ケーズホールディングス」会長。茨城県出身。東京電機大学工学部卒業後、加藤電機商会(のちのケーズホールディングス)に入社。取締役営業部長、専務などを経て社長に就任。

加藤修一(経営者)の名言 一覧

お客様が望んでいること、必要としているものを聞いて感じて商品をお薦めするのが小売業の基本。


ファンを増やそう。儲かる商品を売るのではなくて、お客様の欲しいものを売る。きれい事のようでも、その方が、信頼をされて結局は業績につながる。


会社というものは無駄な仕事が多い。必要のないことをして頑張った気になっている。生産性は仕組みで上げて、空いた時間を本当に大事なことに振り向ければいい。


経営は終わりのない駅伝のようなもの。考え方をしっかりつないでいくことが大事。


成長が好きな人は、頑張って生産性を上げなければ、企業として生き残れないと言い張りますが、私は違うと思います。生産性は、頑張るのでなく仕組みで上げればいいのです。


企業というものは、無理に大きくなろうとすると必ずおかしくなる。我々の業界で言えば、お客様の欲しいものではなくて店側の売りたいものを薦めてしまう。速く成長しようとして、店長も社員も数字ばかり気にしてしまう。


当社でも、社内でポイント制を入れないと競争に勝てないという声が強くなったことがあります。私も折れて、設備を整え導入目前までいきました。でも「ポイントの分を売価にどのくらい乗せればいいか」という話になった時にやめました。どう考えても本末転倒だからです。お客様のためのようで、そうなっていない。今も当社は店頭では現金値引きをしていますが、その方がお客様のお得になると考えているからです。


加藤修一(経営者)の経歴・略歴

加藤修一、かとう・しゅういち。日本の経営者。ケーズデンキなどを展開する「ケーズホールディングス」会長。茨城県出身。東京電機大学工学部卒業後、加藤電機商会(のちのケーズホールディングス)に入社。取締役営業部長、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

辻庸介

サービスづくりにおいてはとにかくユーザーにフォーカスせよ。自分たちの思っていることとユーザーの考えていることは全然違う。仮説を立てて、小さく試して反応を見てから実際のサービスに落とし込んでいけ。


渡邉美樹

仕事でも、まず「こうなりたい」ってイメージすること。たとえば「あの先輩のように、カッコよくセールスしたい」とか「お客様に、もっと喜んでもらいたい」とかって。1日3回、だまされたと思って「こうなりたい」という姿をイメージしてみてください。気がついたころには、努力することが楽しみに変わって、ステップアップしてますから。


大西洋

いまはまだ注目されていなくても、大きな花を咲かせる可能性を秘めた種を探し、それを2年、3年かけて育てるほうにこそ、大きなビジネスチャンスはある。


中川邦夫(コンサルタント)

どんな思考術でもそうですが、考え方を「知っている」だけではダメです。「ストーリーシンキング」を実際に使えるようにするには、そのストーリーを書いてみる、すなわちドキュメント化するトレーニングを強く推奨します。書き出すとアラが見えやすくなるからです。


丸山輝

面倒で、あまり人がやりたくないことを引き受けて実行することが、当社にとっての社会貢献。


森正文(経営者)

田中角栄は大蔵大臣時代、大蔵省のキャリア組全員の家族構成を記憶していて、「君の息子、大学に受かったらしいな」などと、ことあるごとに声をかけていたようです。大臣からいきなりそんなことを言われれば感動しますし、「この人のために働こう」と思いますよね。


似鳥鶏

本は、どの作品を読み、どう受け取るのか、すべて読み手次第。映画やテレビのように音楽演出やカメラワークで伝えてきてはくれないので、自分から積極的に考える姿勢が身につくメディアだと思います。そこに魅力を感じますし、本を読むことで安易な考えに流されない、確かな教養も身につくのではないでしょうか。


玉置半兵衛

信用には相続税はかかりませんし、大事にしていると利子も付く。


池野隆光

セブンイレブンとアマゾンだけでは生活者のニーズは満たせない。当社の存在意義は必ずある。


定保英弥

ホテル業の経営は、お客様の声というか、現場の声が経営に直結します。総支配人を兼務していることは、大変なところもありますが、経営のヒントにつながる生の声を総支配人として直接聞けますから、それを東京のみならず大阪、上高地を含めた帝国ホテルの経営に生かしていく意味では利点も多数あると思っています。


福岡伸一

「分際」という言葉が重要なキーワードになるんです。生物が地球上に誕生して38億年、人間以外の生物は自分の分際――英語でいうニッチを守ってね。限られた資源や環境の中で、ほかの種と無益な争いを起こさないように棲み分けてきました。交信する周波数も、活動する時間帯も限定し、自分たちの食べる食性も厳密に守って……。人間だけです、自然を操作できるものとうぬぼれ、自らの分際を忘れてしまったのは。狂牛病なんて、その典型です。草食性の牛に、飼育のスピードを上げようと食性を無視して、牛や羊の死体から肉骨粉をつくって食べさせ、肉食にしてしまったんですから。いまこそ、人間の「分際」を考え直す時期にきていると思います。人間の細胞もニッチを心得ているというか、前後左右、上下の空気を読みながら何になるかを決めていきます。


大山健太郎

誰もやっていないことをすれば必ず道が開ける。