名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤久統の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤久統のプロフィール

加藤久統、かとう・ひさのり。日本の経営者。中古車販売会社グッドスピード社長。愛知県出身。高校卒業後、アルバイト生活を経て中古車販売会社に就職。同社で中古車販売の実務を経験したのち、独立してグッドスピードを設立。名古屋を中心に事業展開を行っている。

加藤久統の名言 一覧

私が信条としているのは、「有言速攻」です。有言実行なら誰でもできます。設定した目標を最速で実現することこそが、会社の成長につながると考えています。


事業の要はスピードです。私だけでなく、全社を挙げて事業のスピードにこだわりを持ち、仕事に取り組んでいます。


私自身もできる限り現場に出るようにしています。お客様に信頼される社員がいてこその事業展開です。


店舗数を増やし、事業の拡大を図るとき、全社で事業への思いを共有しなければなりません。どうしても、会社が拡大すると経営者の目は届かなくなります。そのために、グッドスピードにおける社員の行動規範を記したクレド(信条)をつくるなど、様々な取り組みを行っています。


現在、グッドスピードが力を入れているのは、「会社の価値向上」と「社員のレベルアップ」です。事業として店舗エリアを拡大することは必要なことです。ただし、そのためには、この2点を満たしていることが必須です。


順調に事業は拡大し、2店舗、3店舗と出店することができたのですが、やはり店舗数が多くなると、自分の目が行き届かなくなり始めました。自分は1人しかいませんから、どうやって社員皆を、ひとつの方向に向かせるかを悩みました。そこで出会ったのがクレドで、会社の考え方を皆で共有できるようにしたのです。考え方を統一できれば、あとは思いっきり社員に任すことが出来るので、責任感も生まれますしね。


他社よりも良いクルマを安く仕入れれば、短期的に売り上げを立てることが可能です。ただし、これからの日本の経済状況を見据えたときに、ただ自動車を仕入れて売るだけのビジネスでは成長性は低いと考えています。お客様に選んでいただく理由を私たちが提示していかなくてはなりません。


加藤久統の経歴・略歴

加藤久統、かとう・ひさのり。日本の経営者。中古車販売会社グッドスピード社長。愛知県出身。高校卒業後、アルバイト生活を経て中古車販売会社に就職。同社で中古車販売の実務を経験したのち、独立してグッドスピードを設立。名古屋を中心に事業展開を行っている。

他の記事も読んでみる

原田純子(経営者)

価格や利益率ばかりに固執せず、第一にお客様に「おいしい」と言っていただけるサンドイッチをお出ししようと思いました。そして、毎日召し上がっても飽きのこない「やさしい味」のものを作ろうと。


河合薫

ストレス解消のポイントは毎日行なうこと。ついついストレスが溜まると余裕のない生活を送りがちですが、1日10分でもいいので「心のメンテナンス」の時間を確保してください。仕事帰りに一杯やるのもオッケー。グイグイっとビールを流し込めば「心のお掃除」にもなります。


澤田秀雄

指示したことが実行されているかは、現場に足を運ばなければわかりません。また、実行されていないとすれば、それは指示の仕方の問題なのか、現場を担当する人数の問題なのか、あるいは予算の問題なのか、といったことも現場に足を運ばなければわかりません。わからなければ、手の打ちようがありません。


川鍋一朗

大事なのが、複数の事業を同時進行でやること。1つだけだと「これはダメかも」と薄々分かっていても、つい固執してしまう。ほかにいい選択肢があれば、そちらに切り替えられる。


弘兼憲史

何もしなければ同業者と編集者だけのつき合いになりかねない。それだけでは視野は広がらない。自分の知らない世界をのぞき、足を踏み入れることなしに、自分の引き出しは決して増えない。


出口治明

日本の所得分布をみると、子育てを終えた世代よりも、これから子育てをしようとする若い世代の方がずっと貧しい。これが少子化の原因だと思います。こういったデータがあるから、子育て世代の生命保険を半額にして、安心して赤ちゃんを産んでもらおうということを、会社をつくるうえで旗印にしました。思いや願いの背景に数字があるわけです。


冨安徳久

日本一「ありがとう」と言われる葬儀社を目指しています。ひとつの葬儀で「ありがとう」と言われたら、その葬儀に参列した人が、自分の時はティアに頼もうと思ってくれる。


西任暁子(西任白鵠)

来客があるときは、事前に家を片づけたいですね。話をまとめられない人は残念ながら、「散らかったままの部屋にお客を入れ、一緒に片づけてもらう」ことを「会話」の中でやっています。


荒蒔康一郎

みんなで気持ちの整理をしよう。勝った負けたではなく、なぜこうなったのかを考え、原点に立ち返ってやり直そう。
【覚書き|48年ぶりにシェアが2位になってしまった年の発言】


ドナルド・トランプ

歴史上最悪の出来事が起こったのは、人々が自分の頭で考えるのをやめ、他人の考えを聞くようになり、さらには他人に追従するようになったときだった。それが独裁者の台頭を許してしまう。


中川悠介

ヒットの予感を感じるのは、世の中の「ざわつき」が感じられたときでしょうか。今まで「渋谷」と言っていた人が、急に「原宿」と言いだしたりとか(笑)。ただ、あくまで直感的なものですね。


藤村忠寿

僕も制作に移ってしばらくは、視聴率を取ることしか考えていませんでした。でも、それは間違いだった。自分たちが目指すのは観た人の心に響く番組をつくることであって、数字をとることじゃない。当たり前のことですよね。