加藤久統の名言

加藤久統のプロフィール

加藤久統、かとう・ひさのり。日本の経営者。中古車販売会社グッドスピード社長。愛知県出身。高校卒業後、アルバイト生活を経て中古車販売会社に就職。同社で中古車販売の実務を経験したのち、独立してグッドスピードを設立。名古屋を中心に事業展開を行っている。

加藤久統の名言 一覧

私が信条としているのは、「有言速攻」です。有言実行なら誰でもできます。設定した目標を最速で実現することこそが、会社の成長につながると考えています。


事業の要はスピードです。私だけでなく、全社を挙げて事業のスピードにこだわりを持ち、仕事に取り組んでいます。


私自身もできる限り現場に出るようにしています。お客様に信頼される社員がいてこその事業展開です。


店舗数を増やし、事業の拡大を図るとき、全社で事業への思いを共有しなければなりません。どうしても、会社が拡大すると経営者の目は届かなくなります。そのために、グッドスピードにおける社員の行動規範を記したクレド(信条)をつくるなど、様々な取り組みを行っています。


現在、グッドスピードが力を入れているのは、「会社の価値向上」と「社員のレベルアップ」です。事業として店舗エリアを拡大することは必要なことです。ただし、そのためには、この2点を満たしていることが必須です。


順調に事業は拡大し、2店舗、3店舗と出店することができたのですが、やはり店舗数が多くなると、自分の目が行き届かなくなり始めました。自分は1人しかいませんから、どうやって社員皆を、ひとつの方向に向かせるかを悩みました。そこで出会ったのがクレドで、会社の考え方を皆で共有できるようにしたのです。考え方を統一できれば、あとは思いっきり社員に任すことが出来るので、責任感も生まれますしね。


他社よりも良いクルマを安く仕入れれば、短期的に売り上げを立てることが可能です。ただし、これからの日本の経済状況を見据えたときに、ただ自動車を仕入れて売るだけのビジネスでは成長性は低いと考えています。お客様に選んでいただく理由を私たちが提示していかなくてはなりません。


加藤久統の経歴・略歴

加藤久統、かとう・ひさのり。日本の経営者。中古車販売会社グッドスピード社長。愛知県出身。高校卒業後、アルバイト生活を経て中古車販売会社に就職。同社で中古車販売の実務を経験したのち、独立してグッドスピードを設立。名古屋を中心に事業展開を行っている。

他の記事も読んでみる

諏訪内晶子

幼少時から大切にしてきたのは、「目的をきちんと自覚しながら時間を過ごす習慣を持つなら、何をしても結果はいいものになる」ということです。芸術家の仕事は、3年や4年もあとまでの計画をいまのうちに立てておいて、自分の進む道を自分でつくりあげていく作業ですから。


下川浩二

目標を期限までに達成できなくても、あまり気にする必要はありません。達成できなかったことをいつまでも悔やんでいたら、そのうち目標を立てること自体が嫌になってしまいます。達成できなかったときはその原因を明らかにして、それを踏まえた新たな目標を設定すればいいのです。


上田研二

定年後、最初の半年は老後の人生を楽しんでいたけれども、次第に女房に邪魔に扱われ、犬の散歩が日課となり、「犬も嫌がる5回の散歩」と言われるほどになってしまう。そうであれば、働く場と生き甲斐を提供するべきだと思いました。
【覚え書き|高齢社の設立について】


村上賢太

経営理念の浸透というと抽象的ですが、あるLEDメーカーさんでは、「光で未来を変えてゆく」というビジョンがある。でも従業員には、なかなかビジュアルとしてイメージができない。だからパラパラ漫画で自分たちのつくった製品が世の中にどういう形で貢献していくか具体的な未来を見せる。例えば「自分たちが作った光の強度によって、細胞が見つかって薬ができて病気が治る」というようなことは、言葉で伝えるより、ビジュアル化した方がすんなりイメージできて、共有もできるんです。


山村友幸

インプット不足では悩みは解決しません。営業部門の人がお客さんへのセールス方法で悩んでいる時、お客さんがどんな人か分からないのであれば、決断ができません。悩んでいる状態を終わらせるための材料、つまりお客さんに関わる情報を集め、その材料が揃って初めて、前に進む決断をする環境が整います。


南佳孝

音楽も今、予定調和で「どっかで聴いた音だな」ばっかり。売れ線で作ってるというか、音楽「ビジネス」になってるんだよね。でも本当はそうじゃなくて、例えば高校生の頃、友達の家でああでもない、こうでもないって1日中ギター弾いて過ごせたじゃない。そういうものだよ、音楽って。今はパソコンで打ち込みすれば1人でバンドでも何でもできるし、僕もそれに凝ったこともあるけど、それより4人くらいで集まって「せーの」で演奏した方が、よほど気持ちいい。いまは音楽も人とのコミュニケーションも、バーチャルだけだと「ちょっと違うんじゃない?」って思うね。


丸山健二

とりわけ鼻持ちならんのは、本来ならば最も自由な道を進まなければならないはずの芸術家たちの群れ。これは何なんだ。芸術家の自由な生き方とは、要するに独りでどこまでツッパレルかを実践することではないのか。そうした姿勢から強烈な個性が生まれ、個性的な芸術作品が生まれ、芸術の幅がぐっと広がるのではないのか。


北島義俊

出版印刷の関連では縮小傾向が続き、2016年は最盛期の70%程度まで落ちました。ですから、紙の印刷だけでなく、その周辺にあるBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業や印刷技術を使った新しい素材の開発などを考えなければ伸びていけません。我々だけでなく、業界全体もそちらの方向に向かっています。


高尾隆

その人を知るために、複数の質問を投げかけるのも一つの手。興味のあるなしは、眉間のあたりに出る表情で読み取ることができますし、話題を振っても乗ってこない場合は、どんどん新しい質問を投げかければいい。


家田美智雄

私はYTB運動をしているんだ。上も下もなく、寄って(Y)たかって(T)、ビジネス(B)をする。これが楽しいんだ。


田中雅子(経営学者)

理念浸透の中心的役割を担うのは「人」。「人」を軸に理念浸透は進んでいく。


木戸一敏

相手の言うことを否定してしまうと、こっちにも否定が返ってきます。「それはいいですね」と肯定すると、受け入れてもらいやすいんです。会話が弾めば、お客さんは自分から不満に思っていることや求めていることを話してくれるようになります。あとは相手が欲しがっているものを売り込むだけで、「売れない」という問題は解決していきます。


御手洗冨士夫

経営の基本は、いかに社会の変化に対応していくかということ。成長にはイノベーションが大事だが、イノベーションによる世の中の変化を見極めながら、対応していく。対応しそこなった所はつぶれていく。


温水洋一

下北沢で過ごした20代の半ばがあったから、いまがあると思えるんですよね。芝居はもちろん全力でやっていたんですけど、劇団にまつわる人たちと飲むのにも一生懸命でしたね。毎日毎日飲んで話して。熱く演劇論をぶつけていたわけではないんだけど、そこで会った相手の情熱がお互いを刺激して、明日も頑張ろうって気持ちにさせてくれた。


小林一雅(小林製薬)

小林製薬には、ユニークな社内制度がいくつもあることで知られていますが、その多くは社員の士気を高めるためのものです。たとえば「ホメホメメール」。会社に貢献した社員に、私や社長などトップが直々にメールする制度です。


ページの先頭へ