加藤久光の名言

加藤久光のプロフィール

加藤久光、かとう・ひさみつ。日本の経営者。「トヨタ自動車」副社長。北海道大学工学部卒業後、トヨタ自動車に入社。常務、専務、副社長などを務めた。

加藤久光の名言 一覧

飛躍をするためのネタは改善の中にある。


普段から「なぜ改善するのか」を意識していなければならない。その意識が進化につながる。


もし織機だけを続けていたら今のトヨタグループはありません。ベンチャー精神を持っていたから今がある。それは先輩たちから引き継いだものです。


成功体験を捨てるために必要なのは、これでメシが食えなくなったらどうするんだ、という危機意識。


技術革新が必要。技術革新には終わりはない。そうなると汎用品というわけにはいかない。


現場の人間にしてみれば、今日の仕事が明日も続いたほうが楽なのは当然です。でもそれではいけない。そのためトップが会社の方針を明確にし、それを下まで浸透させる。


トヨタには「正味仕事」という概念があります。例えば、5秒に一度鉄板をプレスする。でもプレスの瞬間はコンマ何秒か。このコンマ何秒が正味仕事です。ということは、ここに改善の余地があるかもしれない。そういう考え方をしています。


若い頃から「仕事には、仕事と無駄がある」と教わってきました。そこで無駄を取り除く努力をし、それによってコストも下がる。ああ終わった、と思って仕事を始めると、まだまだ無駄があることに気づく。努力して次のステップに進むと、次の無駄が見えてくる。


ある前提でシステムを考えたとします。でも技術革新が進み、素材や部品が劇的によくなったとします。すると今度はそれに合わせてシステムを見直す。その繰り返しです。例えば生産性を上げるためにラインにロボットを導入する。すると次はロボットの効率をさらに高めるために設計を見直す。


トヨタはもともと織機の会社でした。それが自動車をつくろうというのですから、志なくしてはできません。これはトヨタの社員だけでなく、地域についても同様です。自動車をつくるには数多くの部品がなくてはできません。この部品を地元の工場にお願いしてつくってもらった歴史があります。最初は誰も自動車の部品のことは分からない。商売にもならないかもしれない。それでも一緒になってつくっていった。それを支えたのは、みなさんの志です。だからこそ、その輪がどんどん広がっていったのです。それは今でも変わりません。


加藤久光の経歴・略歴

加藤久光、かとう・ひさみつ。日本の経営者。「トヨタ自動車」副社長。北海道大学工学部卒業後、トヨタ自動車に入社。常務、専務、副社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

辻野晃一郎

後悔しないためには、自分のアジェンダ(工程表)をつくり、それに基づいて生きることです。そのためには、何事も自分で確かめて、その経験をもとに考えることが必要でしょう。


小堺桂悦郎

抱えている問題は人それぞれでも、お金の問題の本質は「収支のアンバランス」にあります。その収支のアンバランスを解決する方法は3つしかありません。「収入を増やす」「支出を減らす」「借りる」です。考えればすぐ気づくことですが、誰も自分のお金の問題を直視したくはないですから、その単純な真理から目を背けてしまう。それで対処法の選択を間違えてしまうのです。


トマス・J・スタンリー

出費に見合う金を稼ぎ出そうと懸命で、投資に回すお金の余裕がないというのでは行き詰まりだ。将来値上がりの期待ができる投資物件や証券を買わないで、経済的に自立して老後を心配しないですむようになるのは無理と思った方がいい。将来、資産家になりたいと思うなら、住宅ローンは年間の現金所得の二倍以内に抑えること。それ以上の高い家は絶対に買っては駄目。


ギャレス・エヴァンス

僕はシリーズ物の「2」が「1」と同じことの繰り返しになるのが、自分で映画を見ていても耐えられなくてね。だから必ず新しい要素を入れる。前作の位置付けはサバイバルホラーで、楽しんで見て貰うためにその中に武術の要素を入れた。今作は「ギャング映画の中に武術を入れよう」と考え、ギャング映画となればストーリーは大事だな、と。


菊池保人

コーチングは、カスタマーと一緒に馬車に乗り、目的地にお連れすることが基本。それをどんなサービスとし、カスタマーの喜びに変えていくか――まだまだ深掘りしていく必要がある。


梨田昌孝

私の若い頃のように、選手が監督に呼ばれるのは怒られるときだけ、ということはなく、選手たちは監督の考えや思いを常に知りたがっている。「黙って俺についてこい」の時代は終わり、緻密な相互コミュニケーションが強い組織の土台になるとも言われている。そうした時代にあって、監督の参謀役は必ずしも一人に限る必要はないと思う。投手と野手、攻撃と守備、育成と熟成。監督にとって各部門に参謀、あるいは信頼できる相談相手を持つことも理想的なチームづくりのポイントになる。


成毛眞

仕事は他人にやってもらう、できることなら他社にやってもらえれば、そしてうまくして無料でやってもらえたら、儲かるのは当たり前です。細かいことを言い出して、無駄な仕事を抱え込むから、余計なコストがかかるのです。


藤本昌義

この3年間で総額3000億円の投資を進めてきました。最初の2年間で半分、最後の1年で残りの半分を投資しました。最終年度に投資が集中しているのは、これまで財務の健全化を優先してきたため、事業を創造するための仕込みや社員の経験値が不足していたからです。


堀之内九一郎

一人だけの空間より、人の輪がつくる空間のほうが、より良い発想を生み出しやすい。その時、頭の中は外からの声が適度に聞こえてくる個室のような状態。この感覚をつかめるようになると、考えに行き詰まることが減ってくると思います。


西山昭彦

ときには頭で考えずにインスピレーションで決めることも大切。転勤を打診されて、「行きたい!」と瞬間的に思っても、妻の了解は、子供の学校はと、アタマでいろいろ悩んで、決断できずに躊躇してしまう。このようにアタマで冷静に考えている間に、チャンスを逃がすことが多い。それは出会いについても同じ。


水戸岡鋭治

今の時代はどうしても効率を重視するため、経済性一辺倒に陥りがちですしかし、私の理想は経済性50、文化50のデザインとものづくりです。そうやって出来上がったものは、使い勝手という機能美もあれば、時代を超えていく普遍性も持ち、多くの人たちに愛され、感動を与えます。あらゆる国の人が使って納得し、受け入れられる多様性を備えているのです。


伊本貴士

私たちが持つべきものは、何より「危機感」なんです。それがあれば、自然と学びのスタート地点に立つようになると思います。


國分文也(国分文也)

小さな挫折はたくさんあると思いますが、結果として、それらの挫折は絶対自分にプラスになる。


島田洋七

見栄を張ったり、人をうらやましがっては駄目やね。自分がつらくなるばかりだし、何より楽しくない。楽しい、楽しくないは自分で決める。そうしたら、もっとラクに生きれるよ。


後藤亘

私の解決法は、必要な相手と直接会って話をすること。至ってシンプル。


ページの先頭へ