名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤久光の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤久光のプロフィール

加藤久光、かとう・ひさみつ。日本の経営者。「トヨタ自動車」副社長。北海道大学工学部卒業後、トヨタ自動車に入社。常務、専務、副社長などを務めた。

加藤久光の名言 一覧

飛躍をするためのネタは改善の中にある。


普段から「なぜ改善するのか」を意識していなければならない。その意識が進化につながる。


もし織機だけを続けていたら今のトヨタグループはありません。ベンチャー精神を持っていたから今がある。それは先輩たちから引き継いだものです。


成功体験を捨てるために必要なのは、これでメシが食えなくなったらどうするんだ、という危機意識。


技術革新が必要。技術革新には終わりはない。そうなると汎用品というわけにはいかない。


現場の人間にしてみれば、今日の仕事が明日も続いたほうが楽なのは当然です。でもそれではいけない。そのためトップが会社の方針を明確にし、それを下まで浸透させる。


トヨタには「正味仕事」という概念があります。例えば、5秒に一度鉄板をプレスする。でもプレスの瞬間はコンマ何秒か。このコンマ何秒が正味仕事です。ということは、ここに改善の余地があるかもしれない。そういう考え方をしています。


若い頃から「仕事には、仕事と無駄がある」と教わってきました。そこで無駄を取り除く努力をし、それによってコストも下がる。ああ終わった、と思って仕事を始めると、まだまだ無駄があることに気づく。努力して次のステップに進むと、次の無駄が見えてくる。


ある前提でシステムを考えたとします。でも技術革新が進み、素材や部品が劇的によくなったとします。すると今度はそれに合わせてシステムを見直す。その繰り返しです。例えば生産性を上げるためにラインにロボットを導入する。すると次はロボットの効率をさらに高めるために設計を見直す。


トヨタはもともと織機の会社でした。それが自動車をつくろうというのですから、志なくしてはできません。これはトヨタの社員だけでなく、地域についても同様です。自動車をつくるには数多くの部品がなくてはできません。この部品を地元の工場にお願いしてつくってもらった歴史があります。最初は誰も自動車の部品のことは分からない。商売にもならないかもしれない。それでも一緒になってつくっていった。それを支えたのは、みなさんの志です。だからこそ、その輪がどんどん広がっていったのです。それは今でも変わりません。


加藤久光の経歴・略歴

加藤久光、かとう・ひさみつ。日本の経営者。「トヨタ自動車」副社長。北海道大学工学部卒業後、トヨタ自動車に入社。常務、専務、副社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

安中千絵

疲れやすい人の食事にはいくつかの要因がありますが、よくあるのが「栄養バランスの偏り」です。「疲れには○○が効く」という話をよく聞きますが、それだけとっていてもあまり意味はありません。どんな栄養素も単独で機能するわけではなく、いわば「チームプレイ」だからです。バランス良くとらないと、せっかく身体にとり込んでもうまく使うことができません。それが疲れやすさの原因にもなるわけです。


ロッシェル・カップ

日本は今、企業が経済の低迷から立ち直り、生産性と収益性を上げることに必死になっています。しかし、今こそ埋もれていた才能に満ちた素晴らしい人材を活用する機会でもあることに気づいてほしい。


星野佳路

当社のような接客業の場合、スタッフひとりひとりが、お客様と接する短い時間にどう判断し、対応するかでお客様の満足度が決まり、施設全体の評価に直結します。自分が犯したミスにしっかり向き合う人は、確実にお客様への対応力が上がり、会社にとって欠かせない人材になる。


澤田貴司

パートナーたち(自社やコンサルティング先の社員たち)に一番求めていることが、現場の問題に向き合うことだ。どんな会社でも、人間関係、売掛金の回収、在庫の処分などの問題を抱えているもの。しかし、人間は弱いもので、そうした問題に蓋をし、ときには問題の原因を他人のせいにして保身を図ろうと自己中心の考え方に走ることもある。問題から逃げていたのでは、組織の体質は悪化し、結果としてビジネスはシュリンク(委縮)していくばかりだ。


ジェリー・ドリザス

単にいいサービスや商品を売るだけでなく、それを手に入れたお客様が、平和な満ち足りた気分になってくださるとか、安心感や納得感を獲得してくださることも非常に重要だと思います。


アルフレッド・アドラー

人は過去に縛られているわけではない。あなたの描く未来があなたを規定している。


胡厚崑(ケン・フー)

従業員に見返りを与えることは、我々の企業文化の一つです。見返りを与えるとは、すなわち利益を分かち合うことです。社員持ち株制はそれを実現するための仕組みで、これも創業当初からありました。


山川博功

私、喋ることがものすごく下手なんです。だからほかの人と違うやり方で、どうすれば一番になれるのかということをずっと考えていました。


澤田秀雄

夢が共有でき、将来ここで何かを成し遂げられると思い込ませることができれば、人は自然と集まる。


安積陽子

具体的にどんな身だしなみをすべきか。それは、文化や世代、性別を超えて支持されるクラシックなスタイル、つまりスーツの源流である英国スタイルです。流行を気にする必要はありません。スーツは、その人の常識度、信頼度、教養を示す良識服だからです。世界で活躍するビジネスパーソン、それもエグゼクティブになるほど、英国スタイルを着こなしています。


髙﨑秀雄(高﨑秀雄)

野球で例えれば、10勝0敗のピッチャーをうちは雇わない。後で立ち直れないぐらいの負けをやることがありますから。負け越しはだめですが、7勝3敗ぐらいがいい。接戦で敗れることもあれば、自分はよかったけれども中継ぎや後継ぎがダメで負けることもあるでしょう。こうした「負け方」をむしろ味わってほしいと思っています。


平田静子

『チーズはどこへ消えた?』は400万部という記録的なベストセラーになった。その要因は、「誰に」読んで欲しいのかを徹底的に考えた1冊だったからかもしれない。そこには「世の中の社長が実は困っている」という気付きがあり、その問題を解消するというアプローチがあった。