名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤久統の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤久統のプロフィール

加藤久統、かとう・ひさのり。日本の経営者。中古車販売会社グッドスピード社長。愛知県出身。高校卒業後、アルバイト生活を経て中古車販売会社に就職。同社で中古車販売の実務を経験したのち、独立してグッドスピードを設立。名古屋を中心に事業展開を行っている。

加藤久統の名言 一覧

私が信条としているのは、「有言速攻」です。有言実行なら誰でもできます。設定した目標を最速で実現することこそが、会社の成長につながると考えています。


事業の要はスピードです。私だけでなく、全社を挙げて事業のスピードにこだわりを持ち、仕事に取り組んでいます。


私自身もできる限り現場に出るようにしています。お客様に信頼される社員がいてこその事業展開です。


店舗数を増やし、事業の拡大を図るとき、全社で事業への思いを共有しなければなりません。どうしても、会社が拡大すると経営者の目は届かなくなります。そのために、グッドスピードにおける社員の行動規範を記したクレド(信条)をつくるなど、様々な取り組みを行っています。


現在、グッドスピードが力を入れているのは、「会社の価値向上」と「社員のレベルアップ」です。事業として店舗エリアを拡大することは必要なことです。ただし、そのためには、この2点を満たしていることが必須です。


順調に事業は拡大し、2店舗、3店舗と出店することができたのですが、やはり店舗数が多くなると、自分の目が行き届かなくなり始めました。自分は1人しかいませんから、どうやって社員皆を、ひとつの方向に向かせるかを悩みました。そこで出会ったのがクレドで、会社の考え方を皆で共有できるようにしたのです。考え方を統一できれば、あとは思いっきり社員に任すことが出来るので、責任感も生まれますしね。


他社よりも良いクルマを安く仕入れれば、短期的に売り上げを立てることが可能です。ただし、これからの日本の経済状況を見据えたときに、ただ自動車を仕入れて売るだけのビジネスでは成長性は低いと考えています。お客様に選んでいただく理由を私たちが提示していかなくてはなりません。


加藤久統の経歴・略歴

加藤久統、かとう・ひさのり。日本の経営者。中古車販売会社グッドスピード社長。愛知県出身。高校卒業後、アルバイト生活を経て中古車販売会社に就職。同社で中古車販売の実務を経験したのち、独立してグッドスピードを設立。名古屋を中心に事業展開を行っている。

他の記事も読んでみる

モーリー・ロバートソン

世界のリアルを知るために、僕は旅に出た。旧ソ連に、改革前の中国に分け入った。メディアが報じない苛烈な現実に出会った。80年代のことだ。日本に帰ると、有名音楽家がのんきな反戦歌を歌っている。日本には、世界の現実を知るための知性が見えない? 僕はミュージシャンから国際ジャーナリストへと仕事のかじを切り、理性的な報道の先頭に立った。


石井一久

プロでやっていく限りは、他人から言われたことしかできないようでは厳しい。


寺尾恵介

アパート経営は「経営努力」に加えて、入居者をすぐに見つけてくれる管理会社を選び、良好な関係を築くことも重要です。管理会社にも、つきあいたいお客と、それほどでもないお客がいます。どんなお客とつきあいたいか、ご自身の仕事で考えてみてください。大口のお客はもちろんですが、そうでなくても、連絡がすぐについたり、判断のスピードが速かったりすれば、つきあいやすいでしょう。管理会社も同じです。修繕費が必要になったりトラブルが生じたりしたときに、連絡をすれば、すぐに対応してくれるお客の物件のほうが、入居者をつけたくなるものです。


いぬかいはづき

ファイナンシャル・プランナーや社会保険労務士などは、どの職場でも重宝される資格です。確実にキャリアアップできるため、取って損はありません。他にもメンタルヘルス・マネジメント検定のように、最近の職場事情を反映したものや、衛生管理者など、企業ごとに必置義務がある資格など、転職に効果を発揮する資格は数多くあります。


前澤友作

僕は、就職セミナーや会社の説明会で必ず学生に問いかけます。「働くというのはそもそもどういうことだと思いますか?」「何のために働くんですか?」「なんとなく就職活動していませんか?」と。「自分にとって幸せな働き方とは?」「楽しく働ける会社とは?」というのは、その次のステップとして考えるべきだと思うんです。


マーク・ガーゾン

一番大切な言語は「心の言葉」です。日本人同士が日本語でしゃべっていても、対立することはある。そう、分かり合うためには、明らかに「日本語以上の何か」が必要なのです。


出口治明

本を読むのは、時空を超えて、著者と話すこと。速読なんてしてはいけない。人に会っている時に、要点を早口で話しても、何も得られないでしょう?


福岡伸一

近代社会は、どうすることもできないことはほとんどない。「なんとかできる」という考えに基づいて自然に介入し、環境をコントロールしてきました。おかげでエアコンとか洗浄便器とか、局所的には便利で心地よくなったことはたくさんありますが、そのツケがヒートアイランド現象などの異常気象で、地球環境にも現れていますよね。生命現象に限らず、地球環境も「いいことがあれば、悪いこともある」という動的な平衡で、絶え間なく揺らぎながらも、ある種のバランスを求めているんですよ。


村上憲郎

子供の頃から人前で話すことが多かったのですが、最初のうちはひな壇に立つたびに緊張してうまく話せませんでした。なぜあがるんだろうと考えてみると、「自分を実際以上に大きく見せようとしているからだ」と気づいたのです。「普段の自分のままでいいじゃないか」と。それ以来、人と話す場面であがることはなくなりました。話すことが苦手だと感じている人は、まずはカッコつけないこと。自分を大きく見せようとすることをやめることです。


石渡美奈

父は、同族企業特有の苦労をさせたくないという親心からでしょうか、私の入社を反対。決意から一年がかりで父を説得し、入社することとなりました。


臼井由妃

結局自分でやったほうが早いと思う人もいるでしょう。でも、あなたが一段上の役割を担うためには、仕事を任せられる人を育てることも必要。そうするうちに信頼関係も築くことができるのです。


木川眞

デファクトスタンダードになれば、業界で主導権を握るプライスリーダーにもなれます。ライバルとの価格競争に巻き込まれず、競争を有利に進められる立場になります。しかし、だからといって利益ばかりを追求すればお客様の支持は得られません。