名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

加藤久統の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤久統のプロフィール

加藤久統、かとう・ひさのり。日本の経営者。中古車販売会社グッドスピード社長。愛知県出身。高校卒業後、アルバイト生活を経て中古車販売会社に就職。同社で中古車販売の実務を経験したのち、独立してグッドスピードを設立。名古屋を中心に事業展開を行っている。

加藤久統の名言 一覧

私が信条としているのは、「有言速攻」です。有言実行なら誰でもできます。設定した目標を最速で実現することこそが、会社の成長につながると考えています。


事業の要はスピードです。私だけでなく、全社を挙げて事業のスピードにこだわりを持ち、仕事に取り組んでいます。


私自身もできる限り現場に出るようにしています。お客様に信頼される社員がいてこその事業展開です。


店舗数を増やし、事業の拡大を図るとき、全社で事業への思いを共有しなければなりません。どうしても、会社が拡大すると経営者の目は届かなくなります。そのために、グッドスピードにおける社員の行動規範を記したクレド(信条)をつくるなど、様々な取り組みを行っています。


現在、グッドスピードが力を入れているのは、「会社の価値向上」と「社員のレベルアップ」です。事業として店舗エリアを拡大することは必要なことです。ただし、そのためには、この2点を満たしていることが必須です。


順調に事業は拡大し、2店舗、3店舗と出店することができたのですが、やはり店舗数が多くなると、自分の目が行き届かなくなり始めました。自分は1人しかいませんから、どうやって社員皆を、ひとつの方向に向かせるかを悩みました。そこで出会ったのがクレドで、会社の考え方を皆で共有できるようにしたのです。考え方を統一できれば、あとは思いっきり社員に任すことが出来るので、責任感も生まれますしね。


他社よりも良いクルマを安く仕入れれば、短期的に売り上げを立てることが可能です。ただし、これからの日本の経済状況を見据えたときに、ただ自動車を仕入れて売るだけのビジネスでは成長性は低いと考えています。お客様に選んでいただく理由を私たちが提示していかなくてはなりません。


加藤久統の経歴・略歴

加藤久統、かとう・ひさのり。日本の経営者。中古車販売会社グッドスピード社長。愛知県出身。高校卒業後、アルバイト生活を経て中古車販売会社に就職。同社で中古車販売の実務を経験したのち、独立してグッドスピードを設立。名古屋を中心に事業展開を行っている。

他の記事も読んでみる

川越達也

今日より明日、明日より明後日とパフォーマンスを向上させていくのは当然のこと。「やっぱり来てよかった!」と思っていただけるには、昨日と同じことをしていてはダメです。


保田虎之助

経営者が会社を自分のものだと思い始めたとたん、社員たちは本当のサラリーマンになってしまい、夢をなくす。社員が夢をなくしてしまえば、そこで会社の成長は止まる。


大橋禅太郎

言いにくい問題にこそ、本質的な問題が隠されています。また、痛みの伴う会議にこそ、根本的な解決策の糸口があることが多いのです。


石田克史

見えないからこそ手を抜かない。手を抜こうと思えば、いくらでも手抜きができるんですが、手を抜いた途端に故障や事故が発生しますから、見えないからこそ手を抜かずにやるというのは非常に大切なこと。


ジェイ・コンラッド・レビンソン

人々を「完全なる無関心」つまり、あなたのことをまったく知らない状態から、今すぐ買いたいという気持ちにさせるには、あなたのメッセージが人々の心に9回浸透しなければならないということだ。あなたが送るメッセージの3回につき2回は、人々は注意を払っていない。


津田秀樹

「家族だから理解し合っている」という思い込みも禁物です。こんな心理実験があります。ある特定の場面を想定し、「このとき、家族はどのように行動し発言すると思いますか?」という問いかけをすると、ほとんどの人が的確に相手の行動を予想できました。しかし、それに続く「なぜそのような行動を取るのでしょうか?」という問いには、半分以上の人が正解できなかったのです。多くの人は、家族の言動が予想できるから「わかったつもり」になっているのですが、実はこれはつきあいが長く、一緒にいる時間が長いために予測しやすいだけのこと。本当に相手の内面までわかっているわけではないのです。


辻芳樹

父を含め、私の親世代の経営者は大半がトップダウンですから、教員の自由裁量が大きい辻調グループにも受け身の風土は存在していました。そこで私の代になって合議制を採用しました。重大なことを決めるときは教員と徹底的に議論します。能動的に考え、仕事をしてもらいたいからです。


本田健

いまはサラリーマンだったとしても、その間に実力を養い続ける習慣をつけることが大切。


鈴木敏文

過去の常識にとらわれていたらいけない。それを社員に説得して分からせるのが僕の仕事。


南部靖之

私は禅の教えの影響を受けました。幼い頃、男兄弟の末っ子でヤンチャだった私は、大学卒業まであるお寺に預けられ、書生として育ちました。そこで、世間の常識にとらわれず、惑わされない心を学びました。それが現在の仕事につながっています。


保志忠彦

「事業の進歩発展に最も害をなすものは、青年の過失ではなく、老人の跋扈(ばっこ)である」。58歳の若さで引退した住友の二代目総理事の伊庭貞剛氏は、こんな言葉を残しています。初代総理事の広瀬宰平氏は別子銅山の経営で功績をあげましたが、長らくその座にとどまった結果、銀行設立に後れを取ってしまいました。伊庭氏はそれを間近に見て、自らを戒めたからだといいます。


齋藤正勝

世の中、9割の人は当たり前のことができていません。当たり前のことをしっかりやればそれだけでトップ1割に入れます。さらに自分なりの工夫によって期待された以上に応えれば、一割の中の一割に入れるのです。