名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

加藤久光の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤久光のプロフィール

加藤久光、かとう・ひさみつ。日本の経営者。「トヨタ自動車」副社長。北海道大学工学部卒業後、トヨタ自動車に入社。常務、専務、副社長などを務めた。

加藤久光の名言 一覧

飛躍をするためのネタは改善の中にある。


普段から「なぜ改善するのか」を意識していなければならない。その意識が進化につながる。


もし織機だけを続けていたら今のトヨタグループはありません。ベンチャー精神を持っていたから今がある。それは先輩たちから引き継いだものです。


成功体験を捨てるために必要なのは、これでメシが食えなくなったらどうするんだ、という危機意識。


技術革新が必要。技術革新には終わりはない。そうなると汎用品というわけにはいかない。


現場の人間にしてみれば、今日の仕事が明日も続いたほうが楽なのは当然です。でもそれではいけない。そのためトップが会社の方針を明確にし、それを下まで浸透させる。


トヨタには「正味仕事」という概念があります。例えば、5秒に一度鉄板をプレスする。でもプレスの瞬間はコンマ何秒か。このコンマ何秒が正味仕事です。ということは、ここに改善の余地があるかもしれない。そういう考え方をしています。


若い頃から「仕事には、仕事と無駄がある」と教わってきました。そこで無駄を取り除く努力をし、それによってコストも下がる。ああ終わった、と思って仕事を始めると、まだまだ無駄があることに気づく。努力して次のステップに進むと、次の無駄が見えてくる。


ある前提でシステムを考えたとします。でも技術革新が進み、素材や部品が劇的によくなったとします。すると今度はそれに合わせてシステムを見直す。その繰り返しです。例えば生産性を上げるためにラインにロボットを導入する。すると次はロボットの効率をさらに高めるために設計を見直す。


トヨタはもともと織機の会社でした。それが自動車をつくろうというのですから、志なくしてはできません。これはトヨタの社員だけでなく、地域についても同様です。自動車をつくるには数多くの部品がなくてはできません。この部品を地元の工場にお願いしてつくってもらった歴史があります。最初は誰も自動車の部品のことは分からない。商売にもならないかもしれない。それでも一緒になってつくっていった。それを支えたのは、みなさんの志です。だからこそ、その輪がどんどん広がっていったのです。それは今でも変わりません。


加藤久光の経歴・略歴

加藤久光、かとう・ひさみつ。日本の経営者。「トヨタ自動車」副社長。北海道大学工学部卒業後、トヨタ自動車に入社。常務、専務、副社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

古川武士

起床と就寝の時間はセットで考えるべき。早く起きるなら、一定の睡眠時間をとるため、それまでより早く寝る。いけないのは、早起きのため睡眠時間を削ってしまうことです。


小笹芳央

上司と自分の意見が異なることもあります。不本意な気持ちで仕事に取り組まなければならず、仕事に身が入らない。でも、会社や部門全体の方針や業界の流れを見ると、上司の判断が正しいという場合も多々あります。


小西正行

夢を人に語ると叶えないと格好悪い。ノートに書いても自己満足で終わったら意味がない。


小栗成男

上司は、様々な立場で物事を考える必要がある。今では、自分と相手の理解にはズレがあることを前提に、ギャップを埋めるべく、丁寧なコミュニケーションを心がけています。


籠屋邦夫

シミュレーションをしても、想定外の展開が出てくることはありますが、それで構いません。やるだけのことをやっていれば、想定外の展開になっても、「もっとやっておけば良かった」という後悔の念が出にくくなる。


木村惠司(木村恵司)

プロジェクトが成功したのはチームのメンバー同士の信頼関係があったから。


グラッドストン

人はよく絶望するという。絶望とは何であるのか、それは彼の身辺にあまりすることが多すぎて、どれから手を付けてよいやらわからなくて、義務に責められることである。これを脱するには、まず手近のひとつから果たしていくがよい。


久保田豊

私は仕事にスピードを重んじる。


西川光一(経営者)

創業者というのは特殊能力だと思います。社長になれる人はたくさんいても、起業家、創業者になれる人は稀です。だから、たまたま次の社長になった人が創業者を越えようと考えること自体がおこがましい。自分自身は特殊能力があるとは思っていません。


新将命

優れた社員は優れた仕事をするもの。品質の前に人質(じんしつ)。勝ち残っている会社は、宗教的ともいえるほどの情熱を傾けて人材育成をやっている。


坂根正弘

何ごとも自らの弱点を補おうとするのではなく、強みを伸ばすために限られた資源を集中させるべき。


丸山彭

小言は言われんが、どんなやんちゃでも先生の言うことを素直に聞いてしまうんだね。自ら進んで実行していく行動力、これがなんとも言えん力みたいなものとなって温かく生徒を包んでしまう。どんな生徒だって信服してしまいますよ。
【覚書き|上記の「先生」は愛知県安城農林学校初代校長の山崎延吉のこと】